働き方

転職3ヶ月だけどもうムリ!後悔するほど会社辞めたいストレスと解消法

転職3ヶ月後の後悔とストレス

転職して3ヶ月が経過しましたがストレスが半端なく後悔しています。

転職した当初の希望に満ちあふれた気持ちから3ヶ月が経過して希望から後悔という気持ちになっている今日この頃。

この転職は正しかったのか、仕事を続けていくことができるのか、といった後悔からストレスや不安を毎日強く感じていますが、これって転職後に誰にもが感じることなのでしょうか。

そこで今回は30代の転職後に抱える後悔やストレスについてまとめました。

私のように転職後の後悔やストレスを感じている方はぜひお読みいただき、またこれから転職を検討されている方はぜひ私の実体験をご覧いただき転職後をよくイメージしてください。

転職3ヶ月目の後悔!体がついていけない

転職を後悔体ついていかない転職3ヶ月目になると緊張感からくるストレスから疲れがたまり体が悲鳴をあげました。

「35歳・前管理職が管理職じゃない転職をして2ヶ月目にリアルに思うこと」でも書きましたが、私は小さな不安と大きな希望を持って転職しました。

前職での待遇、労働環境、人間関係といった悩みに別れを告「リスタート」を望んだ転職。

現実は甘くありませんでした。

労働環境でいえば転職前は平均70時間ほどあった残業時間が20時間以内に改善し自分の時間や家族と取れる時間は増えたにも関わらずら体は休まらない。

不思議です。

仕事量も少なくなったのに体がだるいので自分の心体に異常があるんじゃないかと不安になったのですが実はそうではありませんでした。

転職して通勤時間が長くなり後悔

まず通勤時間の増加に苦しみました。

確かに残業時間は減りましたが通勤にかかる時間はいまの会社になって増えました。

前の会社は駅から5分以内で行くことができさらに地下を通っていくことができたので暑さや寒さがなく通勤ができましたが、今は駅から徒歩15分、しかも今の時期は炎天下の中の出勤になるので会社に到着しただけで汗だくです。

しかも徒歩距離としても大幅にアップしたのでそりゃ体力的にもしんどく、通勤時間のストレスを感じ転職を後悔していました。

いまは運動だと割り切って通勤を楽しみつつ、通勤時間中にはブログやメルカリなど通勤時の苦痛を変えるべく自分でも楽しめるものを見つけることも出来ました。

あわせて読みたい
誰でもブログが簡単に書けるツイッター活用術まとめ35歳にしてツイッターデビューを果たした社会人即戦力ルーキー、ソラマメです。 以前からちょこちょこと書いてる大人のツイッターブログ...
あわせて読みたい
まだメルカリで消耗してるの
まだメルカリで消耗してるの?時間をかけずサクサク売り切る販売術 この記事ではフリマアプリ『メルカリ』で時間を消耗させないテクニックをお伝えします。 いまや知らない人はいないフリマアプ...

出勤時間の暗黙のルールに転職を後悔

通勤時間だけではなく出勤する時間も早くなったのも原因のひとつです。

勤務時間は以前と変わらず9時~18時までなのですが役員をはじめほとんどが30分前くらいに出勤し、フロアの掃除をしたり身の回りの支度をしたりする時間に費やしています。

いくら転職とはいえ新入社員なので就業時間前少し早く来ればいいかなと軽く考えていましたが、専務クラスなども8時半には会社にいてパソコンに向かってますから。

そりゃ体が休まりませんよ。

重役が早くから来ることもパワハラですよ、ほんと。

そんなこともあってそんな就業時間や通勤時間なだけに体がついていけてないのが転職後の後悔であったりストレス原因のひとつです。

通勤時間については体が慣れてくれば問題ありませんし、体力もつくので前向きに捉えていっています。

就業開始時間についても、まぁ自分はこんな出勤時間だと、何が悪いか、と言わんばかりに私は朝はこの時間しかこれませんアピールができれば問題ないと割りきることにしました。

だって就業時間は9時からなんですから30分前に来ないことを咎められる権利はどこにもない、臆することはない!

さすがにギリギリはモラルに反しているという価値観のもと、ストレスを感じてはいけないと15分くらい前に出勤しています。

仕事を辞めたいと感じてしまう心の疲労原因

転職を後悔するほど心痛める転職後3ヶ月で体がついていけないストレスから転職を後悔することもありますが、心からくるストレスも原因で疲れも溜まってきます。

それは転職前には考えることすらなかったものまで考えると結構な量になります。

20代の時の転職はまだ『ダメならまた転職すればいいか』という楽観さがありましたが、30代になると『もう後戻りができない』という気持ちになります。

あとがないと考えてしまうとミスができない。

即戦力で入社したからその分期待に応えなくてはいけない。

そんなプレッシャーもあってかその不安や不満は日々溜まっていくんです。

ようやく会社に慣れてきたからこそ心が疲れ転職を後悔してしまう原因は以下のものがありました。

スポンサーリンク

こんなことまで?!社風が自分とは合わず転職を後悔

以前の会社は規模がそこまで大きくない企業だったのですが今回の会社は社員1200名以上の会社で、

  • 会議はどんなに暑くてもスーツ着用
  • 1万円越える金額なら稟議書

といった細かなルールがあります。

前職では管理職まで経験したこので以前の自分ならこんな物事一言で済ませていたな、とか、こんな金額ならパッと動かせたのにな、とか、自分の思うように進めたいことも社風に沿わないといけないのでもどかしさを感じます。

また転職先の会社は前職よりも家族経営感が強く二代目が相当なクセ者で、私は入社早々目をつけられ別の上司から注意をされました。

別になにもしていないのにっ!!!

理由はとある小さな仕事のやり方が気に入らなかったようで、どんな仕事でも二代目には報連相が必要だったとのことで自分がそれを飛ばしたからということで注意をされてしまいました。

そんな小さな仕事にいちいち文句いうなよ、と愚痴りたくもなりますが、それほどトップの力が強い会社に入社してしまい、そんな社風の会社は初めてだったので会社の考え方や仕事の進め方にこれまで一度も悩んだことがなかったです。

まさか転職で社風が合わないと感じるなんて想像もしていませんでしたので、マジ苦痛ですが、転職したばかりの方の中にはその会社ならではの社風やルールに転職者からしたら違和感を感じることは多いでしょう。

ましてや30代にもなれば仕事のスタンスは確立しつつあるので、これは明らかにストレス感じます。

転職後に人間関係がうまくいかず後悔

転職を後悔しない人間関係人間関係にはこれまでさほど悩んだことがなかったのですが、この年齢で転職をすると今までに想像していなかった関係に悩まされますが、その一つが自分の先輩が自分よりも年齢が下の場合があるということです。

私が転職した会社の直属の先輩も2コ下の年齢の方です。

私が年上であることも理解してもらって気を遣ってもらえることも多いのですが、飲み会や冗談を言っているときに言葉が横柄になるときがあり、そういうときに、「ん?」と反応してしまう自分がいます。

まぁ~心が小さいんですかね。。。

もちろん仕事もできる方ですし、色々と教えてくれるのでとても信頼できる先輩なのですが自分が去年までいた管理職というポジションから考えると指示する側から指示される側になってしまったこともありますし、指示される人が年下となるとどこか心が萎えます。

だ~か~ら~管理職なんてやるんじゃなかったんですよ。

変なプライドってわかっていてもどこかそんなプライドないとやっていけないし、そんな小さな人間関係にストレス抱えている転職者は多いです。

また中途採用となると新卒以上に早期に成果を求められ、例えば私の場合だと会社の本部所属になったので、トップの無理難題を現場の施設長に確認し進めなくてはいけません。

お互いに信頼が得られていればある程度の無理難題にも対応してくれますが、さすがに入って3ヶ月では信頼関係もクソもありません。

私の思ったように物事が進まず現場になればなっていくほど現場からの冷たい目はあるもので、本部なんて現場知らない奴がそんなこと言って!

と明らかにギャップを感じることに苦痛を覚えます。

スポンサーリンク

仕事の飲み込みが遅く感じるストレス

年齢のせい?それとも経験したことないことへのアレルギーなのかわかりませんが、30代での転職では以前より仕事の理解度が落ちているように感じ、自分自身もストレスを感じるようになりました。

私の場合半分は経験が活かせ、半分は未経験の仕事への転職のため、仕事の理解に時間がかかる業務も多全くわからず飛び込んだので何がなんだかワケワカメちゃんです。

だいたい興味のある分野でもないし、どれも一緒でしょと思っていたから頭に全く入えらず、ようやく少しずつ学んでいけている感じはつかみつつありますが、業界の人ってとにかく用語で責めてくるから耳を塞ぎたくなります。

だからこそ、自分が仕事ができるのかなと不安になるんです。

前職では積み重なって仕事を理解し周りからも頼られたり指導する立場にいました。

それがまったく違う分野に行くだけで新卒クラスの使えなさに自分自身で感じてしまいストレス原因となり疲れがたまっていきます。

転職して3ヶ月経過するとやんわりミスを怒られはじめる

入社しはじめの頃優しかった上司も3ヶ月経過すると徐々に仕事を振ってくるようになりますが、私の会社の場合、基本上司が何を言っているかわかりません(笑)

せっかちな部分もあって物事を整理しないまま発してしまうタイプのようで、理解するのに少し時間がかかります。

そして「お願いね」と言われて数日経過したころ急に「あれはできたかな?」と確認されます。

当然周りを調整しないといけないような案件もあるのですぐには難しいのですが、「それではダメだよ」というのを遠回しに言われるようになりました。

中途採用には気を遣ってもらっているのかもしれませんがやんわりと、

「君の仕事のやり方ではダメだよ~」「うちの会社のやり方にしないとあかんよ~」

と言われているようにやさ~しく怒られはじめました。

いやいや、それならガツっと言われた方がいいですけど…。

そんな上司とのやりとりにもストレスを感じるようになりました。

誰でも怒られるのは好きではないですがどの年になっても新しい組織に入ったら怒られることは必ずあります。

これは避けられないでしょうが苦しいです。

スポンサーリンク

徐々に残業が増えはじめストレス

転職を後悔しない残業時間

転職してからの残業時間は1ヶ月目は8時間、2ヶ月目こそ2時間で楽勝でしたが、3ヶ月目になり17時間と徐々に増えつつあります。

2ヶ月目の終わり頃から仕事を割り振りされるようになったので、その作業を終わらせるのに時間がかかるようになってきました。

以前の仕事は月に80~90時間だったので、その残業時間と比べると残業時間は1/4程度で楽ですが、はじめての仕事も多く体の疲れと気を遣うことの心の疲れで疲労困憊です。

疲労感だけでは前職と同じくらいの感覚なので、残業も時間数だけでは計れないということを転職して学びました。

こんな疲れがとれないのに、これから残業が増えてきたらどうしようかと考えるとさらにストレスを感じますます。

新しい仕事に慣れなくてはいけない不安と成功させなくてはいけないプレッシャー、それに比例し残業も増えるので今から気が重たくなりました。

仕事向いてないと転職したことを後悔しはじめる

これだけストレスを感じるので結果、「この仕事向いてないんじゃないかなぁ」とネガティブに考え転職したことを後悔しはじめています。

転職するまでは社風のことなんか頭になかったし自分にプライドがあったことにも気がつきました。

想像できていたのは通勤距離くらいで通勤で疲れるとは想定外でしたが、転職後ストレスを感じたり転職を後悔するようなことがあるなんて全くイメージできていませんでした。

楽観的に考えすぎましたね、嫌な仕事からおさらばして今までの雰囲気の中で新しい希望のもてる仕事ができるんだ~。

と、どこか甘くみていたものがここまでしんどいなんて仕事選び間違っていたのではないかと感じてしまう時さえあります。

もう転職前の気持ちとは想像もしていなかった3ヶ月ですから余計に自己嫌悪感に襲われ、「このままでいいのだろうか」と毎日悶々としながら布団に入って思います。

いっそ「明日が来なければいいのに…」と。

それくらいしんどい思いでもう投げ出したいですよ、まじで。

転職後すぐ辞めたい人が実践すべき解消法とは

私のように転職後すぐ辞めたいと感じている人は、転職した理由を思い出し転職後の仕事がどの位叶っているか確認してみるべきです。

私はこれで転職の後悔の気持ちを消すことができました。

私の場合仕事を辞めたいと思ったのは、

  1. 将来へのプレッシャー
  2. 残業時間など仕事の拘束時間
  3. 全国転勤有の会社
  4. 将来の収入などお金

という理由だったので、今一度転職前後を振り返り比較してみることにしました。

将来へのプレッシャー

前職では社長からのプレッシャーが半端なく、それは、仕事を辞める決意は家族との時間!私が30代で転職をした理由でも記事にしましたが、管理職に昇進してから特に感じるようになりました。

いくつかある支社の中で私が任せられた支社頼みの事業を展開していたので私の担当支社の調子が悪くなれば会社が傾くほどの大きな事業を任されていました。

そして、私の努力不足もあって私の管理した事業所の売上を落としてしまいました。

その辺りから次年度に対するプレッシャーに耐えることができなくなってしまい、家族ともろくに話すこともできずに社内にいても家にいても24時間仕事のことが頭から離れなくなりました。

ついには体調にも変化が出てしまい、体も心もボロボロに。。。

そんな辛い時期を考えると転職したいまプレッシャーもなくノビノビと働けているのはありがたいことです。

とはいえ現職でも徐々にプレッシャーのかかる仕事が増えていきますが、今回は1200名以上のスタッフがいるので多くの仲間と乗り越えることができそうです。

以前の少数精鋭というただの人不足の負け惜しみからすれば今は大きな組織になったので、手分けして仕事ができる点では転職して心強いと感じました。

会社の拘束時間・残業について

拘束時間や残業の点では転職して本当に良かったです。

時間に関しては前述しましたが以前の会社は平均でも残業が80~90時間ほどあり、多いときで100時間は越えており、体を壊す寸前でした。

今は多くても20時間。

まだ慣れていない分疲れはありますが気持ちが慣れてくれば心休まる時間ができるはずで、時間ができて一番嬉しいのは子供との時間を大いに取れるということです。

転職して何より嬉しいのは家に帰っても子供が起きていることで、以前は会社から帰っていたら100%寝ており嫁さんだってほぼ寝てました。

だからコミュニケーション取れるのは朝くらいで、それでも忙しいから嫁さんともろくに話もできなかったです。

最近嫁さんから、「夜ご飯のときに話せることが増えて嬉しい」といわれるようになりました。

私も嫁さんとのゆっくりとした時間を取れてよかったなと実感しています。

何より早く帰れたときに玄関まで「とーちゃんおかえりー」と走って迎えに来てくれる子供の姿を見ることができただけでも本当に転職して良かったです。

それにこうしてブログを書く時間ができたのも新しい収入を作ることができたのも転職したおかげで、仕事だけにとらわれない時間を手にできたことはとても大きなことです。

全国転勤について

私は地元大好きなので転勤のない今の会社に入って生活が安定できたことはとても大きな安心感を持てました。

前職で転勤になってしまったら地元に戻ってくることはないので、家も学校も落ち着く暇がない。

我が家は以前家計簿のブログでもお伝えしていますが私の親と二世帯住宅にして同居をしており、住宅費と水光熱費で月40,000円という破格で住んでいます。

これが転勤になれば家賃+水光熱費がかかるのですが前職では会社都合の転勤なのに、住宅費用がすべて会社持ちではなく半分だったので、転勤すると収入は上がっても支出は必ず下がります。

なんのために転勤するのか。

子供のことを考えるといつ転勤になるか不安をかけたくなかったので単身で行くことも考えたのですが、嫁さんは否定的でした。

そのことを考えたら「転勤って意味あるの?」と思うようになりました。

一方、今の会社は転勤はありません。

あっても愛知県内がほぼ確定なので転勤の不安はなくなったので、これで二世帯ではありますがリフォームのことなど将来を考えれるようになりました。

転職なしになったことで私生活の決断ができるようになったからこそ転勤不安のストレスは全くなくなりました。

給与や賞与(将来のお金について)

私が唯一前職と比較して物足りないのがお金。

前職は管理職手当がついていたので、去年の年収と比較し80万円年収が下がりました。

そうであれば同等もらえる会社に転職すればよかったのですが私の場合その年収を求めていくとなると必ず営業職になります。

私は営業嫌いではないのですが必ずどこかでまた壁にぶつかると思い、営業ではない事務職を選択しそのぶん年収ダウンを受け入れました。

ただ、面接では3~5年後にはこれまでもらっていた金額になっていくから、と約束をしてもらっています。

それを頼りに頑張るしかありません。

今は苦しいですが数年後に去年ほどの年収になれば、プレッシャーはない、残業もないうえに収入が同等になれば文句なしです。

また、今回の会社は残業代がちゃんと出る会社なので、残業すればするほど収入が上がります。

以前の会社はみなし残業が40時間ついていたので、ほぼ月給は変わりなく、しかも9時~18時までが定時で残業は18時30分~と30分の休憩時間が取られていました。

なので約月に20日働いていれば10時間はタダ働きになり、実質50時間がみなし残業になっていました。

それが今はきっちりと18時以降は残業をつけることができるので、これは誠実で良いところです。

転職で後悔しないためには面接対策と逆質問で企業の体質をよく知ることです。

別記事にて企業への逆質問や面接対策についてお伝えしているので、こちらもぜひご参考下さい。

あわせて読みたい
転職に失敗しないの8つの質問
面接の「何か質問はありますか」で必ず聞きたい転職に失敗しないの8つの質問20代から数回転職を繰り返してきましたが30代の転職は以前とは違い、結婚して子供がいての転職でしたので当然質問の内容も独身、若い頃とは変...
あわせて読みたい
異業種の面接対策
異業種こそ面接対策を!人事部から30代の転職希望者へ切なるお願い 経験をアピールできない異業種へ転職したい30代こそ、面接対策が最も大切なポイント。 この記事では現在、人事部として面接...

ルールや風潮にはしばらく乗ってみる

中途採用で最も懸念されるのは「前職ではこうだった」という発言で、前職のルールを発言しすぎるとよくありません。

今の会社からすれば、「じゃあ辞めなければよかったのに」となります。

私も転職しこの会社に入って、

こんなことやって何になるの?

こんな効率悪いことやって意味あるの?

と思うことがめちゃくちゃありましたが、とりあえず乗ってみる。

それが本当に無駄なことなのか意味があることなのかも含めてやってみることにしました。

すると、思いもかけない仕事理解に繋がったり気付きを得ることもあったので、これはこれでやってみてよかったです。

以前のやり方を求められることもありますが、とりあえずルールに従うと転職先での仕事も素直に理解できるようになります。

ストレスでうつ病になっては意味がないので考えすぎない

こんなはずじゃなかった…

なんで転職なんかしたんだろう…

など思い込みはよくないのでストレスを感じすぎてもいけません。

心の健康が失われて転職したのに転職後の仕事環境が原因で心の健康を奪われてしまったら転職の意味がありません。

それでも前職と比較しても転職後の企業に魅力がないのであればさっさと次の会社に行ってしまうのも手です。

そのためにはネガティブになってはいけません。

転職活動で最も良くないのは負のオーラが面接で出ることなので転職後すぐに転職したいというマイナスイメージのなか、面接でもネガティブオーラが出ていたら通るものも通りません。

なので心の健康が保たれているうちに違う企業へ面接を受けてみましょう。

その時にはかならずポジティブで。

『こんなできる自分なのに会社がいけないんだ』くらいの気持ちで行くと面接官も正当な評価をしてくれるでしょう。

この記事を読んでいる時点で今の会社に不安やネガティブな気持ちでいると思いますが、心の健康は本当に大事なので、絶対に後悔しすぎるほど悩みすぎちゃダメです。

それでも転職したいなら転職エージェントにアドバイスしてもらう

異業種の面接マナーは転職エージェントそれでも転職に不満が出る人は転職前に転職したい理由がブレている可能性が大いにあります。

だからこそ、職務経歴書を書いたり自己分析を考えたときに自分がどういう価値観なのか理解します。

何が優先順位かを適当に考えている人ほどこの前職との比較にピンとこなくなり結局辞めてしまうことになのでよく考えるべきです。

それでも辞めたいと決意が高い場合は、転職エージェントを利用した早期転職活動をしましょう。

リーマンショック後の状況とは違い、昨今の求人環境であれば転職エージェントも邪険に扱われません。

でもここで相談する場合には、必ず転職して間もないのになぜ転職したいのかを絶対に聞かれます。

本当に転職がしたいよならその理由を正当なものかつ少し誇大でも良いくらいのプレゼン能力が必要です。

例えば面接では全く残業がない会社だったのに鬼のように残業ばかりあるのであればそのタイムカードの写しを持っていけば良いです。

入社後にブラック企業だったことがわかったら何か証拠のようなものがあれば転職エージェントの判断も見直しされます。

なかなか難しいのは人間関係。

なにか書面や証拠があるわけではないので説明が難しく、普通に考えれば3ヶ月で人間関係で辞めたいなんてあなたに問題あるんじゃないですか?と思われてもしょうがないです。

そんな正当性さがなかったり、あれが嫌だこれが気に入らないと一貫性のない退職理由になるといい求人にまたしても巡りあえません。

どうしても転職をしたい場合には確固たる理由と次はこうしたいという具体的な理由をもって相談しましょう。

中途半端な決意では相手にされないので注意です。

私は転職する際、DODAエージェントサービスに登録しました。

\無料の転職相談!登録カンタン/

DODAエージェントサービス

こうしたエージェントからアドバイスをもらうことも一つの手です。

あわせて読みたい
未経験職種はDODAエージェント
未経験職種に30代でも転職できるDODAエージェント5つのメリット 未経験の職種への転職に悩む30代のあなたへ。 この記事ではDODAエージェントで未経験職種へ転職できた実体験をもと...

最後に

f:id:soramame35:20170806081443j:image

転職後仕事を変わったことを後悔し辞めたくなりましたが転職した理由をもう一度思い出しました。

前職と徹底的に比較して2/3で今の会社の方が勝っていることが冷静になって考えることができました。

うん、この選択は間違いではないんだよ、絶対。

そもそも転職して3ヶ月で会社に順応できる人がいたらそれは奇跡で子供でも学校に入学してそこの友達と馴染むのに3ヶ月は最低かかります。

私の子供はプレ幼稚園にいっていますが、3ヶ月経ってようやく慣れてきました。

子供の順応でそのレベルです。

それが大人ですよ?しかも普通の大人じゃなくて、10年以上社会を経験してきたある程度仕事してきた大人です。

3ヶ月で慣れるわけがありません。

もし慣れているのなら、その人はよっぽど空気が読めない人なのかポジティブ思考すぎる人がどっちかです。

そういう人はスタートダッシュが決めれても長続きする可能性は低いのであまり相手にしないほうが良いです。

それほど3ヶ月ってのは転職者にとってハードルが高い時期です。

私だけではないんですね、悩んでいるのは。

それがわかっただけでも心が救われたような気分になりました。

転職に関わるストレスは大きな枠の中に小さなことがあること、その細かいことを理解、順応しなくてはいけないということがわかり、同じように感じた人は多いはずです。

私はいまの仕事の環境が100%ではないにしろまだ恵まれている方なのかなと感じています。

冷静に比較して落ち着きを取り戻せそうです。

30代の転職はそんな簡単なものではないのは、転職企業がないわけではなく、転職後に問題があるということがわかりました。

同じく問題をかかえている中途採用の方にはぜひ一度足を止めて前職との比較をしてみてください。

そしてもしこれから転職を考えている30代の方がいれば、同じことに迷わないためにも転職したい理由を明確にして進めてください。

新たなチャレンジを心より応援しています。

あわせて読みたい
事務職に採用されるための転職エージェント
事務職に初採用!30代男性でも活用できる転職エージェント事務職に転職ができた30代男性が語る、転職エージェントの活用方法について詳しく説明しています。未経験の事務に転職希望の方は必見です。...