節約・お小遣い稼ぎ

マナカをオートチャージ!wellow cardで面倒なチャージをやめポイントを貯める

この記事ではwellow card(ウィローカード)を使ってマナカでオートチャージしチャージをクレジットカード決済にすることでポイントを獲得する唯一の方法をご紹介します。

名古屋在住のマナカユーザー、ソラマメです。

私たち名古屋市民は地下鉄を利用する際に必ず使っているマナカですが、これまでチャージでポイントが貯まることがありませんでした。

毎日通勤で使うのに…

休みでも電車乗るのに…

もったいないな…

と移動の消費についてどこか悶々としていましたが、今度からそんな悶々としたことがなくなりそうです。

それがwellow card(ウィローカード)!

2018年4月からスタートするwellow card(ウィローカード)でマナカチャージでのポイントをゲットできるようになりました。

私と同じように地下鉄を利用される人にとって待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

今回は地下鉄を利用される方にとってほとんどデメリットのないwellow card(ウィローカード)について紹介します。

1.wellow cardは唯一マナカのオートチャージできるカード

名古屋市営地下鉄を利用していてほとんどの方がチャージ不足によって改札が通れなくなってしまうという経験があるのではないでしょうか。

忙しい通勤や終電間際など急いでいるときに限って残高不足で改札で足止め…orz

と私もどこかストレスを感じていましたが、今度からはその改札が通れないというストレスを感じなくなります。

それがwellow card(ウィローカード)による「マナカ」のオートチャージサービスです。

オートチャージサービスとはマナカ利用時に名古屋市営地下鉄の自動改札機を通る際、チャージ残額が一定金額以下になっているとクレジットカードから自動的にチャージされるというwellow card(ウィローカード)にしかない唯一のサービスです。

f:id:soramame35:20180221123945j:plain

引用:マナカのオートチャージサービス wellow card manaca/wellow card

このイラストのような辱しめ…受けたことのある方は多いのではないでしょうか。

それが右のイラストのようにスイスイと通過することができるようになるのですから、まさにストレスフリーな状態になること間違いなしです。

オートチャージサービスができることでまずマナカのチャージ機で現金を入れてチャージする手間が省くことができるようになります。

これまでは駅にあるのりこし機かマナカのチャージ機で現金でチャージしなくてはいけなかったのですが、特にマナカのチャージ機はお札が一気に入りません(涙)おつりが1枚ずつ出ます(涙)(涙)

急いでいる方の前でチャージをしていると、殺気を感じることすらあります…。。。

オートチャージサービスができることでその殺気すら感じるストレスがなくなるのですから、こんなにも素敵なことはありません!

またチャージ残額を気にせず乗車ができたりマナカの電子マネーで買い物もしやすくなるといったメリット満載の機能が唯一できるカードなのです。

1-1.wellow cardオートチャージ設定方法

f:id:soramame35:20180409193737j:image

wellow cardの初期設定のオートチャージ金額は2000円以下になった場合、3000円のチャージがクレジット決済される設定になっています。

そのwellow cardの初期設定を変えるためには名古屋市交通局の交通局サービスセンターでしか変えることができません。

交通局サービスセンターは名古屋駅、栄駅

金山駅にしかなく8時から20時までしかやっておりません(栄は9時より営業)

通勤前や帰り道に寄ることはできますが春先ですと学生さんなどでかなり混雑しますのでお気をつけください(私は30分待ちました)

窓口で「オートチャージの金額を変更したいのですが」と伝えれば用紙を渡してもらえますので手順に沿って記入すれば終わりです。

金額は、残額は最小で1000円以下、購入金額は最大20,000円となりますので窓口でもらう用紙にそれぞれを記入すれば設定完了です。

残額が0円の時にオートチャージが発動するように設定をしたかったのですが残念ながらすることはできませんでした。

1-3.wellow cardのオートチャージの仕組み

wellow cardはマナカポイントが優先され、ポイントの消費後に設定金額以下になった場合にオートチャージが発動します。

例えばマナカの設定金額を1000円以下の場合に3000円をオートチャージする設定をして、1ヶ月マナカを利用することでマナカポイントがつき還元機でポイント1000ポイントを獲得したとします。

マナカの金額は900円、マナカポイントが1000あり地下鉄の改札口でタッチした場合、オートチャージは発動せず乗った分のポイントが消費されると言うことになります。

この場合マナカポイントが利用できるのは名古屋市交通局のみとなりますので注意が必要です。

2.wellow cardで通勤費をポイント化できる

wellow card(ウィローカード)の最も素晴らしいところはマナカオートチャージで唯一ポイントを貯めることができるところです。

私は通勤で地下鉄を使っているのですが、現場に直行することもあり定期券を買わずマナカを現金でチャージしていました。

元々マナカの最大の特長はマナカを利用した分の還元率が非常に高いところ。

市バス・地下鉄の利用が毎月1日~末日までの1か月間の利用料金が15,000円以上で13%、10,000円以上 15,000円未満でも12.50%

がポイントバックされます。

月に最もお金を使うのが交通費だけに、何だかもったいない(といっても会社からは支給されているのですけどね)と感じていた時にwellow card(ウィローカード)のことを知った瞬間、「欲しい!」と即決しました。

スポンサーリンク

3.wellow card(ウィローカード)のポイントについて

3-1.wellow card(ウィローカード)の還元率は0.5%

wellow card(ウィローカード)ではマナカオートチャージを含むカードショッピングを利用すると暮らスマイルというオリコのポイントが付与されます。

カードショッピング1,000円で1スマイル(ポイント5円)が付与されるので基本還元率は0.5%となります。

私は8年連続1位を獲得、会員数1200万人以上が使っている楽天グループのクレジットカード楽天カード 利用していますが、楽天カードは年会費無料で100円毎に1ポイント獲得なのでその1.0%の還元率と比較すると少し物足りなさを感じます。

地味なメリットとしては税込1000円で1ポイントがつくので、税抜926円以上でポイントがつくところでしょうか。

もちろん年間の利用額に応じたボーナスポイント年間の利用額によって翌年の還元率がアップする制度がありますのでメインカードとして考えても良いです。

ただ、他のカードよりも還元率は低めと考えるとメインカードとしては少し難しいのではないかと思います。

もし、マナカのオートチャージだけと割りきったとして年間利用累計はおそらく50万円未満となります。

ノーマルステージからのランクアップは難しいですが、wellow cardでマナカへのオートチャージで0.5%~1%のポイントを獲得できるのであれば御の字ではないでしょうか。

3-2.wellow card(ウィローカード)ポイント有効期限

wellow card(ウィローカード)で貯まる「暮らスマイル」の有効期限は2年間ですがオリコポイントに交換することで交換時点から更に1年間有効期限が伸びます。

wellow card(ウィローカード)ポイントの最長有効期間は3年間になります。

クレジットカード系のメリットはポイントですが、有効期限が早いところが多いので、有効期限についての猶予はwellow card(ウィローカード)は寛大だなと評価できるところではないでしょうか。

4.wellow cardの年会費は実質0円

wellow card(ウィローカード)は初年度の年会費は無料ですが次年度以降は税別1,250円かかります。

この年会費を0円にする方法はマナカのオートチャージを含む年間 1 回以上のカードショッピング利用をすることです。

つまり、wellow card(ウィローカード)を保持し年間1回でも改札で自動的にオートチャージしていれば翌年度の年会費は無料ということになります。

これは数あるクレジットカードの中でもゆるいシステムではないでしょうか。

f:id:soramame35:20180221124051p:plain

引用:マナカのオートチャージサービス wellow card manaca/wellow card

オートチャージは、名古屋市営地下鉄の85駅(上小田井、上飯田を除く)の改札機で発動します。

「名鉄の連絡線と小牧線はダメだ」と覚えておけばオッケーです。

ちなみに朝の通勤ラッシュで白い目を向けられる市バスではオートチャージが作動しないみたいなので、そのあたりは今後作動してほしいな~名古屋市さん。

市バスでも使えるようになるとまさに無敵のオートチャージカードになるのにな。

スポンサーリンク

5.wellow cardの種類はクレジットカード一体型マナカとマナカリンク型

f:id:soramame35:20180221124003j:plain

引用:マナカのオートチャージサービス wellow card manaca/wellow card

wellow card(ウィローカード)は2種類

  • wellow card manaca(クレカ一体型)
  • wellow card(マナカリンク型)

どちらのカードもマナカの残額が一定金額以下になった場合、改札機にタッチすると設定された金額が自動的にチャージされるようになります。

自動改札にタッチする時に自動的に入金されるので残額を確認したりソワソワしたいする心配がいらなくなります。

前述しておりますが初期設定は残額2,000円以下になったら3,000円チャージように設定されていますが、バス地下鉄で2000円以下でチャージされてしまうのはちょっともったいない。

これは一定の範囲で自由に変えられることができるので、カードを持ったらすぐに変更の手続きをしたほうがよさそうです。

wellow card manacaはクレジットカードとマナカが一体になっているのですが、wellow cardの場合はクレジットカードとマナカを別々に持つことになるのでリンク設定する必要があります。

最初のリンク設定の手間がかかるwellow cardにするか、紛失時のリスクもあるかもしれませんがwellow card manacaにするか迷いますが、私はwellow card manacaのマナカ一体型を選択します。

また、定期券の購入をクレジット決済したい場合は栄駅、金山駅、名古屋駅などの主要な駅でしか対応していないため、上記のような85駅では決済ができません。

この辺りも柔軟に対応してもらえるともっとこのカードの普及がされるはずなのですが…。

6.wellow cardの入会・利用キャンペーン

マナカをオートチャージできるwellow card(ウィローカード)は2018年3月より申し込み開始となります。

今回のwellow card(ウィローカード)新規入会のキャンペーンをやっており1,000オリコポイントプレゼントをしてきます。

期間は3 月末日までときいうこともあり時間が限られていますが入会者全員特典なので興味がおる方はお早めにお申し込みださい。

また、2018 年 3 月末日までに入会し5 月31日までに 30,000 円以上クレジット利用があれば最大4,000オリコポイントがもらえます。

この期間中だけで最大化5,000ポイントももらえてしまう特別期間中になるので早速申し込むことに決めました。

ただしオリコポイント獲得には条件があるようなので、詳しくはオリコ Web サイトのウェルカムキャンペーンをご覧ください。

スポンサーリンク

7.名鉄を使う方には名鉄ミューズカード

名古屋はマナカは市バスや地下鉄だけでなく、犬山方面や豊田方面には名鉄電車と連絡線というものがあります。

なので、マナカの定期券も名鉄との連絡定期券もあり通勤で使う方も多いはずです。

そういった方には名鉄 μ’s カード(ミューズカード)がオススメです。

名鉄 μ’s カード(ミューズカード)は名鉄電車のほか、名鉄バスや豊橋鉄道などの定期券が購入がクレジットカード決済で購入することができます。

この名鉄 μ’s カード(ミューズカード)でも特定の場所でクレジットチャージすることができ、クレジットのチャージでもポイントがたまるよう設定されています。

また名鉄の運営するレジャー施設をはじめ全国約75,000のレジャー施設や宿泊施設、映画館等で割引が受けられるというカードです。

嬉しいのはポイントが定期購入でもたまるところなので名鉄電車や名鉄連絡定期券を利用している方にはコチラもオススメです。

8.まとめ

  • wellow card(ウィローカード)はマナカのオートチャージしチャージができる
  • クレカ決済でポイント獲得する唯一のカード

wellow card(ウィローカード)はこれまで出来なかったマナカのチャージのストレスを解消してくれる救世主になること間違いないのカードです。

さらに年一回でもオートチャージすれば年会費が無料になるカードなのでマナカを使う方であればほとんどリスクを追わずに持てるカードになります。

実質年会費が無料になりポイントも貯まるのであれば作らない手はないでしょう。

この公式サイトからは細かいサービス内容なども載っていますので、ぜひ一度ご覧ください。

名古屋市内に住む方にとってはとても魅力的なカードとなり、今後はもっと優待を受けられるようなカードになってくれることを狙っているソラマメなのでした。