30代からの生き方に悩んでいるあなたへ
イデコ(ideco)

イデコはどこがいい?長期運用に欠かせない最適コスパ金融機関を徹底比較

イデコどこがいいオススメ証券会社

iDeCo(以下:イデコ)は加入者が掛金を長期で積み立て、運用し、将来に給付金を受け取る確定拠出型の年金制度です。

しかし、「イデコの口座を開設するうえで金融機関ってどこがいいの?」と言われると説明に迷います。

将来のお金を貯めようと考えはじめると、金融機関を慎重に選択したいという思いが強くなり選択に困ります。

イデコの給付は原則60歳以降になるため、「どの商品」に投資し積み立てていくかという悩みますが、「どれだけの期間」「どこの金融機関」で積み立てていくかが非常に重要です。

なぜなら金融機関・証券会社によって手数料や管理料などが全く違うからです。

もし30代から60歳まで積み立て30年も毎月にかかるコストが違えば、当然最終的な運用益もかわるのでバカにできません。

そこで今回はこれからはじめようと思いながら、「イデコどこがいいの?」と悩んでいるあなたに金融機関を徹底的に比較した記事となります。

あなたにとって、長期運用するうえでピッタリな金融機関・証券会社を見つけてください。

【イデコの金融機関】選び方のポイントは手数料

まず大前提として伝えたいのは、イデコの口座は加入者につき1つしか口座開設ができません。

つまり、「どれでもいいや」と適当に開設してあとから別口座を開設できない、ということです。

だから、金融機関を比較しあなたに最適なイデコ口座を作る必要があります。

※イデコ口座の別口座への変更は可能なので、まずははじめてみるということが非常に大切です。

その上で大切なのは『コスパ』です。

必ずかかる手数料と各機関で差が出る手数料を知ろう

新規でイデコに加入する場合、次の費用が掛かります。

  1. 加入時手数料(加入時)
  2. 国民年金引き落とし手数料(毎月)
  3. 信託銀行管理手数料(毎月)
  4. 口座管理手数料(運営管理手数料)(毎月)
  5. 受取手数料(受取時)
ソラマメ
ソラマメ
手数料だけでこんなにも持っていかれるの?

と、不安に思われるかもしれませんがそんなことはありません(理由は後述します)

参考:iDeCo(イデコ)ナビ手数料比較表

上記サイトがイデコの金融機関の比較として参考すると、まず口座申込時に払う①加入時手数料はどこの金融機関でも一律2,777円で変わりません。

加入時だけですしね。。

しかし毎月かかる②国民年金引き落とし手数料と③信託銀行管理手数料はどこの金融機関でも同じというわけではありません。

金融機関によって月額167円~600円まで違うことも。

⑤受取手数料についてもほぼ金額は金融機関同じで432円となります。

各金融機関で差が出るのは④口座管理手数料(運営管理手数料)。

この各金融機関・証券会社で違う④口座管理手数料はたった数百円の違いですが、長期運用が積み重なれば大きいです。

特に20~30代から始められる方にとって運用期間中にかかるコスパ管理は絶対。

だからこそ、手数料はぜひこだりたいものです。

長期運用なら口座管理手数料無料のネット証券会社

前述のサイトで見て頂いてもおわかりですが、イデコ口座が開設できるネット証券会社は口座管理手数料が0円。

おすすめネット4証券会社

上記ネット証券会社はどこも口座管理手数料が0円という最適なコスパ金融機関・証券会社で間違いありません。

ソラマメ
ソラマメ
でもどの証券会社がいいんだろう…

というあなたに向け、各ネット証券会社の特徴で「ここはいいね!」というポイントを詳しく紹介していきます。

イデコどこがいいかわからないなら楽天証券

イデコどこかいい?と迷ったら楽天証券で口座開設でOKだと思っています。

その理由は、下記3点です。

  • 運用画面で証券資産と年金資産が見れるので資産管理しやすい
  • イデコ専用ダイヤルがありサポート充実
  • 低コストや独自のものなど魅力的な商品が多い

このサービスは楽天証券口座をお持ちの方限定のため独自の強みとなります。

スポンサーリンク

投資先に迷ったらマネックス証券

イデコのポートフォリオに迷ったらマネックス証券がおすすめです。

その理由は、下記2点です。

  • iDeCoポートフォリオ診断による提案
  • ラインナップが初心者向き

マネックス証券のロボアドバイザーはいくつかの質問だけで運用商品のポートフォリオを作ってくれます。

このサービスはマネックス証券だけの特徴なためオリジナルな強みとなります。

運用商品を選択したいなら取り扱い数NO.1のSBI証券

イデコで運用していく商品の選択数が多い中から選びたい。

そんなあなたにはSBI証券のイデコデビューがおすすめです。

  • イデコ取扱商品数No.1
  • ひふみ年金がある

投資に対して知識がある方や、まだ学び始めたばかりだけど自分の勉強のためにもお任せではなく自分で商品選択したい。

そんな方にはおすすめの金融機関となります。

スポンサーリンク

これからに期待したいなら松井証券

松井証券は2018年3月下旬よりイデコの取扱いを開始した後発組です。

松井証券のサイト上を抜粋しても運営管理手数料が0円はどこでも一緒、商品ラインナップは12種と少なく、創業100年の歴史と実績なんて別に必要ありません。

よってこれから魅力的な要素が出ない限りは楽天証券、マネックス証券、SBI証券の3つのネット証券での口座開設をオススメします。

楽天証券はポイントが貯まりお得

私は36歳からイデコをはじめましたが、どの年代でもイデコをはじめようと思っている方は楽天証券デビューがおすすめです。

前述の通りですが楽天証券はネット証券なので手数料が0円なのに加え、魅力的な投資商品があります。

楽天証券

また何かと忙しい30代はこまごまと管理する時間にもとることができない…。

そのため一括管理ができる楽天証券が一歩リードしていると感じ私ははじめました。

また、楽天ユーザーである私は楽天銀行を引き落し口座と指定し楽天ポイントも貯まるところ魅力を感じました。

楽天銀行の口座開設が必要ですが、楽天証券との相性もいいので、持っておくと便利です。

▼私も使っている楽天銀行はコチラ▼

せっかくこの先30年ほど積み立てていくのであれば1ポイントでも貯まるほうがお得です。

さらに、楽天証券でポイントを貯めながら将来の資金を作っていけるので魅力的です。

ポイント投資できる楽天カード説明画像
【ポイント投資で現金化】クレカは楽天カード一本化が最強におすすめ いま持ってるクレジットカードはすべて『楽天カード』に一本化しポイント投資でお金を増やしていく。 どうも、楽天カード愛好...

スポンサーリンク

さいごに:イデコどこがいいか決めてスタートしよう!

イデコは早くはじめたほうが節税効果もあり将来の資金づくりに適した積み立てです。

すぐ引き出せないデメリットもありますが、将来のお金について悩んだとき金融機関・証券会社で悩んでいるよりも1日でも早くイデコをはじめるべきです。

おすすめネット4証券会社

上記の各金融機関は他の金融機関と比較してもコスパは最適、最強です。

各会社の特徴の中であなたが「これはいいね!」と思った証券会社で1日でも早く資料請求しましょう。

冒頭でお伝えしましたがイデコ口座は1つしか作ることができませんが資料請求はどこでしてもオッケーです。

すべての資料請求だけしておいても損はありません。

イデコは会社への申請も含め口座が開設されるまで長いと2ヶ月間ほどかかってしまいます。

気になる方はとにかく行動してみてください。

関連記事