働き方

仕事がうまくいかない…30代の苦しみを劇的に改善する対処法

仕事がうまくいかない。

仕事、もう無理。。。

仕事だけでなく人生がうまくいかないと悩まされることが増えてくる30代。

新卒であれば学生時代の友達や彼女など愚痴をこぼしたり悩みを打ち明けられる存在がいました。

 

30代になった今、どうですか?

 

結婚で一家の大黒柱になったり会社でも中堅どころになっている30代。

仕事がうまくいかない悩みを話せる人やストレスを改善できる方法を知っている人はどれほどいるのでしょうか。

 

このブログ筆者であるわたくしソラマメも30代。

仕事や人生の行き詰まりを経験し時に「生きること」を諦めたことがありました。

しかし、この波を乗り越え今ではいい距離感で仕事や人生と向き合えています。

だからこそ、私のような挫折者でも何気なく人生を歩むことができています。

この記事では仕事がうまくいかないあなたの悩みを劇的に改善できる方法をご紹介します。

  • 仕事がうまくいかなく悩んでいる
  • 人生に行き詰まりを感じている

こんなあなたにはおすすめの記事となりますのでぜひゆっくり読んで下さい。

仕事がうまくいかない30代こそツイッターがおすすめ

仕事がうまくいかない30代あなたや人生に迷いがある30代のあなたは迷わずツイッターをはじめめることをおすすめします。

それが仕事のストレスをまず改善することができる対処法の1つです。

 

2016年の11月にTwitter Japanの公式アカウントで発表された数字では国内で4,000万人ものユーザーがいると言われるツイッター。

利用者の増加率では世界中で日本がトップだったようです。

m.huffingtonpost.jp

引用:ハフィントンポスト

この記事によると年代別では20代が多いですが最近では、ニュースなどの情報も見れるという点で30~40代の利用者数も増加しています。

ブログ運営者のわたし、ソラマメも遅ればせながら34歳という年齢でツイッターのアカウントをとりました。

最初の頃はニュースや個人株式投資家のトレードツイートを閲覧していました。

しかし、仕事がうまくいかなくなってから本格的にツイッターを利用するようになりました。

30代で仕事に行き詰まりつぶやいたツイートで人生救われた

私は35歳にして異業種・異職種に転職をしました。

転職した会社である時期、ちょっとした行き詰まりを感じていました。

転職前には家族にも相談していたので、そんなちょっとした仕事の行き詰まりでまた迷惑をかけれないと思っていました。

なかなか愚痴ることもできず、周りの友達には転職したことも言っていない。

誰にも相談することもできませんでした。

 

そんな仕事うまくいかない、行き詰まった気持ちを行き場なくこんなツイートしました。

すると…


こんなにも多くの方にエールを送っていただきました。

こんな豆腐メンタルの三十路男にですよ?

情けないとーちゃんサラリーマンにですよ?

こんなにも温かい言葉や返信をいただけるなんて思ってなかったので、涙が出るほど嬉しく勇気付けられました。

それほどツイッターのポジティブな力を感じた出来事はなかったので、驚きと感動が今でもずっと胸に残っています。

 

30代ってほんと仕事に行き詰まるんですよ。

行き詰まった中にツイッターの温かさを実感することができたことは何にも変えることができない貴重な体験でした。

返信していただいた皆様、RTなどしていただいた皆様、いいね!を下さった皆様に感謝の気持ちで一杯です。

本当に。

本当にありがとうございます。

スポンサーリンク

30代が仕事を乗り切るためのツイッターの始め方や注意点

なにかと忙しい30代が仕事を乗りきるためにツイッターを始めるときにやり方、注意することをまとめました。

簡潔に言えばツイッターはイメージ悪でもなく、しっかりアカウントを作り、やりすぎ注意。

これさえすればツイッターの正しい運用ができ、仕事の行き詰まりや辛い仕事も乗り切ることができます。

ツイッターはイメージ悪い?30代ではじめてわかったこと

「30代でも恥ずかしがらずツイッターデビューした方がいい」の記事でもお伝えしましたが、私はツイッターに良いイメージをもっていませんでした。

 

炎上、愚痴、出会い系…。

 

そんなネガティブなイメージをツイッターに抱いていましたが、実際に利用してみると全然そんなことはありませんでした。

以前は10代が多かったツイッターユーザーがニュースなどを取り入れて30代など年代層が広がった効果なのかもしれません。

いまは幅広い年代がツイッター運用をしておりとてもクリーンな世界が広がっていました。

ツイッターをはじめてもフォロワーがいないのはプロフィールとアイコン画像

中にはツイッターをやってもこんなに反応がでないんじゃないかと思う方もいるはずです。

「フォロワーがいるから反応あるんでしょ…」

と思われるかもしれませんが、ツイッターを本格的に初めて1年ほどで800名以上の方にフォロワーして頂けました。

特に私がツイッターを始めて意識したことは「プロフィールの設定」と「アイコン画像の設定」です。

どれだけ魅力的な人でもプロフィールがしっかりと書いてなければ見られません。

アイコン画像がなければ魅力が半減してしまいます。

ツイッターをはじめた当初は私もまったくフォロワーさんなどいませんでした。

しかしアイコンを設定とプロフィール設定する事で1週間で100名の方にフォローしていただきました。

プロフィール設定もコツさえ掴めれば誰でも作ることができます。

よろしければこの記事を参考にしてみてください。

ツイ廃にならないように注意する

ツイ廃とは (ツイハイとは)

Twitterに没頭しすぎて、日常生活に支障を来しているユーザーのことを言う。 小さい事柄でもツイートするため、ツイート数が増大することが多い。 なお、どれくらいツイートしたら「ツイ廃」と言う基準は無いが、大体は数百以上のツイートをするユーザーを指すことが多い。
[引用]ニコニコ大百科より

私もツイッター用語にはあまりついていけていないので引用させていただきました。

ツイッターをはじめると必ず思うのがフォローしている方の情報についていけなくなる感覚に陥ります。

情報を見ていないと不安に陥ったり1日中ツイッターを見てしまっていることもあります。

私もツイッターを本格的に始めて半年くらいは朝、昼食時、寝る前など当然のようにスクロールしまくって狂うように見ていました。

どれだけツイッターをはじめてストレスが軽減したとしても体が疲れてしまってはまったく意味がありません。

仕事の疲れが体に出た場合は、仕事だけでなくツイッターも一旦休むことが必要です。

また私も取り入れていますが、スマホを見ない時間を作るいわゆる「デジタルデトックス」にも挑戦しております。

定期的にスマホから離れる時間を作る方法です。

そうすることで、しっかりと休むことができますし、次の日の目覚めも非常に良いです。

デジタルデトックスでの質を上げることで仕事のストレスとうまく向き合うことをオススメします。

それでも仕事がうまくいかない時はセルフコントロール

ツイッターだけでなく、仕事がうまくいかなくなったとき。

私は家族で出かけると気がまぎれてまた頑張ろうという気持ちになりますが、外出にはストレスを軽減させる力を持っています。

また、仕事がうまくいかないときには殻にこもりがちで周りが見えないことが多いです。

友達や第三者からのアドバイスや話をすることでストレス軽減も可能ですができない場合もあります。

それができない場合は自分を三人称におくことで自らを冷静に捉えるという方法でストレスを軽減する方法もあります。

そうしたセルフコントロールについても以前の記事でお伝えはしています。

自分でも実践してみてうまく仕事と向き合えるようにもなりましたので、気になるあなたはぜひこちらも取り入れてみてください。

スポンサーリンク

どうにもならない場合は転職エージェントに登録してみる

ここまで仕事がうまくいかなかったときのためのストレス改善方法をお伝えしてきました。

それでも仕事がうまくいかなくて悩んでいる方がいたら私は転職するべきだと考えています。

現に私は前職の過酷な労働から抜け出し30代で転職し大きなストレスからは開放されました。

それだけ仕事のストレスを感じやすい30代です。

仕事も中堅どころになり責任も大きくなったり上司と部下の板ばさみになったり抱えるストレスは一番多い年代ではないかと思います。

「このままでいいのかな」

「こんな人生でいいのかな」

と思っているのであればちょっとだけ次のステージを見てみるだけでもポジティブに変われることもあります。

転職サイトDODAで求人探し

私の場合未経験職種への転職となりましたが、「転職で事務職!営業職男性でも採用された30代必勝方法」でも書いている通り新しい道にチャレンジしました。

その結果、今まで見えなかった働き方や考え方もできています。

もし、本当に仕事がうまくいかずストレスが軽減できない方は転職エージェントに登録してみたらちょっとは考えが変わるはずです。

私のひそかなオススメ方法だということ覚えておいて頂きぜひ参考にしていただきたいです。

さいごに:30代の仕事の成果は目に見えにくいけどどこかで出ている

この記事では仕事がうまくいかない30代から来るストレスを改善する対処法をご紹介しました。

  1. ツイッターをはじめる
  2. セルフコントロールで仕事から離れる
  3. 転職エージェントに登録してみる

どれもいまこの瞬間からはじめることができるので同年代である30代は絶対にオススメです。

 

ここまでは仕事がうまくいかない時の対処についてお伝えしました。

 

また、30代のうまくいかないと感じる原因は「成果」と結び付かないストレスの場合もあるでしょう。

営業マンであれば、若いときはノリで売れたのに今では「あんなに残業したのに売上が伸びない」と思っているでしょう。

子育て中のママであれば、「こんなに子供のためにやっているのに全然言うことを聞いてくれない」と泣きたくたくなっているでしょう。

私のようにブログなど副業をされている方であれば、「こんなに作業しているのに結果(PVや収益)がでない」と諦めかけているかもしれません。

そんなとき、私の大好きなMr.Childrenの「彩り」という曲の1部分の歌詞に救われました。

ただ目の前に並べられた仕事を手際よくこなしていくコーヒーを相棒にして

いいさ誰が褒めるでもないけど小さなプライドをこの胸に勲章みたいにつけて

僕のした単純作業がこの世界を回り回って

まだ出会ったこともない人の笑い声を作っていく

そんな些細な生き甲斐が日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に少ないけど赤黄色緑

引用:Mr.Children「彩り」

30代って20代で培ったなにかしらかの成功体験で迎えるので、どうしてもやったことに対して見える成果を求めてしまう年代なんです。

そう思いませんか?

「こうしたら売れる」「こう言ったら理解してくれてた」「発信したらリアクションがあった」

でも、成果が見えないと不安でたまらなくなる。

いま取り組んでいることが正しいのかわからなくなる。

 

そんな年代なんです。

 

だけど、この歌詞のように30代からはじめることは「成果」ではなくて長くこの先の成果を生むための「種まき」なんですよね。

そんな種まきをするうえでも不安や悩みはつきものです。

そのためにツイッターやセルフコントロール、転職エージェントの登録も時には必要だということです。

悩みはつきない30代という年代。

皆でタッグを組んで乗り越えいつかの大きな収穫を目指しましょう。