40代の転職

40代にもなって会社に行きたくない理由を同年代のデータを基に考えてみた

40代にもなって会社に行きたくない理由を同年代のデータを基に考えてみた

どうも、40代会社員のソラマメ(@35_restart)です。

現在41歳、この歳にもなって去年くらいから仕事に全く行きたくないです。

行きたくないということは何か理由があるはずで、おそらくこの記事を見ている人も同じことを考えているかと思います。

もし、このぼんやりとした状態で転職しても、同じ壁にぶつかる可能性が高いです。

この記事では、自分がなぜこの年齢にもなって会社に行きたくないのか考えてみました。

40代が会社に行きたくない理由

上司・同僚からのパワハラ、人間関係、残業が多くて体がついていけない…など会社に行きたくない理由はいくつかあります。

私以外の40代はどんな理由で仕事に行きたくない、または転職を考えているのか調べてみたらおもしろい記事を発見しました。

40代の転職理由の上位は人間関係

給与面やコロナ禍で業界見通しの不安は想定していましたが、3位の『尊敬できる人がいない』には私もとても共感を覚えました。

また8位の『人間関係が悪い/うまくいかない』というのも、今の自分に似たところがあります。

同じように、人間関係に悩んでいる同年代も多いのかなと少し安心しました。

40代の転職理由は若い世代と違う

記事を見て面白かったのは、20代~30代の転職理由には人間関係が転職理由にはあまり関係ないというところでした。

確かに私も20代、30代と転職をしていますが人間関係が引き金で転職しようというところまではいきませんでした。

それよりもキャリアアップ、激務による肉体的・精神的苦痛が転職の引き金になりました。

40代は一番人間関係に悩む世代なのかも

中間管理職的ポジションになるから

改めて思ったのですが、40代って一番人間関係に悩まされる世代じゃないでしょうか。

会社でも、中間管理職としての役割も増えます。

この中間管理職って厄介で、自分も心を痛めてたった1年で辞めました。

中間管理職は現場と管理を調整する重要なポジションで、どちら側に寄るかで変わります。

当時の私の場合だと、現場サイドに寄ってしまったので上からのプレッシャーに耐えませんでした。

腹をくくれば問題ないのかも

40代の転職理由にあった『尊敬できる人がいない』というのは、私の職場でいうと昇進や保身しか考えていない管理職がそれに当たります。

そんな人たちを見ると、一緒に仕事をしていくのはちょっとな、と感じます。

ただこれって腹くくったんだと思うんです、この会社が好きでも嫌いでも、ここで生きていくために、お金のためにという頭になる。

腹をくくればメインは上からの評価になるので、上との関係が良好なら他の人間関係は遮断できるか、課長、係長と部下へ丸投げすればOK。

自分はそれができず行き詰ってしまっているのかもしれません。

尊敬される人にならないといけないのかも

同様に40代は、若い世代からすると尊敬される人にならないといけない年代です。

『尊敬できる人がいない』という理由で転職する人は、自らは尊敬される存在なのか。

自分はというと、今の職場では尊敬されないでしょう。

上のその場かぎりの判断で現場への指示が支離滅裂にもなるし、昇格しても豊かな生活ができることを示せていません。

尊敬に値しないでしょう。

現場を改善していく上からの課題と現場との課題で、冷たく厳しくしすぎたのも原因です。

いつの間にか一人ぼっちです…。

スポンサーリンク

【転職理由】40代管理職の場合

話を自分に戻します。

同年代のデータを参考に、もし自分が転職するのであれば、仕事に行きたくない理由を的確かつネガティブになりすぎず話さなければいけないので、掘り下げて作っていきます。

※ちなみに私は管理職を断りましたが、実質管理的ポジションで働いています

会社にいきたくない理由

  1. 人間関係
  2. 尊敬できるが仲間いない
  3. 精神的につらい
  4. 会社の評価方法に不満
  5. 今より評価され頼られる仕事がしたい

私の場合、いま仕事に行くのが嫌だと思う理由がこれ。

思い返してみると、最初は介護系企業の本部採用で新卒採用に携わりました。

2年目になり、新規施設の立ち上げで施設長をサポートする役目として新卒、中途採用や行政への書類作成を行いました。

3年目になり、グループの医療法人へ出向。

当初は退職する人の業務引き継ぎ、引き渡し予定でしたが、管理的立場になりました。

管理となると、業務改善が課題となります。

出向先は誰も管理していない無法地帯でしたので、勤務のルールの徹底や職務を全うしない職員への指導、ハラスメント上司の対応。

モチベーションの高いスタッフが希望する職場環境を作るため、ここまで改善に努めてきました。

しかし、モチベーションの高かったスタッフが退職したことで、孤立状態になってしまい人間関係的に厳しい状況になっています。

また、会社の評価方法が不明瞭な点も気になります。

グループ間の関係上、利益が出しづらい業態のため売上での評価は難しく、利益があっても新規施設の建設に費用が使われるため昇給していけない状況です。

これらの理由から、モチベーションが下がり会社に行きたくないと思っています。

ポジティブな転職理由

このまま会社に行きたくない理由を転職理由にしてしまえば、マイナス印象を与えてしまいます。

要点を絞り、前向きに変換して転職理由にしていきます。

現職では、本部職員として自社およびグループ企業の発展に寄与してきました。特に出向先の医療法人では事務長代理として利益改善やスタッフの意識改革に努めました。このまま管理職としてのキャリアアップも考えましたが、人事評価以上に新規事業に予算をかける会社方針に疑問を感じるようになりました。同じ志を持ち、悩みを共有し合える同僚や先輩も同様の理由で離職したことも、転職したいと思った理由のひとつです。これまでの経験を必要としてもらい、評価してもらえる企業へ転職したいと思っています。

表現がネガティブにならないようにすること、会社や特定の人の悪口にならないことに気をつけました。

この転職理由をベースに、応募企業の募集内容から自分が活かせるスキルや希望を入れて志望動機にしていこうかなと思います。

40代が「会社に行きたくない」から解放されるには

仕事に行きたくない…これを変えるための最善策は『転職』もしくは『今の仕事+副業』です。

転職なら計画的に進める

40代の転職になると、20代~30代と比較すれば募集は少なくなります。

年収を下げてもとければ間口は広がりますが、生活レベルが変えられない状況、例えば家族がいたら無謀なので止めましょう。

先に退職を決めてしまうと、収入減への不安から悪条件の転職でも受け入れないといけなくなるので注意です。

ソラマメ
ソラマメ
私は先に退職を決めてしまい、年収ダウンの転職を受けしてしんどかった経験もしてます

もし、生きるのが辛いほど仕事が辞めたいのであれば、退職ではなくて休職

それから、人生と仕事を考えることをおすすめします。

転職を成功させるには

とはいえ、仕事と転職活動を進めるにはタフでないといけません。

一人の力では限界もあるので、40代の転職は使えるものは使いましょう。

具体的に言えば、人脈と転職エージェントです。

40年も生きれば、友人や仕事関係者から様々な情報を入手できます。

自分から転職を考えてると言えば、紹介してもらえるかもしれません。

前回の転職活動時、私は人脈を使わず友達にも仕事が辛くて転職したいと言えませんでしたが、あれは失敗。

もっと、周りに仕事を紹介してもらえばよかったと反省しています。

それと並行して、40代の転職はエージェントの登録は必須です。

転職先の紹介や転職サポートをしてくれる転職エージェントですが、何より言いづらい給与相談ができるのが嬉しいポイントです。

前職の時は、dodaエージェントサービスを利用して転職しました。

今回はまだ登録していないので、本当に良かったものを随時紹介していきます。

今の仕事をこなして副業

もう一つは、今の仕事を継続しながら副業で稼ぐという方法です。

今の仕事でも感じるのですが、肉体的に厳しいと思ったことは一度もありません。

これまでの経験と知識を組み合わせれば20代や30代の頃よりも、楽に仕事ができています。

それなら半分以下の力で仕事をしながら、他でお金を稼いで好きなことをしてもよいでしょう。

という私も会社の本部職員で、いまの職場は出向。

もし、本当にこの職場が嫌なら本部に戻る選択もできます。

ブログや副業で稼げる時代なので、それはそれでいいかなと思います。

一番は、『嫌いなことで死なない』これが一番だと思うので。

スポンサーリンク

さいごに

40代の転職は本当に迷います。

一度年収ダウンの辛い経験もあってためらう気持ちと、相当エネルギーがないと転職に踏み切れないという気持ちもあります。

仕事と割り切るか。仕事ってやっぱり楽しくて、達成感があって、充実したいと思って転職するか。今でも答えは出ずモヤモヤした気持ち。

個人的には、自分の市場価値も知りたいし転職活動自体はただなので、あるラインを決めて動こうと思っています。

こんなフワっとした40代会社員ですが、コメントなどあらば励みになるのでよかったら応援して下さい。

\ランキング参加中/

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)