資産運用

仮想通貨今からでは遅い…とビビるあなたでも無理せず貯めれる投資法

仮想通貨今からでも遅くない投資方法
サラリーマンA
サラリーマンA
「仮想通貨を今からはじめるってどうなのかな…。」
サラリーマンB
サラリーマンB
「あのとき仮想通貨を買っていたら…。」

仮想通貨の波に乗れず勝機を逃してしまったのは私だけではないはずです。
でもそんな仮想通貨、今からはじめて大丈夫なのかな…

いやいや、もう遅いんじゃないの?

やってみたいんだけどビビってしまって手が付けられない…。

仮想通貨の波に完全に乗り遅れながらも、「今から仮想通貨をはじめるのは遅すぎるのか?」という疑問を持っていませんか。

そんな仮想通貨の波に完全に乗り遅れながらもあきらめきれない筆者、30代サラリーマンブロガー、ソラマメです。

私は仮想通貨については初心者、ど素人ながらブームが落ち着いた今、本やブログで学び、仮想通貨への投資をはじめました。

将来のお金について悩み、「今からでは遅いのでは」とビビっているあなたでも無理せずできる仮想通貨の積立て投資法をお伝えする記事です。

特に、

  • 仮想通貨の波に乗れず買えなかった
  • 将来のお金に悩む30代
  • 仮想通貨をはじめたいからざっくり知りたい

そんなあなたに適した記事となりますのでじっくりご覧ください。

「仮想通貨を今からはじめるのはもう遅い」は本当なのか

(みんなの仮想通貨よりビットコインのチャートを引用)

仮想通貨を今からはじめるのはもう遅いのかといえば、今からはじめるのは遅いです(爆)

上記のような仮想通貨が爆発的な熱狂をみせた2017年頃のチャートを見ても、これほどの上昇がまた次にあるかといえばおそらくないと思います。

私も株式投資の経験がありますが、昔スマホゲームのパズドラの人気が爆発して株価がものすごいことになりました。

そのチャートをみて、「もうワンチャンくるかもしれない」と思い投資をしたことがあるのですが…。

あとはお察しください(ご臨終…)

ここまでを見たら、「やっぱり仮想通貨も終わってしまった」と思われるかもしれません。

ガンホーで失敗こいた私も最近まで仮想通貨に興味すら持てませんでした。

しかし、本当にこのままでいいのか疑問に思ったのでずっと心の中に仮想通貨がありました。

仮想通貨投資経験者の50%は「もうやらない」

雑誌『日経マネー』の調査で、仮想通貨に投資していた20~30代の投資初心者層で今でも投資しているのは17.2%だそうです。

8割りが投資経験しながら今ではやっていやいというのは驚きです。

そのほとんどはピーク時には2~5倍まで資産が膨らんだものの、今では約6割が含み損を抱えているとのことです。

恐ろしいです、仮想通貨。

50%の人が今後も仮想通貨投資を続けないと答えているようで、飛び乗ったらそこがピークだったという方が多かったのでしょう。

リスクが低い今からが仮想通貨をはじめる時期に最適

そもそもあの暴騰期に自分が仮想通貨をはじめたとして、売買できたかというとリスクを考え恐らくできなかったでしょう。

たとえば聞いたことのあるビットコインやリップルは何倍にも何100倍にもなったという夢の仮想通貨があります。

チャートだけをみたらものすごい暴騰っぷりで100万の資金が一気に2,000万円になるなんて「仮想通貨なんて楽勝w」と思うかもしれません。

しかし、これが毎日10%も上下する相場にいたら…。

きっと2,000万円になる前にリスクを考えどこかで離脱していたに違いありません。

そして寝上がる仮想通貨が欲しくなり飛び付いた途端に下落し含み損になるというガンホーような結果になっていたでしょう。

それほど急に上がったり急に下がったり不安定な相場だったことに違いでしょう。

前述のとおり仮想通貨で含み損を抱えている方は仮想通貨の怖さを知ってしまい手を出すことを諦めてしまいました。

そのことを考えれば、相場も落ち着き冷静に仮想通貨を考えられる今がリスクが低く、投資をはじめやすいと言えます。

改めて仮想通貨にできること

仮想通貨は「投資」というイメージが強いと思いますが色々とできることがあります。

たとえばよく耳にしたことがある『ビットコイン』ですが、

  • 投資
  • 決済
  • 送金
  • ファンディング

という4つのことができます。

created by Rinker
¥1,404
(2018/07/22 00:32:50時点 Amazon調べ-詳細)

仮想通貨投資は株と違い手数料がかからないメリット有り

例えばビットコインであれば株と同じように投資をする場合、手数料がかからないので利益が出やすくなります。

株は売買に関する手数料を証券会社へ支払わなくてはいけません(キャンペーンなどでかからない場合もあります)

反対にビットコインの場合は手数料がかからないので手数料を含めた損得を考えることなく売買ができます。

株式投資に比べ仮想通貨は投資の面ではメリットが大きいです。

仮想通貨で決済できる店舗は今後増加間違いなし

ビットコインなどの仮想通貨は「通貨」だけに買い物の代金を仮想通貨で支払うことができます。

ビットコインで支払いができる店舗はビックカメラをはじめ今後も増え続ける可能性が高いです。

支払いの流れも2パターンあります。

お店は支払者のビットコインを円に替えて送金し支払う方法と、ビットコインをそのまま送金する方法。

なので、ビットコインの価値が高い間に円に変換することでお店は差益を狙うことができます。

利用者である私たちは仮想通貨を持っていることで円かビットコインかを選択できます。

仮想通貨保持者はその時に価値が高いものを選択して決済ができるようになります。

投資だけでなく決済目的としてもこれからの時代、仮想通貨は使えます。

今後の普及の可能性を考えると投資以外の目的としても仮想通貨を持っているということがメリットになるはずです。

スポンサーリンク

今からでも遅くないローリスクで仮想通貨をはじめるには

まだ発展途上の仮想通貨では常に新しい情報が更新され、毎日見ていると恐らく嫌になってしまいます。

私のように子育てもしているサラリーマンには仕事の片手間に追うには負担が大きすぎるます。

そんなあなたにこそ、リスクの少ない「節約したお金」で「ほったらかし積立て投資」をオススメします。

私も節約など余ったお金を利用して相場を見ずにほったらかして仮想通貨を積立て投資しています。

節約したお小遣いでほったらかし積立て投資をおすすめする理由は、絶対的精神的ストレスをかけず継続していけるからです。

ただでさえ、一喜一憂の波が激しい仮想通貨投資。

活に関わる大切なお金や必ず使うお金に手をつけてしまうと下落したときの落ち込みと焦りが半端ないです。

それが節約で手にしたお金が仮想通貨で大化けしたら…気分よくないですか?

私はこの投資法で日常のちょっとした我慢で日常では味わえない大きな利益を目指していくことを目標にしています。

Zaifのコイン積立は少金額でほったらかし投資が可能

仮想通貨はいくらから投資できるかといえば、1000円から投資が可能です。

売買自体は取引所によってワンコインや1円から可能ですが、最初の入金時に最低1000円が必要です。

私はもっと高いイメージがあったのですが、お小遣いの節約レベルではじめられそうもと思い開始しました。

月1000円の金額でリスクを抑えて仮想通貨の投資ができるのZaifのコイン積立です。

Zaifのコイン積立では毎月定額4銘柄(BTC、ETH、NEM、BCH)の中から積立てしていくことができます。

ビットコインだけでなくイーサリアムのようにこれから実際に普及していきそうな仮想通貨に気長に投資することができます。

おこづかいの節約くらいのお金で積み立てるので大きなリターンは得られません。

しかし、少ないリスクで数年後に2~3倍のリターンを目指し長期でロングホールドをしています。

1通貨1,000円から積立てることができるので十分お小遣いの節約範囲内ではじめることができます。

スポンサーリンク

仮想通貨の積立てをはじめるための月3000円+αのお小遣い節約方法

ではZaifで仮想通貨の積立てをはじめるために例えば月3000円(できれば+α)の小遣いを節約するとしたら。

何から手をつけられるか以下の通り考えてみました。

日頃何気なく使っているお小遣いですがこれらの節約で「これならできそう」と思うことがあれば幸いです。

created by Rinker
¥1,404
(2018/07/22 00:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

毎日必ず飲む缶コーヒー代を我慢して月3000円+α節約

私の友達も無意識に毎日缶コーヒーもしくは缶ジュースを購入してしまうのだそうです。

しかし、1日130円の缶コーヒーをちょっとだけ我慢するだけで月3000円の節約は可能です。

また「30代既婚者・子供との時間を大切にしたい人向けな転職エージェント3社レビュー」でもお伝えしましたが私は前職、営業でした。

毎日のように缶コーヒーを購入していましたが、いまはDODAエージェントサービスに事務職に未経験で転職しました。

事務職になった今ではほとんど缶コーヒーを買うことがなくなりました。

ただ前職の営業時にも水筒でお茶を持っていっていましたし、どうしてもコーヒーが飲みたいときは事務所でコーヒーを入れて持っていっていました。

少しだけ手間はかかりますが、1ヶ月にすると結構大きな額になります。

初期投資として水筒やタンブラーを購入してでもはじめてみてはいかがでしょうか。

営業職については確かにトータル給与は高いですが、事務職を経験してこれほどハイブリッドな職種はないと感じています。

これを機に転職を検討してみるのも一つの手かもしれません。

1日5本タバコを少なくし月3000円+α節約

私は今は禁煙者なので、節約せずとしても仮想通貨の投資資金は作れます。

しかし、喫煙者の方にとってはお小遣いの半分がタバコ代だったりします。

1日1箱ペースの方であれば、1日5本少なくするだけで月3000円ほど節約することができます

れだけでなく健康も手に入れることができます。

以前「タバコ休憩ずるい!非喫煙者に転職を勧める理由とストレス軽減方法」という記事を書きましたが、タバコは百害あって一利なしです。

やめてお金が節約できるのであれば1日の吸う本数を減らすことはできるはずです。

喫煙者はちょっとした我慢で3000円捻出ができます。

しかもそのペースで本数を少なくすればするほどお小遣いは節約していけるのでこの機会にぜひ実践してみてください。

定期代を年払いにし半年間分の定期券購入するだけで月3000円の節約達成

「サラリーマン朗報!お小遣いを100%増やすたった1つのやりくり術」でも記事を書きましたがこの記事の通りい定期の半年購入はものすごく効果があります。

まずは会社への定期代を毎月もらっていたら、その費用を年払いにしてもらうように交渉します。

そうすることで例えば月に1万円のお小遣いであれば、一気に12万円手にすることができます。

そして、会社への定期券を毎月から半年分に変更することで差額分を手にすることができます。

無意識のジュース、タバコの量を減らすといったものより確実に節約できるお金ですので、誰でも苦労なくお金を節約できるはずです。

最初から月3000円もお小遣いを節約できないよ、と思っている方には定期代からはじめてみることをオススメします。

まとめ:仮想通貨は今からでも遅いことはない

この記事では、仮想通貨が今からではもう遅いと悩むあなたに、これから仮想通貨をはじめるメリットをお伝えしました。

そして、将来の資産作りにローリスクなZaifの仮想通貨の積立投資についてお伝えしてました。

仮想通貨の波に乗れず買うことができなかったあなたにも、仮想通貨をのできることを改めて理解頂けたはずです。

なかには「投資目的以外でも仮想通貨を持っても良いのかな」と思ってもらえたのではないでしょう。

仮想通貨への投資に興味はあるけど、今からはじめることに悩んでいても先に進みません。

そんな迷ったり悩んでいるあなたにZaifのリスクの少ない積立てという運用方法でまずは仮想通貨をはじめてほしいです。

▼私が積立をはじめたZaifはコチラから登録できます

Zaif登録において失敗しない登録方法をこちらの記事でまとめています。

詳しくはコチラを参考に安心してご登録下さい。

1番に伝えたいことは、仮想通貨の積立ては一段落ついている今からがおすすめということ。

あんなに過熱する暴騰期がないかもしれないし、コインの流出だってありえるかもしれません。

ブロックチェーンが普及する時間もまだかかるかもしれませんが、銀行にかわる時代もその何十年先にはあるかもしれません。

また、これまでは仮想通貨は日本だけが異常に盛り上がっていました。

これから他国でも盛り上がっていくことを考えらればまだまだ発展的だと考えています。

各国の規制が緩和されていけばじわじわと過熱していく可能性も秘めています。

その時にまたあの上がったチャートを見て、「あのときやっていたらなぁ…」なんて思いたくないじゃないですか。

万が一、下がっていくチャートを見て「自分の大事なお金が減って辛い」と思いたくないじゃないですか。

だからこそ、「お小遣いの節約」くらいの軽い気持ちではじめることが精神的に安定します。

そして少ない積立でもリターンを期待できるZaifの仮想通貨の積み立て投資をおすすめします。

数年後に「やっててよかった」と思える資産形成、これから一緒にしませんか。

一気に億を稼げるわけではありませんが、長い目で投資を学びながらZaifコイン積立で仮想通貨で堅実に資産を増やしましょう。

私もお小遣いがちょっと減ってもいいという気持ちと資産の倍増という大きな期待を胸に積み立てしていきます。

また資産運営報告もしていきますのでお楽しみに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です