面接対策

【人事部が総括】異業種の面接で30代の転職者が採用をもらう方法

異業種の面接

この記事では現在人事部で30代の異業種希望の転職者を多くしている私が、面接で採用をもらうための方法についてお伝えします。

これまで30代で未経験職種への転職をした私の経験談や、転職先で就いた人事部での面接を経験してきました。

同じように30代で異業種の転職を希望するあなた。

履歴書や職務経歴書で手一杯で、面接となって何も事前に準備なく挑もうとしていませんでしょうか。

もしくは、面接をいくつか経験し、不採用通知に嫌気がさし転職をあきらめかけているかもしれません。

昨今の転職市場は活発で、30代の転職も需要が高まり、数年前とは比べ物にならないほど転職できる環境にあります。

しかし、その「売り手市場」に甘んじて、何の準備もせずに来る面接者が多いというのが人事を経験している私の本音です。

さすがにそんなに甘くないですって、30代異業種や未経験職種の転職は…。

いくら人手不足といっても異業種や未経験職種は若い力を欲していますし、30代はキャリアを活かした同業種転職の方が優勢です。

そこで今回の記事では、

  • 未経験職種・異業種に本気で転職したい
  • キャリアチェンジして新たな仕事に就きたい

そんなあなたを応援するためのまとめ記事となります。

人事部としての経験、そして私の転職経験も含めたリアル体験記事となります。

ぜひ、じっくりとご覧ください。

面接マナーなくして異業種の転職は不可能

転職の中でも特に異業種の転職においては面接マナーを意識しましょう。

人事部の私が即「不採用」にしてしまいたい転職者の特徴は、30代なのに常識的な面接マナーができていない方です。

新卒ならまだわかります、50~60代ならまぁ…

目をつぶろうかなという気持ちにもなりかねませんが、30代に関してはまだ30年は働いてもらう方々です。

面接でのマナーがなっていなければ、社会的、社内的なマナーに対しても懐疑的になってしまっても仕方ありません。

特に社会としても慣れ、立場としても慣れてきている30代は特に注意が必要です。

面接前、面接中、そして面接終わりのいち部分を気を付けるだけで十分印象は変わります。

せっかく通りにい異業種でも面接機会を与えてもらえたチャンスを台無しにしてもはもったいない。

ここでは面接マナーについて詳しくお伝えしていっておりますのでぜひお読みください。

あわせて読みたい
異業種の面接対策
異業種の面接マナー!現人事部の私が即「不採用」にする30代転職者 『異業種挑戦は面接マナーひとつで30代転職者の評価は変わる』 この記事では30代の転職者が思っている以上に大切なマナー...

面接対策で転職を優位に!異業種だから気を付けたいポイント

面接対策は転職活動において非常に重要です。

履歴書や職務経歴書では文字ベースの確認はできますが、面接はあなたの人となりを知りたいと思う面接官と会うチャンスです。

見た目の印象、話してみた感じ、将来性…

そんなことを確認する面接でもありますが、それぞれ、意識できていますか。

面接と分かっていながらもいつもと同じスーツで行ったり、普段と変わらないような話し方になってしまったり。

休みや残業など自分の希望ばかり伝えるだけでは採用には絶対に至りません。

それぞれ注意することで面接を優位に進めることができますし、最低限の面接対策なくては面接機会を与えてもらった会社にも失礼です。

「異業種こそ面接対策を!人事部から30代の転職希望者へ切なるお願い」という記事では、そんな人事側としての意見も入れた面接対策用の記事となります。

明日からでも実践できる内容なのでぜひお読みください。

あわせて読みたい
異業種の面接対策
異業種こそ面接対策を!人事部から30代の転職希望者へ切なるお願い 経験をアピールできない異業種へ転職したい30代こそ、面接対策が最も大切なポイント。 この記事では現在、人事部として面接...

スポンサーリンク

異業種転職だから用意しておきたい面接質問への回答

キャリア採用とは違って面接では何を聞かれるかわからないため、異業種や未経験職種の転職は面接での質問を想定しておかなくてはいけません。

経験がある仕事であれば実績やスキルを伝えることで人事にも伝わります。

しかし、未経験の場合は似たような経験、共通して発揮できるスキルをアピールしなくてはいけません。

伝えようと思ったらあるのに、用意していないために人事に伝わらず不採用になってしまう…。

こんなもったいないことになってしまっていませんでしょうか。

未経験職種でもこれまでの経験のなかで共通して発揮できる経験や面接でアピールできることはもちろんあります。

しかし、準備不足のためぱっといわれた質問に答えることができないだけです。

そんなもったいないことは止め、異業種の転職で用意しておきたい模範回答を考え面接にの挑みましょう。

あなたなりの答えを見つけるための回答と、想定される質問については別の記事にて伝えています。

ぜひ合わせてお読みください。

あわせて読みたい
異業種の面接質問と模範解答
面接不安なあなたは必読!異業種の転職で用意しておきたい模範回答異業種や未経験業界に転職希望の方こそ面接での質問に不安を抱えています。 特に『若さ』だけでは通用しない30代はその場限りの言葉では...

逆質問は企業アピールと企業調査に逆に使いこなす

面接最後の逆質問の問いには必ず答えていきましょう。

何も質問しないのは企業への興味関心がないと思われてしまうという理由もあります。

さらに、逆質問をすることで転職側も「企業をリサーチする」ことができます。

30代の転職は気にするところが多々あります。

周りの既婚率や年代、収入については求人票にも載っていますが、周りの社員の支出具合も非常に気になります。

例えばランチでの外食や飲み会が多い職場になると、収入が多くなっても支出も増えるだけ…

転職で給与アップをした意味がありません。

しかし、そんなこと求人票にも載っていないし、面接で面接側から話すことでもありません。

逆質問では、そんな面接ではあまり聞けないこともタイミングとうまい質問方法でさぐることができます。

「面接の「何か質問はありますか」で必ず聞きたい転職に失敗しないの8つの質問」という記事。

ここでは、私が実際に転職をした際に人事側に質問した実例集になります。

きっと参考になると思うので合わせてお読みください。

あわせて読みたい
転職に失敗しないの8つの質問
面接の「何か質問はありますか」で必ず聞きたい転職に失敗しないの8つの質問20代から数回転職を繰り返してきましたが30代の転職は以前とは違い、結婚して子供がいての転職でしたので当然質問の内容も独身、若い頃とは変...

スポンサーリンク

異業種の転職にはDODAエージェントを利用する

異業種などの転職を考えるなら、DODAエージェントなどの転職エージェントは積極的に取り入れるべきです。

異業種の仕事や未経験の職種については転職サイトもハローワークでも募集はしていますが、なんせ書類選考も面接も狭き門です。

私も事務職に転職をしたという下記記事でも紹介していますが、ハロワの求人票には男性での事務職を未経験でも募集しているところはほぼありませんでした。

あわせて読みたい
事務職に採用されるための転職エージェント
事務職に初採用!30代男性でも活用できる転職エージェント事務職に転職ができた30代男性が語る、転職エージェントの活用方法について詳しく説明しています。未経験の事務に転職希望の方は必見です。...

転職エージェントが良かったところは、客観的に私の強みや優れている部分を教えてくれるところです。

また私の頭の中で凝り固まっていた仕事の幅も視野を広げて提案してもらえ、登録だけでも非常に有益な情報をもらえました。

さらに、応募企業の面接対策についてもバッチリ。

特に時間のない30代の転職希望者については無料で登録できる最強のエージェントです。

「未経験職種に30代でも転職できるDODAエージェント5つのメリット」という記事では、実際に自分がDODAエージェントに登録して良かったメリットについて実践記事として紹介しています。

ぜひ、こちらもお読み下さい。

あわせて読みたい
未経験職種はDODAエージェント
未経験職種に30代でも転職できるDODAエージェント5つのメリット 未経験の職種への転職に悩む30代のあなたへ。 この記事ではDODAエージェントで未経験職種へ転職できた実体験をもと...

まとめ:異業種の面接は対策重視!あとは謙虚さ

いかがでしたでしょうか、面接マナー、面接対策、質問に対する回答準備、エージェント登録。

それぞれ面接に必要なことはたくさんありました。

まとめれば、異業種に挑戦したい30代の転職希望者が本気で転職するなら、「対策」を本気で考え実践することです。

上記でお伝えした対策をすることで面接での印象は何倍にも高くなりますし、マイナス部分はそぎ落とされていきます。

そして、30代の異業種転職者は「謙虚であれ」ということです。

キャリア採用、経験者採用であればやってきたことの自負は大切ですし、自信をもって説明しないと理解してもらえないかもしれません。

反対に未経験職種の応募については、誇張はいけませんが共通のスキルや、自分のこれまでの経験の中で応募している企業に対し、「この部分に発揮できる」ということを面接官に伝えることができます。

そういった積み重ねがあり面接では合格できるのではないでしょうか。

ここでお伝えした面接について、上記のような対策をしっかりとしていきましょう。

それが採用までの最短距離なので、ぜひ焦らずゆっくりと、そして価値のある転職活動になることを祈っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です