未分類

おこづかい会社員が70万円の投資詐欺にあった話

おこづかい会社員が70万円の投資詐欺にあった話

松竹芸能に所属のTKO・木本さんが投資トラブルで事務所を退所されました。

私のツイッター内は投資アカウントの方も多いので、ご意見も様々でしたが総じて「投資は余剰資金でやるもの」「誰かに任せたらトラブルになる」というものが多かったのかなと思います。

当然私も「そうだそうだ!」と言いたいところですが、実は耳が痛い。

というのももう6年前にもなるのですが、私自身金銭トラブルでお金を失った経験があるからです。

今回は、誰にでも巻き込まれるかもしれない、仲間とお金にまつわる小話となります。

幼稚園からの腐れ縁

私には幼稚園から中学校まで一緒だった友達がいます。

とはいうものの、仲良くなったのは中学校一年生の時で、そこから社会人になっても定期的に会う親友の一人でした。

昔から彼(Rくん)は学校一の人気者で、かっこよくて正義感もあって、私からしたら憧れる存在でもありました。

恋愛についても、仕事についても、どんなときもRくんに相談し、彼は僕にアドバイスをくれここまで育ってきたと言っても過言ではない大きな存在でした。

30代で独立してからが転機だった

30歳になるころ。Rくんは仕事で知り合った仲間と衣装を作る会社を立ち上げました。

まぁ、30歳前に独立なんて良くある話ですよね。

街中にアトリエを構え、自分も何度かお邪魔したことがありましたがいい雰囲気で仕事をしていたように思います。

仕事も順調で、某アイドルグループの衣装を担当したり(でかすぎて言えませんがw)、地方のCMで女の子が着る衣装、そして地方銀行の衣装を担当するなど、大きな仕事を抱えるようになり順調かなと思っていました。

スポンサーリンク

きっかけは元本保証の預金話

2015年の夏、定期的に連絡は取り合っていたのですが、ふとLINEが入っているのに気づきました。

内容はこんな感じ。

俺の親父が働いているところで付き合いのある金融機関の金利がいい。親父が100万円預けているから、俺もソラマメも一緒に資金を預けたら一年後は金利を山分けできるからやらないか

今思えばこれがポンジスキームの始まりだったのですが、そんなことも全く知らない私。

さらに、親父さんにもかなり世話になっていたし、親父さんの働いているところは地元で大きな組織の上の方でしたので、正直安心しきっていたのがあります。

とはいうものの、お金が動くので気になって別の連れにも聞きました。連れも同じ話をされていたので、じゃあいいかとなり、20万円をRくんに預けました。

クラウドワークスで貯めた20万円

ちなみにおこづかい制の会社員である私が何故20万円も当時持っていたかというと、2013年ごろから細々とクラウドワークスやランサーズで副業をしていたからです。

小さなタスク作業を仕事の合間や休日にやっていたので、当時は定期的な収益がありました。

今思えばそれがブログを始めるきっかけのひとつだったので、やっててよかったクラウドワークスって感じですね。

ただ、このお金が家族のトラブルにもなるとは思っても見ませんでしたが…。

スポンサーリンク

預けた20万円は22万円になって返ってきた

2015年以降の一年も定期的に飲みに行ったり遊んでいたので、お金の心配はありませんでした。

まぁ、事業も順調そうな話もしていたし、羽振りも良かったので(いまこうやって書いていてもますます怪しいので泣きそうになりますが…)そして一年後。

僕と連れとRくん3人で飲みに行った際、私が預けた20万円は22万円になってもどってきました。

ちょっと一安心。

そして、本当に10%もの利息が付いて返って来たんだとちょっと興奮していたのを覚えています。

実際に私が手にしたもの、R君曰くまた親父が預けるって言っていると。

いまの二人のお金がいま生活に絶対必要なお金じゃなければ、もう一年預けて安定的に増やしても良いのではという話を持ち掛けられ、私と連れはまた同じ金額をRくんに託したのです。

いまにも終わりそうな声で連絡が来た

そして忘れもしない2016年の夏。Rくんから急に連絡が来ました。

二人で会いたいということで、コンビニの駐車場で話を聞くことに。話を聞くと、どうやら2016年ごろから事業がうまくいっておらず、資金が枯渇していってるとのこと。

そして資金が回らず、いろんなところからお金を借りて事業を回していることを聞かされました。

とうぜん、以前預けたお金も資金として使っていると。その時点で、私のお金を勝手に使いやがって!

と怒りたいところでしたが、スマホが鳴りやまず消費者金融からの電話が鳴りやまなかったのをリアルに見て、私は間違った方向に舵をとってしまったのです。

スポンサーリンク

そして50万円を追加で貸すことに

R君から言われたのは一言、「本当にすまんがお金を貸してほしい」と。

おこづかい制の私にそんなお金がない…かといえば、そうではなかったのです。

私はクラウドワークスなど副業で手にしたお金で株式投資をしていました。

当時持っていた株を全部利確すれば50万円になる。

目の前に親友が困ってる。

僕は副業で手にしたお金で株買って、たまたま上がったお金で資金がある。戻ってくる?戻ってこないかもしれない。

いや、いますぐに戻らなくても小さく返してもらえばいい。

そんな気持ちになり、忘れもしない2016年の8月に持ち株すべてを売却しそのまま彼に送金しました。

そのあとのことは…もう言わずもがなですね。

30年以上共にした親友が飛びました

その後、Rくんは音信不通になりました。実家に住んでいたのですが、実家のマンションは引っ越し。

どうやら家を担保に借金を返済したのかといううわさもありますが、真相はわかりません。家も引っ越し、連絡先もわからぬまま、お金なんて返ってきませんよね。

僕が彼に投じた70万円は消えていったのですが、その話を聞きつけたのが妻でした。

元々地元の友達と仲も良く家族ぐるみでの付き合いも多かったので、Rくんが飛んだ話も知っていました。

そして、友達の奥さんから私がRくんにお金を貸していたことを知り激怒。

また貸したお金が大金だったことに、なんでそんなお金があるんだ!とまた激怒。。。

自分も隠していたわけではなく、家族で豊かに暮らしたい気持ちで副業や投資をしていたのですが、それが全くの逆効果でして。。。

結局、そこから今でも僕のブログ副業や株式投資について半非公認となっているのかもしれません。

そりゃそうですよね、お金返ってきませんもん。

当時売却した企業のその後

これは結果論なので、何とも言えませんが、当時Rくんのために保有していた銘柄を売却したのは以下の企業達でした。

  1. ピーシーデポ
  2. KeePer技研
  3. フジ・コーポレーション
  4. 日本BS放送

そのなかでも、ピーシーデポ。

これは、チャートを見ると良く分かるのですが、私が売却した直後に暴落しています。

正直、ピーシーデポをメインに当時は保有し3バーガーくらいになっていました。

この直後に暴落したのは、ピーシーデポが高齢者に多額のオプションをつけ大問題になるという事件があり暴落しました。

覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

きっと、あの時売却しなければこの暴落に巻き込まれていたのは間違いないし、売却できて良かった!

と思いますが、どのみちお金消えているんですけどねw(笑い事ではない…)

結論

それで、何が言いたいかというとお金は全てを変えてしまうということです。

これは身をもって経験しました。

TKO木本さんも、関係者からは非常にまじめな方で巻き込まれた形だと擁護する人も多かったです。

後輩芸人さんや周りの方からも、木本さんなら信頼できると言って投資を取りまとめていた方を紹介されていたのかもしれません。

私だってR君を心から信頼していた。

いや、途中からは彼に、頑張ってほしい、持ちこたえてほしいと応援していたのかもしれません。

きっと、事業に失敗したのは本当です。

そんな小さなお金をかき集めて飛ぶような人ではないと思うし、そんなお金で縁を切るものでもないと思うから。

でも、どこかで戻ってきて、話してくれ、お金を小さくでも返してくれると信じている自分がいます。

それくらい、僕にとっては必要な存在だったのにと思うと悔しさとか悲しさとか様々な感情がこみ上げます。

もし、あなたの信頼している人がお金に困っていたら。

私と同じような状況だったら。この記事を読まれたら分かりますよね。

同情するなら、ポイントをおくれ。以上、ソラマメでした。

\ランキング参加中/

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)