働き方

半年で転職は30代でもできる!転職後6ヶ月のストレスを解放する方法

半年で転職は30代でもできる!転職後6ヶ月のストレスを解放する方法

当記事は30代でも半年で転職できるか?という疑問について解説します。

私は35歳で転職した経験がありますが、仕事が変わって6ヶ月間が最もストレスを感じる時期でした。

心機一転頑張ろうと思って転職したのに、転職して悩むなんて思ってもみませんでした。

転職して6ヶ月、ストレスがピークになったところで転職は考えるべきか。

結論を言えば、半年で転職はできるけどよく考えるべき時期といえます。

ここでは転職後でも転職したほうが良い人や、ストレスを軽減しながら考えるべき人についてお伝えします。

おすすめ読者
  • 30代転職したのに仕事辞めたい
  • 半年間仕事に悩んでいる

半年で転職は30代でもできる

30代でも、転職してから半年でまた転職することは可能です。

それには以下の条件があるとないのでは、転職しやすさに違いがあります。

転職しても良い条件
  1. 条件が違う
  2. 将来が不安
  3. イメージしていた仕事と全然違う
  4. 労働環境が悪い
  5. 人間関係が悪い

例えば転職前に提示された条件と全く違った場合、その仕事を半年間で見切ることも重要です。

将来面でも同様で、自分が倒れる前に会社が潰れてしまってからでは遅いので転職を検討していきましょう。

特に最近は新型コロナウイルスの影響で、会社の経営状態が激変してしまったというケースもあります。

半年でも数ヶ月でも、転職を考えないと自分が食べていけなくなる可能性もあります。

これ以降の条件に関しては、すぐ転職するかちょっと冷静になって考えてみましょう。

例えば、働き始めた後でイメージしていた仕事と違った場合や、労働環境が悪いと言った場合です。

やりたい仕事とのイメージが違い、やりがいがわからず不安な気持ちのまま過ごしているかもしれません。

労働環境についても同じです。

自分がこれまで当たり前だと思っていた環境から、その会社の環境に馴染むのには時間を要することもあります。

人間関係も、30代になると即戦力に見られがちで、はじめのうちはお互いが謙遜しあっている期間かもしれません。

まずは自分がどの条件なのかを見極め、半年で転職しても良いか判断していきましょう。

こんな30代は半年で転職は危険

30代が半年で転職はできなくはない30代が半年で転職はできなくはない

転職してから半年以内に仕事を変えたい…

そう思っても、辞めたい理由が不明確だと30代では100%望みがかなう転職は難しいです。

この半年という期間での転職は、面接官の印象が悪くしてしまう可能性があるからです。

面接の答え方次第では、相手の受け取り方は非常に悪く全く仕事が決まらないなんてこともあります。

辞め癖が付いているのでは?と思われることもあります。

短期間でまた転職することで、なぜ今の会社を辞めるのかか、しっかりと答えられないといけません。

この2つに共通するのは、転職する明確な理由がしっかりとあるかです。

例えば、入社時と契約に大きな違反があった場合、最大限に主張していい理由です。

人間関係でどうしても仕事に支障をきたすのであれば、それをしっかりと面接相手に伝えなければいけません。

そのためには、なぜ転職したかという点を振り返ることが大切です。

その転職目的と大きな違いがあれば、面接でも自分なりにしっかり話ができるはずで評価もされるでしょう。

反対に、目的なく転職はできるかもしれませんが、またどこかでつまづき転職を考えてしまいます。

その時こそ、本当に転職はできなくなってしまうので、注意してください。

スポンサーリンク

転職後に半年間で感じたストレス

実際に30代で転職し、この半年間で感じたストレスについてお伝えします。

いま振り返ってみると、仕事のイメージが違っていたのと人間関係に強くストレスを感じました。

仕事のやり方が違う

上司を尊敬できない

転職6ヶ月も経過すれば、ランチや飲み会などで先輩との会話が増えます。

ほとんどは仕事の話ですが、やはり大半は仕事や周りへの愚痴でした。

せっかくフラットな気持ちで入社したのに、あの人はこうだ、この人はああだ。

上司に対する不平不満を先輩から言われると、誰についていきたいのかわからなくなります。

それぞれの仕事のやり方が自分とは違い、イメージしていた自分のやりたかったことに疑問しか持てなくなった時期がこの頃。

ストレスで、本当に自分がここでやっていけるのか不安でした。

人間関係

人間関係への不満

半年も経過すれば、仕事の流れがわかります。

会社の作業効率の悪さが目につき、次第に自分がやってきた効率のいい方法について、意見を言いたくなります。

そこで問題になったのが人間関係です。

新しいものを取り入れていきたい企業もありますが、そこはそこで「いい!」と思ってやってきた仕事です。

なかなか自分の思ったようなことを、取り入れてもらうことも難しいはずです。

さらに半年も経過すれば、この人はこんな感じの人だということもある程度はわかります。

30代で仕事を経験してきているからこそ、信頼関係がない中で意見をつっぱねることも難しいです。

だからこそ、転職後6ヶ月が経つと思い通りにいかない人間関係について頭を抱えました。

転職後6ヶ月間で実践したストレス解消法

転職後6ヶ月の期間でストレス解消できて良かったこと。

それは、過去を振り返りむしゃらに結果を出すことでした。

前職の同僚・部下と会う

転職後に前職の部下と飲み会

転職してすぐに、前職の同僚や部下と飲みに行くのはおすすめしません。

やっぱり転職しなければ良かったと、後悔の気持ちが芽生えるかもしれないからです。

半年ほど経過しているのであればストレス発散になりました。

ソラマメ
ソラマメ
むしろ、積極的に行くべきです

いまの仕事の楽しさも語れるでしょうし、前職の仕事の話を聞くこともできます。

前の仕事の同僚から話を聞き、まだそんなことで愚痴いってるの?と思えることもありました。

それで自分が新しい環境でやれていることが分かり、転職して良かったなと思えました。

前の仕事に何年いたかはそれぞれですが、転職した会社よりは気の知れた人はいるはずです。

客観的に変わってよかったと思える機会なので、誘われたら会ってみましょう。

自分の価値をチェックする

自分の市場価値を判断してくれる【ミイダス】というアプリもあります。

スマホで簡単にあなたの価値を提示してくれるので、自信回復に効果ありです。

自信を回復し今の仕事を続けるも良し。

好条件なら話を聞いてみるも良いでしょう。

\無料登録はこちら/

転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ
転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ
無料
posted withアプリーチ

結果を出す

転職後は仕事で結果出す

結局は仕事で抱えているストレスは仕事で取り返すしかないので、すべこべ言わず結果を出しちゃいましょう。

転職組に有利なのは、別の仕事のやり方を知っていること、そしてこれまでの経験です。

工夫が認められれば、ちょっとしたきっかけで頼りにされるようになります。

仕事の効率が悪いのもとりあえず仕事で結果を出し信頼されれば、仕事の仕組みを変えていけます。

何よりも30代の転職は、任されたことへの結果次第で自分の居場所が決められます。

小さいことでも大きいことでも、同僚や上司が納得してくれる結果を出す。

それだけで、次からは意見が言いやすくなりました。

半年も経てば、誰に聞いたら仕事が進みやすいかも分かるので、すぐに結果はついてくるでしょう。

スポンサーリンク

転職エージェントに相談

ストレス解消に努め、それでも半年経って仕事が変わりたいと思えば、転職エージェントを頼りましょう。

短期間で仕事を辞めたいと思っている状況をヒアリングし、それに適したキャリアをサポートしてくれます。

エージェントのスタッフは、30代の転職事例をたくさん持っている人が多数です。

今苦しんでいる状況に寄り添ってくれた提案をしてもらえることもあります。

また、転職エージェントはほとんどが無料で使えるサービスです。

まずは自分の辛い状況も、対応してくれるか聞くだけでもお金がかかりません。

今の職場では叶えられないやりがいを見つける転職について、相談するだけでも価値があります。

疑問や質問だけでも無料なので、お気軽にご相談下さい。

辞めたい理由が曖昧でも、エージェントとの面談で明確になる場合もあります。

具体的な理由を面談で話ができれば、そのヒアリング内容を元に求人を紹介してくれます。

面接で緊張して思ったことを伝えられない人にも良いサービスです。

\面談で早期転職活動も可能/

DODAエージェント

さいごに

30代転職したら頑張る

「若い時の苦労は買ってでもしろ」

ということわざがあります。

仕事で例えると、20代の苦労は自分を鍛え、その経験を30代以降で使っていけ的な意味かな、と。

最近はそんな風に、言葉を理解するようになりました。

20代の頃より他人より少しだけ苦労を経験したことが知識やスキル、引き出しあると言われることが多いです。

きっと、30代では経験できないことがほとんどです。

むしろ20代のうちに経験して良かったこともあり、今から経験しろといわれても体が追い付かないもあります。

苦しみましたが、これまでやってきたことが間違いではありません。

反対に若い頃に苦労をしていなければ、転職しても辛さは残ります。

これまでのキャリアを見直し転職したあとに、半年も経過すればある程度は自分の居場所がわかります。

あまり無理せず自分らしさを出しましょう。

必ず自分が安心できるようなポジションにつけます。

転職して半年経過して少し躓いている方が、少しでも心が落ち着いてもらえれば幸いです。

\ランキング参加中/

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

関連記事