仕事

30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人向けな転職エージェント3社レビュー

30代既婚者の幸せは「家庭を省みず働くこと」ではなく、「今しかない子供との時間をどれだけ確保できる働き方をすること」だと気づいてしまった。

この「30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人向けな転職エージェント3社レビュー」というタイトルが気になりお越しくださった方は、

遅くまで仕事をしている=仕事ができるという企業の考え方に疑問を感じたり、子供ができてからの働き方に悩みはじめた方なはず。

私は35歳にして働き方を変えるために「転職」という大きな決断をしました。

この記事では、30代で既婚者・子供がいる方が転職活動を行うにあたり利用してよかったと思える転職エージェント3社のレビュー記事となります。

働く上で本当に大切にしたいものが変わりその思いで転職を経験した私が、同じように悩みをかかえている方に向け不安や迷いの解決になれれば幸いです。

どうも、子供大好き転職ブロガーのソラマメです。

前述の通り、私は35歳で働き方を変え転職しました。

非常に難しい選択で転職するまでには激動の1年間がありましたが、転職したいまではしっかりとした休みがあり、朝や夜も子供かけがえのない時間を過ごすことができています。

私が転職をして働き方を変えることができたのはDODAエージェント、パソナキャリア、リクルートエージェントという3つの転職エージェントにお世話になったからです。

ここでは30代にとって「既婚者・子供がいる世帯主」にとって本当に利用してよかった転職エージェントさんのレビュー記事となりますので、同じ境遇の方はぜひ参考にしてください。

1.30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人向けな転職エージェント

30代既婚者・子供との時間を大切にしたい私が登録した転職エージェント3社と簡単なレビューをまとめました。

1.DODAエージェントサービス:営業、企画、事務系など対応職種が幅広く30代向きな落ち着き安定している地元企業の求人を最も紹介していただいた転職エージェント。

2.転職エージェントのパソナキャリア:DODAエージェント同様の求人を紹介して頂けたが、狙っていた事務職よりも営業職が多かったが地元で着実に成長している企業の求人が多かった。

3.リクルートエージェント:キャリアアドバイザーの対応に不信感はあるが、大手企業や名前の聞いたことのある企業の紹介は多かった。

2.既婚者で子供がいる30代の転職にとって大切なのは「時間」

2-1.子供の成長が見れる今しかない時間

我が家待望の第一子が誕生したのが私が33歳の頃でした。

初めて噛みしめる幸せ。

家族を持ったんだという実感。

産んでくれた嫁さんもそうですがこれほど家族を持つことが幸せなことなんだと日に日に胸が温かくなる感覚がありました。

その幸せな時間と反比例していくように私の仕事に向かう時間は増えました。

膨大に。

半端なく。

そして、私は体を壊しました。

そしてふと家に帰るとそんな私の仕事が辛い姿を見ているのが辛い嫁さんがいて、子供にもまともに向かっている時間すらありませんでした。

時代が進化し写真でも動画でも見れば子供の笑顔を見ることはできます。

でも、その一瞬一瞬を見ることができないのって、やっぱりおかしいのではないか。

そこまで仕事に追われる人生で、あのときに感じた幸せを感じていけることなんてできないのではないか。

そんなことを思ったら一番大切なのは体を壊してまで企業の発展に身をつくす仕事ではなく、いまかない子供や家族との時間だということに気がつきました。

2-2.迫りくる転職限界説までの時間

よく「35歳が転職できる最後の年齢だ」なんて転職限界説とか言われていますが、どれだけ売り手市場といわれていても年齢のことは気になります。

結果として私は35歳で転職できましたが転職するうえで35歳の年齢というのはやはり意識していました。

転職していまは企業の人事にも携わって採用される側から採用する側になって転職を見ると、履歴書を見て真っ先に見るのは年齢です。

年齢が高いからダメというわけではありませんが、いまだ年功序列的思考が強い日本の企業でこれまでのキャリアを捨て新しい仕事に向かう上では条件面など一時的なダウンも否めない可能性があります。

また条件面ではなく環境面でも年下が先輩であったり上司になる可能性もあれば電車によって管理職から平社員に戻る場合もあります。

そういった面で30代というのは新しい環境にとけ込むことができるギリギリの年代だと実感しています。

転職先でもうまく適合できるためには30代が限界だと考えると、この時間はとても大切です。

2-3.家族を守っていく時間(期間)

既婚者で子供をかかえている父親であれば、家族を守るための給与面は転職で意識される方は多いはずです。

子供が成人するまでは。

老後の安定した生活をするには。

こうした家族を養っていくという大きな責任を果たしていかなくてはいけないのですが、その時間が30代だとするとあと30年ほどは働くことになります。

残りの30年という期間をどんなキャリアにしていくかを独りよがりでなく家族のことも考えて決断していく。

こうしてみても30代既婚者で子供がいる場合の転職で大切なのは時間で、私も転職する際に最も意識したことかもしれません。

30代である私は時間についてこだわり今回の転職の軸と考えたうえで、30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人向けな転職エージェント3社をレビューしました。

スポンサーリンク

3.DODAエージェントサービス

転職サイトDODAで求人探し

4-1.DODAエージェントのキャリアカウンセリング

DODAエージェントサービスで担当してくださったのはキャリアアドバイザーのWさんでした。

リクルートエージェントに次いで業界2位で保有求人が多いというイメージだったので、話にくいかな…と不安でしたが自分もリラックスして挑めたキャリアカウンセリングでした。

当日までに準備したもの

  1. 職務経歴書
  2. 転職後の将来像

カウンセリング当日まではDODAの職務経歴書のテンプレートを使って職歴を作っておきました。

また、転職後の将来についてもう一度考えてみることにしましたが上記の通り時間を確保できるという仕事ということは伝えようと決めてカウンセリングに挑みました。

キャリアアドバイザーと話した内容

  1. 現職の不満
  2. 希望職種
  3. 希望年収

現職の不満はただ愚痴にならないように心がけ、残業時間の多さや業界の将来への不安などを話しました。

また今回の転職の軸としている時間についてもキャリアアドバイザーのWさん方も理解をしていただけました。

希望職種は落ち着いて仕事ができるバックオフィス業務という希望をしましたが、今までの営業経験も含め幅広く紹介しますね、ということでカウンセリングは終わりました。

3-2.DODAエージェントサービスの求人紹介

電話での面談後、キャリアアドバイザーのWさんからは定期的にメールで求人紹介を受けました。転職エージェント3社と比較して思った感想は「地味な会社が多い」でした。悪い意味ではなくですよ!

後述しますが、リクルートエージェントなどと比較すると大手企業や名前だけは聞いたことがあるという企業だけでなく、地元を中心に活躍している企業も非常に多く紹介していただきました。

私は転勤NGという条件もあったので地元に根付いた企業を探していたので、その点ではDODAエージェントサービスからの紹介をいただいた企業とマッチしていました。

また、事務職での希望も出していたため他の2社と比べると事務職の仕事の紹介が最も多かったのがDODAエージェントサービスでした。

また、DODAの特長である採用プロジェクト担当という担当企業の採用計画や求める人物像をトータルに理解している担当者さんからは営業職や目にしたことのない業界の求人紹介を頂きました。

経験の浅い事務職での成約が難しいかもしれないリスクもありながら私の希望を組んで紹介していただけたのかなという感謝の気持ちもあり、紹介していただいた企業のうちいくつかの企業を受けさせていただきました。

3-3.最終的な判断

紹介いただいた企業のうち1社から内定を頂きましたので、DODAエージェントサービスで決めることになりました。

転職時の給与は一旦は下がる形にはなりましたが、年間休日も増えましたし残業については月平均20時間以内となり、これまでの最高で90時間あった残業からすれば70時間も減りました。

職種は希望していた事務系の仕事になりましたが、営業での経験も考慮していただき外勤作業もありながらバックオフィスで働くというスタイルで転職することになりました。

4.パソナキャリア

パソナキャリア

4-1.パソナキャリアのキャリアカウンセリング

電話でのキャリアカウンセリングを担当してくださった転職エージェントのパソナキャリアのDさんは、はとても感じのよい口調の方で面談は非常スムーズに進みました。

私の今回転職で叶えたい「時間」という軸についても親身になって聞いていただき下さり、転職活動をしていく上でアドバイスももらえました。

ただDさんからは「これまで営業経験が多いので紹介できる求人は営業職中心の紹介になる可能性が高いです」と言われてしまいました。

私の中では営業職:事務職が半々くらいで紹介してもらえるかなという印象を持ちながら紹介を待ちました。

4-2.パソナキャリアの求人紹介

メールで10社くらい頂きましたが営業職:事務職が10:0でした。

紹介していただいた会社は社名こそ有名ではありませんが、地元でしっかりと安定成長を続けている会社で好感は持てましたが、職務はやっぱり「営業」。

新規開拓の仕事もルート営業もどちらもありましたが、営業自体の仕事に戻るのは少し抵抗もありました。

その中で数社気になるところをピックアップしつつ、担当者のDさんには営業以外の仕事も送ってほしいという打診をさせていただきました。

4-3.最終的な判断

それ以降もいくつか求人を送っていただきましたがやはり営業色の強い会社が多かったので、自分としては事務職の仕事を探したいという意向のもと、DODAエージェントサービス決めることにしました。

営業としての面接も受けたのですが、私が営業がしたくないのがバレてしまったのもあり内定はもらうことができませんでした。

その後も引き続き求人を送っていただきましたが魅力的に感じる企業が現れなかったので最終的にはお断りの連絡を入れさせていただきました。

スポンサーリンク

5.リクルートエージェント

リクルートエージェント

5-1.リクルートエージェントのキャリアカウンセリング

私の中で最も期待していたのはネームバリューでも実績でもNo.1というイメージのリクルートエージェントでした。

が!!!

あくまで私の場合ですが非常に期待はずれな結果となってしまいました。

たまたま私が当たったキャリアアドバイザーの方(お名前はもう忘れました)スキルが関係しているからかもしれませんがそのカウンセリング対応にかなり不信感を覚えました。

パソナのときと同様に今回の転職の軸は「時間」であり、できればそれがかなう事務系の仕事を探しているという条件を伝えたところ…。

「20代ならともかく30代で経験の浅い職種への挑戦は無理じゃないですか?」

と他2社とは違い全くこちらの意向を組んでもらえていないような雰囲気があり、その時点で不信感を抱いてしまいまた。

とりあえず条件は伝え、それからはメールで案件をもらうという段取りをとりつけ求人をもらいました。

5-2.リクルートエージェントの求人紹介

実際にエージェントから送られてきた案件は聞いたことのある企業が多かったのですが反対に離職率が高そう、もしくは高くて有名な企業も入っていました。

もちろん人を欲している会社がリクルートエージェントを利用するので最大手の企業だけあるので人の入れ替わりが激しい職場や休職者が多い会社はリクルートエージェント登録は必ずしています。

となれば登録者である私たちにももちろん紹介が来ると思うと納得です。

反対にいえば、人の入れ替わりが激しい職場や休職者が多い職場は早く出世していきますいので、ストレス耐性の強い方や上昇志向の強い方には向いています。

その点ではリクルートエージェントには「強い企業」の紹介が多かったなという印象が強いです。

5-3.最終的な判断

断りました。

だって、私が希望している時間を大切にしたいという軸があまりにも反映されていない紹介でしたので…。

求人を紹介されてからの担当者からの連絡も3社の中では最も多かったのでせかされているような感じもしましたし、早々にお断りを入れさせていただきました。

6.30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人にはDODAエージェントがオススメ

以上を踏まえて30代の既婚者で子供との時間を大切にしたい方にとって有益な転職エージェントはDODAエージェントサービスでした。

これは私の経歴だから、キャリアだったからこの結果になったのかもしれませんが、上記のように求人案件でマッチしてくれたエージェントだったということは転職エージェントを選ぶ際には非常に重要な項目ではないでしょうか。

担当者のスキルはもちろんあるかとおもいますが、DODAエージェントは他社よりも落ち着いている感じも強く30代にとってオススメできるエージェントだと私は感じました。

スポンサーリンク

7.まとめ

この記事では30代の既婚者で子供との時間を大切にしたい人向けな方の転職をサポートしてくれる転職エージェントをご紹介しました。

私の場合は最終的DODAエージェントサービスお世話になることに決めましたがその理由は「自分の軸にしていた条件とマッチングしていたから」です。

今回の記事ではDODAエージェントサービス最もオススメさせていただいておりますが、人によってはパソナやリクルートキャリアがよい場合もあります。

例えばリクルートエージェントであれば聞いたことがある大手企業もあったので倒産のリスクは少ないはずです。

また成長著しい企業の案件もあるので転職後はバリバリキャリアアップを目指して働いていきたいと思っている方には合っています。

ビズリーチのようにエグゼクティブ求人を扱っている転職エージェントを利用すればいまの年収を大幅にアップすることも可能で、転職して家族を養うためにとにかく年収を増やしたいという方には合っています。

私は「時間」を大切にしたいという転職理由の軸を元にDODAエージェントサービス紹介頂いた企業への転職をしたので、まずは転職理由に一貫性をよつことが大切です。

私の転職活動の軸は「時間」だったので、同じく30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人向けな転職エージェントDODAエージェントサービス利用してみてください。