30代からの生き方に悩んでいるあなたへ
クレジットカード

コストコグローバルカードは使い勝手が悪い?最も使えるクレカを紹介

コストコグローバルカードの使い勝手

コストコのクレジットカード「コストコグローバルカード」は使い勝手が良いのか?

この記事に来られたあなたは、「コストコグローバルカード」の使い勝手などを知り、コストコグローバルカードに入会していいかを検討されているのではないでしょうか。

日本26ヵ所にある「コストコ」。

全ての商品がビッグサイズなのでついつい購入代金もスーパーよりも高くなります。

だからこそクレジット払いにしたらポイントや優遇されるのではないかと思うのは当然です。

コストコでは2018年2月よりAMEXからMasterCardにカード利用が変更になったことによりました。

そこで、今回の記事ではコストコがすすめしている「コストコグローバルカード」の使い勝手は悪いのか。

またコストコで最も使えるクレカはどれかということを解説する記事となります。

コストコで利用できるのはコストコグローバルカードとMasterCard

コストコで利用できるマスターカード

コストコで利用できるクレジットカードは上記2種類のクレジットカードが利用できます。

2018年の1月末まではAMEXカードとコストコ公式カードしか使えなかったのですが、AMEXとの提携を終了。

MasterCardが提携され現在は利用できるようになりました。

そのため、コストコでは新たにコストコ公式カードとして「コストコグローバルカード」がスタートされました。

で、コストコ公式でもある「コストコグローバルカード」の使い勝手は良いのか。

それとも使い勝手は悪いのかというのが今回の記事の本題となりますので、御述します。

コストコグローバルカードのデメリットは年会費とポイント融通

  1. コストコ年会費の自動引き落としが勝手に設定される
  2. ポイントは翌2月に付与されコストコしか使えない

コストコグローバルカードのデメリットは上記2点で、その点を鑑み私は使い勝手は悪いカードだと判断しました。

コストコ年会費の自動引き落としの設定は損?

コストコの会員は1年。

コストコ会員になったけど更新のタイミングに焦り、期限限切れ前にコストコに行かなくては…と思ってしまいますが、そんなことはありません。

例えば期限切れから2ヶ月以内の更新であれば料金を支払って更新すれば同様にコストコを利用することができます。

その際の更新の場合、次回の更新月は変わりません。

ソラマメ
ソラマメ
1月に期限切れで3月に更新しても翌更新月は1月ということです

そして、期限切れ3ヶ月以上(1年半以内)の更新の場合でも、更新費用は年会費の支払いで変わらず利用することができます。

しかも、納入月から1年になりますので実質お得になります。

ソラマメ
ソラマメ
1月に更新が切れ5月に更新すれば次回更新月は5月になります

(ただし1年半以降は会員情報が抹消されるので、手続きが必要なので少し面倒になるのでご注意ください)

つまり、年会費の自動更新は行かない月でも更新されてしまうので毎月利用するリピーターくらいでない限り(1年に数回の利用者)コストコグローバルカードは使い勝手が悪いと判断します。

期限切れ前の更新でお得なプレゼント(コストコ1日特別招待券やタイヤクーポンなど)をもらえることもあります。

悪いことばかりではないんですけどね…。

ポイントの付与が遅くコストコでしか利用できない

コストコグローバルカード最大の魅力はポイント還元率(1.5%)な部分です。

このポイントの対象はコストコ店舗内全商品のため現金での購入と比較すればかなりポイントが貯まることになります。

このポイントは1月1日~12月31日の1年間の利用分を集計し、翌年2月にクレジットカード内にキャッシュバック(1ポイント=1円)されます。

たしかに還元率1.5%でキャッシュバックされるのは嬉しいですが、コストコでしか利用できない部分と翌2月まで付与されないというのはいくら何でも遅すぎます。

さらにポイントの有効期限は1年間しかありません。

転勤や何かの理由でコストコに行けなくなってしまったら、ポイントは成仏されてしまいます…。

スポンサーリンク

コストコグローバルカードより使い勝手がよいクレカは楽天カード

楽天カードおすすめ理由説明画像

ではコストコグローバルカードより使い勝手がよいクレジットカードはといえば、私は楽天カード(MasterCard)を最優先しておすすめします。

ソラマメ
ソラマメ
いまさら楽天カード??

と思われるかもしれませんが、特にポイントの部分ではどのクレジットカードよりもポイントの優位性が高まっています。

その「ポイント」部分に特化しお伝えします。

\5,000ポイントキャンペーン中/

楽天カード

楽天カードは還元率1.0%でもザクザク貯まる

楽天カードのポイント還元率は1%。

コストコグローバルカード(還元率1.5%)を比較すると楽天カードは劣るのですが、コストコグローバルカードはコストコのみ1.5%還元率。

そのため街での買い物でもネットでも税込み100円につき1ポイント貯めることができる楽天カードは魅力です。

さらっと言ってしまいましたが…

税込で1ポイント/100円が貯まり、毎月の利用した額の合算のうち1%分がポイント付与されるのは非常に大きいメリットです。

コストコグローバルカードは利用1回につき1%未満の端数が切り捨てられることを思えば、効率よくポイントを貯めることができるシステムに楽天カードはなっているということになります。

さらに、楽天カードは楽天市場でカードを利用した場合還元率が3%。

SPUプログラムにより下記楽天のサービスの利用で還元率が最大15%までアップします。

  • 通常の買い物:1倍
  • 楽天カード決済:3倍(通常1倍+2倍)
  • 楽天プレミアムカードor楽天ゴールドカード利用:+2倍
  • 楽天銀行からのカード利用料引落し:+1倍
  • 楽天市場アプリでの買い物分:+1倍
  • 楽天モバイル通話SIM利用:+2倍
  • 楽天TV加入:+1倍
  • 楽天ブランドアベニュー月1回以上の購入:+1倍
  • 楽天BOOK・楽天Kobo利用合計月2,000円以上:+1倍
  • 楽天トラベル対象サービス利用:+1倍
  • 楽天ビューティー月1回1,500円以上利用:+1倍
  • 【NEW】楽天証券で月1回500円以上ポイント投資:+1倍

参考:楽天市場 SPU(スーパーポイントアッププログラム)

コストコでの買い物だけに特化すればコストコグローバルカードのメリットはあります。

しかし、総合的なポイント還元に関していえば、楽天カードの強みが上記内容で理解できるはずです。

さらに楽天には付与されたポイントを増やすことができる「ポイント投資」という他にはないメリットがあります。

ポイントを利用しノーリスク投資で儲け現金化する

楽天カードを利用して付与されたポイントは、楽天証券で投資信託を購入することができます。

例えば毎月楽天カード利用で付与された500ポイントを30年間積立投資した場合。

元本180,000ポイント(円)に対し236,139円の利益を得ることができます(年利5%の場合)

現金ではないため、資産はノーリスク。

さらに投資に利用したポイントは解約すれば現金として引き出せます。

コストコグローバルカードであれば、コストコの商品としか交換ができないポイントも、楽天ポイントではもはや通貨としての価値になっています。

そのため、今後需要が高まっていくのは必須です。

\あわせて口座開設がオススメ/

楽天証券

最後に:コストコ費用はでかい…どのポイントを貯めるかで未来は変わる

コストコカードよりも使い勝手の良い楽天カード
  • コストコグローバルカードは使い勝手が悪い
  • 楽天カードでポイントを投資して現金を増やす

いかがでしたでしょうか。

上記でまとめた通り、コストコグローバルカードの使い勝手のことを考えれば、楽天カードで支払いポイントを上手に貯め増やしていくことを強くおすすめします。

現に私もコストコに訪れた際には楽天カードを利用しポイントを大量にゲットしています。

コストコグローバルカードはそれ以外にもコストコのない地域に引っ越してしまえばポイントが使えなくなる、コストコ会員を大会すればポイントは使えない、年に1回も利用しなければ年会費1,250円(税抜)がかかってしまうなどデメリットは多いです。

そこまで公式にこだわらない…

コストコで毎月のように購入しないというあなたは楽天カードを利用してポイントを貯め、そしてポイント投資で増やすことをおすすめします。

私は可能な限りすべての支払いを楽天カードに一本化させました。

そして付与されたポイントを楽天証券で投資信託を購入しノーリスク投資しています。

興味をお持ちの方は別記事にて詳細をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

コストコは一回当たりの消費金額は非常に高いです。

支払いは現金ではもったいない。

ポイント、使い勝手をよく理解、判断し、あなたにとって有益なクレジットカード払いにすることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です