イデコ(ideco)

【イデコの金融機関選び】ズボラ会社員でもわかる松井証券の特徴・はじめ方

イデコ金融機関の松井証券はじめ方
ソラマメ
ソラマメ
iDeCo(以下イデコ)の口座開設の金融機関選択で松井証券ってどうなの?

イデコの口座開設をするための松井証券の資料請求方法は?

この記事では松井証券の特徴、そして松井証券でのイデコをはじめる上での資料請求方法について説明していきます。

イデコの口座開設するための金融機関については1つしか選択ができないため、必ず悩みます。

イデコを松井証券ではじめるメリットを教えてほしい…そんな時間のない会社員の方はぜひ参考にしてみてください。

ちなみに私のイデコ条件は下記通りで、この条件における各金融機関の特徴などを書いています。

  • 30代会社員
  • 企業年金のない上限23,000円

【会社員の掛金上限について】

企業年金がない会社員→月額 23,000円 年額 276,000円

企業型確定拠出年金のみ加入の会社員→月額 20,000円 年額 240,000円

確定給付企業年金のみ加入、確定給付企業年金と企業型確定拠出年金の両方加入の会社員→月額 12,000円 年額 144,000円

私はズボラ投資歴5年以上ながらしっかりと利益を上げ順調に資産運用をしていますが、はじめて開設した口座は松井証券でした。

結論をいえば、イデコの金融機関を松井証券でスタートするのは「とにかくまずイデコはじめてみようかなという会社員」に向いています。

その理由について、それぞれ解説していきます。

松井証券公式ページ

イデコにおける松井証券の手数料は

イデコ金融機関の松井証券の手数料

松井証券の主な手数料は以下の通り。

主な手数料
  • 加入時手数料→2,777円
  • 運用中利用料→167円(1回)
  • 還付手数料 →1,461円
  • 移換時手数料→4,320円

以前は楽天証券、SBI証券、マネックス証券といったネット証券会社がイデコで手数料がお得な金融機関でしたが、松井証券が仲間入りしたことネット証券会社各社についてはほぼ同一。

そのため手数料だけに関していえば大きな比較対象にはなりません。

松井証券のイデコ取扱商品の特徴は

イデコ金融機関の松井証券の取扱商品

松井証券のイデコ取扱商品については下記12本となります。

【バランス型】

  1. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

【国内株式】

  1. DIAM DC 国内株式インデックスファンド
  2. ひふみ年金

【国内債券】

  1. 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)

【国内REIT】

  1. たわらノーロード国内リート

【海外株式】

  1. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  2. eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

【海外債券】

  1. eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  2. 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド

【海外REIT】

  1. たわらノーロード先進国リート

【コモディティ】

  1. ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)

【元本確保型商品】

  1. みずほDC定期預金1年定期

引用:松井証券イデコ取扱商品一覧

SBI証券、楽天証券などと比較しても商品数としては非常に少なく、また各分野においても商品が1や2がほとんどです。

つまり、松井証券の商品選択は非常に厳選されているということです。

商品ラインナップは各金融機関でも取り扱いを多くすることで加入者を増やしたいという意図がありますが、松井証券は厳選中の厳選。

ソラマメ
ソラマメ
それだけこの商品数のラインナップに自信を持っていると言えます。

松井証券公式ページ

スポンサーリンク

イデコにおける松井証券の特徴

イデコ金融機関の松井証券の特徴

12種の厳選ラインナップのため商品が選びやすい

松井証券のイデコ取扱商品でもお伝えしましたが、松井証券の特徴はその運用商品の少なさです。

バランス型、国内・海外株式、債券、REIT、コモディティ、元本確保型合わせて厳選の12本。

信託報酬の安さにもこだわった自信を持った商品選択がその特徴の一つです。

特にひふみ年金、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)。

この3つの投資信託は投資初心者の方でも安心して資産運用をスタートする事ができる人気かつ実力のある商品です。

創業100年の歴史と実績

松井証券は創業100年の歴史と実績のある証券会社です。

松井証券の公式HPにも特徴について下記のように書かれています。

iDeCoを始めるにあたり、長く付き合える会社を選ぶことはとても重要。松井証券は創業100年の歴史と実績がある老舗の証券会社で、財務内容も健全です。iDeCoにおいても、すべてのお客様に最適なサポートができる体制を整えています。

引用:松井証券iDeCo公式HP

松井証券デビューに向いている人

イデコ金融機関の松井証券向いている会社員

イデコの金融機関を松井証券でスタートするのは「とにかくまずイデコはじめてみようかなという会社員」に向いています。

松井証券のイデコの特徴を抜粋しても運営管理手数料が0円はどこでも一緒、商品ラインナップは12種と少なく、創業100年の歴史と実績なんて別に必要ありません。

ただ、裏を返せば100年も続く証券会社は他の金融機関にない安心感ですし、商品が厳選されている分「まずははじめてみよう」とスタートがしやすい金融機関に間違いがありません。

新しいものは好きではないが、ちょっと興味があるから古くからノウハウがある証券会社ではじめよう。

そんな会社員には松井証券にはおすすめの金融機関と言えます。

松井証券公式ページ

スポンサーリンク

イデコスタート!松井証券のはじめ方

イデコ金融機関の松井証券の資料請求方法
ソラマメ
ソラマメ
イデコデビューを松井証券ではじめたい!

そんなあなたは松井証券にイデコの資料請求を申し込みましょう。

申し込み方法は次の通りで、まずは下記参考箇所よりイデコ資料請求ページへお進みください。

参考:松井証券イデコ資料請求ページ

松井証券のイデコの資料請求方法は下記質問が聞かれますので、赤字の部分の答えにチェックを入れて進みましょう!

STEP1

質問1:iDeCo(個人型確定拠出年金)の利用状況を教えてください

初めてiDeCoを利用する

質問2:現在の職業を教えてください

第2号被保険者(会社員など)

STEP2

ご本人様情報の入力下の掛け金納入方法

銀行引落し

※「会社経由で払う」場合、お勤め先が確定拠出年金に対応しているかご確認ください

STEP3

新たに拠出する掛金の配分指定

バランス型投資信託に投資する→8資産均等バランスSlim

自分で運用商品と配分割合を指定する→12本の中より運用商品の割合を自分で選択

STEP4

申込確認し完了

この記事では私と同じ企業年金のない上限23,000円の会社員(第2号被保険者)向けの方法です。

他の金融機関とは違って松井証券のイデコ申込みページの特徴はSTEP3の商品選択の部分です。

運用はしたいけどどの投資信託を選んでいいかわからない場合は、「8資産均等バランスSlim」にお任せすることができるというところです。

もちろん自分で運用商品を選択し配分割合を指定する場合12本の投資信託から合計が100%になるよう自分で配分を決める事が出来ます。

ソラマメ
ソラマメ
わからなかったらこれ一本!

というのは、投資全くの初心者にとってはとてもわかりやすくスタートしやすい選択です。

その4STEPで申し込みは完了なので非常に簡単にイデコをスタートする事ができます。

さいごに

イデコ金融機関の松井証券まとめ

いかがでしたでしょうか。

松井証券は2018年にイデコに参入しましたが、そのイデコは2018年8月で今だ加入者は100万人程度。

まだまだ松井証券も発展していけると踏んで参入したに違いなく、新たなサービスも期待できるかもしれません。

そもそもイデコは会社員にとってはイデコの節税メリットが非常に有利。

節税のためにも絶対に加入するべき国の制度です。

月に5,000円からはじめますし、松井証券ではバランス型一本でスタートする事も簡単にできます。

仕事に追われながら、それでもイデコなどの資産運用に興味を持っているあなたに。

松井証券はピッタリな金融機関なので、ぜひこの機会にイデコに申し込みましょう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)