老後資金

退職金がない会社はやばい?転職・引越しなくてもできる3つの老後対策

退職金がない会社はやばい!嫁が白目になる前にいま全力ですべきこと

当記事は、定年退職金がない(もしくは少ない)方が老後のために今からできることをお伝えします。

ふと先日、テレビ番組「家、 ついて行ってイイですか?」を見ていました。

そこで、ついて行った方が仕事を辞め、50代でもらった早期退職金が1800万円という回がありました。

ソラマメ
ソラマメ
(1800万円か〜結構多いなぁ…)
妻
退職金、1800万円しかないの?
ソラマメ
ソラマメ
(ドキっ!)え、結構多いんじゃないかなぁ…
妻
え!そうなの?
ソラマメ
ソラマメ
そうだよ!うちは、そんなに退職金ないよ

と言ったら…

妻は驚いて、一瞬だけ白目になってしまいました。

そこで、そんなご家庭の旦那さんが今すぐ全力すべきことをお伝えします。

私のように退職金が少ない、もしくは退職金がない方へ、参考にしてもらえたら幸いです。

ちなみに、私は早めに取り組んで精神的な安心を手に入れました。

退職金なしではやばい!老後不安にさせてしまう

退職金なしは老後不安

老後のお金については、2000万円問題が大きな話題となりました。

年金だけでは老後を乗り越えられないことは、ぼんやりとでもイメージされている方も多いはずです。

総務省は、夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯の平均的な実収入(月21万円)に対し、消費支出(月26万円)と多いという調査結果を出しています。

ここから30年間生きるとして、5万円×12ヶ月×30年=1,800万円の赤字ゆえに2000万円が必要と問題になりました。

この大きなお金を一発解消できるのが、定年まで働きもらえる退職金です。

 

その退職金がない。

 

となってしまえば、老後の生活は一気に不安になってしまうのは、わからなくありません。

退職金がない又は相場を教えてもらえない会社もある

退職金ない会社はやばい

イマドキそんな会社あるのかと思いますが、退職金のないやばい会社は結構あります。

東京都労働産業局によるアンケート(従業員10~299人企業を対象)では、退職金制度がない企業が24.2%あります。

大企業や公務員などがもらえても、中小企業はもらえない会社も結構あります。

また、退職金の相場はあまり教えてくれない企業もあります。

通常、勤務先の会社の就業規則や賃金規則で退職金規定があります。

規定の中には、支払い金額や支払い日など、決まりが記載されています。

しかし、会社は定款を変更することが意外と簡単にできてしまいます。

そのため、経営の状況や社会の情勢で内容が変更されることもあります。

気になる方は、会社のイントラネットや、総務部にある規則をご覧下さい。

スポンサーリンク

平均を見ても中小企業の退職金は少ない

中小企業の退職金の平均

定年でもらえる退職金の平均についても調べました。

厚生労働省の『平成30年就労条件総合調査』調べでは、退職金の平均額は次のような金額となっています(管理・事務・技術職が定年退職の場合)

退職金の平均額
  1. 大卒…1983万円
  2. 高卒…1618万円

一方、東京都産業労働局「中小企業の賃金・退職者事情(平成30年度版)」調べでは、中小企業の退職金の平均次のような金額となっています。

中小企業の退職金
  1. 大卒…1203.4万円
  2. 高専・短大卒…1106.6万円
  3. 高卒…1126.8万円

では、私の退職金はいくらかというと、ぶっちゃけ700万円弱の予定です。

私の会社では、退職共済事業に加入しています。

職員と会社が掛け金を捻出し、退会時にもらえるという仕組みです。

相場がわからないということはなく、サイトに勤続年数による金額が一覧になっています。

そのため、自分が定年まで働いた時にもらえる退職金が見える化されています。

ソラマメ
ソラマメ
なので、妻の思っていた金額と隔たりがあると思いました

退職金がない会社でも今からできる老後対策を

今からできる老後対策?
  1. 転職…本業収入アップ
  2. 引越し…支出の削減
  3. 資産運用…お金に稼いでもらう

老後対策について、引越しや転職、資産運用をおすすめしている記事を見ますが、個人的には疑問です。

大きな環境の変化の前に、退職金が少ない、もしくは退職金がない会社に勤めているのであれば、早期対策をまずしてみてはどうでしょうか。

以下、私がすぐに実行した経験談をお伝えします。

家族と話し合う

真っ先に行うことは、家族と話し合うことです。

パートナーが退職金のことを当てにしていないのであれば、話し合う必要はありません。

我が家の場合、妻は老後の不安を一掃できるお金がもらえると思っていました。

このまま、家族と話し合わず、いざ定年を迎えた時に金額差がひどいと…

白目どころかぶっ倒れるかもしれません。

そうならない為にも、一刻もはやく家族と話し合いましょう。

私の場合、年収ダウンの転職年収ダウンの転職をする時に家族とお金の話をしました。

ただ、退職金制度については入社してから知ったので、少ないということを言えていません。

そのため、我が家では退職金についての話は半分未実行となっています。

iDeCoをはじめる

家族と話し合ったら(私のように話せない方も)老後資金のために、お金を貯めなければいけません。

ただ、闇雲に貯めるのではなく、老後資金として必要なお金を意識して貯めることが重要です。

私の場合、ざっくりと2000万円を意識し、退職金700万円を補填した1300万円を貯めるという目標を立てました。

そして35歳で、老後資金を貯めるためにiDeCo(イデコ)をはじめました。

イデコは65歳まで積み立て投資ができ、節税しながら非課税で受け取ることができる制度です。

会社員であれば、月に最大23,000円まで投資できます。

妻に退職金のことを言えなかった私は、自分で退職金を作るという選択をしました。

少なくてもお金を貯めて運用する

そうなると、自分で積み立てるお金を準備しなくてはいけません。

我が家はお小遣い制(月3万円)だったため、次のような節約をしました。

私が節約したもの
  1. 月1回の飲み会代
  2. 1日1本のコーヒー代
  3. 間食のお菓子

これだけで1万円を節約しました。

最も大きかったのが、通勤定期代を含めた、お小遣いの年払いお小遣いの年払いにしてもらったことです。

これにより、イデコだけではなく少額投資にも挑戦することができました。

強制的にお金を稼ぐ力を身につける

イデコは、月5,000円からはじめることができます。

私は当初、10,000円ではじめました。

投資する金額が捻出できそうにない見通しがあれば、メルカリで不要な物を売りました。

WEBライティングなど、少しでも収入を上げるように動きました。

お金がなかったらどうしよう…

という不安もありましたが、老後資金を貯めるという意識を強く持つようにしました。

そうすることで、本業があってもお金を稼ぐ力が身につきました。

今は、月23,000円を積み立てすることができています。

スポンサーリンク

最後に:もらえないかもという現実を受け止める

退職金は可視化されていれば良いですが、そうでない場合もあります。

総じて言えることは、退職金があっても、なくても、少なくても、夢を見ず現実を知ることです。

そして、現実を見て何ができるか早期に考え、実行することが大切です。

正直、退職金の金額を知りながら、その現実に蓋をして定年を迎えたら、大変な状況だったでしょう。

今はイデコをはじめたおかげで、老後資金への不安はかなり少なくなりました。

もし、同じように退職金に不安を抱えている同年代がいたら、ぜひ現実から目をそらさず向き合ってほしいです。

イデコは自分で選択した商品を資産運用します。

その結果で将来の受け取り額が決定します。

預金とは違い、結果によっては損失の可能性もあります。

iDeCo関連記事

イデコについては、別記事で詳しく紹介しています。

それぞれ気になる部分をご覧下さい。

イデコの金融機関選びについて

イデコはどこがいい?長期運用に欠かせないおすすめ金融機関を徹底比較

イデコの商品選びについて

イデコで楽天・全米株式インデックス・ファンド運用すべき3つの理由

イデコの運用実績について

会社員のイデコ1年目運用実績は悲惨!それでも全額所得控除で儲かった

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)