副業(ブログ)

PVも収益もない記事に100万円ブロガーからガチコンサル受けた話

どうも、ブログ1.5年生のソラマメです。

たまには思ったことを書こうとキーボードをぶったたいています。

 

これまでブログの運営報告をしてきましたが、多々思うことがありましたので、前回までで終了します。

しかし、私のブログ運営報告の後半部分はその月にあった気づきを自分のアウトプット目的も含めて行ってきました。

よって、今回からはその後半部分のみの気づきについて書きなぐることにします。

タイトル通り、今月は月100万円達成美容師ブロガーである、岸さんより私のとある記事をコンサルしていただいた貴重な体験をした月になりました。

きっかけは岸さんのこのツイート。

 

PVも収益も減少している私は、これほどにまでない強い気持ちでツイートに反応し、数ある応募の中から選んでいただくことができました。

数ある応募の中から選んでいただき大変うれしかったとともに、ただただコンサルしていただいた…

だけでは意味がないと思い、コンサルしていただいた次の日からこれまで何かに取つかれたかのようにここまで走ってきました。

100万円達成のブロガーから頂いたガチアドバイス。

そしてそれをどのように理解し、実践し、結果どうなったのか。

この記事ではそんなことを具体的に書きながら、PVや収益について悩んでいる方のお役に立てれば良いなと思って書くことにしました。

ブログコンサルをしていただいた美容師ブロガー岸さんについて

岸和希さん(@kazuki_kishi)

「きしろぐ」を含む3つのブログを運営する美容師ブロガー。週休4日で好きに美容師をして好きにブログ書いて、人生楽しく生きてます。月間PV数合計60万、収益はnoteにしてます。

岸さんのブログ:きしろぐ

今回ブログコンサルをした頂きました、美容師ブロガーの岸さん。

3つのブログを運営されているとのことで、その生産力だけでなくPV、収益ともにがっつり実績を上げていらっしゃる尊敬するブロガーさんの中の一人です。

そんな岸さんのブログコンサル。

一瞬にして応募したいと思い手を動かしてしまったのは実績がすごいからという理由だけではありませんでした。

 

それは「具体的な方法をもらうことができそう」ということ。

 

私はこれまで独学でここまでブログを運営してきました。

体系的に学ばなくてはいけない。ブログについて真剣に考えないといけない。

そんなときに巡り合ったチャンス。

これはという思いで応募させていただき、そして5名のうちの1名として選んでいただけることができました。

改めて感謝いたします。

ブログコンサルについて

今回コンサルをしていただきました、岸さんのブログコンサルページを先にご紹介しておきます。

私以外にも今回コンサルをされたということで、その実績についてはnoteで確認することができます。

私のブログコンサルについては下記記事にて紹介されています。

 

そう…ソラマメのポロリ全開です。

でもいいのです。それでいいのです。

自分の弱みも見せなければ、これ以上の成長はないし、痛いことをいわれなければ次のステップはない。

そう思ってとある記事についてのコンサルを依頼しました。

 

よくアドバイスやコンサルを受けた感想記事を拝見しますが、「モチベーションが上がった」「やる気でた」といった精神論が多いと思いますが、私なりに理論的に感想、というかコンサルを受け実践したことを書いていこうと思います。

その方がずっと見る方にとって良い記事だと思うので…。

それぞれ岸さんのコンサル内容については上記記事をご覧ください。

私はその中より実践したことを抜粋して下記でお伝えしていきます。

スポンサーリンク

キラーページを作ってない

私のブログではここまで「キラーページ」というものを作っていませんでした。

キラーページとはざっくりいえばCV(コンバージョン)を狙う記事です。

ヒトデさんのブログ記事が非常に参考になりますので、詳しくはそちらをご覧ください。

話を戻します。

このキラーページ、なんとなくわかっていながら、なんとなく遠ざかっていた記事作成の作業。

岸さんにはすぐにわかってしまったということで、コンサルを受け早速記事を作りました。

キラーページがなければ買ってくれるわけがない

キラーページというのは、成約に結び付けるための記事ということで、ブログにとって非常に大切なページ構成でした。

これは同じく仲良くさせていただいているブロガー、ジロさんもザク男爵さんにブログの悩み相談で言われたことと一緒のことかと思います。

 

「売っていないのに売れるわけがない」この言葉につきます。

収益がないと嘆いている方のほとんどは「売っていない」というのがほとんではないでしょうか。

私もブログをはじめた当初からほぼアドセンスに頼りっきりで、アフィリエイトのことや物販。

そのあたりのことについてはほとんど手を付けてきませんでした。

その結果、PVはついてもCVまでもっていく記事がないため離脱してしまう、そんな機会損失をしていました。

逆の立場になったらするわかりますよね。

Aがほしくて検索して、その商品の非常にためになる記事があったのちに広告があるのと、広告なく終わるのと。。。

前者のブログの方が成果が出るに決まっています。

収益が出るに決まっています。

 

それなのに自分はデートまで誘って、告白しない。

むしろ向こうから告白されるのをクールに待っているようなタイプ。

いや、竹野内豊じゃないんだから!(古いですか…??)

もっと告白しようよ、もっと自分アピールしようよ。

そう自分に突っ込んでキラーページを作成しました。

泥臭いっていいながら、どこかクールぶっている自分がいました、ごめんなさい。

 

ゲス芸人みたいにみんなに電話番号渡します(そこまでではないかもだけど、気持ち的にはそれくらいってことだと思います…きっと)

スポンサーリンク

自信がある記事ほど「骨記事」が多い

今回150記事ほどある私のブログのうち、コンサルしていただけるのは1記事だけという応募内容だったので、迷った挙句お願いしたのは今回の記事でした。

ほかでもない、自分の中では頑張って書いた文字数多めの記事で、もっとPVや収益が上がってほしいなと思う記事でした。

 

しかし、そんな記事ほど「骨組み」までの記事が多いのではないでしょうか。

 

noteでも指摘されましたが、私のコンサルをお願いした記事はまだ骨格で、パワーが足りないというものでした。

確かに骨だけではパワーがつきません。

肉となるものが付き、鍛えられ、それが力になるという人間の原理からしても、私の今の記事は骨組みだけであり、私のように「結構書いたな」と思える記事を書いた方ほど、骨格記事な場合が多いのではないかと思います。

内部リンクという肉をつけ回遊させる

この記事にパワーをつけるには、見出しごとに関連記事を肉付けすることでした。

自信がある記事こそ、まとめちゃっている記事が多いので1見出しごとに詳細の記事を作って内部リンクでつなげる。

骨組みに肉がつくというイメージが正しいのかもしれません。

それがいくつかの内部リンクでつなぎ、回遊してもらうことと、内部リンクでつないでもらった元記事に力がついていく…

そんなイメージで記事を書いていく必要がありました。

イメージで言えば、映画「モテキ」のジャケットの神輿みたいな感じ?

created by Rinker
¥300
(2018/10/23 16:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

この森山未來さんが今回の記事だとして、それを支える神輿として多くの関連記事がささえてくれこの記事が上がっていく。

そんなイメージをもちました。

いわば、ブログ(記事)がモテ期にならねばPVも収益も生まれないということです。

そしてそのためにはもっとカテゴリーを増やさなくてはいけませんでした。

多くの関連するカテゴリーの記事を増やしていき、そのまとめを神輿記事に内部リンクを入れ込んでいく。

そんなイメージを実践することでPVや収益は上がっていくのではないかと思いました。

そして、私はこれまで書いた記事で内部リンクとしてつなぐことができそうな記事は「合わせて読みたい」と強調してつなげるようにしました。

もちろん、キラーページも上げています。

また、見出しにない記事をつなげていれたい場合は新たに追記して内部リンクでつなげるようにしました。

まだ完成ではないですが、可能な限りリライトはできました。

スポンサーリンク

ブログを止めるな!結果は半年後にしか来ない

あわせて読みたい
事務職に採用されるための転職エージェント
事務職に初採用!30代男性でも活用できる転職エージェント事務職に転職ができた30代男性が語る、転職エージェントの活用方法について詳しく説明しています。未経験の事務に転職希望の方は必見です。...

 

そして修正した記事は次のような記事になります。

前回の記事をご覧頂いた方がいたら、その変化がおわかりになるはずです(希望…

前回の記事をご覧頂いていない方でも、前述の通り変更した点を一度ご確認ください。

今回ブログコンサルをしてもらう前と後のブログの結果としてグーグルサーチコンソールを確認しました。

結果はというと…

コンサル前からほぼ無風…。

しかし、これは致し方ない理由があります。

それはグーグルのアップデート。

私のブログは今回ももろくらってしまってもろもろの記事のPVは落ちていました。

逆に言えば、岸さんのアドバイスがなければもっと落ちていたということになります。

無風だったということは、悪くなかったということ。

そして、そんなにすぐに結果を出せるわけがないということも教えてもらいました、ブログははてしない終わりなき旅です。

created by Rinker
¥250
(2018/10/23 16:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

そして、「カテゴリーを整理してパワーアップさせること」「1日の生産力が少ないこと」

というアドバイスが胸に突き刺さりました。

これではいけないと実感しました。

ブログという世界はきっと、1記事では立ち向かえない。

もし、1記事で立ち向かえる記事(PVや収益)があったとすれば、それは本当に「お宝記事」であって、たまたま、まぐれで引き当てたもの。

そんな何度も続きません(天才以外は)

数撃ちゃ当たる方式で書いていくのも1つの方法ですが、それはブログ1年目である程度やってきました。

(それで100記事目標とかいってやってきたんだと思うし)

ブログ2年生、そして私のように兼業ブロガーが残された道は「質の高い生産力」ではないでしょうか。

岸さんのおっしゃる通り、ある程度の大きさのクエリに対峙し、そのクエリにとことん追求したカテゴリーをブログ内につくってあげる。

そして、そのカテゴリー内に記事を作って、大きなクエリに届くように、

埋めていく。

多角方面から。

それを、回遊させる。

そして、まとめる。

そのまとまりが肉となり、回遊が血となり、体が作られ、そのまとまり全体で「人」とグーグル先生に認めてもらう。

そんなはてしない作業が、私のような兼業ブロガーに求められているのではないかなと。

勝手に想像しています。

 

そんな話をよそめに。

物理的なことに話を戻すと、サーチコンソールにてブログの結果がある程度わかるには半年くらいかかります。

半年経過したときにはじめてクエリが貯まり計画を立てることができます。

ということでいまはブログを止めるわけにはいきません。

結局は今は書いていくしかない。

結果が出るのは半年後。

それまでカテゴリーを決め、書いて書いて書きまくろうと思いました。

同じようにブログに悩んでいる方がいたらぜひ記事を書くようにしてください。

そして岸さん、この度はほんとうにありがとうございました。

※さらなる具体的な記事の修正についてはこのnoteを擦り切るほど見て実践していきます。

さらなる理論的なブログ修正をして結果に変動があればまたお伝えし、同じくPVや収益に苦しむブロガーさんと共有していきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です