30代の転職

30代向け転職の進め方をブログで解説!厳しい状況を突破する必勝法

30代向け転職の進め方をブログで解説!厳しい状況を突破する必勝法

当ブログでは、30代向けの転職の進め方について解説しています。

20代の転職の進め方とは違い、30代になると安易な転職に踏み切るのは危険です。

私も30代半ば、35歳で転職しました。

いまの気持ちを表すと、100%転職してよかったと思える結果とは思っていません。

同じような境遇の方に、少しでも満足度の高い転職をしてもらうには・・・

私の経験を伝えるべきではと思い書いています。

以下、転職を進める上でやっておいたほうが良かったことをブログにまとめました。

30代向け転職の進め方

①目的を明確にする

何のための転職なのか確認何のための転職なのか確認

30代の転職活動では、なんのための転職なのかを明確にすることが大切です。

転職理由は人それぞれかもしれませんが、大きく分けると以下の理由が多いはずです。

30代主な転職理由
  1. 業務内容(スキルアップ・職種変更)
  2. 環境(勤務地・人間関係)
  3. 時間(残業・経営悪化)

この理由によって、転職の進め方は大きく違います。

例えばスキルアップの転職であれば、年収アップを目指します。

勤務地の変更であれば、地方に行くほど収入の違いが出ます。

生活に関わるお金も減るので、見た目の金額以外のことを気にする必要もがります。

まずは、転職の進め方の大前提として転職の目的を明確にしましょう。

②家族に相談する

30代転職やっぱりお金30代転職やっぱりお金

妻や子供、家庭があっての転職においてお金は絶対です。

転職とお金に関する考え方は次のような方がいるはずです。

転職とお金の考え方
  1. 転職で年収アップ【〇】
  2. 転職で年収ダウン【×】

転職して年収がアップすれば、家族も安心することでしょう。

私は、今の環境から逃げたい一心でした。

そのため、年収ダウンの転職を受け入れないといけないと思っていました。

しかし、家族に話をしたら猛反対。

逃げたいだけの転職は家族も不幸にします。

何度か話をして1ヶ月の生活費を知り、それをひとつの基準に考えるのも一つです。

③条件を決める

30代転職は市場価値が大切30代転職は市場価値が大切

仕事を辞めると決まっている場合、決まらない焦りから当初決めた条件が見えなくなり転職してしまうことがあります。

だからこそ、辞める前に自分が市場でどれ位の評価があるか、少しでもイメージしておく必要があります。

転職エージェントの面談で決めた条件があれば、エージェントが応募会社へ交渉してもらえます。

すべて条件通りになるというわけではありませんが個人での転職活動以上に条件面での満足度は上がります。

当初決めた条件を最後まで持ち続けることは、転職を進める上では非常に重要なポイントです。

市場価値はアプリで確認

ミイダスのアプリなら簡単に自分の市場価値が分かります。

まずは、そこから転職活動を始めてみても良いでしょう。

\アプリから無料登録/
転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ
転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ
無料
posted withアプリーチ

④職務経歴書の作り方

30代の職務経歴書注意点30代の職務経歴書注意点

転職活動をはじめるて最初にやるべきなのは「職務経歴書」を作ることです。

なぜ、職務経歴書を作らなくてはいけないかと言うと、

自らのキャリアの棚卸しをすることで、

自分の何が強みなのか、どんな仕事ができるのか、どんな仕事をしたいのかを理解します。

転職サイトやエージェントは、職務経歴書を設定する必要があります。

どのサイトでもあるため何度も職務経歴書を変えるのは大変です。

まずは、「これで勝負できる」職務経歴書をはじめに作ることが先決です。

そこまでは誰もが取り組んでいることなので、もう一歩踏み込みます。

エントリーをする会社に適した職務経歴書に変えて応募すると、書類選考にも通りやすかったです。

営業職であれば数字で示すことで実績が分かりやすいでしょう。

管理系であればメンバーの構成や組織を率いた具体的エピソードをそっと盛り込みます。

応募する会社へ寄った職務経歴書の提出により、人事の目に止まってくれる率は高かったです。

\こんな本もおすすめ/

⑤面接対策

30代の面接スキル30代の面接スキル

転職活動中にはいくつかの会社の面接を受けましたが、何よりも基本は面接マナーが大切だと感じました。

30代で役職だったりすると、自分では意識していなくても上から目線であったり横柄に捕らえられることもあります。

面接のテクニックも大切ですが、まずはしっかりとした対応を心がけ転職活動に臨むべきです。

また、自らの実績は会社の求める人材に沿って変えるようにしました。

事務職には数字で「○○%達成」のような営業成績以上に、効率的な思考や協調性が求められる内容が求められます。

そして、面接では聞き方には注意しても聞きたいことは聞くようにしました。

聞けず転職し、思っていたのと全く違うとなっては自分の経歴にも傷がつくだけです。

面接で落とされそうと思う気持ちもあります。

最新の注意や敬意を表しながら、面接官や責任者へ質問するべきです。

転職に自信がない30代へ伝えたい経験談

30代転職してわかったメリットデメリット30代転職してわかったメリットデメリット

では、実際に30代で転職してどうだった?と聞かれると、次のような結果です。

ソラマメ
ソラマメ
転職できるか自信がない30代ほど、リアルはきになりますよね…
転職後のメリット・デメリット
  1. 残業時間減で自分の時間できた
  2. お金はやっぱり大切だった
  3. 副業を始めた

時間ができた

私が何のために転職したかというと「時間」でした。

前職では出世し残業が増え、中間管理職に疲れてしまいました。

休みも減り、このまま自分は仕事だけに生きるのか?

という疑問を毎日考えるようになりました。

そして、経営の悪化による仕事量の多さに拍車がかかるようになりました。

体力だけでなく気力がなくなり、仕事を辞めることになりました。

大切にしたのは、家族との時間を求めた転職でした。

残業も20時間以内で、年間休日も110日プラス有給が取りやすい仕事に転職できたのは大きなメリットでした。

年収が大幅に下がった

お金については、未経験の業界でもあったので年収ダウンを受け入れました。

副業も含め、家族のことを思うと本業でも収入を上げていかないといけないと思っています。

そして何より、転職してもそれなりに不満はあります。

100%満足な転職をされる方もいるか思いますが、人間関係や仕事のやり方の躓きが私の場合ありました。

その時に必ず振り返るのが、条件がブレてなかったかです。

私の場合、時間を軸に転職活動を行いました。

少々嫌なことがあっても、時間的余裕を持てる仕事に就けたというメリットを持つようにしています。

副業を開始

転職とお金の考え方
  1. 転職で年収アップ【△】
  2. 転職で年収下がっても副業で年収アップ【○】
  3. 転職で年収ダウン【×】

私はこれからの時代、会社から貰う給与はどこかで頭打ちになると考えていました。

そうなった時に、自分でできることを考え仕事プラス副業を始めました。

会社の給与は下がったものの、できた時間を有効活用し「自分で稼ぐ力」を身につけることに専念しました。

結果、副業で前職に近い収入になっているため、この決断は良かったと思っています。

スポンサーリンク

30代の転職はブレると厳しい

30代に向けた転職の進め方は、20代以上に慎重に進めるべきです。

何より転職して思ったことは、転職してもそれなりに不満はつきないということ。

100%満足な転職をされる方もいるか思いますが、人間関係や仕事のやり方の躓きが私の場合ありました。

その時に必ず振り返るのが、条件がブレてなかったかです。

私の場合、時間を軸に転職活動を行いました。

少々嫌なことがあっても、時間的余裕を持てる仕事に就けたというメリットを思い出しています。

30代の転職は目的や条件がぶれてしまうと厳しいので、注意して突破していきましょう!

\ランキング参加中/

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

関連記事