面接対策

面接不安なあなたは必読!異業種の転職で用意しておきたい模範回答

異業種の面接質問と模範解答

異業種や未経験業界に転職希望の方こそ面接での質問に不安を抱えています。

特に『若さ』だけでは通用しない30代はその場限りの言葉では採用されません。

だからこそ面接でよくある質問に対しての回答は予め用意しておかなくてはいけません。

私は30代半ばにしてあなたと同じように異業種、未経験の職種の転職に挑み、事務職として新たなキャリアをスタートさせました。

そして、今は人事部、いわゆる採用側としての仕事をしています。

 

今回は実際に私が異業種の転職活動の中で受けた質問をあげました。

そして、人事側として、その質問の意図やこのような回答が評価されるポイントなのかということがわかりました。

せっかくならば、その情報を共有したい。

面接で苦しんでいるあなたや、面接前に不安を抱いているあなたに伝えたい…。

そんな気持ちでこの記事をお伝えしていきます。

最低限、ここの質問への回答があれば自信をもって面接に挑めます。

ぜひ、慌てずにゆっくりと読み、そして自分なりの回答にアレンジしてみながらお読みください。

異業種の転職希望者が面接で見られるポイント

 

  1. 前職との共通スキルが活かせるか
  2. キャリアの計画性があるか
  3. 業界・職種の理解

異業種や未経験の業界に30代で挑戦する場合の面接では、上記のようなポイントが特に見られます。

前職と共通して生かせそうなスキルがあるのか、新しい仕事をしていくうえでちゃんと計画があって面接に来ているか。

その確認のための質問を面接者としては聞きたいところです。

これらの質問に対してまごついたり、不安がったり、支離滅裂だったり…。

そんなことでは採用には至りません。

でも、じゃあどうしたらいいのか…。

ということにも応えるようそれぞれの質問について模範的な回答となるものを用意しました。

自分のケースに落とし込み、イメージしながらお読みください。

異業種への志望動機は前職の経験との関連づける

異業種や未経験の職種を希望する転職者へ最も聞きたいこと。

それは、「嫌で辞めたのでは?」「仕事のことを本当に理解しているのか?」ということです。

「将来性がないから」とか「収入的に尻つぼみだから……」と、正直に答えても採用されません。

というか、そんなことは履歴書見たらぶっちゃけ人事もわかるわけです。

先細りしている業界で働いているな、将来的なポジションが閉鎖される仕事かな。

履歴書に書かれた会社をググれば人事だってわかるはずなので、そんなことは答えたらいけないというより、答えなくてもわかってる。

と言ったほうが正しいのかもしれません。

なので、前職の経験から新しい職種へチャレンジしたい、できるのではと考えたという回答にもっていきます。

半ば強引にでもです。

例えば…

 

前職では学校の職員をしていました。

学校の仕事は教壇に立つだけでなく、新入生を入れるための営業活動や、学校用品の販売などの業務がほとんどを占めるようになってきました。

今一度、「教える」というスキルを高めたいと思い、研修会社である御社へ転職し、人材育成や教育、サポートとして活躍できるのではと思い志望しました。

 

上記回答のように、「教える」という内容を関連づけ研修会社の志望動機にしています。

この内容では関連づけやすい例ですが、まったく関係なさそうな転職でも必ず関連箇所はあります。

じっくり考えてもいいので、この回答は必ず用意しておきましょう。

スポンサーリンク

異業種への転職こそ面接では現実的な将来を伝える

「この仕事に変わったら将来どうなりたいですか?」

この質問に、「精一杯努力します」とだけ答えている30代の転職希望者は受かりません。

異業種や未経験だけにこれまでの経験が通用せず、努力で学ばなくてはいけないことは必須だからです。

伝えたいのは、今回の転職は現状から逃げたいのではなく、将来像を考えているということ。

そのためには仕事の理解が必要なうえ、そこに待っている困難を乗り越える覚悟を面接者へ伝えましょう。

例えば…

将来は人事労務のプロフェッショナルになりたいです。

これまでマネジメント経験を通してチームや組織作りの大切さを学び、今後は働く組織をより良くするためのサポートに努めていきたいです。

社会保険関係や手続き関係などは制度もかわり学びの多い職務なはずです。

経験者ではないのでスピードについていくには知識と実践が必要ですが、早く知識を付け会社に必要な存在になれるよう努力したいと思っております。

 

このように職務内容を少しでも理解しているようなポイントは抑えておくべきです。

そうすることで転職後のミスマッチ(こんなはずではない)といったことはより少ないはず。

面接のためだけでなく、ご自身のためにもよく応募の仕事については調べておくことをおすすめします。

面接で経験のある部署異動の話には逆質問

異業種や未経験の職種を希望した転職の場合、 職種のこだわりが強いため異動が難しいのではと懸念されがちです。

おそらく異業種や未経験の職種に変わりたい求職者と、経験があるポジションで即戦力採用もしたい企業側のせめぎあいな場合もあります。

希望の強さはわかりますが、「基本的にこの業務を強く希望しているので、部署異動は難しいです」では受かりません。

最もサラリーマンたるもの、社内の異動はつきものなのでどこの会社でもその回答では転職はできないでしょう。

こういった質問について。

例えば…

 

マーケティング業務として、販売数を伸ばせるような分析から企画立案を出すことができるようになりたいと思っております。

そのため今回の募集部署を希望しておりますが、異動があるとすると、例えばどういった部署の可能性がありますでしょうか?

 

と逆質問してみましょう。

人事の方が頭に浮かんでいる部署やポジションを詳しく聞くことができるチャンスです。

現に私も転職活動をしていた時の会社で同じような逆質問をしたことがあります。

事務系の職種の応募で面接に行きましたが、これまでの経験も含め営業職の話をされました。

営業の仕事では考えていなかったのですが、詳しく話を聞くと営業というよりかは展示会での自社とクライアントの仲介やイベント企画に近い仕事で興味がわきました。

その時の結果は残念な結果となりましたが、営業と聞くだけで断っていたら幅が広がりませんでした。

なので、ぜひ同様の質問をされたら逆質問してみてください。

スポンサーリンク

30代の面接質問であるマネジメント経験は後輩育成

30代の転職での質問ではスキルや経験のほかにマネジメント能力についての質問をされる可能性が高いです。

マネジメント経験といわれると管理職というイメージが強いかもしれませんが、役職についている方もいればそうでない方もいて答え辛い質問のひとつです。

「マネジメントはありませんが、その立場になったら頑張ります」といっても全く説得力がありません。

その場合は、マネジメントを後輩指導に置き換えて話すと良いです。

例えば…

 

前職では役職意外はほとんど階層のない職場だったので、マネジメントだけという管理職には就いていませんでした。

しかし、後輩の指導や育成には関わってきました。

マニュアルの作成や業務の進捗状況の管理、目標設定アドバイスなどを行い、なんでも相談できる環境にし後輩のモチベーション維持に貢献しました。

また、管理職の職務を近くで見ながら、サポートする役目を経験してきたので、実務としてマネジメントの機会があってもその準備は前職で培ってきたつもりです。

 

といったように、後輩育成を中心に話をすると説得力は出るはずです。

決して後輩は自分より年下でないといけないわけではないです。

むしろ、年齢が上の後輩を指導や育成をしたというエピソードはマネジメント能力をアピールできるチャンスです。

そのあたりを具体的なやってきたことを今一度棚卸ししてみて回答について考えてみましょう!

面接は質問・回答だけでなくマナーも大切

ここまで面接の質問とその模範解答についてお伝えしてきました。

それぞれ自分に置き換えエピソードや回答を考えておくと面接でも自然に回答することができるのでおすすめです。

しかし、面接はどれだけ回答が優れていても面接前や面接後のマナーひとつで大きく採点が変わります。

特に新卒でもない30代には一般的な常識レベルを以外と問われやすい。

特に異業種や未経験の職種でアピールが不足しがちな方にとって、一点もマイナス評価をさけたいところです。

そんな面接マナーについては別記事にてお伝えしています。

特に面接前にはお読みいただき、その場でマイナス評価にならないようにしておきましょう。

あわせて読みたい
異業種の面接対策
異業種の面接マナー!現人事部の私が即「不採用」にする30代転職者 『異業種挑戦は面接マナーひとつで30代転職者の評価は変わる』 この記事では30代の転職者が思っている以上に大切なマナー...

スポンサーリンク

異業種ほど面接対策をしておくことが30代転職者のセオリー

面接での質問回答、面接マナーも頭に入れたら面接対策をしましょう。

身だしなみなどの基本的なことから話し方など普段からのクセなど…。

30代で染みついているものを正して面接に挑む必要があります。

しかし、これがなかなかできていない方が多いのも現実。

ありのままの自分を見てもらえばいいくらいの気持ちで面接に挑まれる方がいますが、絶対にそれでは採用されません。

今一度面接に対しての意識を高め、短時間でもアピールできるように対策をすることをおすすめします。

特に面接で対策してほしい6つのことについて別記事にて紹介しています。

必ず面接前にお読みください。

あわせて読みたい
異業種の面接対策
異業種こそ面接対策を!人事部から30代の転職希望者へ切なるお願い 経験をアピールできない異業種へ転職したい30代こそ、面接対策が最も大切なポイント。 この記事では現在、人事部として面接...

逆質問は転職後の将来計画にも役立つので絶対にする

面接終わりにある「何かご質問などありますか?」という問いには必ず答えます。

自然に考え、30代の異業種の転職で聞きたいことがなければ、そこまで本気の転職を考えていないのではと思います。

どの年代の方が多いのか、お弁当が多いのか、飲み会は多いのか。

求人票に載っていない質問は探せばたくさんあり、そのいくつかをうまく逆質問することで、自分がこの会社で間違いないのか知ることはできます。

逆質問は企業への意欲をアピールするという一面もあります。

しかし、こちらがその企業のリサーチをするために利用するものでもあります。

どんな質問があるかはこちらをご覧ください。

そして、あなたなりの企業リサーチしたい項目について逆質問してみてください。

あわせて読みたい
転職に失敗しないの8つの質問
面接の「何か質問はありますか」で必ず聞きたい転職に失敗しないの8つの質問20代から数回転職を繰り返してきましたが30代の転職は以前とは違い、結婚して子供がいての転職でしたので当然質問の内容も独身、若い頃とは変...

最後に:質問の傾向と対策は転職エージェントのリサーチ力を活用

即戦力となることが求められる30代の転職活動。

異業種や未経験の業界への転職は正直に言えば難しいチャレンジです。

あなたが挑戦する業種や職種を今一度調べ、自らの経験やスキルから強みとなるような部分をうまくアピールする必要があります。

また、チャレンジするうえで何が自分に不足しているのかを分析することも大切です。

でも、なかなか自分だけでは強みや企業の質問への回答を創り上げていくことは難しい…。

そこで利用したいのが、DODAエージェントなどの転職エージェントです。

\無料の転職相談!登録カンタン/

DODAエージェントサービス

キャリアチェンジ希望の場合の質問に関するあなたなりの回答や企業側の想定される質問などなど。

それらを面接前にサポートしてくれます。

職務経験などを客観的に見てもらい、あなたの強みを分析してくれます。

採用担当者からの情報も収集しているので、面接希望の会社のこれまでの質問など傾向を教えてもらいながら、面接対策をしていくことができます。

異なる職種であっても前職の経験が生かせることをアピールし、新しい仕事で必要とするスキルや知識を発揮していきましょう。

本気でキャリアチェンジを考えているあなたにとって、面接が成功することを心より祈っています。

あわせて読みたい
未経験職種はDODAエージェント
未経験職種に30代でも転職できるDODAエージェント5つのメリット 未経験の職種への転職に悩む30代のあなたへ。 この記事ではDODAエージェントで未経験職種へ転職できた実体験をもと...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です