イデコ(ideco)

イデコはどこがいい?長期運用に欠かせないおすすめ金融機関を徹底比較

イデコどこがいい:おすすめ金融機関

イデコはどこがいいかわからない。

イデコのおすすすめ金融機関について教えてほしい。

ソラマメ
ソラマメ
当記事ではそんな疑問にバッチリ答えます!

iDeCo(以下:イデコ)は加入者が掛金を長期で積み立て、運用し、将来に給付金を受け取る確定拠出型の年金制度です。

「イデコの口座を開設したいけど金融機関ってどこがいいの?」と思い、当記事をご覧いただいているのではないでしょうか。

それもそのはず、イデコを扱う金融機関は現在200社以上もあり選択するには迷わないわけありません。

では「どこでもいいからはじめてしまおう!」となりますが、イデコ口座は1人1口座しか開設ができません。

さらにイデコの給付は原則60歳以降という長期運用となるため金融機関選びはどこがいいかしっかりと確認することが大切です。

そこで当記事では「どの商品」に投資し積み立てていくかという前に欠かせない、「どの金融機関」でスタートするべきか、イデコおすすめの金融機関について徹底的に比較し解説していきます。

  • イデコ口座がどこがいいかわからない
  • おすすめ金融機関を理解してイデコをはじめたい

このような疑問や悩みを持っているあなたに有益な内容となっておりますので、ぜひ金融機関を徹底的に比較したうえで解説しますのでご覧いただき、長期運用にピッタリな金融機関・証券会社を見つけてください。

おすすめしたいイデコ金融機関選びのポイント

イデコどこがいい:金融機関のポイントイデコどこがいい:金融機関のポイント

イデコはどこがいいか結論からいえば、おすすめ金融機関は低手数料で「低コスト投資信託商品」を長期運用することです。

では、なぜ低手数料が良いのか?

なぜ低コスト投資信託の商品なのか?

というとイデコは長期運用のため毎月かかる手数料を抑える必要と、低コストの投資信託商品ラインナップが豊富でイデコの運用にかかるコストを抑えるのが欠かせないポイントだからです。

手数料と運用商品についてなど金融機関選択のポイントを詳しく解説していきます。

イデコでは必要ない手数料を払わない

イデコの運用管理手数料イデコの運用管理手数料

イデコは金融機関にお金を預け長期運用してもらうため、どうしても手数料がかかります。

その手数料は加入時・運用時で以下の通りです。

イデコの主な手数料

加入時

  • 加入時手数料:2,829円(税込)

運用時(毎月)

  • 国民年金引き落とし手数料:一律105円(税込)
  • 資産管理手数料:一律64円(税込)
  • 運営管理手数料:金融機関で異なる

受取時(受け取り毎)

  • 受取手数料:一律432円(税込)

参考:iDeCo(イデコ)ナビ手数料比較表

ソラマメ
ソラマメ
イデコにかかる費用は消費税に伴い2019年10月より値上げ になることが規約142条の変更より確認でき、加入時 2777円→2829円、毎月の引き落と手数料が103円→105円になります

上記で言えば、加入時の手数料と運用時に掛かる手数料はどの金融機関でも同じなのでかかるコストになります。

しかし運営管理手数料については各金融機関で差があるため、ぶっちゃけ払わなくて良いにこしたことはありません。

前述のサイトで見て頂いてもおわかりですが、イデコ口座が開設できる金融機関で運営管理手数料が0円なのは以下7社だけです。

上記金融機関はどこも口座管理手数料が0円という最強コスパ金融機関・証券会社で間違いありません。

なので、「イデコはどこがいいの?」と聞かれたら真っ先におすすめしたい金融機関となります。

もし30代から60歳まで約30年近く毎月にかかるコストが違えば、当然最終的なコストもかわるのでバカにできないことを以下の表で示しています。

手数料 楽天証券 ゆうちょ銀行
加入手数料 2,829円 2,829円
運用手数料 0円 255円
国民年金基金 1,236円 1,236円
運営管理手数料 768円 768円
年間コスト(30年) 2,004円(60,120円) 5,064円(151,920円)

ネット証券会社の代表として楽天証券とほぼ口座を持っているゆうちょ銀行との手数料を比較しました。

ゆうちょ銀行だと30年で約10万円(91,800円)お金が掛かります。

イデコは長期運用が絶対なため上記の7金融機関がいかに優れているのが分かるはずです。

スポンサーリンク

イデコに欠かせない低コスト投資信託の運用商品

イデコどこがいい:低コスト運用商品イデコどこがいい:低コスト運用商品

イデコの金融機関として運営管理手数料がかからない金融機関をおすすめしましたが、イデコには運用する投資信託にも信託報酬というコストが掛かります。

投資信託は元本割れするリスクがあるため、元本割れし手数料で取られてしまっては大切なお金を託す意味がありません。

前述した手数料同様に、長期運用する必要があるためいかに低コストでリターンが期待できる運用商品を選択するかがポイントです。

先程絞り込んだ金融機関ごとに選択できる商品数が違うため、各社で取り扱う商品について比較します。

金融機関 元本保証型 投資信託
SBI証券 1 36
楽天証券 1 31
マネックス証券 1 24
イオン銀行 1 23
大和証券 1 21
松井証券 1 11
auのiDeCo 1 4

上記表を見るとSBI証券が商品数NO.1なので、商品選択できるラインナップが最も多いことが分かります。

その投資信託の中でも低コストと言われる商品への投資がイデコの必勝ポイントになります。

「インデックスファンド」と言われる投資信託は低コストが特徴で、反対に「アクティブファンド」は運用益を狙える可能性もありますが、高コストでハイリスクです。

長期的な資産形成はコツコツを低コストで運用することが望ましく、コストとリターンのバランスの取れた商品を選択できる金融機関の選択が必要です。

イデコおすすめの金融機関ランキング

ソラマメ
ソラマメ
でも運営管理手数料が0円で低コスト投資信託が選べる金融機関は、結局どこがいいの?

というあなたに向けイデコおすすめ金融機関について「ここはいいね!」というポイントを簡潔にランキング形式でお伝えします。

1位 楽天証券

楽天証券の特徴は運用画面がシンプルで資産管理しやすいところ。

イデコ専用ダイヤルがありサポートが充実し、コストや独自商品が多いため最もおすすめな金融機関です。

手数料
運用商品
サービス
備考 資産残高に応じて楽天ポイントも貯まる

詳細ページ楽天証券

2位 マネックス証券

マネックス証券の特徴は、iDeCoポートフォリオ診断による提案。

いくつかの質問だけで運用商品のポートフォリオを作ってくれるのは、マネックス証券だけの強みです。

手数料
運用商品
サービス
備考 低コストeMAXIS Slimシリーズなど豊富

詳細ページ公式ページ

3位 イオン銀行

イオン銀行の強みは、イデコについて窓口で相談できるのに銀行の中ではイデコの管理手数料は最安。

銀行の中で最もイデコのはじめやす金融機関でおすすめです。

手数料
運用商品
サービス
備考 窓口相談できるのは初心者には心強い

詳細ページ公式ページ

4位 SBI証券
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

SBI証券の特徴はイデコ取扱商品数No.1であるということ。

自分にぴったりな商品を選択できることと、レオスキャピタルが運営している人気商品「ひふみ年金」がありおすすめです。

手数料
運用商品
サービス
備考 自分で商品選択したい方にはおすすめ

詳細ページ公式ページ

そのほか、創業100年の歴史があり安心感のある松井証券、ポイント還元とシンプルが特徴のauのiDeCoについては別記事にて紹介しています。

スポンサーリンク

楽天証券はポイントが貯まりお得

イデコどこがいい:おすすめ楽天証券イデコどこがいい:おすすめ楽天証券

私は30代でイデコをはじめましたが、どの年代でもイデコをはじめようと思っている方は楽天証券デビューがおすすめです。

前述の通りですが楽天証券はネット証券のためイデコ管理手数料が0円なのに加え、私が運用している「楽天・全米株式インデックス・ファンド」など魅力的な投資商品があります。

\楽天全米株式インデックスファンド運用できるのはココだけ/

楽天証券iDeCo資料請求

また何かと忙しい30代はこまごまと管理する時間にもとることができない…

そのため一括管理ができる楽天証券はイデコがどこがいいか迷っているあなたには一歩リードしているおすすめ金融機関といえます。

また、楽天ユーザーである私は楽天銀行を引き落し口座と指定し楽天ポイントも貯まるところ魅力を感じました。

楽天銀行の口座開設が必要ですが、楽天証券との相性もいいので、持っておくと便利です。

\ポイント増やせる銀行/

せっかくこの先30年ほど積み立てていくのであれば1ポイントでも貯まるほうがお得です。

さらに、楽天証券でポイントを貯めながら将来の資金を作っていけるので魅力的です。

ポイント投資できる楽天カード説明画像
【ポイント投資で現金化】クレカは楽天カード一本化が最強におすすめ いま持ってるクレジットカードはすべて『楽天カード』に一本化しポイント投資でお金を増やしていく。 どうも、楽天カード愛好...

さいごに:イデコどこがいいか決めて資料請求を

イデコどこがいい:資料請求からはじめるイデコどこがいい:資料請求からはじめる

イデコはどこではじめたらよいか悩むあなたに、おすすめの金融機関について比較を交え詳しく解説しました。

イデコは国が認めている資産運用についての制度で、早くはじめたほうが節税効果もあり将来の資金づくりに適した積み立てです。

すぐ引き出せないデメリットもありますが、イデコがどこがいいか悩んだとき、上記おすすめ金融機関で1日でも早くイデコをはじめるべきです。

上記の各金融機関は200社ある他の金融機関と比較してもコスパは最適、最強です。

各会社の特徴の中であなたが「これはいいね!」と思った金融機関で1日でも早く資料請求し具体的に検討してみましょう、資料請求は無料ですし。

イデコは会社への申請も含め口座が開設されるまで長いと2ヶ月間ほどかかってしまうため気になる方はとにかく行動してみてください。

▼資産運用の始め方▼

30代におすすめの資産運用ランキング紹介中!

>>【30代資産運用の始め方】絶対に失敗しない貯金方法【5選】

関連記事