生活オススメ

【しまじろうプレイパーク】混雑時間や注意点まとめ

しまじろうプレイパークまとめ

この記事はこどもちゃれんじでお馴染みの、しまじろうプレイパークに行ってわかった混雑時間や注意点などについての記事です。

限られた子供の遊戯時間をじっくりと確保するためには有益な記事となりますのでぜひご覧ください。

しまじろう大好きな息子をもつ我が家も、先日しまじろうプレイパークにいってきました。

週末ということもありものすごい人で完全になめていました、完全に。

同じようにちょっとした子供向けのイベントくらいで考えているパパママさんに向け失敗したことをこの記事でまとめています。

混雑や事前準備があればとても楽しく遊び学べるコーナーがたくさんなので、ぜひ参考にしてみてください。

しまじろうプレイパークとは

しまじろうプレイパークしまじろう

しまじろうプレイパークは自分の住んでいる地域を巡回してくれる新しいタイプのプレイパークです。

北海道を除く全国を巡回する施設なので、開催されている時期と施設を確認する必要があります。

巡回スケジュールは以下のようになっています。

【関東】

  • 9/15〜11/25 軽井沢おもちゃ王国
  • 8/10〜8/20 京王百貨店 新宿店

【中部】

  • 3/7〜7/1 日本モンキーパーク

【近畿】

  • 7/18〜7/29 あべのハルカス 近鉄本店
  • 12/26〜19/1/7 近鉄百貨店 四日市店
  • 19/3/16〜6/23 東条湖おもちゃ王国

【中国・四国】

  • 7/14〜19/2/24 おもちゃ王国

内容はすべて一緒なので下記はすべてのしまじろうパークに共通していることを中心に書いていきます。

しまじろうプレイパークには何があるのか

しまじろうプレイパーク概要

しまじろうプレイパーク内ではしまじろうたちが暮らす「ちゃれんじ島」の世界が広がっています。

それぞれのコーナーでは体験できる内容が違うのであらゆるのを楽しみながら学ぶことができます。

コーナーは以下の通りです。

  • しまじろうのちゃれんじ園
  • みみりんのちゃれんじ商店街
  • とりっぴいのおうち
  • にゃっきいのドキドキ森・ちゃれんじ海岸
  • ガオガオさんのふしぎ堂
  • はなちゃんの遊び場
  • ちゃれんじ広場
  • こどもちゃれんじライブラリー

※遊びの内容は予告なく変更になる場合があります。

スポンサーリンク

しまじろうプレイパークの混雑時間

混雑する時間は10時から10時30分

しまじろうプレイパークが混雑する時間は10時から10時30分ごろでしたのでその時間を避けることをオススメします。

さすが子供向けイベントだけに午前中は激混みでした。

でも朝からお弁当作って、着替えさせて、トイレいかせて、支度して、移動してとなるとやはり時間がかかってしまい結局10時くらいになってしまいます。

しまじろうグリーティングとショーを避ける

しまじろうプレイパークスケジュール

しまじろうプレイパークにはグリーティングとしまじろうのショーがあります。

直接しまじろうに会えるのでそこに殺到することが多いのですが、もしそれぞれのコーナーが混雑している場合はグリーティングの時間やショーの時間に子供を遊ばせたほうが良いです。

コーナーとしまじろうのグリーティング両方楽しみたい方はオープン直後に行くことをおすすめします。

しまじろうプレイパーク人気コーナー

しまじろうのプレイパークには様々なコーナーがありますが特に人気のコーナーは次の3つです。

にゃっきいのドキドキ森・ちゃれんじ海岸

しまじろうプレイパークにゃっきい

子供が大好きな「ふあふあ」。

身体を動かして遊べるコーナーで、ちゃれんじ海岸では大きなクジラやボールプールで思いっきり身体を動かせます。

ドキドキ森にはゴムの木が沢山あり探検心を育みます。

ちゃれんじ海岸側から靴を脱いで入りドキドキ森に出口があるという設定なので少しわかりづらかったです。

我が家が入ったときには超混雑していたので入場制限がかかっていましたがある程度の時間になると入れ替えされるので息子も遊ぶことができました。

※にやっきいのドキドキ森・ちゃれんじ海岸は2才以上から遊べるコーナーなので注意が必要です。

ガオガオさんのふしぎどう

しまじろうプレイパークガオガオさん

がおがおさんのふしぎどうは、大人も子供も不思議を体感できるコーナーでした。

迷路のパイプ電話では親子で会話できたり、踏むと音が鳴る鍵盤ではたくさんの子供が遊んでいました。

特に壁に描かれた室内の絵の中に金属探知機をあてると音が鳴るコーナーは大人の私もなぜ?と思える仕組みで楽しかったです。

ロボット前のマイクに声を発するとロボットみたいな声が出せるコーナーではキャハキャハいって遊んでいました。

さわって探そう!いきものハンターコーナーでは、黒い部分に手をあてると虫の絵がでてきます。

子供が不思議がって何度もやっていました。こどものなんで?を育てるいいコーナーでした。

みみりんのちゃれんじ商店街

しまじろうプレイパークみみりん

みみりんの ちゃれんじ商店街ではお店屋さんごっこができるコーナーで、スーパーマーケット、パン屋さん、アイスクリーム屋さんどれも本格的でした。

パン屋さんのパンはめちゃくちゃリアルで好きなパンわトレーに乗せ、レジ打ち体験ができます。

スーパーマーケットには買い物カートが用意されていて、野菜やケーキ、果物など買い物ができます。

こちらにもレジコーナーがあり、息子はずっとレジ打ちに没頭していました。

しまじろうプレイパークの注意点

トイレで一旦退場しても再入場できない  

しまじろうプレイパーク再入場

しまじろうプレイパークにはトイレがありません。

トイレに出てしまうと再入場ができないと言うなんとも過酷な条件があり、オムツが取れて3歳の息子を持つ我が家としてはとても過酷な条件でした。

とは言うものの興奮して遊ぶ息子の水分補給のことも考えないといけないのでいつトイレに行きたいと言うかヒヤヒヤしながら見ていました。

さすがに2歳くらいまでの子供にはオムツ替えコーナーや授乳室がありましたが、トイレでも再入場が認められないイベントに驚愕。

子供にも大人にも辛すぎる条件なのでベネッセさん、なんとかしてもらえないですかね…

グッズねだられる

しまじろうのプレイパークの出口にはしまじろうグッズコーナーおよびこどもちゃれんじグッズ売り場があります。

ここをすんなり通り抜けることはどこの家庭でも不可避でしょう。

我が子も「あれが欲しい」「この子連れて帰るっっ!」とダダこねていましたが、我が家だけでなく他の家庭でも同じような状況でした。

どこのイベントでもあるかと思いますがこういう時こそ予め対処法か必要です。

我が家ではチャイルドシートめんどくさいは絶対ダメ!誰でも楽しく子供を乗車させる方法でも使っていますが、おもちゃ作戦で子供をなだめました。

我が家では予めこどもちゃれんじでもらっていたおもちゃをひとつ抜いておいてこういうときに渡すようにしています。

子供からしたら新しいおもちゃで嬉しいですし、大人からしても無駄な出費を押さえることができるのでめちゃくちゃオススメです。

プレイパークでしか買えないグッズは要検討

しまじろうプレイパーク会場限定商品

出口付近でのグッズコーナーは「しまじろうのわぉ」グッズをはじめ通販で買えるグッズもありますが、会場限定のグッズもありました。

イベントの記念や子供のプレゼントに特別なものは買ってもいいかなと思いますが、どれも魅力的な商品が多いので悩みどころです。

こどもちゃれんじはやってて良かった

メインは「こどもちゃれじ」から

しまじろうプレイパークで出てくるのはこどもちゃれんじで学んだ小さなお友達があいてにしれくれます。

例えばしまじろうが大型ビジョンに出てきて子供たちと一緒にダンスやかくれんぼをする時間があります。

そこで最後にみんなと踊る歌は、こどもちゃれんじのDVDで必ず最後にやる「世界はパラダイス」でした。

こどもちゃれんじをこよなく愛する子供はノリノリで踊っていましたが、こどもちゃれんじをやっていない子供にとってはぽかーんという感じでした。

友達の誘いでライブに連れてこられメジャー曲で盛り上がっているのに自分だけ乗り切れないあの感じ…。

そういう気分の子供もいたのではないでしょうか。

その他にもガオガオさんやその他のサブキャラクターたちもこどもちゃれんじをやっていると分かる子たちが多かったです。

教材を通して学べるこどもちゃれんじの凄さ

我が家は嫁さんと相談をしてこどもちゃれんじを0歳からはじめました。

当時は毎月かかるコストを気にして否定的な考えを私は持っていたのですが、結果的にやってよかったと実感しています。

特によかったと思える点は次の通りです。

  • 月例に応じた知育をしてくれる
  • できた!が自信と安心につながる
  • 定期的に教材が届くのでオモチャを買わなくてすむ
  • 中にはクオリティの高い教材も

こどもちゃれんじの良いところは子供の成長に合わせて教材が届けられるところでした。

その甲斐もあり我が家の息子は数字も平仮名も楽しく学べており、3歳にしては言葉の覚えが早いのではないかと思います。

また子供の成長って不安じゃないですか。

隣の子供とどこか比較して「うちの子供は大丈夫かな」とかいろいろと考えてしまう。

それでもこどもちゃれんじの教材で日々の成長が見れることや親向けについてくる冊子なども見ると子育てに安心できました。

そして我が家ではほとんどおもちゃを買わずに定期的に届く教材を子供が楽しみにしてくれています。

なかには、「こんな優れたものがあるのか」というハイクオリティな教材『はてなんだくん』というものがあります。

このクオリティの教材も届いて年間2万円ほどと考えれば我が家では大満足の教材でした。

詳しい金額は月齢によって違いがありますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

さいごに

しまじろうプレイパークさいごに

この記事ではしまじろうプレイパークを楽しむための混雑時間や注意点などについてまとめていきました。

小さな子をもつ30代のサラリーマンにとって、子供との時間は仕事などを忘れてその笑顔や仕草、すべてに癒される時間なはずです。

今回のイベントにもたくさんのパパが来ていましたが、中には休憩コーナーで寝てしまったりぐったりしている父親もいました。

朝早かったのでしょう、前日の仕事の疲れが溜まっているのでしょう、それとも明日の仕事のため力を貯めている?!など様々な憶測を立てて見てしまいました。

確かに疲れる30代かもしれませんが、一生に一度しかない子供の成長を見れるのはこの一瞬しかありません。

限られた子供との時間を確保するためには、限られた時間を有益に利用し最大限に発揮する必要があります。

それは仕事でも週末の家族とのお出掛けも一緒なはず。

そのために私が今回実際にしまじろうプレイパークにいってわかったことを記事にすることで効率的に子供と関われるのではないかと思います。

家族とのかけがえのない時間のためにぜひご覧いただき、参考にしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です