資産運用

30代貯金に焦りを感じたらはじめたいideco(イデコ)加入まとめ

30代貯金に焦りを感じたらはじめたいideco

三十路になり将来の貯金に不安になったあなた。

30代、将来のお金に焦りを感じているあなた。

もうすぐ40代、迫りくる将来の貯金に絶望しそうなあなた。

さあ、30代。

いますぐイデコをはじめましょう!

ここでは30代で悩み、焦り、不安になる将来のお金や貯金について、その不安を解消できる制度であるイデコをはじめるにあたっての悩みを解決することを目指すまとめ記事となります。

30代、将来の資産に悩む会社員ブロガー、ソラマメです。

私は30代半ばにして将来の貯金について悩みました。

焦りを感じはじめました。

そんな中、イデコに加入をしましたが結果的にもっと早くイデコをはじめていれば良かったと非常に後悔しています。

でも…めんどくさいんですよ。

イデコって何がいいのかわからないし、どこではじめたらいいかわからないし、何を書いて出せばいいかわからないし、何を買ったらいいかわからない。

 

こんなにわからないことがあった私でもイデコを理解しスタートすることができました。

「わからない」気持ちを経験してきたからこそわかりやすさをテーマに記事をまとめました。

このまとめ記事を読んでいただければイデコのことをざっくりと理解してもらえ、とりあえずスタートすることができます。

イデコってなに?

イデコをはじめるメリットってなに?

くらいに考えている人にとって「なるほど!」「わかった!」「やってみよう」と思っていただける内容になります。

1.iDeCo(イデコ)はざっくり言うと60歳までお得にお金が貯められる制度

iDeCo(イデコ)とは個人型確定拠出年金と呼ばれるものです。

では個人型確定拠出年金は何かというと個人が金融機関に口座を作り老後資金を作るもので、毎月積立てたお金を運用し続けて60歳になったら受け取れます。

ざっくり言えばiDeCo(イデコ)の加入者は、

  1. 金融機関を決めて
  2. 投資信託など商品を買って60歳以降で
  3. 年金か全額で受け取れる

ということになりiDeCo(イデコ)は60歳までお得にお金が貯められるものというものです。

だから、みんなやろうよ!

といっている訳なのですが、そのわりにできる人できない人がいたり掛け金が違うなどわかりずらく、将来の貯金には不安があるけどはじめ辛い制度になってしまっています。

2.掛け金と節税メリットはイデコのシミュレーションで確認すればOK

iDeCo(イデコ)をはじめると貯金していきながら節税もできるよ!とよく耳にしたりサイトにも書いてあります。

ざっくり言えば、

  1. 積立てたお金はすべて所得控除される
  2. 運用した利益に税金がかからず
  3. 受け取るときも控除される

ということになります。

公務員は12000円、自営業68000円などiDeCo(イデコ)加入者の状況によって毎月の積立額も変わるのでどれくらい節税があるかイメージしずらいです。

www.jis-t.kojingata-portal.com

このサイトでは、まず該当する状況をチェックすると限度金額を知ることができます。

次に年齢、掛け金、年収を入れるだけで簡単にiDeCo(イデコ)を節税効果を簡単にシミュレーションすることができます。

自分の将来の資産を2~3クリックするだけで簡単に調べることができるのでオススメです。

文字よりも表よりも細かい情報を入れることができるのでリアルに節税の効果を調べることができます。

これだけでも十分節税についてはわかりますが、以下の記事にはもう少し踏み込んで節税について書いています。

こちらの記事もよろしければご覧いただきイデコの節税の効果を理解していただくと早く加入した方が良い理由がわかります。 

スポンサーリンク

3.iDeCo(イデコ)は加入のための金融機関はネット証券3社ならどこでも良い

iDeCo(イデコ)をはじめる際の金融機関は、楽天証券、SBI証券、マネックス証券の3社から選択すれば間違いありません。

いろんなサイトではiDeCo(イデコ)をはじめるうえでどこの金融機関がいいか比較するサイトもありますが、手数料でいえば迷わずネット証券4社で選ぶべきです。

4社といったのは楽天証券、SBI証券、マネックス証券に加え松井証券もiDeCo(イデコ)の取り扱いをはじめたからです。

ただ残念ながら松井証券のメリットはほぼ感じなかったためオススメから除外しています。

では楽天証券、SBI証券、マネックス証券の違いはというとざっくりいえば次の通りです。

  • 楽天証券:魅力的な商品と資産管理が便利
  • SBI証券:圧倒的なiDeCo(イデコ)商品数
  • マネックス証券:ロボアドバイザーのサポート

それぞれの証券会社で特長は違いますので投資経験や年代でオススメが変わりますが、30代の私は魅力的な商品と資産管理の便利さで楽天証券でiDeCo(イデコ)口座を開設しました。

以下の記事ではそれぞれのオススメポイントについて詳しく記載していますので、興味があればぜひご覧ください。

4.会社に必要なiDeCo(イデコ)の書類は2つだけおさえておけばオッケー

会社員がiDeCoの申込書類を提出するには「事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書」を会社へ提出しなくてはいけません。

でも、この事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書がおっくうで加入を戸惑っている方も少なくないはずです。

わたしもこの事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書でつまづきましたが、以下2点を押さえるだけで会社にスムーズに押印をもらうことができました。

  1. 事業所登録はわからない
  2. 掛金は個人払い

あなたが会社でiDeCo(イデコ)加入が2人目以降であれば事業所登録についてはされているかいないかわかります。

しかし、もしiDeCo(イデコ)加入が会社ではじめて、もしくは事業所登録されているか曖昧であれば「わからない」を選択すればオッケーです。

また、iDeCo(イデコ)の掛け金の払込ですがまだまだ中小企業をはじめ多くの企業は給与からの天引きの仕組みが作れていないはずです。

どうしても給与から引いてほしい場合は会社にお願いをしなくては行けませんが必ず加入までの書類を作る時間はかかります。

私としては1日でも早く加入を勧めているので、ここは素早く対応してくれる「個人払い」がベターな選択ではないでしょうか。

そして会社へiDeCo(イデコ)の提出するうえで考えてしまう、会社への提出タイミング。

これは色々な考え方があるかと思いますが、会社は自分達の将来のお金を考えてくれるわけではないので1日でも早く出してもらうべきです。

そのうえでは最低限の社会人としてのマナーやタイミング、お願いする方法等はあるかと思いますが気にしすぎてもいけないです。

iDeCo(イデコ)加入に関わる会社への提出方法などについては過去記事でも触れていますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

5.iDeCo(イデコ)で何を購入したらいいか迷ったらこれ!

iDeCo(イデコ)をはじめて何を購入していいかわからない場合はそれぞれの金融機関でオススメできる以下の商品ではじめるべきです。

  • 楽天証券:楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • SBI証券:ひふみ年金
  • マネックス証券:ロボアドバイザーにおまかせ

楽天証券やSBI証券については同年代で投資経験がある方や様々なサイトで取り上げられている投資商品のため取り入れてみるべき商品と言えます。

マネックス証券の場合はロボアドバイザーによる「iDeCoポートフォリオ診断」があるため、初心者の方でも簡単な質問でオススメ商品を教えてくれるのでありがたいです。

私の場合は楽天証券で全米株式インデックス・ファンドを点集中投資を行っており、その理由などを以下の記事で書いています。

こちらも合わせてお読みください。

6.iDeCo(イデコ)の最低資金は5000円!絶対に捻出する方法

iDeCo(イデコ)をはじめる際に気にする資金ですが最低5000円からはじめることができます。

そのため、節約やその他の方法で資金を捻出させましょう。

とはいえ自分が家計を管理していない場合、生活費などからの捻出はパートナーからの了解がないと難しいはずです。

そんな時はどうか身の回りにかけているものを今一度確認してください。

タバコを吸っているあなた。

今すぐ辞めなさいとは言いませんがタバコの本数を減らすだけで5000円のうちのいくらかは貯めることはできます。

毎日のように缶コーヒーを買ってしまうあなた。

毎日の缶コーヒーをやめるだけで1ヶ月2400~2500円は節約することができ5000円のうち半分を貯めることができます。

飲み会が好きなあなた。

月の飲み会を一回断るだけで5000円なんてすぐに捻出することができますし、普段のお店をワンランクだけ下げるだけで同じ回数の飲み会でも手元に残るお金は増えるのではないでしょうか。

私は転職で年収が下がり400万円代ですが、それでもイデコをはじめる金額は捻出できています。

収入の多さでは同世代からすればかなり遅れをとっていますが、彼らと違い酒やタバコはないですし、毎日かならず飲むコーヒーも事務所でとることかできるようになりました。

特に支出が大切だと言うことを学び、その中で 支出を抑えるかが大切だと言うことを学びました。

スポンサーリンク

7.iDeCo(イデコ)参考本のまとめ

iDeCo(イデコ)に関する本もいくつか販売されていますが、30代にとってオススメできる2冊をご紹介します。

この本は普通のサラリーマンが投資のプロでなくとも個人投資家の目線で プロにも負けないインデックス投資のはじめかたをレクチャーしてくれるものです。

「世界一わかりやすく解説」と書いているだけあって投資をわかりやすく丁寧に書かれている数少ない書籍となります。

iDeCo(イデコ)の大半は投資信託商品でインデックス投資になります。

その仕組みがわかっていることでイデコで資産を増やしていく方法を理解していくことができます。

投資をいざ始めてみたときに役に立つのが、
プロは絶対教えてくれない 「インデックス投資を続けるコツ」
以降の内容。これは、他の本でもあまり書かれてこなかった、水瀬ケンイチさんならではの内容です。(出口戦略は、カン・チュンドさんの本にも載っていましたが)
・相場が大暴落したらどうすんのよ!?
・相場が好調なときこそ、「リスク許容度の確認」をすべし!
・売らずに我慢するテクニック
・インデックス投資の出口戦略

こんなにわかりやすく、でも背景に理論を感じさせつつ、さらに全体像が理解でき、1時間程度でスルスルっと読めてしまうという本には、滅多に出会えない。まさに良書だと思う。
投資に興味と不安があるすべての人に、自信を持っておすすめします。千数百円出して買う価値のある本ですよ。

Amazonレビューより

こちらの本はお金を増やしたいけど投資は難しそうだし減るのが怖い…という疑問を持ったお金のド素人がお金のプロである山崎元氏にお金の増やし方を聞いたという内容です。

老後の資金、マイホーム、保険加入、そしてお金を増やしかたについて投資について書かれています。

2016年に9月に購入、1日で読み切りました。
とにかくお金減らしたくないけど銀行に預けっぱなしももったいない、
確定拠出年金って聞いたことある程度、
投資信託始めたいけど何から始めてよいのかわからない、
といった程度のリテラシーでもスイスイ読める。
この本を参考にしつつ自分なりにポートフォリオを組んで投資信託で年30%程度の利益を出せました。
新版もでているようなのでこれから購入される方はこちらがよろしいかと。

Amazonレビューより

30代にとって将来のお金の不安や焦りを投資を通して資産を形成していくことを学んでいけるいい書籍のひとつになります。

8.さいごに

ここまで30代がイデコをはじめるにあたっての悩みを解決することを目指すため必要なことをまとめました。

私は30半ばにしてイデコをはじめるにあたり、将来のお金について焦り、老後の資産について悩み、iDeCo(イデコ)のメリットやデメリットを学び、メリットを感じてはじめました。

特に将来のお金や貯金について焦りを感じる30代にとってはじめるメリットが大きい制度だと感じています。

iDeCo(イデコ)をはじめて感じたことや運用報告についても別記事でまとめていき、今後も一歩ずつ投資については学んでいく予定です。

もし、この記事を読まれ同じように将来のお金について悩みを解決したいと考えはじめていたら、ぜひ私と一緒にiDeCo(イデコ)をはじめましょう!