資産運用

Zaif登録失敗談!仮想通貨初心者のあなたが知っておくべき登録方法

失敗しないZaif登録方法

この記事では仮想通貨の積み立てができるzaifへの失敗しない登録方法について紹介します。

この記事は仮想通貨だけでなくパソコンにも疎いあなたへ、同じく苦労した私の経験談からどこよりも親切なZaifの登録方法を伝えたいと思い書いています。

なぜこのようなことを記事にするかというと自身がzaifの登録に3日も悩まされ、同じような悩みを抱えてほしくないからといった理由からです。

この記事を通して忙しい30代やこれから仮想通貨をはじめたいと考えている方にとって間違えや時間をかけずストレスなくzaifに登録してもらうことを祈っています。

今回zaifに登録するにあたり、事前に準備するものと予め設定・確認しておいたほうが良かったものや失敗例と注意点を画像を使って共有出来たらと思い記事にしています。

安心してじっくりとご覧ください。

Zaif登録に必要なもの

  • パソコン
  • ネットにつながりEBサイトが見えるもの(当たり前か)
  • メールアドレス(Gmailがオススメ!アカウントのない方は先に取得しておく)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民票などを写真で撮ったりスキャナで取り込み送る必要があるため)
  • 銀行口座(ネット銀行が良い)

まずはZaif登録に失敗しないために上記必要なものを揃えて登録をスタートすることを強くおススメします。

失敗しないZaif登録方法

Zaifの登録方法は以下の通りですが、登録に苦労した私的に注意すべき点は赤文字特に確認するべき点はマーカーでチェックしてあります。

注意すべき点は、赤文字で表現しています
特に注意すべき点は、マーカーでチェックしてあります

分かりやすい表現をしていきますので、じっくり確認していき進めて下さい。

まずは、Zaif公式ページにアクセスしましょう。

失敗しないZaif登録方法1

画像の右下にある赤い枠部分に取得した、もしくはすでに取得しているGmailメールアドレスを入力し無料登録へをクリックしてください。

失敗しないZaif登録方法2

無料登録へをクリックするとこの画面に切り替わり、先程入力したメールアドレス宛にメールが届いていているはずです。

失敗しないZaif登録方法3

記載されているURLを押すと下記画面になるのでユーザー登録をするために基本情報を入力していくためにクリックします。

失敗しないZaif登録方法4
まずは利用規約と重要事項説明を押すと矢印のチェック欄にチェックが入りますので続いてパスワードを入力します。

仮想通貨は以前にもニュースになりましたが、まだセキュリティが万全とは言えませんので私はパスワード英語の大文字や小文字、数字などを組み合わせて作成することをオススメします。

私はめちゃくちゃ強度を高くしてパスワードを決めましたが、同様にパスワードを決めていただき同意して登録を押します。

ちなみに基本情報で聞かれることは

  • 個人か法人か
  • 国名※在住国
  • 名前・フリガナ
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所(都道府県市区町村・番地※マンションの場合は部屋番号まで)
  • 連絡先電話番号
  • 使用言語※サポートやメールでのやりとりにご希望の言語を選択
  • 職業
  • 取引目的
  • 外国PEPsに該当しますか…ここは「いいえ」でOKです。

そうすると基本情報の登録が完了するのですがお取引を開始するに、

  • 運転免許証
  • スマホ(カメラとして利用)

この2つを机の上に準備してから本人確認手続きをクリックしてください。

失敗しないZaif登録方法5

実際に進んでみるとこのような画面になります。

失敗しないZaif登録方法6

こちらでは表面と裏面の運転免許証の画像データをアップロードして送らないといけませんので、自分の運転免許証をお手持ちのスマホで表面・裏面両面の写真を撮影し、それぞれ表面・裏面をアップロードしていってください。

登録をして1日経過するとgmail宛に本人確認の申請を完了し審査が開始されている状態なのでハガキを待ちましょう。

失敗しないZaif登録方法8

2段階認証で注意したいこと

私が最も苦戦した部分はZaifの2段階認証についてですが、「スマホの正確な時間設定」っと「制限時間内にトークンが入力」がきちんとされていないとできませんので注意してください。

今回は失敗したポイントを順を追って説明していければと思いますので詳しくは下記手順をご覧ください。

お手元に用意するのはこれだけです。

  • パソコン
  • スマホ
  • 正確な時間(時報)
失敗しないZaif登録方法10

まずは2段階認証ページに移動すると上記のようなページが出てきます。

スマートフォンでApp Store(iPhone)もしくはGoogle Play Store(Android)より、2段階認証アプリをダウンロードしてください。

私はgoogleの2段階認証アプリを導入しました。

2段階認証アプリを開くとQRコード読み取ることができるので上記ページのQRコード部分にQRコードのアプリを開いて読み取りをさせると、Zaif専用の2段階認証コードが現れます。

説明ページを読むと、「アプリに表示されるトークンをフォームに入力し、初期設定完了です」と記載があるのですが、私の場合表示されているトークンを入力すると…

失敗しないZaif登録方法9

「確認に失敗しました。アカウントとトークンを再度確認してください」

という文字が。。。

トークンは2段階認証アプリの画面に表示された6桁の数字で、一定の時間を経過すると表示されている数字が切り替わってしまいますので、スマホからPC入力をするタイミングに問題があるのかと思い再度入力をしました。

すると。。。

「確認に失敗しました。アカウントとトークンを再度確認してください」

なにやら不穏です。。。

そしてこの後1日同じようなことを繰り返しZaifから送られてくるページは、

「確認に失敗しました。アカウントとトークンを再度確認してください」

もうあきらめて、Zaifのお問い合わせページに確認することにしました。

スポンサーリンク

2段階認証失敗の原因はスマホとPCの時間設定

失敗しないZaif登録方法11失敗しないZaif登録方法12

このお問い合わせのメールの中では、

  1. アプリに表示されている最新のトークンをPCに入力すること
  2. アプリおよび本体の時間設定が正しくされていること

この内容の「アプリおよび本体の時間設定が正しくされていること」に気づいた私はスマホの時間とPCの時間を見ると…違う!2分もズレがありました。

そしてアプリとPCの時間設定を時報を確認し正しいものに双方セットし、再度トークンを入力すると、見事に2段階認証をセットすることができました。

Zaif Exchange口座開設するために必要な本人確認

Zaifの口座を開設するには本人確認として「電話番号登録」「本人確認書類」「本人確認コードの入力」の3つの登録が必要で、本人確認書類については前述した免許証でできているはずです。

電話番号登録はSMSで6桁コードを入れるだけ

電話番号登録についてはZaifにログインしアカウントから本人確認→電話番号認証のページをクリックし、電話番号を入力して送信ボタンをクリックするとコード送信画面が表示されます。

同時に入力した携帯電話あてにSMSで6桁の認証コードが送られてくるので認証コードを入力して登録ボタンをクリックすれば完了します。

確認としてアカウントページで電話番号認証にチェックが表示されていればOKです。

本人確認コードは郵送物のコードを入力するだけ

本人確認コードとは身元確認をされたのちZaifから発行してもらう固有コードのことで、届いたらZaifにログインしアカウントから本人確認→本人確認コードページをクリックします。

失敗しないZaif登録方法13

すると自分の個人情報の下の赤色の欄にコードを入力することができるので、郵送物のコードを入力し送信ボタンを押せば完了です。

失敗しないZaif登録方法14

これで仮想通貨の取引をすることができるようになります。

スポンサーリンク

まとめ:失敗しないzaif登録方法はPCとスマホの正確な時間

この記事は仮想通貨積み立てをはじめたいけどパソコンに疎いあなたに向けzaifに登録するには事前に準備するものと予め設定・確認しておいたほうが良かったということについてまとめ、失敗しないZaif登録方法についてまとめました。

今回私が長く時間をとってしまったのが、二段階認証の部分でそれ以外は以外とどなたでも必要なものを準備できていればスムーズに登録はできるのではないでしょうか。

これはほかの登録にも言えることかもしれませんが、ほとんどの登録者にとっては簡単なことでも、ちょっとした引っ掛かりで先に進めないとあきらめてしまったり調べてもなかなか出てこないことが多くあるかと思います。

その点では今回の記事の中では、「確認に失敗しました。アカウントとトークンを再度確認してください」というスマホとPCの時間設定というところまではなかなか説明している記事がありませんでした。

特にそこで行き詰った方にとって有益な記事になれば幸いです。

仮想通貨は爆発的な上昇で一気にブームになり、コインチェックの問題で一気に冷え込み、そしてこれからまたブームが来るのか、それとも衰退していくのかいまは様子見の状況かと思います。

この時期だからこそ、大きな値動きに翻弄されることなく地道にスタートできる時期がいまではないかと思い、私も仮想通貨の積み立てをはじめることにしました。

これから仮想通貨積み立てを考えている方がいたら、ぜひこの記事を参考にしていただき私と同じく仮想通貨の積み立てをはじめましょう。

私も資産運用の報告記事などで仮想通貨の運用報告についてもまとめていきますので、またご覧ください。

▼私が積立をはじめたZaifはコチラから登録できます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です