資産運用

楽天証券で毎月500ポイント稼げる!チートすぎる楽天カード投資術

楽天証券で毎月500ポイント稼げる!チートすぎる楽天カード投資術

楽天証券では、楽天カード支払いで投資信託の積立購入が可能です。

このサービスのおかげで、決済額の1%楽天ポイントが貯まるようになりました。

そんな楽天ポイントですが、毎月500ポイントを楽に稼げる方法があるのをご存じですか?

結論を言うと、楽天証券で購入できる投資信託を毎月5万円積立するだけで月500ポイント、年間6000ポイントが稼げます。

でも…投資の始め方がわからない。

投資信託と言っても何を購入したらいいかわからない。

ポイントのために投資で損したくない。

という人に向けて分かりやすく解説します。

私は楽天ポイントをはじめ、Tポイントやdポイントなどを利用したポイント投資家として活動しています。

この楽天カード払いの積立投資では、4ヶ月で〇円の利益と楽天ポイント2000Pを楽々で獲得しています。

同様の手順で勝率高く稼げるため、ぜひご覧ください。

楽天カード払いの積立投資で毎月500ポイント

楽天カード決済で投資信託を積み立てていく場合、積立上限は月50,000円で月500ポイント、年間積み立てれば6,000ポイント貯まります。

楽天証券では、つみたてNISAもクレカ決済の対象ということもあり、この決済方法で楽天証券×つみたてNISAは現在も人気です。

ただし、つみたてNISAで投資できる年間額は400,000円、12ヶ月で分散すると毎月33,333円と中途半端な積立額になります。

さらに100円につき1ポイントなので、うまく設定しないとポイントを取りこぼします。

今回はつみたてNISAのクレカ払いではなく、毎月50,000円積立て年6000ポイントを稼いでいく方法を解説していきます。

毎月5万円積立投資するならこの投資信託

  1. 売買手数料
  2. 運用コスト
  3. トータルリターン

積立設定をする上で非常に大切なのはこの3つ。

あまり難しく考えず、この3点だけ抑えておけば大丈夫です。

どれだけ好成績でも手数料や運用する費用が高ければ、取り分は少なくなります。

だから、コストが安くてリターンが見込めるこれらの商品が適していると言えます。

積立投資おすすめ投資信託
  1. e MAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  2. 楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)
  3. e MAXIS Slim米国株式(S&P500)

上記3つの違いは、世界に分散投資するか、アメリカ全部に分散投資するか、アメリカの代表的な500銘柄に投資するかの違いです。

オール・カントリー以外は日本が組み込まれていないのが残念に思いますが、これも現実…。

人口減少が激しい日本と比べ、アメリカの人口も世界全体の人口も増え経済成長が進み、長期で見ればプラスリターンが見込めます。

ソラマメ
ソラマメ
私はiDeCoで楽天VTIを積立て購入していますが運用益は20%超えです

今後もアメリカが世界経済をけん引すると思えばS&P500、分からなければオール・カントリーのように深く考えすぎず選んでいきましょう。

とはいうものこれらの投資信託は時には値上がり、時には下落します。

これまで長期的な運用では資産増の実績はありますが、短期的には損している状態になる場合もあります。

生活費など、短期で必要なお金を積立投資するのは絶対に止めておきましょう。

スポンサーリンク

毎月5万円も投資できない人がポイントを稼ぐには

毎月5万円を積立てるは、結構ハードルが高くて厳しいと感じている人も少なくありません。

毎月5万円のクレカ払いができない人は、次のいずれかの対応をしていきましょう。

積立額の減額

最も早いのが積立額の減額です。

上限が5万円なので、無理に毎月5万円を捻出する必要はありません。

毎月1万円でも100ポイント貯まりますし、自分が継続できる金額に変更すれば積立てもできポイントも手に入ります。

楽天カード払いはつみたてNISAでの買付にも利用できるので、他証券会社から口座を変更してポイントを稼ぐこともできます。

売買を繰り返す

毎月5万円も入金できないけど、毎月500ポイント稼ぎたい人は、毎月投信を売買し資金をループを繰り返す方法があります。

こうすれば毎月500ポイントを稼ぎつつ、毎月5万円の支払いも理論上は可能です。

ひとつだけ注意したいのは、絶対に5万円以上で売却できる保証がない点です。

購入時は5万円でも大きく下落すれば売却して4万円であれば、1万円分はカード決済日までに準備していなくてはいけません。

なるべく損せず楽天ポイントを稼ぐ方法

では毎月500ポイントを確実に手にしつつ、なるべく損せず毎月5万円を購入売却でループできる方法があるかというと、1つだけあります。

しかも、商品を設定すれば毎月1分もかからない作業で確実にポイントが稼げる方法となります。

e Maxis Slim国内債券インデックス

まず5万円をうまくループさせるには、投資信託の選択が最重要です。

投資信託は株式>債券という具合に値動きが大きいため、債券中心のファンドを選択し大きな値下がりを回避します。

楽天証券の中で値幅が小さい債券のひとつが、e Maxis Slim国内債券インデックスです。

毎月1分の売却作業

楽天カード決済の場合は、積立タイミングが【毎月第1営業日】となります。

その日中に、楽天証券の口座に反映されています。

なので次の日の15:00までに手動で売却すれば、楽天ポイントと売却後の現金が手に入ります。

売却後のお金は楽天証券内にあるため、引き落とし口座へ振り返れば手続きは終了。

楽天証券の場合、自動出金される設定も可能です。

実践結果

試験的に私の楽天証券口座で、4ヶ月間 e Maxis Slim国内債券インデックスの短期売買に挑戦してみました。

値動きがゆるやかな債券でしたが、89円の利益と計2000ポイントを手に入れることができました。

(ちなみに債券はプラス3ヶ月、マイナス1ヶ月という結果)

e Maxis Slim国内債券インデックスの1日の値動きは-0.20%~+0.20%が約80%というデータもあるため、数日遅れの売却でも大きな損失にはなりません。

その微益もしくは微損と引き換えに、投資額の1%のポイントがもらえるため非常にお得な取引といえます。

スポンサーリンク

楽天カード払いで積立投資を設定する手順

設定の手順
  1. 楽天証券の投信クリック
  2. 積立購入する投信を検索
  3. クレカ払いを設定

楽天カード払いで積立投資をする方法は、他の証券会社よりも分かりやすく、初めて購入される人も安心して利用できます。

以下簡単に手順を解説していきます。

Step1

楽天証券のスマホサイトのメニューより、投資信託を選択します。

Step2

対象ファンドを選択して、検索をかけます。

コピーして利用して下さい
  1. e MAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  2. 楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)
  3. e MAXIS Slim米国株式(S&P500)
  4. e Maxis Slim国内債券インデックス
Step3

引落方法があるので、楽天カードクレジット決済を選択し金額と取引パスワードを入力すれば完了です。

まとめ

楽天カード払いを利用した積立投資は、1%分のポイントがつくことで損しにくい性質上、初心者にこそはじめやすい投資です。

楽天証券で投資をはじめると、楽天のお買い物で付与されるポイントが増えたり、楽天銀行との組み合わせでさらにポイントを獲得できます。

楽天証券の口座開設も、楽天カードの発行料も無料。

必要なのは毎月5万円投資に使える入金力、もしくは5万円をループできる資金です。

私はお小遣い制の会社員ですが、お小遣いを年払いにしてもらうことでループできる資金確保ができています。

また、楽天カード払い以外にもクレカ積立をしているところがあります。

【初級】楽天証券×楽天カード

【中級】SBI証券×三井住友カード

【上級】tsumiki証券×エポスカード

初級・中級・上級と区別しているのには理由があります。

SBI証券では、三井住友カードのナンバーレス(NL)など対象クレカで投資信託を購入すると、0.5%のポイント付与されるサービスが始まりました。

しかし…SBI証券のサイトは楽天証券と比較して分かりづらいため中級レベル。

tsumiki証券×エポスカードも同様に積立投資できますが…

3つ合わせ15万円の資金が毎月必要となる為、資金面でハードルが上がるので上級に設定しています。

ソラマメ
ソラマメ
ちなみに私は中級者に挑戦中です

楽天証券×楽天カード払いは、カードの使い勝手も証券口座の使いやすさも優位性が高く、初級としておすすめです。

私のようにポイントで小銭を稼ぐのが好きなタイプには、たまらない制度ですね。

楽天のサービスは日々改悪されてっている状況もあります。

もし始めたいと思っている人は、1日も早く取り組みましょう。

\ランキング参加中/

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)