茶すすり処(コラム)

台風では火災保険はおりない?もらい損ねる前に利用したい申請サポートサービス

台風では火災保険はおりない?もらい損ねる前に利用したい申請サポートサービス
男性の口コミ
男性の口コミ
台風で破損した雨漏りなどは火災保険っておりるの?
女性の口コミ
女性の口コミ
高い修理代だから火災保険を使えるなら使いたい。

年々被害が大きくなる、台風などの自然災害。

例えば、屋根の修理などは破損すれば100万円以上にもなる高額な施工が必要です。

そんな出費に火災保険がおりるのであれば、こんなに嬉しいことはないですよね。

当記事は、台風で被害を受けた修理で火災保険は使えるのか?についてお伝えします。

結論を言うと、台風や雪、雨、雷といった自然災害は、あなたのお家の火災保険で修理できる可能性が高いです。

ただし、保険法により3年の請求期限があるため、3 年の間火災保険の申請をしていない場合、もらい損ねている可能性もあります。

まずは火災保険の補償内容を確認する

火災保険の補償内容を確認

改めて知りましたが、火災保険って火災以外の被害にも対応しているのです。

例えば台風はもちろん、雪や雨、雷といった自然災害だけでなく、車の衝突であったりイタズラであったり、そんな被害に対応している万能な保険です。

また、補償内容は風災や雹といった内容も入っている場合があります。

その場合、雨漏りなど大切な家の修理を火災保険で直せる可能性が大きくなります。

まずは、自分が加入している火災保険の補償内容をいまいちど調べてみましょう。

ちなみに火災保険は自動車保険のような等級制度ではありません。

そのため、何度利用しても保険料があがるという仕組みではありません。

また、降りた保険金の使い道は必ず修繕やリフォームに使用しなければいけないというルールもありません。

補償の範囲でも火災保険がおりない場合もある

補償の範囲でも火災保険がおりないケース

実際に台風や自然災害で家が破損したにもかかわらず、火災保険の補償範囲ではないといわれてしまって保険金がおりないこともあります。

そういったケースをいくつかご紹介します。

自損による損害

保険は、故意であったり、重大な過失や法令違反によって損害が出た場合はおりません。

私は学生時代、こたつの電気をつけっぱなしにして出かけてしまい、大事には至りませんでしたが家財を壊してしまったことがあります。

親が火災保険に入っていたため、連絡して保険が降りるのか確認してもらったのですが、私の過失・・・。

故意ではないですが、こたつのように継続利用で火災などが起こりうるようなケースを見落としていたため、火災保険がおりませんでした。

経年劣化による損害

火災保険だと屋根の破損事故は、台風などの異常気象による損害があった際に補償されますが、これが経年劣化であればおりません。

確かに私の実家でも、数年ごとに家のメンテナンスが行われます。

外壁や屋根の修繕でも結構なお金がかかってしまいますが、そういったメンテナンスを怠った劣化についての破損は、保険の対象外になってしまうケースがあります。

修繕の時期によっては経年劣化による破損が絶対に保険金がおりないというわけではありませんが、私のように住宅に長けていない素人からするとハナから保険金が降りないのではと、あきらめてしまいそうです。

スポンサーリンク

火災保険申請サポートというサービス

火災保険申請サポート

保険に詳しくないと、

『これは過失だから保険会社に聞いても意味がない』

『劣化といわれてしまうから申請はやめておこう』

・・・となってしまいがちですが、こういったケースでも申請ができる火災保険申請サポートというサービスがあるのをご存知でしょうか。

施主は保険資料を取寄せて申請書類を記入するだけで、被害箇所の特定や説明資料の作成、保険会社との対応といった面倒な部分をサポートしてくれるサービスです。

こういったサービスがあれば、自然災害にあい、家が破損してしまった時でも頼りになりますよね。

火災保険申請サポートサービス「ミエルモ」

しかし、火災保険を利用した詐欺まがいの悪い手口には注意が必要です。

保険適用するようにウソをついたり、保険金不要な工事までされてしまったり、修繕をしたのに保険がおりず高額な工事費を請求されては意味がありません。

そこでおすすめなのが、火災保険サポート『株式会社ミエルモ』です。

ミエルモが選ばれる理由

選ばれる理由
  • 弁護士事務所と業務協力
  • 調査費0円の完全成果報酬
  • 高い調査スキルと各分野の専門スタッフが在籍
  • 社会貢献活動への参加

ミエルモは、安心して利用できるように弁護士事務所と業務を協力されています。

法令順守に則った経験豊富なスタッフがサポートしてくれるのは心強い限りです。

そして、保険金が受け取れた場合に成果報酬が発生するので、工事後に保険金がおりないなどといったトラブルがありません。

また、宅建士や税理士、FP、自然災害調査士といった専門家が申請のサポートをしれくれるので、自分の家が保険対応できるか気軽に相談できます。

インターネット調査でも評判

ミエルモの評判
  • 火災保険申請サポート会社口コミ人気NO.1
  • 火災保険申請サポート会社認定率満足度NO.1
  • 火災保険申請サポート会社認定額満足度NO.1

※2020年10月日本トレンドリサーチ調べ

ミエルモは、火災保険申請サポート会社の中でも95%という圧倒的な認定率。

平均の2~5倍の給付額アップという実績などから、インターネットでの評判も高く信頼できる会社です。

毎月150件以上の調査を行っていることで成功事例を把握し、沖縄・離島など一部地域を除く、ほぼ全ての都道府県の調査に対応してもらえるため、安心してサポートをお願いする事ができます。

何よりも火災保険の申請は、素人ではわかりづらい根拠の証明に手間がかかります。

ミエルモにお願いすることで、物件調査や資料作成、保険会社への対応などを全て行ってもらえ、成果報酬での支払いなので気軽に相談する事もできます。

もちろん、相談は無料です。

利用の流れは簡単4ステップ

利用方法
  1. ヒアリング・ご契約
  2. 物件調査
  3. 書類作成・審査
  4. 結果の通知・お支払

ミエルモの利用は非常に簡単です。

保険・物件情報をヒアリングしてもらい契約が進めば、物件調査にはいります。

申請対象の被害が見つかれば保険会社へ提出する資料作成をしてもらい、こちら側は保険会社へ書類を提出するだけです。

保険会社からの連絡が入り、保険金の受け取りができた場合、総額の30%~(税別)を支払い、終了となります。

スポンサーリンク

3年以内に気になることがあれば火災保険を利用しよう

火災保険は、3年以上経ってしまうと保険が受けられなくなってしまいます。

3年以内に台風などの被害を受けた箇所で気になる部分があれば、ミエルモに気軽に相談してみましょう。

年末調整などで保険料通知書を見ると、改めて保険の高さを目にします。

もちろん、保険なので何もないことが良いことではありますが、火災保険は自動車保険とは違い等級制度ではないので、使うことにデメリットはありません。

ミエルモでは無料調査キャンペーンを実施しているので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)