副業(ブログ)

【まとめ】ブログネタに困らない「カテゴリー」整理方法

どうも。

ブログ運営7ヶ月目迷える初心者ブロガー、ソラマメです。

先日【ブログポリシー】30代からはじめるグッジョ部でもお伝えしましたが、カテゴリーを整理しました。

そもそも私のブログ。

6ヶ月書いても100記事書いてもブログの方向性が定まっていませんでした。

自分の中では定めたつもりでスタートしました。

方向に基づき更新を続けきたつもりでした。

でも、どこかしっくりきていませんでした。

そこでカテゴリーを整理したところ、ブログネタに困ることが一切なくなりました。

ブログネタに困らないカテゴリー整理をするには、カテゴリーの設定方法を学ぶこと、アイデアを練ることが必須です。

私の場合約1ヶ月をかけてしまったのですが、その大半はカテゴリー設定方法を習得することに時間をかけてしてしまいました。

この記事ではカテゴリー設定方法とアイデア発想法をまとめています。

私のように1ヶ月もかけることなく整理することは可能です。

ブログネタに困って記事がかけない方だけでなく、これからブログをはじめようと思っている方にもオススメしたい方法。

ぜひチャレンジしてみてください。

なお今回私のなかでブログ運営=木をイメージして構成しています。

木には根っこ、枝、葉があります。

今回はそれをイメージしながらご覧いただくとより分かりやすいです。

1.テーマを絞った(根っこ)

私のブログの場合、タイトル通りで30代というものを1テーマにあげています。

ブログネタ探しに困らない「テーマ」の決め方でも書いておりますが、テーマ1つだけでもブログにオリジナリティは出ます。

雑記ブログだとしてもテーマがぴったり合っている人にとっては有益な記事となります。

反対にテーマが定まっていなければ一度立ち止まりテーマを固め直しましょう。

私の場合はもう少し具体的にしようと考え、「30代から○○に役立つ情報」というテーマに決めました。

テーマが固まっているかそうでないかで長くブログを続けていけるかが決まります。

時間がかかってでも、疎かにしないようにしましょう。

2.テーマに沿ったサブテーマを4つ作る(枝)

私のブログでは「30代から○○に役立つ情報」をメインテーマとし、4つのサブテーマを作りました。

サブテーマについてはブログネタ探しに困らない「サブテーマ」の作り方で詳しく解説をしています。

私の場合ですが、

  1. 仕事
  2. 生活
  3. 趣味
  4. お金

がふさわしいと考えました。

根っこから生えた4つの枝を作りました。

サブテーマはテーマと後述しているキーワードどちらかというと「地味」に思えます。

しかし、サブテーマこそ影の支配者です。

なぜならそこからの記事に回遊性が生まれる可能性が高いからです。

ブログをやっていくと、1つの記事を点で作ってしまうことがあります。

せっかくその記事が読まれても他の記事に誘導できない。

もしくは、いい記事だと思っても埋もれてしまい読まれないこともあります。

その点サブテーマが決まっていると、他の記事にリンクがつけやすいです。

点であったブログを線で繋げるようになる。

そんなイメージをサブテーマにはもっています。

地味ですがここも重要なポイントです。

スポンサーリンク

3.サブテーマ毎に8キーワードを作る(葉)

メインテーマを決め4つのサブテーマを固めた後、サブテーマ毎に8つのキーワードを作ります。

キーワード作りの方法は、ブログネタ探しに困らない「キーワード」の作り方でもあげておりますマンダラートで発想を作っていきます。

このマンダラートで完成した4×8=32のキーワードが葉っぱとなりブログの木が完成します。

私の場合地域ブログも含合計40のキーワードを当ブログで設定にしています。

このマンダラートを使った8つのキーワード作りが苦しくて一番めげそうなところです。

苦しんで取り組んで手にした葉っぱは今後のブログ運営をスムーズにできる苦しみです。

めげずに取り組んでみてください。

そうすることによりあなたしかできないブログカテゴリーが完成します。

32キーワード(私の場合は40ですが)もできればブログネタに困ることはありませんよね。

それぞれのキーワードに3つの記事を作ればそれだけで96記事。

100記事を目指す方にとっては漠然と考えているよりも効率よく目指せます。

4.40のカテゴリーを設定

以上、40のキーワードをはてなブログのカテゴリーに登録しています。

Google先生に聞いたところ、はてなブログでは親子カテゴリー分けには対応していません。

そこではてなブログで親子カテゴリーを作ることができるブロガーさんの記事を参考にさせていただきました。

blog.wackwack.net

この記事を熟読して私のPCでのカテゴリー表示もご覧の通りでスッキリ収納できています。

この表示方法がなければサイトバーに40カテゴリーが見える状態になっています。

非常に参考にさせていただく良記事でした。ありがとうございます。

スポンサーリンク

5.まとめ

今回私がなぜカテゴリーを改めて整理したか。

それはカテゴリーを整理することで、

・誰にとって

・どんな分野で

・どんな役に立つ記事になるか

を自分が明確にすることができます。

読み手側に的確に伝えられるようになります。

ブログを書いているとどうしても誰にどの分野でということを忘れてしまうことがあります。

これまでは私のブログも投稿する思考回路が、書きたいことを優先していました。

もちろんそれが悪いことではありません。

しかし、誰になんの分野でということをブログ記事を整理すると明確でないなと思えることが多くあります。

当然、その記事は検索流入からも来ることも少ないです。

結果、良い記事とは言えないものになってしまいます。

今回、ブログカテゴリーを制したことによって私の思考回路にも変化があります。

それは、書きたいことを40のカテゴリーの中で表現できるようになったこと。

誰にとってどの分野で役に立つかを明確にする記事を組み立てられるようになったことです。

これはブログを続けていく上で非常に重要なことだと考えています。

ブログ記事を書くことにマンネリされている方。

ブログ運営にしっくり来ていない方。

またブログをはじめようと思っている方。

ぜひカテゴリーの正しい認識を持ち取り組んでみてください。