節約

交通事故は弁護士いる?自動車保険をケチっても後悔する前に相談を

交通事故は弁護士いる?自動車保険をケチっても後悔する前に相談を

交通事故の被害は、いつ起きてしまうか分かりません。

現在では厳しく取り締まられるようになった、あおり運転や飲酒運転も、なくなった訳ではなく定期的に取り上げられています。

私は仕事上、交通事故に遭われた方とも接する機会があり、被害に遭われた方からお話を聞くことがあります。

そこで多くの方が口にするのが、交通事故に遭った後の弁護士への相談です。

当記事で、交通事故に遭った時の対応や、自動車保険の見直しについて再度考えてみるきっかけになれば幸いです。

交通事故に遭ったら弁護士に相談したほうがいい

もし、交通事故の被害に遭ってしまったら、弁護士への相談が一番です。

これは、多くの事故経験者に聞きましたが、事故後の処理手続きや相手とのやりとりにかかる時間や労力がかかります。

最も大変だったケースは、加害者側の保険会社との示談交渉を対応しなければいけなかったことです。

思った以上にやるべきがあるものを、弁護士さんに依頼できれば安心かつ、無駄なく交渉できたという後悔した話が非常に多かったです。

不安や分からないことは交通事故を得意とし、相談をたくさん解決してきた弁護士事務所が一番です。

中には相談料無料、着手金無料の弁護士事務所もあるため、プロへの相談が最も安心できます。

交通事故は以外と簡単に弁護士に相談できる

弁護士に相談する際に、最も不安なのが敷居の高さです。

依頼できればもちろん安心でいいけど、

ソラマメ
ソラマメ
どこに相談したらいいか?どう依頼したらいいか?

という検討がつかないため、自分でやったほうがいいのでは?と進め、思った以上の労力に疲れてしまうパターンが多いです。

実際に、交通事故に遭い弁護士に相談した方に話を聞くと、相談前に関係資料を準備し、聞きたいことをメモして進めれば思った以上の敷居を高く感じなかったようです。

不安に感じていることや、弁護士を利用し費用倒れにならないかというった費用面も確認できます。

スポンサーリンク

弁護士が合わなかったら変えてもよい

最も驚いたのが、信頼のできる弁護士を自分で選べる点です。

相談したら、どんな合わなさそうな人でも依頼しないといけないのかなと思っていました。

しかし、無理にイライする必要はありません。

とりあえず、弁護士へ相談だけで終了でもいいということでした。

もし合わなかったら自分に合った弁護士さんに変えることができると聞き、一安心。

もし事故にあっても、気軽に弁護士へ相談してみようと思いました。

交通事故に適した弁護士がおすすめ

では、どんな弁護士が良いかというと、交通事故問題に詳しいかつ、自分に合った弁護士がおすすめです。

知り合いの弁護士で交通事故の実績があればいいのですが、無理に頼みイマイチと思っても変更するのが難しくなります。

役所などの相談コーナーなどは、無料で相談できるため利用しやすいです。

しかし、知り合いや役所の相談である程度の知識を得て、専門的な弁護士へ相談するのが一番です。

交通事故の案件が得意で、事故相談件数が多い弁護士でも、相談料や着手金が無料の弁護士事務所も探せば多く見つかります。

交通事故専門の弁護士を探すなら

弁護士事務所を自分で探すのは大変と思っているのであれば、みんなの街の交通事故解決ピットががおすすめです。

交通事故解決ピットのメリット
  1. 24時間無料相談
  2. 交通事故に詳しい弁護士を身近で探せる
  3. 交通事故に関する情報収集ができる

みんなの街の交通事故解決ピットは、交通事故に詳しい弁護士に特化した検索サイトです。

弁護士情報だけでなく、コラムで相談前に必要な情報を収集することもできるので、一見する価値は高いです。

交通事故を一人で抱えず、プロに相談し安心したい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

自動車保険の弁護士特約は削減するべきか

自動車保険の選定の際、弁護士特約のオプションをつけるか削減するか迷ったことがあります。

弁護士特約は、保険会社が弁護士への法律相談料や相談や訴訟、仲裁に関わる費用などををある程度負担してくれる制度です。

私は以前、自動車保険をケチってこれまで弁護士特約オプションを付けてはいませんでした。

今は自分だけが運転する訳でなく、妻や家族も運転する機会が増えました。

また、自分が事故を起こすだけでなく起こされてしまうケースも増えるかもしれないと思い、今年からは削減をやめ加入しました。

もしもの時に頼れる制度にはお金をかける

交通事故に遭った時、焦りや日常の忙しさから、保険会社に任せきりになったり、簡潔に示談交渉を終わらせてしまったり。

そんな話を聞くほど、頼れるものは頼るべきということを学びました。

特に、弁護士特約は利用率がまだ少ないそうです。

なので、交通事故に遭ったら必要な情報をもとに、一度弁護士へ相談してみるということを忘れないでおこうと思います。

必要なのは、やみくもにお金を節約、削減せず、年齢やタイミングで必要なものにお金をかけていくことです。

事故の早期解決にもつながるため、交通事故でどうしてよいかわからない場合は、ぜひ弁護士へご相談ください。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)