お金(money)

【30代初心者ブロガー向け】ブログ失敗&後悔したこと

この記事は、30代サラリーマンが初心者ブロガーとして1年間続けて失敗したこと、後悔したことをまとめた記事です。

あなたがこの記事にたどり着いたということは、ブログ運営にお困りではないでしょうか。

でも大丈夫。

この失敗談・後悔したことを読んでもらえたらもっと最短距離でブログでアクセス増や収益を増やすことができます。

30代半ばからブログをはじめて1年。

あっという間に過ぎたなと感じる1年でしたが、なんせブログのことを無知ではじめたので、1年経過して振り替えると失敗ばかりしてきました。

これではダメだ。

同じくブログを運営している、またはこれからブログをはじめようとしている30代に向けて「やらなくてもいいこと」や「やっておけば良かったこと」を発信したい。

そう思ったのが今回の趣旨です。

30代の方やサラリーマン、主婦の方などににとって特に有益な記事になりますのでぜひのんびりとご覧ください。

ブログで一番失敗したことは「時間」

ブログ1年運営してやっておけばよかったことや失敗もありましたが、結論から言うとポイントは「時間」だったと感じています。

特に今回の記事読者が「何かと忙しい30代」「本業のあるサラリーマンや主婦」の方だとしたら、共感していただけるのではずです。

私はこの1年間ブログを運営してとにかく遠回りをしてきました。

だからこそ時間の大切さは痛いほどわかり「時間ファースト」にしたうえで失敗したことをまとめていきます。

はてなブログを選択したこと

私はブログをはじめたときに2つで悩みましたが、ワードプレスではじめるべきでした。

おそらくブログを始めようと思っている方のほとんどは「はてなブログ」か「ワードプレス」で悩まれたのではないでしょうか。

私の選択としては予算の面とはてブなどの流入を期待してはてなブログを選択しました。

しかしデザインのカスタムがブログ初心者には困難で、デザインを直しては何度も不具合を生んでしまいました。

またこれが直せない…。

理解していないままコピペでデザインCSSをいじくって不具合を生むので、どこを直せばいいのかもわからず、結局へんてこりんなデザインになってしまっていました。

それでもはてなブログデザインを全部コピペ!初心者でも絶対に失敗しないサイトのように多くの方に支えられ自分の納得のいくデザインに近づいたのですが、、、。

ワードプレスに移行してボタンひとつでキレイに変更ができることに衝撃を受けました。

は、は、速ぇ~。。。

その瞬間、はてなブログで悩んでいたデザインに費やした時間は無駄だったと後悔しました。

また、はてなブログで期待していた読者、はてなスター、はてブが爆発的なアクセス増につながることはこの1年ではありませんでした。

後述しますが、ブログが読まれるようになったは明らかにツイッターのお陰であり、はてブ砲での爆発的な流入はほぼありませんでした。

私が期待しすぎていたのかもしれませんが、初心者ほどアクセスを気にしていると思うので現実をお伝えしますが素人からしたらはてなブログは玄人向けブログサービスだったのではないかなと感じています。

ここまで来ると「はてなブログデメリット」的な記事になってしまうので補足させていただきますが、はてなブログも素晴らしいブログサービスです。

1年間ブログ運営をしてはてブや読者も増えるなどメリットを感じた部分も大いにあります。

しかし、素人からするとCSSを触ってデザイン構成をすることはとても難しいし、刺激的な記事がはてブ砲で広がるかと言うと初心者的には難しい。

どちらも使いこなせない完全に自分の不足点でしたが、はてなブログのほうがデザインも無料で自分で直せばできますし、記事もエモーショナルなものはすぐ取り上げられる点で「経験者向け」ではないかと思いました。

私のように素人で時間がない人にとってはデザインもテーマ購入でき、記事に集中できる点でワードプレスで開始した方が効率的でした。

またスマホブロガーとしては、はてなブログよりWPでの更新のほうが文字装飾などできることが多く、PCでの作業時間が短くできる点で有効的ではないかと感じました。

スポンサーリンク

バックアップを定期的に取っていなかった

ブログ記事以外をいじるときには必ずバックアップを取らないと死亡することを学びました。

しかも1回ではありません、こりずに何度かやってしまっています。

だから、バックアップは絶対です。

WPの場合解決して良かったですが、phpいじり以外に、プラグインをアップデートすると、時折ブログが真っ白になったりログインできなくなるなど、ぶっ飛ぶことがあります。

こういうときは、ファイルマネージャーからログインして、該当するプラグインのファイル名を変えるだけで、とりあえずはログインできるようになることを@satoshiさんから学びました。

教えてくださる方がいたから助かったものの、@satoshiさんいなかったらブログを辞めていたかもしれないほど絶望感を味わった1日でした。

はてなブログでもバックアップをとらずに何度もデザインを編集して戻れなくなり1日がかりでもとに戻したこともありました。

トリセツ見ないでやっちゃうタイプの私なのですが、ブログに関しては必ずバックアップし、必ず説明をよく読んで進めるようになりました。

はやる気持ちはわかりますが、落ち着いていまの記録をとっておくと無駄な時間を取らなくてよいので、バックアップは強くオススメします。

ツイッターを1日でも早くはじめればよかった

ツイッターはブログ更新を宣伝できる、宣伝してもらえます。

初心者がブログをはじめて一番辛い「アクセスがないこと」を無料で解決してくれたのはツイッターでの宣伝でした。

ブログをはじめてとにかく辛かったのは毎日みるアクセス数。

見ては凹み見ては凹み、何度もくじけそうになっていた1年前。

それがツイッターをはじめ、多くの方と知り合う中でブログ更新のつぶやきをさせていただくことで「ブログ楽しかった」「ためになりました」という声を頂くようになりました。

そもそもツイッターをはじめている方であればブログ更新をしてアクセスが上がることを実感されていると思います。

私は0からツイッターもはじめて1年で1500名を越えるフォロワー様と知り合うことができました。

今からでも遅くない、ツイッターをはじめて宣伝しましょう!

そしてツイッターは学べる、助けてくれます。

ツイッターほど初心者ブロガーにとって学べるツールはありません。

初心者でブログをはじめた私はわからないことが多くそのたびにくじけそうになりましたが、その度に教えてくれたのはツイッターでした。

ツイッターでわからないことを呟くと誰かが反応してくださったり、参考記事を教えてくれました。

まさに生きる教科書。

そして本当にわからないことはDMで個別に指示していただいたりなど、本来ならお金を払わなくてはいけないような助けもいただきました。

ツイッターってなんて親切なんだ…。

始める前まではネガティブなイメージしかなかったのですが、30歳すぎたおっさんがはじめてもみんな優しく親切でした。

だから、やるしかないっ。

またツイッターは仲間ができ励まされます。

ブログでは感じることができない仲間感はツイッター感じることができるようになりました。

ブログって、孤独だと思うんです。

私は出版社で働いていたので、雑誌が読者の手に止まり記事見て反応があることを身近に見ることができました。

しかしブログはネットのため記事を書いて読まれていてもコメントがない限り反応があるわけではないので、反応が見えづらい媒体と感じていました。

ツイッターをはじめて「よかったよ」「ためになった」というネット社会でも生の反応が見れたのはとても大きかったです。

そんなかけがえのない仲間や、学びを得ることができる方々と繋がることができたツイッターには感謝しかありません。

ありがとう、幸せの青い鳥🐦

こんなにメリットがあるのでブログやってなくてもTwitterやったほうが良いです。

どれだけツイッターに助けられ、励まされ、わからないことを教えてもらえ、学ばせてもらったか。

この情報が無料で手に入り、この情報を無料で宣伝でき、いろんな方のいいね!やRTの拡散によって宣伝される。

ブログ初心者時代はアクセスなくやめたくなるので、自分で発信できるものは使うべきでした。

スポンサーリンク

パーマリンクを設定しなかった

ブログで収益を上げていきたいと考えている方は絶対にパーマリンクは独自の設定をするべきです!

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

引用元:IT用語辞典バイナリ

私がブログで失敗したな、と思うことの1つにパーマリンクを設定し忘れ後悔をしています。

なぜならURLだけで記事の内容がわからないからです。

例えばはてなブログだと、デフォルトでは日付、WordPressは、「http://トップレベルドメイン/?p=記事番号」となります。

しかしこれでは記事が増えていけばいくほど、どの内容の記事かまったくわかりません。

パーマリンクを変えてしまうと検索流入から来る人は激減してしまうので、私のブログのほとんどは変えられない状態。

なので、ブログを分析するときにどの記事だったかを検証することがとても大変です。

初心者でブログを始める方はとにかく記事を増やしたいと思ってここを飛ばしてしまうので注意が必要です。

これから100記事、200記事と更新していくと必ず管理が難しくなってくるので分かりやすいパーマリンクを設定してあげてから、記事を更新することを強くオススメします。

分析する際も記事把握する際も絶対の時間短縮になるので強くオススメします。

自分だってもう変えられませんからね…。

何のブログか決めないと為になる記事は書けない

ある程度の方向性をはじめに決めることが重要です。

私はこれまで何度かブログに挑戦したことがあったのですが、ほとんどは雑記で特出すべき点がないブログを書いていました。

今回のブログは今までの反省点を活かして「30代」という大まかな方向性だけは決めてスタートしました。

決めれば誰に対して為になるかわかるようになります。

「30代」という大きな方向性の中で書きはじめると「誰のために」を考えるようになり「どの分野」のことを書いたらいいかを練り「どこが為になるのか」をはっきりと書けるようになりました。

これまでのブログではなかなか掴むことが出来なかった「見てくれる人」のことを思って書くことを意識することができたのかなと感じています。

そして、わかるから記事内容が濃くなります。

誰にたいしてどんなことでこんないいことがある、という内容の記事を書くようになったので必然的に内容が濃くなります。

グルメでも漠然とウマイ!のではなく、30代にとってのうまい部分(例えば苦味がうまいとかヘルシーさが体にいいとか)を具体的に書けるようになる。

同じものでも方向性ではまったくとらえる部分や表現する文字が変わってくるはずで、そこに気がついてからはどんどん濃い記事を書けるようになりました。

これからブログをはじめる方や、ブログの方向性に悩む方にはブログテーマを決める上では何度もお世話になったコチラの神記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ためになる記事を書いていない

前述に似ている部分がありますが、ブログをはじめたばかりでは日記みたいになっている記事が最初のうちは多いはずです。

なぜかというとそこに検索流入を意識したタイトルや見出しなっていないものがほとんどだからです。

どんなにいい記事でも読まれなければ称賛も炎上もされません。

そのためには的確なキーワードを入れて見てもらう必要があります。

まさに青山テルマさんのあの歌です。

「私はここにいるよ」

ブログの書き方については私の中で辞書的な神様ブログ、「クロネさんのブログ講座」を読めば必ずアクセスされる記事になります(断言っ)

ちなみに私はグーグルアドセンスの申請で3回失敗しています。

一回目は無料ブログから移行し申請しすぎて申請できなくなりました。

そして新しい申請するも、なぜかURLが無効といわれ断念…

これはいまだに何が悪かったのか不明ですがいまのブログでも非承認され断念しそうに陥りましたがなんとか承認されたのは、まぎれもなくクロネさんの講座で学びためになる記事を作れたから。

あの「もう一回やり直しです」的なメールを見るたびにめげそうになりましたし、「合格しました~!」というあの画像は今でも保存してあります(笑)

書き続けなければ得意分野は見つからない

「完璧になるまで記事を上げない」はダメ?とにかく書き上げたら最低限の文字校正などを確認して一旦記事はあげましょう!

突然ですがあなたは小学校などの写生大会で時間内にできなくても先生に提出できるタイプでしたか?

れとも完璧さを求めて家に持ち帰って色づけなどに没頭しいつの間にか提出することを忘れて先生に「いつ出すの?」と言われたタイプですか?

私もどちらかと言えば後者タイプだったのですが、ブログでいえば100%前者向きで書いたものはすぐに投稿するべきでした。

囚われすぎてネタから記事にできない場合も絞って書いた記事が思いがけない得意が見つかる場合もあります。

記事を書いたらすぐ公開したほうがその後の分析に役立つし、自分の得意と読み手の得意は違うから、どんどん書いて上げるべきでした。

その得意分野をものにしていまや雲の上の存在、私の憧れむらきちセンパイ。

自分がくじけそうになったとき、迷ったときにはいつもこの記事に助けられています。

むらきちさんの本気に比べたら自分はまだまだ。だからこそ、同年代ブロガーには絶対に読むべき1記事です。

つながりのない記事ばかり書いていた

クロネさんもよくおっしゃっていますが、ブログは古いものから埋もれるというデメリットがあります。

そこを無視しすぎて繋がりのない記事を書き続けた結果、回遊性を意識してない記事ばかりできてしまいました。

結果、検索もなく長く読まれない記事が増えていくだけでした。

回遊性を上げるためには内部リンクがポイントですが、関連性がまったくない記事では見てもらうには苦しい。

これに気づいたのは最近、ずずずさん(@zuzuzuwork)から学びました。

イデコの記事を書いた際、「節税について書いてあるとさらにいいですよ」というアドバイスをいただきました。

その後3つの記事を書き、まとめ記事を合わせると4つの記事ができました。

こういうグループ展開はもっと意識すればよかったです。

記事書いて終わりにしていた

ブログは投稿が終わってからがはじまりで、書いて終わりではないということを今でも痛感しています。

記事を書いて終了ではただの自己満であり、日記のようなものです。

その記事はたとえ一瞬の成果がでたとしても消耗記事で決して資産記事にはならないでしょう。

100記事位書いた後という前提ですが記事を分析、リライトしないといつまで経っても消耗するだけはじっくりとブログを続けていくサラリーマンブロガーにしては厳しい環境です。

そのうえでゆうこりんさん(@yucorin_)さん寄稿のこの記事は初心者必読です。

という私もリライトは苦手でブログ1年目は生産ばかりしてきました。

ブログ2年目は貯まったデータを分析しリライトや別記事作成など消耗ブログから資産ブログへと育てていかないといけないと実感しています。

そのためのWP移行。デザインを固め書くことの時間確保のための引越しを選択しました。

生産しないと改善もできないのである程度の期間は書き続けるのも大事ですし、タイピング早くなります。

サチコさんに、「私はここにいるよー!」と覚えてもらわないといけませんからねからね。

広告の位置が適切ではなかった

私のブログ収益のほとんどはグーグルアドセンスでしたが、ただただアドセンス入れるだけではダメでした。

もちろんアフィリエイトもそうで適当にアフィリエイト貼っただけでは全く成果は出ませんでした。

アドセンスでいえば、広告位置を変えただけでもクリックされる確率は上がりました。多すぎてもいけませんが、少なすぎてもダメでした。

グーグルアドセンスの公式があるのなら、グーグルアドセンス=アクセス(PV)×クリック率(CTR)×クリック単価(CTC)→収益になることを学びました。

初心者ブログとして爆発的なPV増方法はないと考えるとCTRを上げるために広告位置が重要だということをブログ同期生のマクリンさんから学びました。

読んだ先に読み手の感じるベネフィットがあるからこそ、読み手=情報のベネフィット、書き手=販売のベネフィットが生まれる。

そのことに気がつき的確な位置にアドセンスやアフィリエイトを設置することで収益を増やしていくことができています。

ブログをはじめたばかりのときほど記事に意識がいきがちですし、とにかく記事量を増やすことに目が行きがちですが、まずは広告位置を正しく設置するべきです。

記事数やボリュームは少なくとも必ずしも収益は生まれますから。

さいごに

私はブログを1年経験してきましたが、失敗の多さではなかなか右に出るものはいないのではないかと自負しております(笑)

ただ、その分失敗の経験をブログ初心者の方に初心者ならではの視点で後悔を伝えられるのではないかと思い記事に書き留めました。

これだけ意識してブログ運営すれば私よりももっともっと早くブログで結果を出していくことが可能です。

私でもこんなにのんびりしてここまでこれたのですから。。。

焦ることなくゆっくりできるのもブログのいいところ。

ゆっくりできるがゆえにいろんな情報に振り回されてしまうのも難点ですが、失敗から学ぶものほど大きなものはないのではないでしょうか。

ぜひ、私のような悪い子にならぬよう最短距離で有益なブロガーを目指してください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です