資産運用

【Tポイントを現金化】等価以上で移行できるたった1つの方法

【Tポイントを現金化】等価以上で移行できるたった1つの方法(結果あり)

当記事では「Tポイントを現金化するにはどうしたらいい」という疑問について最もおすすめな方法についてお伝えします。

Tポイントといえばコンビニをはじめガソリンスタンドやツタヤなど様々なところで貯めることができるポイントとして有名です。

提携店舗が多いTポイントでは、貯まったポイントをショッピングなどで利用することが可能です。

ファミリーマートなどコンビニでも1ポイント1円として使えるなど多店舗で現金同様に使えます。

しかし私のように「物欲がない・・・」方もいるのではないでしょうか。

そんな時に考えるのがTポイントの現金化です。

現金であれば使い道のバリエーションは増えますし何よりポイントが現金に移行できたら嬉しくないでしょうか。

これまでにもTポイント現金化する方法はありました(後述します)

しかし、絶対に等価以下の変換だったのでお得な方法とは言えませんでした。

今回は等価以上の交換ができるサービスが誕生したため今回はTポイントの現金化について詳しく解説します。

\Tポイントを現金化するなら/

Tポイントを等価以上で現金化できるのはネオモバの株式投資

Tポイント現金化Tポイント現金化

結論から言えば、Tポイントを等価以上で現金化するならネオモバ(SBIネオモバイル証券)で株式投資で運用益を出し変換するしかありません。

2019年4月に誕生したネオモバはTポイントを使って株式投資できる唯一のサービスです。

ポイント投資はTポイント以外にもありますが、楽天ポイントでは投資信託、dポイントではロボアドバイザーと投資信託の購入がほとんどでした。

ネオモバはTポイントを利用して1株から株式購入出来るため、運用益はもちろん株主優待や配当金を受けることができます。

Tポイントを使って株を購入し運用益が出たら売却という流れを利用すれば、以下で説明する他換金方法よりも高く現金化が可能です。

Tポイントで株購入し売却するだけでも現金化できますが、その株が購入時より高ければ運用益までついて現金になりますよ

ということで、Tポイント現金化においてはこれほど画期的なものはありません。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)につきましては、ネオモバのメリット・口コミをまとめた記事をご用意しています。

口座開設方法などいくつかのステップに分け徹底解説していますので合わせてご覧下さい。

\無料で口座開設できる/

Tポイントを現金化する方法はネオモバ以外3つ

づんの家計簿のつけ方づんの家計簿のつけ方

Tポイントを現金化する方法として私は等価以上の交換ができる可能性のあるネオモバをおすすめします。

しかし、株式投資し売却して現金化する以外の方法としてはこれまで3つの方法がありました。

どの方法でもTポイントを現金化することができますが、絶対に等価以下の変換になるので私的にはもったいない気分になります。

それぞれの現金化方法について簡単に説明していきます。

ジャパンネット銀行だと交換レートが85%と損

Tポイントの現金化で最も正規ルートはジャパンネット銀行というネット銀行とYahooが実施しているサービス利用です。

利用するには①ジャパンネット銀行の口座と②Yahooウォレットの登録が必要になりますが、この方法で1000Tポイントを850円に替えることができます。

現金化の方法は下記の通りです。

  1. YahooIDを取得しTポイントと連携
  2. Yahooウォレットに登録し
  3. ジャパンネット銀行の口座とリンク
  4. Yahooウォレット内のTポイント交換に同意
  5. 交換したいポイントを入力し申し込み

YahooIDとTポイントをひも付けることでYahooショッピングなどでTポイント利用ができるようになります。

ソラマメ
ソラマメ
ここだけは、買い物時にも使えるよう紐付けしておいても損はないです

ジャパンネット銀行口座が無い場合は無料で口座開設ができます。

口座開設後に登録YahooIDでYahooウォレットに登録することで換金する準備は完了です。

注意が必要なのは申込1000Tポイント以上で換金対象になるのと、100ポイント単位でしか受付できない点です。

また交換レートは85%なため、例えば1000Tポイントを換金すると850円になってしまいます。

2週間程度でジャパンネット銀行へ換金された現金が振り込まれます。

ソラマメ
ソラマメ
ハッキリ言って100ポイント以下の端数が換金できない上85%の交換レートに全く魅力を感じれません

期間限定ポイントを利用してAmazonギフト券購入後に売却で現金化

Tポイントを現金化するためにAmazonギフト券を購入、売却で現金化する方法もあります。

Amazonギフト券購入の場合期間限定ポイントを利用できるので、ジャパンネット銀行のように交換レート85%よりも高い換金率で現金化することができます。

換金方法は以下の通りです。

  1. ヤフオク!出品のAmazonギフト券を検索
  2. Tポイント支払いで購入
  3. 購入後に金券ショップで売却
  4. 売却し現金化する

ヤフオクなどで購入する理由として、Yahoo!かんたん決済に対応している品物はTポイント支払いが可能だからです。

Amazonギフト券の購入価格と売却価格が等しければTポイントから現金に交換する事が可能になります。

しかし、金券ショップでのAmazonギフト券の交換率はおよそ86~90%。

ジャパンネット銀行にはない点として期間限定ポイントが利用できるというメリットはあります。

しかし、交換率も合わせて考えるとTポイントからの現金化が必ずお得になるかというと疑問が残ります。

ソラマメ
ソラマメ
オークションは時間もかかるのでせっかちな私はヤキモキしちゃうし、期間限定ポイントを利用しても交換率が下がるのが気になります

金券ショップで高価買取できるギフト券・商品券は送料がかかる

Amazonギフト券と同様にYahoo!ショッピングやヤフオク!ではギフト券や商品券など金券をTポイント購入する事ができます。

金券をを購入し金券ショップ等で売却すればTポイントを現金化することが可能です。

デメリットとしては購入に対して送料が最低でもは200円がかかることです。

また金券類はYahoo!ショッピングやヤフオク!では金券が金額よりも高値で販売されていることが多いです。

金券ショップでは97%程度で売却することが可能ですが、手数料や購入時の金額を合わせると確実にTポイント交換率は悪くなります。

上記3つの方法については絶対にTポイントと等価以下の現金化方法となります。

ネオモバで株式投資して現金化する方法であれば等価以上の換金の可能性があります。

スポンサーリンク

Tポイントを現金交換するメリット・デメリット

Tポイント現金化のメリットTポイント現金化のメリット

Tポイントを現金交換するメリットやデメリットについて考えてみました。

断然メリットな点としては使用していないTポイントを現金に交換できる点です。

ポイントも目的があって貯めているのであれば良いのですが、ずっと貯めていても銀行のように利息はつきません。

現金に換えることで利用できるバリエーションが増えることは大きなメリットといえます。

現金であればTポイントでは使えないお店や買い物に利用できますし、貯金することもできます。

汎用性が高いものはやはり現金なのでTポイントを現金化することに大きなメリットはあります。

デメリットとしては等価以下の交換の可能性があるということです。

たとえば上記でお伝えしたジャパンネット銀行であれば交換レートは85%となるため確実にマイナスの交換率になります。

アマギフや金券も同様でいくら期間限定ポイントを利用できたとしてもTポイント利用分の等価として交換はできません。

また私が強くおすすめするネオモバに関しても株式投資なので必ず運用益が出て現金化できるという保障はありません。

株式投資には当然のようにリスクがありますので購入時期と売却したい時期によっては購入した株が値下がりしている可能性もあります。

金券などの売買も、ネオモバでの株式投資もそういったデメリットも検討しTポイントを現金化していく必要があります。

絶対に等価以上で交換したいなら高配当株を長期保有

ネオモバ高配当株ネオモバ高配当株
ソラマメ
ソラマメ
絶対にTポイントを等価以上で現金化したい

このように思われるのであれば、答えはひとつ。

ネオモバで高配当株を購入し、値上がり益が出るまで長期保有すれば良いです。

株式投資は上記でお伝えしたように波の打つように値動きがありますので、購入時から値下がりする危険もあります。

ソラマメ
ソラマメ
万が一値下がりしてしまったのであれば値上がりするまで長期保有すれば言いだけの話です。

また、高配当株であれば配当金が出ますの長期保有しながら配当金などを受け時期を見て現金化することもできます。

Tポイントのみで単元株(配当金や株主優待が出る単元を満たした株)を購入するのは難しいかもしれません。

しかし、Tポイントと現金を合わせこのような高配当株へ投資してみるのも一つの手です。

ネオモバで購入したいおすすめ高配当株については投資ブロガーでもあるジンさん監修の元、『ネオモバのS株おすすめ5選!おこづかい投資で安定した不労所得を育てる方法』にてご紹介していますのでぜひ合わせてご覧下さい。

ネオモバのS株で買うべき5選!おこづかい投資で安定した不労所得を育てる方法
ネオモバのS株おすすめ5選!おこづかい投資で安定した不労所得を育てる方法当記事ではネオモバで購入したいおすすめS株について解説。株式投資で不労所得を得るために少額からスタートでき高配当を期待できる増配銘柄を投資家ブロガージンさんに解説してもらいました。ネオモバS株でおすすめ株は?と気になる方はご覧下さい。...

スポンサーリンク

最後に:ポイントは貯めるより現金化して増やすべき

いかがでしたでしょうか。

Tポイントを等価以上で移行する唯一の方法としてネオモバで株式投資をはじめ、運用益が出た時点での売却で現金化する方法をお伝えしてきました。

これまでTポイントを等価以下で現金化する方法はいくつかありました。

しかし、それらの方法であれば、Tポイントで普通に使えるな買い物などで使う方法が最もお得だと思います。

原則1ポイント1円として使えるので対象店舗で買い物をする際にTポイントでといってしまえば割引して支払いが可能です。

対象店舗も、ファミリーマートやスリーエフなどコンビニをはじめ、ガソリンスタンドのエネオス、YahooショッピングやYahooトラベル、TSUTAYAや家電のエディオン、ドラッグストアのウェルシアまで利用できます。

どのお店で1ポイント1円として使えるので使える範囲であれば普通に使ってしまったほうがお得です。

一番もったいないのはポイントは貯めていても増えないという点です。

現金であれば銀行に預けている時点で超少ないですが利息がつきますが、ポイントにはまだそのような優遇された制度はありません。

つまり、もらったらすぐに使うか現金化させてしまったほうが断然お得なのです。

お店で購入すれば1ポイント1円で利用できますし、現金化して銀行貯金すれば利息ももらえます。

現金であれば株式投資や仮想通貨などリスク別にある資産運用をしていくことだってできます。

ポイント利用の必勝法は、貯めないことではないでしょうか。

今回紹介したネオモバでの現金化方法も含め、あなたもTポイントを現金化してみませんか。

\Tポイント現金化なら/


ネオモバの登録はこちらからがお得です!登録は無料なので早めに口座開設をしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)