給料・ボーナス

年収ダウンを回避!30代の転職活動で困らない給与交渉術

年収ダウン回避する給与交渉述

転職活動を進めていくうえで欠かせないのが「年収」。

30代の転職となると年収ダウンは回避したい…

けど、給与交渉をすれば採用担当者の印象を悪くするのではないかと不安を感じる人もいるはずです。

このブログの筆者である私も30代半ばで転職を経験しましたが、年収については非常に悩みました。

転職によっては、年収アップもあればダウンもある。

特に年収ダウンについては回避できる交渉術があれば、最小限に食い止められる。

今回は、給与交渉を考えている転職を希望しているあなたに、給与交渉のタイミングや話すポイント、注意点などについてご紹介します。

異業種の転職で年収ダウンの可能性がある30代転職者の方、面接などで給与交渉について不安を抱えている方はぜひお読みください。

年収ダウン回避のため転職活動では給与交渉する

面接を進めていく上で内定前に企業から給与や年収について提示されることがあります。

そこで「給与交渉をしていいか」と言われれば、必ずするべきだと私はアドバイスしています。

あなたは高額なモノを購入するときに値段交渉しますよね。

人材も一緒で、転職活動の際、応募した企業の年収に対して給与交渉することは間違ってはいません。

ましてや30代の転職などでいったら、ある程度家族を養ったり家計のウエートは大きいはずです。

詳しく話のを詰めなければ今すぐの生活設計も将来の計画も立てられません。

それだけ転職者の年収は大事なことなので、給与交渉してはいけないなんていってられないので、必ずするべきです。

提示された年収が前職と比較しダウンする場合、自分のキャリアと見合わないと感じるのであれば、給与を上げることができないか、聞いてみると良いです。

これまでに培ったキャリアやスキルを活かせると判断でき場合は即戦力として活躍できる転職フィールドがあるはずです。

自信をもって言えないのが日本人の奥ゆかしさかもしれませんが、30代、死活問題のお金なのできちんと給与交渉をしましょう。

しかし、転職すれば給与が上がるとは限りらず転職で年収が下がってしまうというケースもあります。

そんな時もきちんと給与交渉することをおすすめします。

給与交渉のポイントをつかみ年収ダウン回避

年収ダウンを回避したい場合、転職活動での給与交渉のポイントを上げるとすれば、『タイミング・話し方・伝え方』この3点に気を付けないといけません。

やみくもに、上げてほしい、お願いする、逆ギレするなどは絶対に企業の心を動かしません。

まずは、希望年収を伝えるときは切り出すタイミングに注意して、あなたの経験やスキルを採用担当者にプレゼンする必要があります。

給与交渉のタイミングととしては一通り面接が終了し、逆質問に入った際に切り出すのが最もベターなタイミングといえます。

面接官からの「何か質問はありますか?」という質問が給与交渉しやすい一番のタイミングです。

ただし、「いきなりお金の話か」と思われてしまうと敬遠されてしまいます。

まずは、詳しい仕事内容などや会社の方針などを確認して、自分がアピールできそうな経験や使えそうなスキルを話ができる準備をしておきましょう。

その後で切り出すとことをおすすめします。

話し方としては、素直に「給与について求人情報は拝見しましたが腰を据えて働きたいというい棒があるため、確認のために今一度教えていただけないでしょうか」くらいの質問の仕方が良いです。

給与体系全般に関する質問ののち、具体的な交渉に進めていきましょう。

 

伝え方については、強気すぎず、弱気すぎず、冷静に話をするのがポイントです。

私は給与面以外にも聞きたい逆質問については手のひらサイズのノートにしたためておき、面接に挑みました。

実際に、忘れてしまった時もそのメモを見てよいか面接官に確認し、質問させてもらいまった経験もあります。

スポンサーリンク

印象が悪くならない転職活動時の給与交渉の成功例

年収ダウンを回避するための給与交渉として、印象が悪くならない方の圧倒的な特徴を1つ上げると、『自己分析がしっかりされている方』これにつきます。

給与の内訳はその1つ。

現職の給与を聞かれたとき給与交渉でうまい方は自分の基本給がいくらであること、残業代、ボーナスが基本給の何ヶ月分、その他手当を含めで年収がいくらということを把握しています。

給与の交渉時に、基本給は転職時に頭打ちの可能性があっても見落としている(人事としては見落としてはいけないのでしょうが…)含まれる手当があるかもしれません。

残業代についてもみなし残業などといった制度が会社によって違うので確認することで年収ベースが変わる可能性もあります。

また先程の逆質問で自分のスキルや経験をアピールできる下準備をされた方は現職のスキルや実績を根拠に給与アップを具体的に伝えることができます。

そういった、自分の武器を理解している方は、年収ダウンを少しでも回避できる給与交渉がうまくいく成功例の人と言えます。

 

反対に面接官の印象が良くない給与交渉のNGは、能力過信や求人情報からかけ離れた希望を持つ方、待遇面ばかりを話される方です。

十分に気を付けましょう。

給与交渉前に正しい面接対策が30代の転職には必要

給与交渉は転職にとって非常に大事ということを上記でもお伝えしましたが、給与査定される際の面接対策をしっかりとっているかも非常に大切なポイントです。

転職のメインは履歴書や職務経歴書ではなくやはり面接。

面接の結果如何では、給与の査定も変わってきます。

反対に正しい面接対策ができていないだけで給与査定は下がる可能性は大いにあります。

せっかくスキルや経験もあるのにたった数時間の面接での対策がされていないだけで年収ダウンを食らってしまうのは非常にもったいない。

給与前には必ず正しい面接対策ができているのかを確認して面接に臨んでください。

特に30代の転職者には当たり前だと思い込んでいる非常識がある場合もあるので注意してお読みください。

あわせて読みたい
年収ダウン回避する給与交渉述
年収ダウンを回避!30代の転職活動で困らない給与交渉術転職活動を進めていくうえで欠かせないのが「年収」。 30代の転職となると年収ダウンは回避したい… けど、給与交渉をすれば採用...
あわせて読みたい
異業種の面接
【人事部が総括】異業種の面接で30代の転職者が採用をもらう方法この記事では現在人事部で30代の異業種希望の転職者を多くしている私が、面接で採用をもらうための方法についてお伝えします。 これまで...

スポンサーリンク

年収ダウンを回避できた!転職エージェントで給与交渉

給与交渉なんてしていいのだろうか不安なあなたや、印象が悪くなって質問できないと思っているあなた。

そんなあなたには転職エージェントの活用をおすすめていします。

\無料の転職相談!登録カンタン/

DODAエージェントサービス

転職エージェントから求人を応募をすると、転職希望者の代わりに給与を交渉してくれます。

転職エージェントは転職サポートのプロ。

ですから企業との交渉に慣れていますし採用担当者にネガティブな印象をもたれるリスクも減らせます。

転職エージェントから給与交渉をしてもらう場合は、「最低いくら」「可能な額」と希望年収をはっきりキャリアアドバイザーから紹介してもらえます。

また、転職エージェントに依頼するメリットは、応募先の企業の給与水準がわからなくても専任キャリアアドバイザーが年収を提示してくれます。

自分のキャリアやスキルに見合った金額を設定し給与交渉を依頼してみましょう。

あわせて読みたい
未経験職種はDODAエージェント
未経験職種に30代でも転職できるDODAエージェント5つのメリット 未経験の職種への転職に悩む30代のあなたへ。 この記事ではDODAエージェントで未経験職種へ転職できた実体験をもと...

年収ダウンでも転職する際に確認しておくべきこと

お金はとても大切です。

しかし、それ以上に大切なのは転職において何のための転職なのかが明確になっていることです。

特に年収ダウンを伴う転職については家族の理解と転職することで身につくスキルについては必ず確認しておくべき事項です。

ただやりたいを叶える転職、今の環境が嫌だから転職、ではなく転職について確認しておくべきことはおさえておきましょう。

あわせて読みたい
年収ダウン30代の転職
年収ダウンでもOK!ここだけ確認できれば30代の転職は成功する年収ダウンでもここだけ確認できれば30代の転職は必ず成功できる。 30代の転職では20代の転職とは違い、特に年収ダウンについては非...

スポンサーリンク

最後に:正しい給与交渉をして実りある転職を実現する

年収ダウンにつきましては正しい給与交渉があれば実りある転職を実現することが可能です。

反対に正しく給与交渉をしないと、実りある転職をすることは難しいです。

それだけ給与は大切。

年収ダウンになった時でも焦らずゆっくりと…。

もし年収ダウンになってしまったら少しでも許容範囲内の年収になるように交渉しましょう。

そして自分をしっかりと見つめ、面接対策をすることで少しでも印象良く年収を上げてもらえる存在になるように自らを把握するように努めましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です