給料・ボーナス

年収が下がってもいい転職を…30代が幸せな生活を手にできる職探し

年収下がる転職まとめ

年収が下がってもいい転職ってあるのかな…。

この記事をご覧いただいている方は、おそらく今の仕事環境を変えたいけど、転職後の年収が気になってなかなか踏み切れないのではないでしょうか。

もしくは転職活動の中で年収アップを夢見ながら、実際は年収ダウンの内定が出ており、「この転職はいい転職なのか」迷っているいるかもしれません。

 

特に転機になりやすい30代が転職で幸せな生活を手にできるかは非常に重要な問題です。

一歩間違えれば再就職には難しい年齢だし、そうはいってもこのままの働き方で良いのだろうか…。

そんなあなたに年収が下がってもいい転職になれる判断基準があれば、勇気づけられませんか。

この記事では、30代の転職で大切なお金について今一度よく考えながら、年収ダウンがあってもいい転職にし幸せな生活を手にする、という内容についてまとめました。

迷っているあなた、悩んでいるあなたにぜひ読んでいただきたい記事となります。

年収と転職は30代にとって幸せな生活に必要なもの

年収は30代が幸せな生活をしていく上で必要なものです。

転職は30代がこの先まだ30年以上幸せな仕事環境で働いていく上で必要なものです。

結論からいえばどちらも必要なことで、どちらをあきらめることなどできません。

しかし、年収と転職は密接な関係をもっています。

だからこそ迷う、悩みます。

年収が上がる転職であれば問題ありません。

しかし、今回は逆で、年収が下がる転職だったら…。

それって幸せな生活ができるのかというと、疑問です。

ただ、年収が下がる転職で確認しておき、そのリスクを予測し許容範囲を決め、転職先へ給与交渉をすることで年収が下がっても良い転職は可能です。

年収が下がっても何のための転職かを必ず確認する

20代の転職とは違い、30代の転職において「今回の転職は何のための転職なのか」を確認することが最も大切です。

ここで、収入を増やしたいという理由なら、年収が上がる求人へ応募すれば良いだけです。

おそらくこの記事を読まれている方は、キャリアチェンジや何かしらかの理由で現職の年収からダウン想定がされる方。

ならば、その転職の目的を明確にしなければいけません。

もちろん家族がいる場合は確認し、理解が必要です。

自分自身にも、何を身につける転職なのか、目標をもって転職するかしないかでは、将来のキャリア形成が大幅に変わります。

ただ何となくやってみたい、今の人間関係が嫌だから取りあえず。

という転職は30代では危険です。

必ず転職に関して何のためなのか今一度確認してください。

あわせて読みたい
年収ダウン30代の転職
年収ダウンでもOK!ここだけ確認できれば30代の転職は成功する年収ダウンでもここだけ確認できれば30代の転職は必ず成功できる。 30代の転職では20代の転職とは違い、特に年収ダウンについては非...

スポンサーリンク

年収が下がってもいいようリスクに備え転職を優位に

年収が下がるから転職ができないというものに対し、そのリスクに対応することができれば転職活動を優位にすることができます。

要するに100万年収ダウンしても、別で100万円の収入があればその仕事にチェンジすることができるということになります。

100万円は非常に大きな金額ですが、年収の10万円減なら月で1万円以下。

それなら支出の見直し、資産運用でもカバーできます。

収入減に関して資産運用でカバーすることもできます。

一時の収入の問題でも将来的な昇給見込みが高ければ転職のリスクも軽減されます。

その転職に関するリスクと正しく向き合うこと。

そしてリスクに対して対応できれば、30代の転職でも優位に進めることはできます。

あわせて読みたい
年収ダウンのリスクに備える
年収ダウンのリスクに備え30代ストレスフリーな転職をする秘訣30代の転職は「年収ダウンのリスク」についても考えておく。 様々な理由で転職を考えられることはありますが、年収ダウンのリスクに対し...

年収ダウン回避のため面接では現実的な給与交渉をする

転職による年収ダウンの可能性があり、リスクに備え許容範囲を決めることができたのなら。

給与ダウン回避ができるよう面接などで給与交渉ができます。

リスクに対し漠然としていると、具体的な給与交渉ができないので採用側にも響きません。

最低限の生活ができる範囲、支出削減や資産運用でカバーできる範囲、生活できないレベル。

という指標がわかれば具体的な給与交渉もしやすくなりますし、転職後に後悔するようなミスマッチもなくなります。

面接対策も含めて実際は転職活動の大きなウエートを占めているのは面接です。

改めて正しい面接対策をすることを強くおすすめします。

あわせて読みたい
年収ダウン回避する給与交渉述
年収ダウンを回避!30代の転職活動で困らない給与交渉術転職活動を進めていくうえで欠かせないのが「年収」。 30代の転職となると年収ダウンは回避したい… けど、給与交渉をすれば採用...
あわせて読みたい
異業種の面接
【人事部が総括】異業種の面接で30代の転職者が採用をもらう方法この記事では現在人事部で30代の異業種希望の転職者を多くしている私が、面接で採用をもらうための方法についてお伝えします。 これまで...

スポンサーリンク

年収が下がっても子供との時間を手に入れる仕事を決断

30代で転職した私は年収ダウンの経験をした一人です。

では、私は不幸かというと全くそうではありません。

上記でお伝えしたような、家族の理解、リスクの確認、そして最低限生活ができるレベルの給与を交渉し転職を決断しました。

 

そして、何よりの目的は「いましかない、子供との時間を確保するため」

 

仕事に追われ、本当に大切な家族のために成長が見れないという本末転倒な仕事から、年収は下がっても子供の成長が見ることができる仕事へやリアチェンジし幸せを手に入れました。

その際に利用させていただいたのが、転職エージェント、DODAエージェントです。

\無料の転職相談!登録カンタン/

DODAエージェントサービス

DODAエージェントは客観的に自分のキャリアの棚卸をしてもらい、新しい観点で仕事を紹介してもらいました。

履歴書や職務経歴書の添削、そして面接対策から今回お伝えした給与交渉についても協力をしていただきました。

結果、年収アップで子供との時間も確保できるという120点満点な転職とはいきませんでしたが、十分満足する転職を叶えることができました。

私が使った転職エージェントについてはレビュー記事でも紹介していますので、こちらも合わせてお読みください。

あわせて読みたい
子供との時間を大切にしたい人向け転職エージェント
30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人向けな転職エージェント3社レビュー30代既婚者の幸せは「家庭を省みず働くこと」ではなく、「今しかない子供との時間をどれだけ確保できる働き方をすること」だと気づいてしまった...

まとめ:お金を稼ぐのは仕事だけではない

結論、年収が下がってもいい転職は「あなたがその転職をいい転職だと思えるか」です。

さらにいえば、「あなたの家族・周りも納得できる転職」「将来を考え選択して良かったといえる転職」であれば、いい転職です。

お金は大切です。

しかし、今の時代仕事以外にも稼ぐことはできる時代です。

あなたのスキル提供が収入を得ることだってありますし、あなたの住んでいる家を貸して宿泊料をもらうことだってできます。

田舎に引っ越し、生活水準を少なくする方法もありますし、あなた以外が働く(例えば嫁さんが働く、お金が働く)ことで世帯の年収はあげることだってできます。

ただやみくもに転職すればハレーションは置きますし、生活設計もできなくなります。

どうかこの記事で年収ダウンへのリスクを今一度考えてみてください。

そして、30代という激動の人生のちょうど脂がのり、だからこそ迷う、悩むあなたがいい転職の決断を出されることを祈っています。

あわせて読みたい
未経験職種はDODAエージェント
未経験職種に30代でも転職できるDODAエージェント5つのメリット 未経験の職種への転職に悩む30代のあなたへ。 この記事ではDODAエージェントで未経験職種へ転職できた実体験をもと...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です