クレジットカード

【ポイント投資で現金化】クレカは楽天カード一本化が最強におすすめ

ポイント投資できる楽天カード説明画像

いま持ってるクレジットカードはすべて『楽天カード』に一本化しポイント投資でお金を増やしていく。

どうも、楽天カード愛好家のソラマメです。

主に社会人になってからクレカを利用するようになりはや20年。

いくつかのクレジットカードを利用してきましたが、いまは楽天カードに一本化しています。

 

クレジットカードの魅力の一つにポイントや特典があげられますが、その中でも楽天カードは最強のクレカだと私は確信しています。

そのため、私は普段の買い物、食事代、レジャー、コンビニまでカード支払いできるところはすべて楽天カード払いをしています。

この記事では楽天カードのおすすめポイントをご紹介します。

  • どのクレカにしようか迷っている
  • クレジットカードを一本化したい

そんなあなたにはぜひお読み頂きたい記事となります。

そしてぜひ楽天カードでポイント生活をスタートしてください。

\楽天カードお申込み/

「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

楽天カードがおすすめな理由

楽天カードおすすめ理由説明画像
  • 入会金や年会費が無料
  • 高還元率でポイントが貯まる
  • ポイント投資で現金化できる

結論からいえば、楽天カードがおすすめな理由は圧倒的にポイントを貯めやすいところです。

そして、貯まったポイントを投資に利用し、利益も含め現金化できる独自のサービスがあるところ。

そんな有能なクレジットカードなのに入会金・年会費が無料という点です。

入会金・年会費が無料

クレジットカードには入会金や年会費がかかるカード、かからないカードがあります。

これから新しいクレジットカードを持つ方に入会金や年会費がかかるカードはおすすめしたくありません。

またクレカを一本化するうえで入会金・年会費がかかるカードにするにはもったいないです。

その点楽天カードはどちらも無料のためおすすめです。

高還元率でポイントが貯まりやすい

楽天カードはクレジットカードの中でも高還元率カードといわれています。

楽天カードの還元率は1%。

例えば100円ごとに1ポイントを獲得することができます。

さらに楽天系のサービスを利用するとその還元率がどんどん高くなります。

楽天市場での買い物はもちろん、楽天トラベル、楽天モバイルなど楽天は生活における消費を網羅しています。

それぞれの支払いやサービス利用を楽天カードで支払うことも楽天ポイントをざくざく貯めていくことができます。

同じく高還元率のクレジットカードはありますが、総合的なポイント集約に関しても楽天が最強だと私は確信しています。

その点でも楽天カードをおすすめする理由のひとつになっています。

ポイント投資ができ現金化が可能

楽天カード支払いで貯めたポイントを投資に使うことができるのが、他にはない最大の魅力です。

他のクレジットカードであれば貯めたポイントは商品やサービスと交換することができますが、楽天ポイントで投資信託を購入できるサービスがあります。

(さらに、これまで投資信託の通常注文しかできませんでしたが、NISA口座やつみたてNISA口座で利用が可能になりました)

ポイントで投資ができるということは、金融商品を購入、約定することで現金化することができます。

ポイントでの投資なら投資結果がたとえマイナスでも精神的に余裕を持ち運用にあたれます。

さらにお金を増やせるチャンスも多大にありますので、投資できるポイントを貯めることができる楽天カードは非常におすすめです。

\5,000ポイントキャンペーン中/

楽天カード

貯めたポイントは楽天証券で投資し運用していく

楽天ポイント投資説明画像

楽天ポイントを積立投資した場合のシミュレーション

楽天カードで貯めたポイントだけを投資し、資産運用した場合どのくらい貯めることができるのでしょうか。

例えば、下記画像は楽天証券のサイトを利用した積立シミュレーションになります。

ポイント投資シミュレーション説明画像毎月5万円を楽天カードで利用し500ポイントを貯め、30年間ポイントを積立投資をした場合。

元本180,000ポイント(円)に対して236,139円の利益を得ることができます(年利5%の場合)

もちろん前述したとおり投資なのでマイナスもありえますし、年利が3%の場合もあります。

反対に言えば年利が10%の場合もありますし、月の利用が1,000ポイントの場合もあります。

ポイントでこれだけの資産運用ができ、さらに現金化して将来受け取ることができる楽天ポイント。

貯めない手はありません。

ポイント投資でおすすめな投資信託3選

  1. ひふみプラス
  2. 楽天・バンガード・ファンド(全米株式)
  3. eMAXISバランス(8資産均等型)

ポイントで投資は分かるけど、どの投資信託を購入したら良いか・・・

分からないあなたへおすすめ商品は上記3銘柄です。

どの銘柄も人気があり、実力がある商品です。

eMAXISバランス(8資産均等型)は以前保有していましたが、楽天ポイントでつみたてNISAを利用し、現在はひふみプラスを購入しています。

また、楽天・バンガード・ファンド(全米株式)については、私はイデコ(ideco)で購入し、長期資産運用をしています。

楽天・バンガード・ファンド(全米株式)についておすすめな理由についてはイデコおすすめ商品として別記事で紹介しています。

興味のある方はぜひこちらもご覧下さい。

\あわせて口座開設がオススメ/

楽天証券

スポンサーリンク

最大還元率15倍!楽天市場での購入も楽天カード

楽天SPU説明画像

前述したとおり、楽天カードでは通常100円につき1ポイントという還元率1倍です。

ですが、楽天市場のお買い物を楽天カード利用でした場合、還元率は3倍にアップします。

さらに楽天系のサービス利用により、最大15倍までアップします。

  • 通常の買い物:1倍
  • 楽天カード決済:3倍(通常1倍+2倍)
  • 楽天プレミアムカードor楽天ゴールドカード利用:+2倍
  • 楽天銀行からのカード利用料引落し:+1倍
  • 楽天市場アプリでの買い物分:+1倍
  • 楽天モバイル通話SIM利用:+2倍
  • 楽天TV加入:+1倍
  • 楽天ブランドアベニュー月1回以上の購入:+1倍
  • 楽天BOOK・楽天Kobo利用合計月2,000円以上:+1倍
  • 楽天トラベル対象サービス利用:+1倍
  • 楽天ビューティー月1回1,500円以上利用:+1倍
  • 【NEW】楽天証券で月1回500円以上ポイント投資:+1倍

参考:楽天市場 SPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天カード利用だけでなく、アプリ利用や楽天モバイルなど楽天系のサービスを利用することで楽天市場での還元率がアップする仕組みになっています。

楽天カードを利用する事による買い物のポイントが上がれば、月に貯め投資で運用できるポイントはどんどん増えていきます。

投資できるポイントが増えれば増えるほど、年利によってさらなる資産を形成していくことができます。

その点も踏まえ、楽天カードを一本化させ、楽天市場や楽天系サービス利用は必携です。

\使うほど・買うほどお得/

「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

楽天カード⇒楽天Edyへのチャージでポイントが貯まる

ショッピング利用などで楽天カードが使用できない場合、私は楽天Edyを利用して楽天ポイントを貯めるようにしています。

楽天Edyでの支払う場合、200円ごとに1ポイントが貯まります。

還元率は0.5%ですが、楽天Edyを楽天カードでチャージすると0.5%付与されます。

楽天Edyでの支払いで0.5%ポイントが付与されることにより合計還元率は1%となります。

楽天カードでチャージしたポイントと楽天Edyで支払ったポイントをダブルで受け取ることができるので、楽天Edyを登録しておくと非常に便利です。

楽天Edyが使える店
  • 【コンビニ】
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • 【小売店】
  • アマゾン
  • 楽天市場
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ
  • スギ薬局
  • ブックオフ
  • 紀伊國屋書店
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ

楽天カードでチャージ後、楽天Edyで支払いをするより、楽天カードで支払いをしたほうがお得です。

前述したとおりどちらも1%のポイントがつきますが、端数カットと月の合算金額でポイント加算される分楽天カードで決済した方がお得です。

例)500円利用の場合、楽天Edyでは2ポイント、楽天カードで払うと5ポイントになります

また、499円利用の場合、楽天Edyでは一回分のポイント付与ですが、楽天カードは次の日に1円利用すると月合算で5ポイントつけることができまる。

よって楽天カードで支払った方が多くポイントを獲得できます。

スポンサーリンク

楽天ポイントカード機能利用でさらにポイントを貯める

楽天ポイント加盟店説明画像楽天カードを申し込むとクレジットカードと楽天ポイントカード機能が一体になったクレジットカードが届きます。

この楽天ポイントカードの機能もうまく活用していくことでダブルでポイントを取得していくことができます。

楽天ポイントカードとは、コンビニやガソリンスタンドで楽天ポイントを利用できるというカード、支払時にポイントを貯めることもできるカードです。

楽天ポイントカードは、楽天ポイントカード加盟店で利用することができます。

コンビニでは、デイリーヤマザキ、ガソリンスタンドでは出光、販売店ではビックカメラ、飲食ではミスタードーナツ、マクドナルド、くら寿司などです。

楽天カードのポイント還元率は1%ですが、こういったポイント加盟店でダブルポイントを獲得できます。

楽天ポイントはカード、店舗、時期などを含めてより効率的に貯めることが可能です。

\楽天カードお申込み/

「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

まとめ:楽天カードは複合カードで!賢くお金を増やす

楽天カードおすすめ理由まとめここまで楽天カードの魅力についてお伝えしてきました。

最近の楽天カードは「楽天ポイントカード」と「楽天Edy」機能がついた複合カードが主流となっています。

以前はカードを何枚も持たなくてはいけなかったのが、全部入りのためこれ1枚で充分。

しかも、入会金は無料で年会費も永久無料です。

楽天カード新規入会と利用で5,000ポイント(キャンペーンでは8,000ポイントの場合もあり)もらえます。

支払いに利用した100円が1ポイント。1円にしかならない価値でも積み立てていくことでその金額は大きくなります。

さらに、その1円を資産運用として積み立てていくことで、もっと大きな利益を作る事だって可能です。

そういった面では大変お得な楽天カードの一本化。

私もはじめからクレカをフルに活用できていませんでしたが、利用するたびにポイントへの理解とポイントを増やす術を身に付けました。

そして、そのポイントも合わせ毎月定額を資産運用して利益を出しています。

私は、「お金に働いてもらう」という言葉が好きですが、楽天ポイントを投資で使えることで「ポイントにも働いてもらえる時代」が来たことに驚いています。

そして、それ以上に期待とワクワクが止まりません。

まずは楽天カードを持ち、利用できる場面はとことん使ってみましょう!

\5,000ポイントキャンペーン中/

「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です