30代からの生き方に悩んでいるあなたへ
イデコ(ideco)

【iDeCoまとめ】サラリーマンが備えておくべき賢いお金の知識

サラリーマンiDeCoまとめ

サラリーマンのあなた、今日からiDeCoをはじめましょう!

この記事は将来のお金について悩みを抱えるサラリーマン。

そのお金に関する焦り、不安を解消できる制度としておすすめのiDeCoについてまとめました。

 

筆者は30代、将来の資産に悩む会社員ブロガー、ソラマメです。

私は30代半ばにして将来の貯金について悩み、焦りを感じはじめました。

自分の退職金のことや、貯蓄していくには定期預金ではもう限界だとわかりつつも他に変わるものって何があるんだろう…。

そんな中、iDeCoに加入をしましたが、結果、もっと早くiDeCoをはじめていれば良かったと非常に後悔しています。

 

それまではiDeCoって何がいいのかわからないし、どこではじめたらいいか、何を書いて出せばいいか、何を買ったらいいかわかりませんでした。

こんなにわからないことだらけのサラリーマンの私でも、iDeCoデビューできました。

「わからない」気持ちを経験してきたからこそわかりやすさをテーマに。

このまとめ記事で、サラリーマンのあなたはiDeCoを理解しスタートすることができます。

iDeCoを知ることでお金についての知識を賢く備え、「なるほど!」「わかった!」「やってみよう」と思っていただける内容です。

iDeCoとはざっくり言うと60歳までお得にお金が貯められる

iDeCoまとめ老後資金

iDeCoとは個人型確定拠出年金と呼ばれるものです。

個人型確定拠出年金とは、個人が金融機関に口座を作り老後資金を作るもので、毎月積立てたお金を運用し続けて60歳になったら受け取れるという制度です。

ざっくり言えばiDeCo加入者は、

  1. 金融機関を決め
  2. 投資信託など商品を買い60歳以降
  3. 非課税で受取れる

ということになりiDeCoは60歳までお得にお金が貯められるものというものです。

だから、みんなやろうよ!

といっている訳なのですが、そのわりにできる人できない人の違いや掛け金の違いなどがわかりずらく、将来のお金には不安があるけどはじめづらい制度です。

そこで、ここではできる人と掛け金について簡単に説明します。

企業型確定拠出年金ができないサラリーマン:月2.3万円

我々サラリーマンは月々2.3万円を上限にiDeCoをスタートすることができます。

後述しますが、サラリーマンは基本的にはiDeCoを活用するメリットは大きいです。

住宅ローン減税だけでなく自分の老後の資産形成のために所得税や住民税を軽くできる仕組みがあるからです。

実際に税制メリットを活かし資産形成している会社員などからは良い口コミが多いです。

また、企業型確定拠出年金のある会社でもiDeCo加入を認めている場合もあるそうです。

ソラマメ
ソラマメ
うらやましい。。。

何よりも控除を受けれるのがグッドポイントで、そこに気づいた会社員は満額の月2.3万円を運用している方も多いのではないでしょうか。

ちなみに公務員加入の場合:月1.2万円

いまiDeCo加入が増えているのは公務員です。

その理由は「退職金水準の引き下げ」が行われているからです。

公務員の賃金について近年見直しを行うための法律が成立され、国家公務員の退職金の段階的な引き下げが行われています。

こうした理由もあり以前では加入できなかった公務員も2017年1月から公務員もiDeCoに加入可能になりました。

ただし、公務員の掛金の上限は月1.2万円までです。

それでも元本保証型の貯金でも掛金の全額が所得金額から控除されるおいしい制度なので、公務員のiDeCoはメリットと感じ加入は増えています。

さらに自営業やフリーランスだと:月6.8万円

自営業者やフリーランスの方々は月6.8万円までiDeCoの積立が可能です。

他の職業と比べてとても優遇されているため、はっきりいってものすごくメリットがあります。

しかし、自営業者やフリーランスのiDeCo利用者は2017年4月時点でまだ9万人。

全国には約1700万人の自営業、フリーランスの方がいるので、これからさらに加入者が増える可能性が高いです。

仮に年間81.6万円の満額を積み立てたら、その全額が所得金額から控除されます。

ソラマメ
ソラマメ
仮に税率を20%し月6.8万円(年間81.6万円)をiDeCoで運用したら、自分の老後貯蓄だけで年間約16万円も節税っ

公務員・自営業などはそれぞれのルールが違うものの、我々サラリーマンにとってもiDeCoに加入のメリットは大いにあるので今後さらに増えるに違いありません。

サラリーマンは特にiDeCoの控除メリットを活用したい

iDeCo節税シミュレーション
  1. 積立金はすべて所得控除
  2. 運用した利益は非課税
  3. 受け取るときも控除

サラリーマンがiDeCoをはじめるうえで、もっとも旨味があると思えるのが、上記ポイントであげた控除メリット。

「iDeCoで節税!サラリーマンにメリット大な理由を徹底調査」という記事でもお伝えしていますが、控除…節税…言葉は難しく感じるのになぜかお得に感じてしまいますよね、この手の言葉は。

この記事では【年齢、掛け金、年収】を入れるだけで簡単にiDeCoの節税をシミュレーションできるサイトも紹介しています。

自分の将来の資産を2~3クリックするだけで簡単に調べることができるので、サラリーマンのあなたもぜひ一度試してみると良いでしょう。

これだけの恩恵を受けるのでそれなりの制約(デメリット)があるのもiDeCoの特徴です。

特に60歳になるまで積立金を原則取り出すことができないという部分が最も大きなハードルです。

だから、サラリーマンが将来のお金のことを考えたときに最もメリットがあるのがiDeCoです。

公務員よりも掛け金が大きく運用でき、自営業よりも安定的に給与が入りその収入から無理のない継続的な積み立てができる。

まさに、サラリーマンのためにある資産運用制度です。

スポンサーリンク

サラリーマンだからこそ感じるiDeCo加入の壁

どこの金融機関ではじめればいいのかわからない

現在、iDeCoを取り扱いできる金融機関は76社もあるそうです。

引用:iDeCoナビ「iDeCo金融機関76社を「手数料・商品・サポート」で比較」

ソラマメ
ソラマメ
金融機関の選定だけでお腹いっぱいになりそうだ…

では、サラリーマン的にiDeCoをはじめる際の金融機関のおすすめは、楽天証券、SBI証券、マネックス証券。

上記にある「ネット証券会社」3社から選択すれば間違いありません。

それぞれの証券会社で特徴は違いますので、『iDeCo どこがいい』という記事で詳しくお伝えしていますが、私は魅力的な商品と資産管理の便利さで楽天証券でiDeCoデビューしています。

特に私は「楽天経済圏」へ移行も考えているので、楽天証券で開設しました。

運用管理画面もシンプルですし、投資初心者には向いています。

ソラマメ
ソラマメ
長く付き合う金融機関だからわかりやすさが一番ですよね

会社への手続きが面倒?バレずにできないのか?

iDeCo書類まとめ

サラリーマンがiDeCo加入時に最も懸念するのが「会社へバレずにはじめられないか?」ということですが、ごめんなさい。

ソラマメ
ソラマメ
それはできませんっ!

サラリーマンがiDeCoの申込書類を提出するには「事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書の提出」が必要です。

でも、この事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書がおっくうで加入を戸惑っている方も少なくないはずです。

会社に提出し「お金のこと考えずに仕事しろ」なんて言われないかな…。

総務部とか行ったことないし、誰に提出したいいかわからないし、できれば落ち着いている期間にサラッと持っていきたいな…。

わたしも会社への書面提出時にはこのようなことを思いましたが、結果、まったくもってスムーズにiDeCo加入の書類を会社へ提出できました。

まず、これだけ広まっている制度ですので、あなたが会社でiDeCo加入が2人目以降の提出の可能性もあります。

(私の場合、7人目の提出者でしたw)

万が一加入者があなたがはじめてでも書類の提出時に給与からの天引きではなく個人払いにすれば会社の手続きの面倒さは激減します。

会社は自分達の将来のお金を考えてくれるわけではないので1日でも早く出してもらうべきです。

そのうえでは最低限の社会人としてのマナーやタイミング。

お願いする方法等はあるかと思いますが気にしすぎてもいけませんので、「入る」と決めたら一日でも早く提出しましょう!

楽天証券でiDeCoの資料請求をしてみる

どの商品を買えばいいかわからない

iDeCo商品楽天バンガード

投資が初めてのサラリーマンにとって、iDeCoをはじめ何を購入していいかわからない場合はそれぞれの金融機関でおすすめの以下商品ではじめるべきです。

  • 楽天証券:楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • SBI証券:ひふみ年金
  • マネックス証券:ロボアドバイザーにおまかせ

楽天証券やSBI証券については同年代で投資経験がある方や様々なサイトで取り上げられている投資商品のため取り入れてみても良い商品です。

マネックス証券はロボアドバイザーによる「iDeCoポートフォリオ診断」があるため、初心者でも簡単な質問で運用商品を提案してくれるのでありがたいです。

サラリーマンのあなたにとって将来のお金は非常に大切なはずです。

失いたくもないし、だからといって儲からなくては意味がない…。

そんな損得のバランスも考えあなたの計画(リスク)に合った商品で運用をスタートしてみると良いです。

ちなみに、私の場合は楽天証券で全米株式インデックス・ファンドを1点集中して投資をはじめました。

1点投資はもちろんリスキーです。

それでも、iDeCoは商品の組み換えもできますし、当面は1点投資というリスクをかけ運用していきます。

スポンサーリンク

iDeCoを続けていく上で忘れてはいけないことや不安

年末調整で正しく記入しないと節税分が戻ってこない

iDeCoの嬉しいのは、年末調整でお金が戻ってくることです。

それは、しっかりと年末調整でiDeCoに加入し掛け金納付しているという書類を書かないといけないので、うっかりその書類提出を書き忘れてしまったら意味がありません。

「iDeCo年末調整の書き方手順を徹底解説」しましたが、2018年から年末調整の書類が変わりました。

(私も先日総務の研修で知りました・・・)

書類としては会社から年末調整の書類をもらうのですが、その書類に必要なのは小規模企業共済等掛金払込証明書という書類が自宅に届くので、その内容も必要です。

特にiDeCoをはじめた初年度は不安なことも多いかと思いますが、一度手続きを経験すれば次年度にはその不安もなくなるはずです。

特に忙しいサラリーマンの方には忘れずに書類作成をしていただけたらと思います。

資金づくりは月5,000円まで下げる事が出来る

ソラマメ
ソラマメ
将来のお金のために月23,000円ではじめたものの…資産運用できるお金の捻出がむずかしくなったらどうしよう

iDeCoをはじめる際に気にする資金ですが最低5,000円からはじめることができます。

自分が家計を管理していない場合、生活費などからの捻出はパートナーからの了解がないと最大23,000円の捻出は難しいはずです。

スタートは5,000円から始める事が出来るということは金額を上げたり下げたりすることはできるということになります。

『iDeCoの掛け金変更届』を取り寄せ記入し送付するだけで簡単に金額の変更ができるので、安心してはじめてみてください。

そして、何かあれば掛け金の変更をしてください。

 

また、ちょっとしたことでも将来のお金を貯める資金は作れますので、今一度身の回りにかけているものを確認してください。

タバコや缶コーヒー、飲み会。

これらを控えることで月5,000円はすぐ捻出することができますし、普段のお店をワンランク下げるだけでも同じ回数の飲み会でも手元に残るお金は増やせます。

私は転職で年収が下がり400万円代ですが、それでもiDeCoをはじめる金額は捻出できています。

収入の多さでは同世代からすればかなり遅れをとっています。

しかし、彼らと違い酒やタバコはないですし、毎日必ず飲むコーヒーも事務所でとることかできるようになりました。

特に支出が大切だと言うことを学び、その中でいかに支出を抑えるかが大切だと言うことを学びました。

30代既婚者の話題は収入より支出!今すぐできる生活費を抑えるテクニックどうも。 1児の父で30代後半のサラリーマンブロガー、ソラマメです。 先日、同じく1児のパパ友と趣味の一つでもあるスーパー銭...

まとめ:サラリーマンみんなでiDeCoはじめましょう

まとめ

最大月23,000円まで積立が可能

控除メリットが大きい

楽天証券で口座開設

意外と簡単に会社へ書類が通る

掛け金の変更にも対応できる

年末調整でお金が戻ってくる

サラリーマンにとってiDeCoをはじめる上での悩みを解決することを目指すため必要なことをまとめました。

私は30半ばにしてiDeCoをはじめるにあたり、将来のお金について真剣に考え運用をはじめました。

手取りも安定し大きな支出も減る30代からのiDeCoがベストではないでしょうか。

毎月様々なことに出費のかかる20代より、毎月の収支が安定し貯金ができる30代はiDeCoとの相性が良いからです。

まだ20代だと手取りが不安定な中、iDeCoは解約しても60歳まで引き出しができないので手が出しづらい商品です。

たとえ100万円ほどの貯蓄があっても引っ越し、車を買う、結婚など臨時支出が重なると…

それ加えて掛け金捻出によってどんどん資金がなくなってしまいます。

一方、車や結婚などある程度の大きな支出も落ち着いてくる30代はiDeCoの掛け金の予定が立てやすくなります。

拠出したお金が60歳まで引き出すことができずとも、マネープランを立てやすいサラリーマンにはiDeCoの掛金も無理なく捻出ができるはずです。

特に将来のお金や貯金について焦りを感じる30代くらいの年代にとって、はじめるメリットが大きい制度です。

いま私も絶賛資産運用中なので、iDeCo運用報告についても別記事でも報告し、今後も一歩ずつ投資については学んでいきます。

同じように将来のお金について悩みを解決したいと考えはじめていたら、ぜひ私と一緒にiDeCoをはじめましょう!

関連記事