NISA・つみたてNISA

楽天ポイントでつみたてNISA可能!お金を使わずに積立投資

楽天ポイントでつみたてNISA

どうも。

楽天×投資を強くおすすめしているサラリーマントレーダーのソラマメです。

楽天ユーザーのなかで待ちわびたサービス、それが「楽天ポイントでつみたて」でした。

そんな中、ようやく待ちに待った楽天から嬉しいお知らせがやってきました。

投資サービス拡充というニュースが発表されたのです。

この記事では、楽天ポイントで新しく可能になったつみたてNISAサービスについて説明していきます。

おすすめ読者としては次の方々。

  • 投資をはじめようか迷っている
  • 自分のお金を投資に使えない
  • 楽天ポイントの使い道に迷っている

手軽に気軽につみたてをはじめることができるため非常におすすめです。

楽天にはお金を使わずつみたて投資ができるサービスがある

投資にはお金が必要なのは誰もが知っていられる事実かと思います。

しかし!

ポイントを利用して投資が可能になりました。

それが、「楽天ポイント」です。

楽天サービスの利用でゲットできるポイントを投資に回せるようになったのでお金を使わず投資ができるようになりました。

これにより、自分のお金を使って投資をはじめようと考えていた方にとって投資のハードルがものすごく下がりました。

さらに私のようなあまり物欲のない方のポイントの使用方法が買い物だけでなくなり「投資」という選択肢が増えました。

双方ともに「投資」へのハードルが下がったことはとても喜ばしきことだと考えています。

実はこれまでにも楽天ポイントを利用しての投資(投資信託の購入)は可能でした。

しかし、スポットでの購入しかできず積立の購入ができませんでした。

今回の改定によりに楽天ポイントの使い勝手がかなり変わるのではないかと考えています。

楽天スーパーポイントでつみたてNISAが可能に

今回の楽天のポイント改定によっ最も大きいのが「つみたてNISA」の購入ができるようになったことです。

つみたてNISAとはざっくりいえば、以下の通りとなります。

  • 定期かつ継続的方法による積立投資
  • 年間40万円まで購入可能
  • 非課税期間が20年間
  • 金融庁のおすすめ商品から購入

積立購入可能な商品は楽天証券の投信積立約2500種類の投資信託。

投資をはじめようと思っている方には十分すぎる商品数ですね。

ただし期間限定ポイントの利用は不可で、通常の楽天ポイントのみ購入が可能です。

NISAに関してはこれまで通り購入が可能ですが、前述の通りつみたてNISA口座も適応されるようになりました。

スポンサーリンク

つみたてNISAを楽天ポイント利用で!お金を使わず投資可能に

今回の改定でつみたてNISAを楽天ポイントで利用できることになりました。

よってNISAの口座開設で一歩リードになったのは断然楽天証券になりました。

なぜなら、現金を使わずしてつみたてが可能になり、ポイントが活用できるようになったからです。

つみたてNISAの上限は毎年40万円まで。

私は楽天ユーザーですが、年間でも10,000ポイントくらいは貯まりますのですべてぶっこんでも2.5%分をポイント投資できることになります。

このさらっとお伝えした2.5%ですが、これが投資の世界ではボディブローのように効いてきます。

私は株式投資や仮想通貨通過に関しても経験がありますが、値動きが激しく1日に5%、10%下落なんてざらにありました。

それだけリターンが大きくもあり、リスクも大きいのが投資です。

今回のようにつみたてNISAでそこまで短期的な値下がりはないかもしれません。

しかし、下落場面を迎えても40万円のうち資産が10,000円減ったとしても積み立てた現金ではなくポイントが減った。

そう思うことだけでも精神的に安心を確保することができます。

現金投資のうちの数%でもポイントで補うことができれば負けにくい投資になる可能性が高くなります。

\TRY NOW/

楽天証券

つみたてNISAに使うための楽天ポイントの貯め方

楽天スーパーポイントは頻繁に商品購入などしない私でも気がつけば貯まっています。

多くの方にとって貯めやすいポイントなはずです。

詳しく言えば次の3点で楽天ポイントは貯まります。

  • 楽天市場での商品購入
  • ふるさと納税
  • 楽天のサービス利用

まず、楽天市場で買い物をすればポイントは貯まります。

私はあまりネットで買い物することが多くはなく、ネットで買うとしたらこの類の商品くらいですかね。

はい、すいません。。

本当は、ひげ剃りとか電動歯ブラシの替えブラシであったりとても日常的なものを購入しています。

ネットショッピングは正Amazon派と楽天派があるかと思います。

価格やイメージではAmazon。

しかもプライムデーとかあるとついつい見てしまいます。

しかし、楽天にもお買い物マラソンやセールで安価に購入することもできます。

なにより今回のポイント利用の改定で私の中で楽天での買い物も一歩リードされました。

また返礼品や節税もできるふるさと納税でも楽天ポイントを貯めることができます。

楽天のふるさと納税を利用することによって、納税寄付も楽天の買い物同様となりポイントが貯まります。

ふるさと納税のサイトも増えてきましたが、節税もできポイントでつみたてNISAができるなら私も楽天で開始したくなっています。

お買い物マラソンのキャンペーン中にふるさと納税をすることで、無駄遣いを増やすことなくポイントアップを狙うことが可能です。

スポンサーリンク

楽天ポイントを効率よく貯める方法とは

上記では、楽天ポイントの貯め方の一例をご紹介しました。

しかし、「もっと効率よく楽天ポイントを貯めたい」場合は、楽天系のサービスを利用すれば効率が良くなります。

例えば楽天のクレジットカード、「楽天カードマーン」ですwww

\TRY NOW/

楽天カード

楽天カードはよくキャンペーンをやっており、入会時に8000ポイントとか普通にもらえます。

(調べましたが、このポイントは期間限定ポイントのため、つみたてNISAなどのポイント投資は対象外です)

さらに、楽天のプレミアムカード会員になれば最大でポイントが最大で5倍になります。

楽天カードでの支払いが多ければ多いほどポイントはザクザク貯まります。

また、楽天のクレジットカードでの支払いでポイントは貯まりますが、さらに楽天銀行からの引き落としが有効です。




そしてスマホ代に関しても楽天モバイルの通話SIMの利用でもポイントを貯めることができます。

定期的に支払うスマホ代なので、

  1. 楽天モバイルに乗り換え
  2. 支払いをクレジットカード決済
  3. 楽天銀行で引き落とし

この支払いループだけでかなりの楽天ポイントが貯まることになりますので特におすすめです。

さいごに:つみたてNISAをポイント投資はここからが一斉スタート

つみたてNISAが積立可能になったのは2018年9月30日からですが、そもそもつみたてNISAをはじめている方は多いかもしれません。

しかし、楽天スーパーポイントでつみたてNISAにも対応となると皆が一斉スタートとなります。

どなたも楽天証券でNISA口座を開設するだけでつみたてNISAをポイントで購入することができます。

投資信託など同じ商品であれば正直どこの証券会社で購入しても同じですが、ポイント投資ができるとなると楽天が一歩リードかなと感じています。

そしてこのサービスを使うことで投資の学びにもなります。

学ぶ上で自らのお金を使わなくても楽天のポイントを利用して気軽に積立をはじめることができるチャンスです。

ぜひ同じく投資をはじめたいと思ってる、自分のお金で投資を躊躇っているあなたにおすすめですのでチャレンジしてください。

\TRY NOW/

楽天証券

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)