働き方

【30代の出世】管理職挫折経験者だから伝えたいたった1つのこと

30代出世おすすめ

30代は家庭だけでなく、仕事についても考える年齢です。

このままでいいのだろうか、定年までやっていけるのだろうか、など悩みは尽きません。

その不安や悩みの一つでもある、「出世」。

先日、とある飲み会があり私は帰り道酔っぱらいながらこんなつぶやきをしました。

その飲み会は私と新卒の子以外は管理職で、その飲み会で私は先輩に、「今年結果出さなかったら出世はない」と言われました。

私としては出世なんてしようがしまいがどうでもよく、ちょっとした昇給で責任が増えるくらいならやりたくもないと思っているタイプの人間です。

いや。

そういう考えになりました、というのが本音です。

 

今回の記事では30代から出世や将来について考えるあなたへ管理職挫折経験者であるわたくし、ソラマメが伝えたいたった1つのことについて記した記事となります。

なお、私のこれまでの管理職経験については過去記事で綴っていますので、興味がある方はご覧ください。

きっとこの記事にたどり着いたあなたは、将来について悩んだり出世ってどうなんだろうと思ったあなたに向けた記事です。

ぜひ、じっくりと考えてお読みください。

30代・出世の道を選択するか考え準備しておく

結論。

管理職を挫折した経験者からたった一つ伝えたいと思うことは、「出世について考え、準備をしておくこと」です。

私は出世に対する考えと準備が足りず管理職を辞することになってしまいました。

出世=収入アップ+絶対地位が手に入ると思っていた

がむしゃらに働いていた20代後半ごろから私はプロジェクトのリーダーなどを任されるなど、仕事に邁進している毎日を送っていました。

30代に突入し、結婚や子供の誕生によって急激に押し寄せてきた「将来のこと」。

まず真っ先に考えたのはお金のことです。

子育てをしている妻はすぐには社会復帰できければ稼ぐのは自分しかないと強く思うようになり、子供の将来のために仕事に打ち込むようになりました。

地位がありカッコいい父でありたい。

またそんな気持ちも芽生えるようになりました。

そしていつしか「出世」というレールに乗っかることで「お金」と「地位」を手にすることができるという希望を持った35歳の春、私は管理職になりました。

出世による収入は確かに上がったが家族との時間はなくなった

出世によって上がった昇給は5万円、その代償に家族とは離れ離れになりました。

「年間60万も上がって良かったやん」そう思う方も多いはずです。

私も60万上がって当時はこれで家族をより一層養っていけるとほっとしたことを今でも覚えています。

しかし…月の残業時間は平均で80時間になり、休日はひどいと月に4回。

あんなにも大切だった家族との時間はなくなり、距離ではなく家族との心が離れてしまっていたと当時を振り返ってそう思います。

それだけでなはく、一気にのしかかってくる「責任」というものに蝕まれ、私の心はついに折れてしまい…

そして現在に至るというわけです。

出世後をシミュレーションして準備できていなかったことが失敗だった

上記のことからいえる失敗したことは、出世した後のことをシミュレートできていなかった、これに尽きます。

収入アップと地位向上は間違いなく出世にはついてきますが、それに伴う責任への耐性への準備不足が私の心を狂わせてしまったのだと反省しています。

もし、出世し管理職になったときに想定されることはどんなことがあったのか、それまでの管理職の仕事をされている先輩社員についてもっと理解していたらこのような結果にはなっていなかったはずです。

その職は自分が耐えられるものなのか。

その職務は自分が責任をもって受け告げられるのか。

その出世によって本当に大切なものは守れるのか。

きっと、出世に対する多方面のリスクに対するマネジメントができていれば、その仕事はものにできていたはずです。

反対に、出世に対するイメージだけでのっかってしまうこと私みたく折れますw

なのでぜひこの機会に30代から出世していくことに対するシミュレーションはしておいてください。

スポンサーリンク

出世が「正解」で出世しないが「ダメ」ではない

30代になり確信したのは出世がすべてではないということです、これは20代の時には絶対にわからなかったことで今ようやく気が付けたことです。

私は役職が嫌いなわけではありません。

そこにモチベーションがあったり、仕事のやりがいを感じる人がなるべきだと思います。

一番嫌なのは、出世=正解だということ、出世しない=ダメだということ。

人の上に立たなくても立派や役割があればダメではないです。

それでも今の日本企業の多くは出世していく社員が素晴らしい、輝かしいという風潮がありますがそれはおかしいです。

30代以降のキャリアではどこかで出世についての話がでてくるかもしれませんが、自分の将来のことを考えて選択するべきです。

出世をおすすめしない30代/出世をおすすめする30代

ここでは無理して出世を選択しなくてもよいと思う30代、出世をおすすめする30代についてまとめてみました。

収入を上げるための出世はよく考えるべき

その出世によって上がる収入はいくらでしょうか、月に1万や2万ほどでしょうか。

でもよく考えてください。

日本人の各都道府県での最低賃金を鑑みても、1日や2日日勤のアルバイトをしたらもう2万円は達成できちゃいませんか。

私はたまたまブログをやっていますが、月の収入はブログやアフィリエイトでもその出世と同じくらいの金額は稼げるのではないでしょうか。

また、自分が働かなくても「お金」に働いてもらうことだってできます。

株式投資、仮想通貨はあなたの両腕となり、大きな収益をもたらしてくれる可能性は大いにあります(両腕持っていかれることもしばしあるかもしれませんが…)

副業解禁の時代になっている今、出世による収入アップが本当に良いのか考えるべきです。

上がるということはそれ相応の責任が来ますから。

スポンサーリンク

「今は」家族が一番だと思ったらその出世に待った!

出世することで想定されるのは何度も話が出てきているように責任です。

部下に指導をすることや上層部との会議に時間がとられ、本来やるべき業務は二の次になることが多い責任者も多いはずです。

でもその出世、本当に30代でなるべきポジションなのでしょうか。

家族との時間を大切にしたい、

子供の成長していく顔が見たい、

そんな大事な30代に出世により拘束される時間はなによりも大切なのではないでしょうか。

この見出しにあげたのは「今」出世が必要かということです。

大切な時間を家族と過ごしたいと思うのであればその出世を今引き受けることをしなくても子供が落ち着き仕事に迎える気持ちになった時に職務についてもいいのではないかと私は考えています。

今、本当に出世があなたにとって家族にとって大切なのか考え今という判断が出なければ、無理に出世を選択するべきではありません。

趣味の時間を大切にしたい30代は出世はおすすめできない

趣味を持っている30代のあなたには、出世はおすすめできません。

なぜなら、前述したとおり出世により責任が増えることで時間が拘束される可能性が高くなりますのでただでさえ家のことや何かと時間に忙しい30代なのに仕事に時間を奪われてしまうからです。

反対に、趣味がないあなたは出世がおすすめですかと質問されても、私は出世をおすすめしません。

なぜなら、仕事一筋で定年まで迎えられた方々のセカンドキャリアが問題視されているからです。

私の父も65歳で退職しいまは自宅でのんびり暮らしていますが、麻雀などの趣味があるので週1回は外に外出しますがそれ以外外に出る機会がありません。

よく仕事が趣味といわれる方がいますが、仕事を辞めたら何もなくなってしまいます。

なので出世を目指すよりも趣味を見つけるべきす。

スポンサーリンク

その出世が収入<チャレンジしたい気持ちが強ければ出世するべき

30代で出世をおすすめしたい方は、その出世がチャレンジしたい職務内容、業務内容であればぜひ挑戦するべきです。

私の尊敬するブロガーのナナミライさんのお考えのように、出世によって与えられる権限や部下への指導は絶対的にできるようになります。

私も管理職時代に、すべての部下のトップになり物事を判断することは貴重な体験でしたし、私の意見で会社を動かすことができるのは出世の魅力の1つです。

収入アップであれば、それこそ副業など別の方法でも手に入れることはできるかもしれません。

でも、その会社のそのポジションにしかできないことはありますし、30代からそんな仕事にチャレンジできるチャンスがもしあったら。

きっと出世後の責任にも耐えていくことはできるはずなのでおすすめです。

環境を変えたい・刺激が欲しいあなたに出世はおすすめ

出世により今の仕事環境は大幅に変わりますので、そんなあなたには30代からの出世はおすすめです。

こちらも私の良きブログ仲間であるシーアさんのご意見ですが、出世により入ってくる情報は明らかに違います。

私も現場から管理職になった途端、会社のトップと会談する機会をもらったり、有名人や著名人(名前は出せませんが…)とお食事などお付き合いをさせてもらうこともありました。

出世によって景色は絶対的に変わります。

変化による耐性が求められますが、そこでしか見れない景色は絶対にあるのでそういった経験をして自分の糧にしていきたいあなたにとって、出世はおすすめするべきことです。

最後に:30代へ出世を想定することで仕事と本気で向き合うきっかけになってほしい

この記事では30代で出世について考えるあなたへ管理職挫折経験者が伝えたいこととして、出世について考え、準備をしておくことをおすすめさせていただきました。

終身雇用でなくなってきている今、また売り手市場の今、いつどんな時に人事の話があるかわかりません。

「あの役職者が転職してしまったから、君どう?」

「新しい事業をやるから、どう?」

こんな話は30代から急にやってくるはずです。

そのときに、お金が増えるからいいや、とかなんとなく出世ってイメージいいや、ではひょっとしたらひどく傷つく可能性があります。

ずっと経験されてきた前役職者と1年目のひよっこ役職者のあなたを痛烈に比較されるかもしれないからです。

ぼんやりと上層部が思い描いていた事業に雇われて的な出世で入り、思うような権限はないかもしれないからです。

でも、あなたに明確な仕事のビジョンがあればその出世はあなたにとってプラスになる可能性だって大いにあります。

30代はそんな年代なのだと今30代を必死に生きている筆者、ソラマメは思います。

この記事が多くの30代の仕事に対する将来の悩みに少しでも役立つ内容であれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です