イデコ(ideco)

会社員はイデコに加入するべき?上限掛金までの運用が将来の資産形成に絶対に有利

会社員のイデコについて

会社員のあなた、今日からイデコをはじめましょう。

この記事は将来のお金について悩みを抱える会社員。

そのお金に関する焦り、不安を解消できる制度のiDeCo(以下:イデコ)について会社員が本当に加入するべきなのかを検証する記事です。

定期預金の金利もほぼ壊滅状態の今日、将来の資産形成に悩む会社員は多いはずです。

私は30代半ばにして将来の貯金について悩み、焦りを感じはじめました。

自分の退職金のことや、貯蓄を増やしてしていくにはもう限界だとわかりつつも他に変わるものって何があるんだろうか…。

そんな中、イデコに加入をしましたが、結果、もっと早く加入していれば良かったと非常に後悔しています。

この記事で、会社員のあなたのイデコ加入条件を整理しスタートすることができます。

イデコを知ることでお金についての知識を賢く備え、なるほど!わかった!そして、「やってみよう」と思っていただける内容です。

イデコとはざっくり言うと60歳までお得にお金が貯められる

イデコまとめ老後資金

イデコとは個人型確定拠出年金と呼ばれるものです。

個人型確定拠出年金とは、個人が金融機関に口座を作り老後資金を作るもので、毎月積立てたお金を運用し続けて60歳になったら受け取れるという制度です。

ざっくり言えばイデコ加入者は、

  1. 金融機関を決め
  2. 投資信託など商品を買い60歳以降
  3. 非課税で受取れる

ということになりイデコは60歳までお得にお金が貯められるものというものです。

だから、みんなやろうよといっている訳なのですが…。

そのわりにできる人できない人の違いや掛け金の違いなどがわかりづらく、将来のお金には不安があるけどはじめづらい制度です。

そこで、ここではできる人と掛け金について簡単に説明します。

イデコに加入できる・加入できない会社員

イデコ会社員の加入条件とは

就業先に企業年金がない会社員は月2万3,000円までイデコ加入できる

まず勤務先に企業年金制度がない会社員の場合、掛金月23,000円を上限にイデコに加入することができます。

年間でいえばMAX276,000円になります。

会社に退職一時金制度や中小企業退職金共済などの退職金準備制度がある会社員の場合でも年間276,000円までイデコに加入できます。

約会社員の1/2が上限23,000円の会社員に該当するといわれています。

勤務先に確定給付企業年金がある会社員は月12,000円までイデコ加入可能

会社が企業年金制度のうち確定給付企業年金に入ることを薦めていると、イデコの上限は月12,000円、年間で144,000円です。

いまイデコ加入が増えているのは公務員です。

その理由は「退職金水準の引き下げ」が行われているからです。

公務員の賃金について近年見直しを行うための法律が成立され、国家公務員の退職金の段階的な引き下げが行われています。

こうした理由もあり以前では加入できなかった公務員も2017年1月から公務員もイデコに加入可能になりました。

公務員の掛金も上限は月12,000円までとなります。

それでも元本保証型の貯金でも掛金の全額が所得金額から控除されるおいしい制度なので、公務員のイデコはメリットと感じ加入は増えています。

会社員の3~4人に1人は確定給付企業年金がある月12,000円までのイデコ加入該当者となります。

勤務先に企業型確定拠出年金がある会社員はイデコに加入できない

会社が企業型確定拠出年金を採用しているとこれに加入している会社員はイデコと併用不可のため、同時加入ができません。

ただし、会社が規約でイデコ加入を認めている場合があれば併用して加入することはできます。

この場合、企業型確定拠出年金の積立限度額を引き下げることによってイデコの加入枠を空けることになるので、合計の積立枠は変わりません。

このタイプの会社員は5~6人に1人くらいといわれています。

ちなみに自営業やフリーランスだと上限月6.8万円までイデコ加入できる

自営業者やフリーランスの方々は月6.8万円までイデコの積立が可能です。

他の職業と比べてとても優遇されているため、はっきりいってものすごくメリットがあります。

しかし、自営業者やフリーランスのイデコ利用者は2017年4月時点でまだ9万人。

全国には約1700万人の自営業、フリーランスの方がいるので、これからさらに加入者が増える可能性が高いです。

仮に年間81.6万円の満額を積み立てたら、その全額が所得金額から控除されます。

ソラマメ
ソラマメ
仮に税率を20%し月6.8万円(年間81.6万円)をイデコで運用したら、自分の老後貯蓄だけで年間約16万円も節税っ

公務員・自営業などはそれぞれのルールが違うものの、我々会社員にとってもイデコに加入のメリットは大いにあるので今後さらに増えるに違いありません。

スポンサーリンク

加入選択制なら企業型確定拠出年金よりイデコ加入

企業型確定拠出年金のある会社員が加入選択制で加入を選ばなかった場合、イデコに加入できることがあります。

企業型確定拠出年金で加入選択制となっている会社では企業型確定拠出年金に加入する、しないかを選択します。

もし、企業型確定拠出年金のある会社で運用できる商品の信託報酬が高いものばかりであれば、もったいない気持ちも強くなります。

その場合、企業型確定拠出年金に加入せずイデコで運用することもできます。

信託報酬など手数料が高い運用商品しかない企業型確定拠出年金よりも将来のお金を賢く運用していけるかもしれません。

もし企業型確定拠出年金に入ってしまうと、退職しない限りイデコに変えることはできないので注意が必要です。

最後に:会社員みんなでイデコはじめましょう

会社員はイデコはじめましょう

会社員にとってイデコをはじめる上で、「イデコとは」や、会社員の掛金の上限金額についてまとめました。

私は30半ばにしてイデコをはじめるにあたり、将来のお金について真剣に考え運用をはじめました。

手取りも安定し大きな支出も減る30代からのイデコがベストではないでしょうか。

毎月様々なことに出費のかかる20代より、毎月の収支が安定し貯金ができる30代はイデコとの相性が良いからです。

まだ20代だと手取りが不安定な中、イデコは解約しても60歳まで引き出しができないので手が出しづらい商品です。

たとえ100万円ほどの貯蓄があっても引っ越し、車を買う、結婚など臨時支出が重なると…

それ加えて掛け金捻出によってどんどん資金がなくなってしまいます。

一方、車や結婚などある程度の大きな支出も落ち着いてくる30代はイデコの掛け金の予定が立てやすくなります。

拠出したお金が60歳まで引き出すことができずとも、マネープランを立てやすい会社員にはイデコの掛金も無理なく捻出ができるはずです。

特に将来のお金や貯金について焦りを感じる30代くらいの年代にとって、はじめるメリットが大きい制度です。

いま私も絶賛資産運用中なので、イデコ運用報告についても別記事でも報告し、今後も一歩ずつ投資については学んでいきます。

同じように将来のお金について悩みを解決したいと考えはじめていたら、ぜひ私と一緒にイデコをはじめましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)