茶すすり処(column)

スマホが破損する前に!壊れてわかったリスクともしもに備える方法

スマホの破損リスク

スマートフォン、元気ですか!!!

どうも、30代にしてスマホのありがたみを痛感しているスマホブロガー、ソラマメです。

ポケベルの時代から折りたたみのガラケー、そしてスマートフォンへと時代が変わりましたが、人生はじめて通信機器を破損させてしまいました。

スマホは今回で3代目なのですが、購入してたった二週間。。。

まさに「R.Y.U.S.E.I.」のように地面にまたたくまに煌めき私の液晶画面はちりばめられました。

 

ってうまくないわい!!!

 

そんな冗談が言えるほど心は落ち着きましたが、スマホを破損させてからの一日はあまり記憶がないくらい落ち込んでいました。

 

これまで全く考えていなかったスマホを破損してしまった時のリスク。

30代にしてはじめてスマホの大切さを実感した数日となりました。

今回は改めて30代からのスマホを破損してしまうことによるリスクをまとめる記事となります。

スマホを破損させたことがないあなたにぜひお読みいただきたい記事となります。

もし、スマホを破損させたことがあるあなた。ぜひ一緒に涙してお読みください。

スマホの破損リスクに必要なバックアップと保険

今回はじめてスマホを破損して実感したのは、まずバックアップの必要性です。

お世話になっている先輩ブロガーのSatoshi@Macブロガー (@satoshigarage)さんからはいつもバックアップの大切さを教えていただいております。

実は私のブログも素人レベルではいじくってはいけないところを修正しブログが真っ白になり私の頭も真っ白になった時に助けてくださったのが、Satoshi@Macブロガー (@satoshigarage)さんでした。

私はアンドロイドスマホを使用していますが、AndroidにはOS標準装備としてバックアップは「設定」アプリの「バックアップとリセット」で行うことができます。

Googleアカウントがあればサクっとできてしまうのであらかじめ設定しておけばよかったのですが、お恥ずかし話、知りませんでした。

また、今回のアンドロイドのスマホの破損の修理代は…

25,232円。

私が購入した金額と同様の金額になり、修理会社から電話口で料金を伝えられた瞬間まじで悩みました。

もう…新しい方買った方が楽やん。って・・・。

それほど代償の大きなものに関してはきっちりと保険をかけておくことが必要でした。

あびとも (@abitomo1984)さんの言う通り、クレジットカードのショッピング保険や火災保険の携行品損害保険は、修理代補てんの対象になる可能性は非常に高いです。

世間にはモバイル保険公式サイトなんていう保険もあるようなので、しっかりと見極め入ることが必要だったなと後悔しています。


iPhoneの修理なら自分で修理.com
がおすすめです。

画面が割れてしまった、バッテリーの持ちが弱くなった、たとえばそんなiPhoneで悩んでいる方。

最短3分の作業でiPhoneは生まれ変われる可能性もあります。

詳しい動画マニュアルや画像マニュアルも完全配備しております!

iPhoneを修理するなら、修理キット販売数日本一の自分で修理.com
が断然をおすすめします。

上記のように情報面や金額面ではバックアップと保険といったものを取り入れればクリアできるかというと、スマホを破損してから困ってしまうことはまだありました。

電話よりLINEでの連絡ができない

今回スマホを失って、スマホ=電話やネットではなくもはや私の頭脳になっていたんだと痛感したので次にまとめていきますが、なんといってもLINEは大きいです。

もはや電話帳よりもLINEで連絡が取れなくなるほうが痛いと思える時代になってしまっていることに気づきました。

今日も嫁さんに「今から帰るね~」と代替え機から連絡しようと思ったのですが、アカウントを移行していないため戻ってくるまでLINEでの連絡が取れなくなっています。

じゃあメールでいいやと思ったのですが、LINEに慣れてしまっているため、スマホ移行時にメルアドを登録することをやめたため、電話以外の連絡手段がなくなりました。

どれだけLINEに頼りすぎていたのかを痛感し、改めてLINE以外の連絡の方法を話し合うよい機会にはなりましたが、こんなにもLINEに頼っていたのかという複雑な気持ちになりました。

スポンサーリンク

金融機関の二段階認証が解除できず

実は、スマホを破損する前から仮想通貨の投資や新たな金融商品の購入を検討していたのですが、金融機関の二段階認証システムが破損スマホで登録しているため一切できなくなりました。

いまはそういった面ではセキュリティがしっかりしているのでメリットかもしれませんが、スマホが破損した瞬間。

面倒このうえ極まりないです。

何をするにも「二段階認証がとれません」「二段階認証ロックを外してログインしてください」といった人情もないエラーメッセージばかり送られてきます。

 

こっちははずしたくても外せないんだ~。

 

と言いたくなりますが、セキュリティ面からしたら非常に信頼が持てるサービスなので何とも言えません。

紛失してしまった方や私のように破損してしまった方にとって温情サービスが今後できることを祈るしかありません。

それほどスマホを破損してしまうことで手続きが面倒になるサービスは今後も増えることでしょう。

IDやパスワードが思い出せない

ネット時代、ID登録やパスワードは覚えきれないほど各々お持ちだと思いますが、そのIDやパスワードもスマホで管理をしていたので液晶が壊れわからなくなりました。

いまはいろんなものにIDやパスワードが必要な時代で人の脳で記憶しておくのも限界がきている時代にとってスマホはよき相棒的な存在なのでしょう。

これまではスマホの使い方も取り扱い方もなんとなく接してきました。

しかし修理されて戻ってきたら、今度からは大切に扱うようにしなくていけません。

スポンサーリンク

ブログが更新できない

私は記事の90%をスマホで書くスマホブロガーなのですが、見出し通りスマホを失いましたので記事が書けなくなりました。

小説家でいえば紙とペンを失くしたもの。

まさに致命的です。

この記事はPCで書いていて、それはそれでPCで書くメリットも実感しています。

しかし、やはり通勤時間や空いている時間作業ができるスマホにはとても魅力を感じていましたので、スマホで記事更新ができないストレスはここ数日抱えています。

この記事もPCで書いているので、いつもよりも雰囲気はちょっとだけ違うかもしれません。

まぁ高額請求が来ることへ意気消沈してしまっているだけかもしれませんが…。

でも。

♪Baby boy わたしはここにいるよ どこもいかずに書いています。

今回はPC100%の記事でお送りしていますが、もう新しいスマホが戻ってくれば通常運転再開する予定です。

まとめ:スマホは自分の一部化しているので慎重に考えてあげるべきバディだ

いかがでしたでしょうか。自業自得とはいえ、まだ心に傷を負っています。

二段階認証もセキュリティ面では安心ですが、スマホ破損時にはものすごく不便で、やりたいこともここ数日全くできておりません。

嫁さんから毎日のように送られてきた息子の写真のLINEもストップされ癒しがなくなりました。

IDやパスワード、趣味のブログといい、それだけスマホには個人に必要なものがつまっていたということをあなたも実感していただけたのではないでしょうか。

ずずず (@zuzuzuwork)さんもおっしゃっていますが、実は私の初めてのブログ収益金の8,000円は見事に交通違反金として消え去りました。

そして先月のブログ収益は先月よりも約30,000円もアップした月でしたので、まぁ見事に修理代に消えていったわけです。

神様は「そんな早く急いでいかなくてもいいんだ」と、きっと私に試練を与えてくださっているのではないかと反省しました。

やっぱり高額、大切だと思える商品には補償はつけても良かったのではないかと猛省しています。

これはそれぞれの考えがあるからなんとも言えないと思いますが、もしものの時でも時間はただ過ぎていってしまいまうので、もしものリスク時の対応はやはり必要だと感じました。

少し前に保険やさんに進められた家財保険とか今になって検討、入っておけばよかったかなと後悔しています。

ただ、今回はメルカリで購入した商品だったので恐らく対応は難しかったかもしれないので、大切なものはやはり正規の店で購入するべきでした。

すべての反省をふまえスマホの破損などもしもの時の為にしっかりとしてリスクに備える。

もうあなたとスマホの関係は離れられない関係にあるのだから。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です