MENU

【30代資産運用の始め方】投資初心者でも絶対に失敗しない貯金方法5選

30代おすすめ資産運用の始め方
当記事の内容

30代の資産運用の始め方

結婚、子供の誕生、ぼんやりと老後について。

30代になるとどこかで資産運用をはじめなくては、と悩むタイミングがやってきます。

でも当たり前のようになっている資産運用といっても、何がいいかわからない、始め方がわからない、何をゴールにしたら良いか。

あなたはわかりますか?

その悩みを解消するのが当記事、『30代で投資初心者のための資産運用の始め方』です。

当記事の運営者、わたくしソラマメもあなたと同じ30代。

だからこそ、あなたのお金の悩みについて理解、共感でき、あなたに最適な資産運用方法を伝えられます。

資産運用というとリスクが高いのではと懸念されがちなのですが、当記事では投資初心者知っておきたい各資産運用方法でのリスクついても触れお伝えしていきます。

ぜひ将来の不安を払拭できるようお伝えするので、安心してゆっくりご覧下さい。

  1. 30代におすすめの資産運用
  2. 資産運用の始め方

あわせて、30代のお金にまつわるよくある悩みについてもまとめています。

30代・投資初心者におすすめの資産運用とは

30代おすすめ資産運用30代おすすめ資産運用
ソラマメ
ソラマメ
はじめに「資産運用」っていうけど、どんな資産運用が30代におすすめなのかご紹介します

資産運用とは株、債券、不動産などを管理、運用し資産を増やしていくことです。

今日における30代の資産運用方法としては、少額でスタートし、ほったらしができ、目的をもって貯金していける運用方法をおすすめします。

ソラマメ
ソラマメ
銀行に貯金していくだけではお金は増えないの?

確かに、私の父やそれ以前まで日本人の身近な資産運用として定期預金や保険は資産運用方法の主流でした。

日本銀行のデータによると、最も金利が高かったバブル期では普通貯金で2.08%、定期預金で6.08%の金利。

それは父親の世代は資産運用といえば銀行一択になるはずです。

現在の金利0.01%代という数字を見ると自分の視力が間違っているのではないかと目を疑いたくなります。

でも、これが現実です。

定期預金は少なくとも金利を受け取ることができる資産運用の1つですが、今の時代それだけでは資産は増えません。

だからこそ別の資産運用方法が必要で、そのうえで大切なのが少ないお金をいかに時間をかけずに目標金額まで貯めるかがポイントになります。

  1. 少額を積立できる
  2. ほったらかし運用できる
  3. 目的別に貯められる

少額を積立できる資産運用

ソラマメ
ソラマメ
資産運用って元金が沢山ないとできないんじゃないの?

資産運用と聞くとどうしても大きなお金がないと始めることができないと思っている方は多いです。

極端な話30代で資産運用できるお金が1億円もあればリスクを少なく運用することも可能です。

でも、そんな多額の資金なんてありません(もしそんな大金をお持ちであればこの記事はマッチしないかもしれません)

住宅ローンや子供の教育資金など、何かとお金のかかる30代は資産運用よりも支出のほうが大きく、そこまでお金が回らないかもしれません。

だからこそ、少ない金額ならできそうではないですか?少額なら、継続して積立ていけそうではないですか?

後述しますイデコであれば月5,000円から、つみたてNISAなら100円から、さらにお金ではなくポイントでも金融商品を購入することが可能です。

参考:楽天証券シミュレーション

※期待利回りは、再投資され、複利計算を行ったものです。
※ 申込手数料、税金等は控除しません

これは月10,000円を30年間運用利回り6%(最も良かった高金利時代の定期預金並みと仮定)の金融商品に投資したグラフです。

元金360万円に複利の力を利用して約650万円の利益が生まれ1,000万円を貯めることができます。

今の時代、定期預金で1,000万円を貯めるには1,000万円近い元金がないと絶対に達成することができません。

でも、月に1万円なら始められそうじゃないですか?月1万円なら積み立てていけそうではないですか?

だからこそ、30代からコツコツ積立ができる資産運用がおすすめなのです。

ほったらかし運用できる

家族のため、子供のため、将来のために仕事に費やす時間が最も多いのではないかと思う30代、お金以上に時間がないです。

それほど資産運用にかけている時間はありません。

ソラマメ
ソラマメ
一度目標を決めたらあとはほったらかしができ、仕事や家族の時間がほしいけど、そんな資産運用できるのかな?

と思うかもしれませんか、今は投資商品もネットで購入、解約できる時代になりました。

そして今ではAIの発展によりロボアドバイザーがあなたの運用したいスタイルに応じた商品を提案してくれます。

結果、ほったらかしで資産運用を始めています。

ソラマメ
ソラマメ
私も一度運用方法を決めてからは毎日チェックしたりすることなく、資産を順調に増やしています。

もちろん始めた当初からずっと利益が出ているわけではなく、下落時も暴騰時も粛々と積立ていっている結果です。

限られた時間でも将来のお金を作りたい同年代のあなたにおすすめです。

ここでは詳しく説明しませんが、ドルコスト平均法という投資方法がありますので詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

目的別に貯めれる資産運用

ソラマメ
ソラマメ
私は一体、何のためにお金を貯めているんだろうか?いくらあったらいいのだろうか?

資産運用といっても、なんのための資産づくりなのか目的がぼんやりしていては続きません。

いくら資産を築いたらいいか決めていなければ進みません。

この部分においてあまり考えず漠然と「いつかお金がいるかもしれないから資産運用しなきゃ」と思っている方は選択を誤る可能性があります。

ニュースやネットの同年代の貯蓄額を見て「そんなお金、うちにはないなぁ…」と人生について思いつめて落ち込んでしまう可能性もあります。

ソラマメ
ソラマメ
でも、悲観的にならないでください、焦らないでください、私もつい最近まで一緒でしたから。

30代でよく考える資産づくりとして頭に浮かぶのは、子供の教育資金と老後資金です。

引用:ベネッセ

文部科学省「子どもの学習費調査(平成24年度)」によれば、ひとりの子どもにかかる教育費(学校教育費、給食費、塾や参考書代など含む)は、幼稚園から高校まで公立の場合で約504万円ほどかかる見込みです。

一方、日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(平成26年度)」によれば、大学生の教育費総額は、国立大学(4年間)で511万円ほどかかる見込みです。

つまり、高校まですべて公立、大学は国立の場合で教育費は1,015万円ほどかかるとわかります。さまざまな進路パターンがありえますが、仮に幼稚園から大学まで私立で、大学は私立理系(4年間)の場合ですと、約2,465万円にもなります。

引用:【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します

ベネッセの資料によると養育費、高校までの教育費、大学の教育費を合わせて最小でも2,600万円かかることが予測できます。

幼稚園~高校までは平均年で30万円程度ですが、やはり大学入学となると一年の学費が高いのが分かります。

ソラマメ
ソラマメ
なので、高校までの短中長期的な資金作りと、大学に行くことを想定した長期的な資金作りを分けて考えよう!

漠然と教育にかかるお金だけを見てしまうと呆然と立ち尽くしてしまいそうですが、分けて考えることで目的別に資金作りをしていくことが可能です。

引用:公的年金だけだと足りない?老後の支出と収入

また老後資金についてこんなデータもあります。

財団法人生命保険文化センターの調べで、趣味や旅行もしてゆとりある老後を過ごす支出は約34.9万円/月が必要というデータに対し、夫婦の年金は22.1万円/月。

今後の年金が減ることを想定したとし、定年後20年でも4,000万円の蓄えが必要となります。

資産運用は目的が曖昧だと積み立てる金額も曖昧にもなりますし、目標が決まってないと大きすぎる目標となりストレスを感じることもあります。

お金を貯める目的と目標、そこにかける期間を定めることは非常に大切です。

いますぐ始める!30代投資初心者の資産運用ランキング

30代おすすめ資産運用:ランキング30代おすすめ資産運用:ランキング

ここでは、30代の資産運用でおすすめしたい貯金方法をランキング形式でお伝えします。

世の中にはまだたくさんの資産運用方法があり、中には短期的に目標資金を達成できる方法もありますが、ハイリターンの裏にはハイリスクが潜んでいます。

ここではなるべく失敗をしない資産運用方法ということで、ハイリスクな資産運用方法について控え、着実に資産形成していくことができる運用方法をご紹介します。

ソラマメ
ソラマメ
実際に私もすべての資産運用を実践してみて、おすすめできるものをピックアップしました!

1位:イデコ(iDeCo)

30代おすすめ資産運用:イデコ30代おすすめ資産運用:イデコ
目的 老後資金
おすすめ

イデコまとめ記事楽天証券

ソラマメ
ソラマメ
イデコの目的はズバリ老後資金作りとしておすすめで、節税できる最強資産運用方法です!

イデコ(iDeCo)のメリットはなんと言っても非課税、税金を軽減できる節税面で、それが全てですし、それ以外にお伝えすることがない(くらい)優遇された資産運用です。

イデコ(iDeCo)は国が創設した個人型年金制度(正式名称は個人型確定拠出年金)なので、上記のように節税をしながら資産運用していくことができる公的な制度となります。

例えば毎月定額(最低5,000円から)を60歳まで積立ていくとして、30代からはじめるとするとおよそ30年。

定年を迎えるまで大切なお金を節税しながら資産運用していくことができます。

これ以降様々な資産運用方法をお伝えしますが、リスク面で最も低くはじめられるのがイデコ(iDeCo)です。

その理由の1つは先程からお伝えしている節税。

運用益にかかる税金も一時金としてもらう際にかかる税金も(上限はありますが)非課税で受け取ることができます。

最も大きいのは積立時の掛け金が全額所得控除となるため、保険料とは別に節税対策として利用することができます。

これは、以下お伝えする資産運用方法ではない、最も優れたポイントです。

また、資産運用に絶対はなく値上がりもあれば元本割れのリスクがあり、当然イデコ(iDeCo)でも投資商品の選択によっては元本割れのリスクも生じます。

しかし、積立時にかかる所得控除を受けられるため、下落分をカバーできる可能性もあると私は考えています。

なんせ、国が推奨している制度のためお得に資産運用ができる制度には間違いありません。

イデコ(iDeCo)の口座開設として必要なものとしては、証券口座、申請書の手続き、商品の選定ですがそれぞれにおいて詳しく説明していますので、ぜひ一緒にお読みください。

  1. 所得税・住民税が軽減
  2. 運用期間中の利益が非課税
  3. 一時金受取が1,500万円まで非課税

2位:つみたてNISA

30代おすすめ資産運用:つみたてNISA30代おすすめ資産運用:つみたてNISA
目的 教育資金
おすすめ

つみたてNISA楽天証券

ソラマメ
ソラマメ
最大20年非課税で運用できるつみたてNISAは大学資金作りにおすすめです!

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています

引用:金融庁(つみたてNISA概要)

非課税投資枠が毎年40万円が上限(20年間で最大800万円)で、非課税期間最長20年間というのがつみたてNISA最大の特徴です。

まだスタートしはじめのサービスで皆が横一線のサービスなので、臆することなく資産運用を始めていくことが可能です。

私は養育費はいまある収入の中なら捻出しつつ、子供の大学資金については長期的につみたてNISAで投資しています。

目的と目標金額が定まったことでお金に対する不安も減り、ストレスなく粛々と積立できています。

また、楽天ユーザーであれば楽天ポイントで投資信託の買付けすることができます。

これまでも楽天ポイントで投資信託を購入が可能でしたが、楽天では投資者向けサービスがかなり良くなりました。

まず、通常注文でしか利用できなかった楽天ポイントを投資信託の積立注文に使えるようになりました。

これにより、特定口座、一般口座、NISA口座、つみたてNISA口座で利用可能となりました。

楽天からポイント利用設定を行えば継続して積立注文ができるため、注文のタイミングを気にする必要がありません。

楽天のサービスはこれだけに留まらず、投信の買付けが楽天カード決済できるようになりました。

これまでは投資信託の積立は、引落方法として証券口座からの引落か銀行口座からの引落しかありませんでした。

しかし、楽天カードクレジット決済で月額50,000円までクレジットカード払いで投信積立を買付できるようになりました。

楽天カードで積立投信が買付けれることで、楽天カード決済のうち、1%の楽天スーパーポイントが付与されます。

(ただしリボ払いの対象外)

楽天ポイントでつみたてNISAの投資信託の買付けが可能になることで、下落に対する精神的リスクは激減します。

自らがのお金が目減りするわけではなく投信の買付やカード決済して付加価値として付与されたポイントだからです。

ソラマメ
ソラマメ
サンドイッチマンの伊達ちゃんなら、「カロリーゼロですよ」

といいたいくらいリスクが0とは言い切れませんが、他の資産運用方法よりも下落に対するリスクはポイント分を考えるとハードルは低くなります。

  1. 最長20年非課税で運用
  2. 年40万円まで非課税で運用
  3. 楽天ポイントで買付できる
つみたてNISAおすすめ

楽天ポイントでのつみたてNISAをはじめるうえでの詳細はこちらでご覧下さい。

【つみたてNISAおすすめ商品】失敗しない初心者向き銘柄【5選】

楽天カードでつみたてNISAを年間1%お得に購入!ポイント活用法

3位:ウェルスナビ

30代おすすめ資産運用:ウェルスナビ30代おすすめ資産運用:ウェルスナビ
目的 短期的・中期的な資産づくり
おすすめ

ウェルスナビまとめ記事ウェルスナビ

ソラマメ
ソラマメ
まずは簡単に資産運用というものがどんなものなのかを始めてみたい

ウェルスナビはそんな資産運用ってどんなものなのかを始めてみたいあなたにおすすめの貯蓄方法です。

ロボアドバイザーNO.1ウェルスナビは、あなたにあったリスクを決めAIが運用してくれるおすすめ資産運用方法です。

『長期・積立・分散』投資ができる新しい形の資産運用方法を無料診断で、あなたにあったリスクを1〜5に設定し、リスクに応じて自動的に資産運用してくれます。

ウェルスナビをおすすめするポイントは、「簡単な手続き」で「ロボアドバイザーが運用商品を決めてくれる」という点です。

今回紹介している資産運用方法のなかで、金融商品の設定や売買のリバランスを自動で行ってくれるサービスは他にありません。

ソラマメ
ソラマメ
イデコもつみたてNISAも商品の選定は自分、解約や運用商品の変更も自分でやらなくてはいけません。

それって、本当に資産運用を始めるあなたにとって、ものすごいハードルが高いかもしれません。

でも難しい資産運用はすべてロボアドバイザーが管理・運用し、手続きは初心者でも始めやすく簡単に始めることができます。

リスクに応じてときに守り、ときに攻め、人間の感情を排除した優れたAIが運用してくれれば、資産運用にかかる時間が大幅に短縮するという点において有効的な資産運用方法です。

ウェルスナビでの資産づくの目的を短期的・中期的な資産づくりと抽象的な表現になっているのはこのためです。

ソラマメ
ソラマメ
まずは、資産運用をはじめてみる!始めて運用してもらっている間にイデコやつみたてNISAの商品選定をしていく。

そんな、資産運用の登竜門として利用することをおすすめします。

  1. わかり辛い商品選定をAI選定
  2. ロボアドバイザーが資産運用
  3. 手続き簡単!すぐ始められる
ウェルスナビの始め方

ウェルスナビは無料診断ができ、資産運用をイメージできます。

口座開設には他と違いマイナンバーカードもしくは個人番号カードが必要です。

ウェルスナビの詳しい特徴や手数料についても下記それぞれの記事にて詳しくお伝えしています。

30代おすすめ資産運用ロボアドバイザーは即決でウェルスナビな理由

4位:NISA(優待株投資)

30代おすすめ資産運用:NISA30代おすすめ資産運用:NISA
目的 教育資金
おすすめ

株主優待レビュー記事楽天証券

ソラマメ
ソラマメ
優待株への投資は一般NISAがおすすめです!

私はコツコツと資金を貯めていき、NISAで優待株への投資も並行して行ってます。

つみたてNISAとNISAの違いについては以下の表で簡単にお伝えします。

引用:ゆうちょ銀行引用:ゆうちょ銀行

一番の違いは、つみたてNISAは一定の条件に合った株式投資信託・ETFから選択に対し、NISAは国内外の上場株式・株式投資信託から商品選定ができる点です。

つまり、NISAであればつみたてNISAと同じ投資信託も購入することも、上場会社への株式投資もすることができます。

私はつみたてNISAの制度ができる前までは投資信託をNISAで購入していた時期もありましたし、並行して株主優待がもらえる優待株への投資も行っていました。

株主優待(かぶぬしゆうたい)は、株式会社が一定数以上の自社の株券を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと。

日本では、3685社の上場企業のうち1307社が実施し、幅広く実施されている制度だが、その法的な義務は法令上無く、個別の企業判断に委ねられているため、定めない企業もある。

引用:Wikipedia

株主優待制度がある上場企業の株は価格変動の波が比較的緩く長期保有に向いています。

保有期間が長いと優待がアップする企業もあり、また配当ももらえるため家電や生活関連の株主優待を利用することで支出を減らし教育資金を貯めていくことも可能です。

ソラマメ
ソラマメ
ただし、非課税期間はつみたてNISA20年に対してNISAは5年しかありません

5年間の間に値上がり益が大きければ株を売ることで非課税で値上がり益もあり資産を増やしていくことができるためおすすめです。

  1. 優待券を利用し支出を減らす
  2. 値上がり益は5年まで非課税
  3. 投資信託よりリスク有
NISAの始め方

特に子育てしていく上でおすすめの株主優待がもらえる優待株投資については、こちらの記事をご覧ください。

【株主優待おすすめ】子育て世代も子供も嬉しい実用性高な厳選5銘柄

5位:Zaifコイン積立

30代おすすめ資産運用:Zaifコイン積立30代おすすめ資産運用:Zaifコイン積立
目的 余剰資金
おすすめ

Zaifまとめ記事Zaifコイン積立

ソラマメ
ソラマメ
仮想通貨はもう終わってる…と思われる方もいるはずです

ハイリスクで30代からはじめる資産運用としてはどうなの?という意見もあるかもしれません。

しかし、zaifのコイン積立は30代からはじめる仮想通貨の資産運用としておすすめしたい方法です。

まず、仮想通貨は株式投資やFXよりも後発の金融商品ですが、将来的な値上がりが未知数な金融商品です。

また、仮想通貨投資の中でもZaifのコイン積立は月1,000円から積立てできるので、リスクを限定して資産運用できます。

今回お伝えする資産運用の方法の中でも月1,000円からというのは最もはじめやすい運用資金です。

そして、将来的な値上がりの期待が一番高いのも仮想通貨。

(そのぶんリスクも高いので下落、値下がりの可能性も高いです)

仮想通貨=破綻、怖い、わからない、と思っていた私も実際にはじめてみてイメージがかなり変わりました。

まず、レバレッジというハイリスクハイリターンな投資方法でなければリスクは限定的です。

パスワードと二段階認証によるセキュリティの強化で大切なお金がなくなる怖さもありません。

Zaifのコイン積立なら、ビットコインやイーサリアムなど聞いたことのある仮想通貨にコイン積立ができます。

現在はよろしくないニュースばかりで下火ですが、余剰資金があれば少しずつ積立ていくことで、将来的に仮想通貨の評価が上がればかなりの値上がりを期待できます。

  1. 月1,000円から積立可能
  2. 仮想通貨の中でも低リスク
  3. 将来の値上がり期待大
Zaifコイン積立の始め方

仮想通貨はまだ奥が深く詳しく調べたい場合はおすすめ本を3つ紹介しています。

また、Zaifのコイン積立のはじめ方や口座開設前に準備するもの、税金についてまとめております。

こちらもぜひ合わせてご覧ください。

【まとめ】仮想通貨を今更とあきらめてる30代へ簡単やり方と注意点

【2019年追記】

Zaifでも恐れていた資産流出問題が発覚しました。

参考:Zaifお客様流出資産の補償に関して

この問題に伴いZaifでは現在コイン積立のサービスについて停止となっています。

  • Zaifコイン積立の新規登録
  • 銀行口座からのお引き落とし
  • 指定の仮想通貨の買い付け

が当面の間は利用ができないため、現在はコイン積立を行うことができませんので予めご了承ください。

スポンサーリンク

30代から資産運用を始めれば複利の力を利用できる

30代からはじめる資産運用複利の力
30代で資産運用始める上で、資産運用と時間は非常に重要なポイントになってきます。

ソラマメ
ソラマメ
その一つが『複利の力』です!

例えば30代から資産運用を始めたケースと40代から資産運用を始めたケース考えて見ます。

毎月の積み立て金額3万円

想定利回り3%

上記運用をモデルにして考えてみます。

もし30歳からスタートし30年積立てたとすると、60歳になったとき約1,750万円ほど貯まっています。

一方、40歳から始めた場合20年の積立になるので60歳で貯まっているお金は約1,000万円。

差額は750万円もあることになります。

ソラマメ
ソラマメ
ざっくりした計算でも30代から始める資産運用のほうが複利の力を発揮することがおわかりになるはずです

また、上記のような資産運用を実践していくと少しずつでもお金を増やす知識がついていきます。

何もせずにいるのと、少しでも投資に対する知識やお金に対する考え方をもつことで、人よりも一歩二歩リードできます。

きっと、この記事をご覧頂いているあなたは、投資について近い周りに経験者がいなくて資産運用されている方がいらっしゃらないかもしれません。

日本人の投資への関心は増えてきていますが、まだまだ欧米ほど浸透はしていません。

私の周りでも投資をしている人はほとんどいません、そんなものです。

お金が自分の手となり足となり24時間365日働いてもらうことで少しでも生活を豊かにしていくことができます。

そしてこれから私達30代が定年、それ以降を迎える時代、年金はいくらもらえるのか不透明です。

退職金もどれだけのお金がもらえるのか約束されている方は少ないと思います。

年金はこれくらいもらえるだろう、退職金はこれくらいもらえるだろうと予想しがちです。

ソラマメ
ソラマメ
万が一その金額に大きな差があったらどうしますか?

送りたい老後も、叶えてあげたい子供や孫の望みも、自分たちのことすら守れない可能性だってあるかもしれません。

そんな将来にしたくないから30代、投資初心者からでも資産運用を始めましょう。

お金についてよくある悩み

ソラマメ
ソラマメ
30代、お金にまつわる悩みって本当に多くて疲れてしまうときがありますよね…

お金の悩みは人それぞれかもしれませんが、特に30代で自らの経験と同年代でやく聞く悩みについてもまとめました。

資産運用するための元金が作れない

30代から資産運用をはじめる上で元となる資金が必要です。

今回おすすめしている大半の資産運用は積立なので最も大切なポイントはいかに余剰資金を作るかということです。

超短期的な投資(株なんかでは投機と呼ばれることもありますが)とは違うので、生活費とは別に投資に回せる額の運用が必須です。

ソラマメ
ソラマメ
一番やってはいけないのが生活にかかるお金や近々に必要なお金に手を出すことです!

実はこれ、私も経験があり、昔カード払いが次月ということを利用し手持ちの現金を短期投資に回して大損…。

加えて月末のカード払いが払えずリボ払いをしてしまったという苦い思い出があります。

さらに、超短期的なお金を運用をすると気が焦ります。

毎日、毎時間のように株価をチェックしたり、暴騰暴落に一喜一憂したり気持ちが休まりませんでした。

そのような理由で30代からゆっくりと長期的な資産運用をしていく上では余剰資金は大前提となります。

では、余剰資金をいかにして作るかですが…

  • 毎日飲む缶コーヒー
  • 辞めようと思っているタバコ

例えばこれらは本当に必要な消費でしょうか。

本数を減らしたりいっそのこと辞めてしまったり、小さなことですがお金を貯めることはできます。

小さな資金かもしれませんが、毎月積み立てていけば複利の力はその分ついていきます。

例えば、使う物を厳選しあとはメルカリで処分し小さな収益を上げることは誰にでもできます。

おこづかいについても同様に、毎月もらう方法から半年ないし1年間分もらうことで資産運用できる環境を自分で作っていくことも大切です。

あなたができる小さなことからでも余剰資金は絶対に作ることは可能です。

何を節約したらいいかわからない

ソラマメ
ソラマメ
節約と言っても何から始めていいかわからないし生活が窮屈になりそうで抵抗がある…

「節約」と聞くと水道光熱費や食費(激安スーパーで購入)という家計の見直しされるかもしれません。

確かに生活に関わるものです無駄と思えることは率先して変えていくことは間違いではありません。

しかし、それらは節約効果としては低いほうです。

最も大きな節約が期待ができるのはスマホ代の見直しです。

例えばスマホをキャリアから格安SIMに変更するだけで月に5,000円ほど節約できる場合があります。

ソラマメ
ソラマメ
我が家は夫婦でBIGLOBEに変更し月の利用料が二人で3,000円です!

夫婦の出費で月に1万円の節約ができたということは、年間収入が12万円アップしたのと同じです。

さすがに水道光熱費や食費で月1万円を節約しようと思うと難しいですが、スマホ代を見直すだけで解決できます。

そこから、家のインターネット料金、家賃、車のガソリン代などの固定費で無駄なお金を見つけて節約していきましょう。

人は生活するだけで支出が出ます、それだけに節約ポイントも見つかるはずです。

日々の生活から無駄を見つけることは良い機会なので、この機会に無駄なお金が流れていないかということに注目し削減できないかを見直しましょう。

税金を安くしたい、節税対策したい

節約していて最も節約したいのは「税金」ということに気づいてしまった!

税金は我々が生活する上で必ず支払わなくてはいけないため、納税から逃れる方法はないので、長期間付き合わなくてはいけません。

会社員であれば年間収入があがれば上がるほど税金は高くなる仕組みなので税金を少しでも節約したいと思うのは当然です。

納税を逃れる方法ではなく節税対策なら方法があります。

前述したイデコはその1つで、投資資金が全額所得控除されるため会社員であれば年間8万円〜9万円まで節税効果を発揮してくれます。

また、通常投資で利益が出た場合、約20%の税金がかかりますが、イデコもつみたてNISAも運用で得た利益が非課税になるので本来支払う税金を節約することができます。

10万円利益が出て20%の2万円を税金で支払うのと支払わないのでは大きな違いがあります。

また、税金の負担額を大幅に減らす方法としてふるさと納税の活用もひとつです。

ふるさと納税気になる自治体に納税する代わりに返礼品がもらえ、実質2,000円の負担で確定申告後に所得税が還付され住民税控除を受けることができるというメリットがあります。

税金の負担額を大幅に減らすことができるふるさと納税、イデコやつみたてNISAは最も早くから取り入れるべき節税対策と言えます。

周りの年収と比較してしまう

ソラマメ
ソラマメ
同窓会に行けばいくら稼いでるかの話ばかりだし、気がつけば30代平均年収の記事見ては落ち込んでしまう…

そんな周りと年収や稼ぎの話で憂鬱になってしまってはいませんでしょうか。

私も同じ感情に陥ることがあります。

確かに年収は高いか低いかだけで言えば前者のほうが裕福です。

ソラマメ
ソラマメ
支出が少なければ、ですが!

私の友達で年収1,000万円と豪語している者がいますが、仕事のために「ベンツ」「ロレックス」を購入し、数年ごとにゴルフクラブも新調しているそうです。

休みの日はゴルフコンペで家を空けることが多く、コンペ代も自腹ということでいかに年収が高くても支出が多いことが話を聞くだけでも分かります。

でもこういう時“支出の話は一切出ない”のです。

つまり、中途半端に稼いでいる人は収入が高いことにプライドがあり、マウントを取りたいと思っている可能性があります。

仕事に自信を持つために高級腕時計を付けることなど分からなくない物もあります。

しかし収入と支出のバランスが同じだったら、資産運用できる金額だって同じになってしまいます。

あまり見た目の年収ばかりにこだわらず、支出を減らし余剰資金を作り将来への資産運用ができていれば、自ずと年収について悩むことも少なくなっていくはずです。

現に私も老後資金についてはイデコ、子供の大学資金についてはつみたてNISAなどを始めていつまでにいくらお金があったらいいか計画しそれに合ったお金を積立て複利で資産を増やしていています。

同級生の彼が資産運用せずに必死に仕事して接待して残った余剰資金を定期預金で微々たる運用をしている間、私達は順調に資産運用を積立て増やしていて行くことができます。

収入を増やしたい

収入を今よりもあげたいと考えていてもなかなか給料が上がらない、または昇給がわずかで思ったように稼げない方は多いはずです。

どれだけ支出を削減したとしても収入も上がっていかなければお金を効率よく貯めていくことはできません。

まだ多くの企業で取り入れられてはいませんが副業が解禁されつつある今、お金を稼ぐ方法はこれから増えていくことは間違いありません。

そうなればお金を稼ぐこと自体は難しくなくなりますが、本業がある以上なかなか副業の時間が取れない、もしくは時間を割いて副業することで疲弊してしまう可能性があります。

「収入アップ=労働」というイメージが強いかもしれませんが体を使ってお金を稼ぐだけが全てではありません。

むしろ本業以外で時間的な拘束によって産まれる給与は30代にとって体力的にも精神的にもおすすめできません。

むしろこれからの時代、これまでのあなたの経験や体験が新たな稼ぎや副収入をもらたしてくれるかもしれません。

その経験や体験を新たな収入に結びつける考えがあるかないかで今後の収入に大きな影響があるはずです。

私の場合は、これまで出版社でライティングの仕事経験があったのでブログという新たな収入を作ることができました。

ブログで収入を作ることができたおかげで本業での微々たる昇給のストレスもなくなりました。

また本業以外の収入源ができることで本業だけに頼ることもなくなり、自分で稼ぐことでいい距離感で仕事と向き合えています。

ちなみに本業での収入を上げたい場合、あなたの市場価値を簡単に調べる方法があります。

それがMIIDAS(ミイダス)です。

正当な年収が得られていない可能性があれば、転職して本業の収入をまず上げましょう!

MIIDAS(ミイダス)は本来もらうべき想定年収を5分の登録、診断で知ることができます。

あなたの価値を客観的に知る機会を理解し、収入にアップにご活用ください。

\5分でカンタン登録/

ミイダスで市場価値を調べてみる

スポンサーリンク

お金の悩みは誰も解決してくれない

30代おすすめ資産運用;お金の悩み解決方法30代おすすめ資産運用;お金の悩み解決方法

結局のところ、お金の悩みは誰かが解決してくれるわけではないので自分で解決していくしかありません。

30代になると上記のようにお金の悩みは尽きません。

しかし、他人からアドバイスを受けただけではあなたのお金の悩みが根本的に解決するわけではありません。

自分で行動することのみが悩み解決方法

上記で紹介してきたお金の悩みと解決方法については、あなたにおかれている環境やタイミングで向いているものもあれば、向いていないものもあるはずです。

ソラマメ
ソラマメ
すべて環境やタイミングのせいにして行動していないだけではないですか?

結果が出る、出ないに関わらず自分が行動しなければお金の悩みは解決できません。

悩んでいてもお金が増えるわけではありませんし、嘆いていてもお金がもらえるわけではありません。

本気でお金の悩みを解決したいのであれば面倒なことでも目を背かず、一歩踏み出し行動してみることで自分なりのお金の悩みを解決していける方法が見つかります。

面倒がらず、悩んでいるばかりでなく、まずはお金の悩みを解決するために行動しましょう!

お金の悩み解決には早く行動したほうがお得

なぜ私がここまでお金の悩みに対して早く行動することをおすすめするかというと、資産運用については早く始めれば始めるほどメリットがあるからです。

仮に私が30歳から月1万円30年間イデコやつみたてNISAで積立てたとすると年利6%と仮定した場合1,000万円が貯まります。

あなたが40歳から1,000万円を貯めようと思うと月に2倍積立金が必要になります。

積み立てる金額があれば良いのですが、40歳で同じく月1万円しか積立られない場合、12%リターンがある資産運用をしなければなりません。

ここまでの話をすると投機やレバレッジをかけたFXなどをおすすめしなければいけなくなりますが、もし30代から資産運用をはじめることができればまだこれから年齢を重ねていけば収入アップも期待できますし、リスクが低く資産運用を始めていくことができます。

つまり、資産運用をはじめる時期が遅くなればなるほど積立金を増やすか、リターンが高い商品選定をしなくてはいけなくなり、リスクが増えることになります。

上記でもお伝えした通り複利の力が発揮し将来的に資産を形成していけるのは、絶対に早くから資産運用をはじめた方です。

早くからコツコツと積立ていく資産運用の複利の力を知った私はすぐに行動しまし、順調にお金を育てていっています。

これでも遅い方だったと思いますが、それでも気づいてからすぐに行動できて良かったです。

まとめ

30代おすすめ資産運用:まとめ30代おすすめ資産運用:まとめ
当記事のまとめ

30代投資初心者にとっておすすめ資産運用の始め方は…

  1. 少額を積立できる
  2. ほったらかしできる
  3. 目的別に貯めれる
ソラマメ
ソラマメ
30代の投資初心者におすすめ資産運用の始め方を詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか

どれも私が実践していることで資産運用をはじめるうえでのポイントを説明し、目的別におすすめ資産運用方法をランキングでご紹介しました。

私たちの将来、貯金を貯めるためには収入を増やすか、支出を抑えるかこの二択しかありません。

そのうち、収入を増やす方法は給与所得をあげていくことが最も最初に思いつくことかもしれません。

しかし、資産は銀行貯金でも投資でも運用し、「お金に働いてもらうこと」で増やしていくことができます。

そのためには自らが何のためにいくら貯めたらいいかを計画を設定することが大切です。

ソラマメ
ソラマメ
「少しでも増えればOK」ではなく、「子どもは二人育てたい」「大学まで行かせてあげたい」「老後にこういう暮らしがしたいから生活資金が欲しい」

このように細かく計画を立てることで必要になる金額が自ずと計画だてられることができます。

具体的な金額を算出すると、どのようにリスクを設定し資産運用していくかが計画でき、将来的なお金の目標につながります。

30代くらいになれば仕事でも中堅どころになり、現場職から中間管理職などになっていく方も増えていくはずです。

仕事と同じように人生においても計画、目標のうえに遂行していけるのも30代だからできること。

投資の基本である余剰資金を作るための支出の見直しを測り運用リスクに注意し、賢く計画的に資産運用していきましょう!

いますぐ資産運用を始めよう!

\イデコを始めるなら楽天証券/

楽天証券iDeCo

\つみたてNISAをはじめるなら/

楽天証券

\手続き簡単!ロボアド投資/

ウェルスナビ

\仮想通貨で将来的な資産作り/

Zaif積立

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)