30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

転職で事務職!営業職男性でも採用された30代必勝方法

f:id:soramame35:20180120092021j:plain

この記事では30代男性の私が営業職から事務職で採用された転職の方法をご紹介します。

 

営業に疲れた。

残業が多くて辞めたい。

 

そんな今の仕事に疲れて、隣を見れば暑い日も寒い日もデスクワークで残業もなく帰っていく事務職をうらやましく思ったた経験があったりしませんか。

 

 

転職したい。

でも30代で営業から抜けられるのか。

 

そんな悩みを解決する転職方法です。

 

この記事で私が30代でも未経験の事務職になった経緯を紹介していますので、同じ気持ちで悩んでいる方には長文にはなりますが、ぜひじっくりとお読みください。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

嫁さんと一人の息子を持つ30代転職できたブロガーのソラマメです。

 

 

私は35歳で未経験から事務職に転職し、結論から言うと、転職したことで家族との時間と心のゆとりと手に入れることができました。

 

転職前には嫁さんと仕事のことで愚痴ばかりで家庭内も暗くどんよりした空気だったのですが、今では愚痴や暗い雰囲気もなくなりました。

 

30代だからこそ、仕事や将来の不安に悩み、今まさに転職を考えていませんか?でも30代で転職できるの?未経験の事務職で働くのって無理なんじゃないだろうか?と悩んでいませんか。

 

 

私も、まさに同じことを考えていました。

 

前職まで営業系の強い仕事でマネジメントを経験し事務職とは違う立場で働いていましたが、仕事量やストレスに心を失ってしまい、悩み苦しみ転職をしました。

 

特に30代となると、周りの友人はもう職場でのポジションは出来上がっているし、ましてや嫁子供がいて仕事辞めたいなんてバカじゃないの?と思われ、ましてや未経験の職種への転職なんて、なかなか相談しにくいはずです。

 

 

でも、大丈夫です。安心してください。

 

 

今回は30代の私でも未経験から事務職に転職した方法とよく考えるべきことなどを丁寧にまとめているので、ぜひゆっくりご覧下さい。

 

1.転職エージェント登録は30代にとって絶対必要

結論から言うと、30代のあなたがもし事務職への転職を考えていたら、必ず転職エージェントに登録をしてください。

 

私が転職の際に利用し事務職として内定をもらえたた転職エージェントは【DODAエージェントサービス】でした。

 

ここからの記事では私が未経験の事務職に就いた経緯を紹介していますが、すぐに事務の仕事を探したいと言う方はすぐに【DODAエージェントサービス】に登録をしてください。

▼私が未経験で転職できたエージェント▼

転職サイトはDODA

以上で私の転職方法を終わります!と言われても困りますよね(^_^;)

 

 

そもそも、なぜ【DODAエージェントサービス】などの転職エージェントに登録しなくてはいけないか、そしてどうやって事務職を紹介してもらうかなどが今回の具体的な内容です。

 

【DODAエージェントサービス】では、専任のキャリアアドバイザーによるキャリア整理が上手く、客観的な立場から適性な仕事を紹介してくれます。

 

応募書類の書き方指導や面接指導を無料で行ってくれ、求人票だけではわからない、職場の雰囲気も伝えてもらえるので、失敗したくない30代での転職で最も利用できました。

 

それでは具体的な内容をご覧ください。 

2.転職エージェントに登録する理由

転職エージェントに登録しなくてはいけない理由は、30代で未経験の事務職に就くには転職エージェントを味方につけるしか方法がないためです。

2-1.ハローワークに事務職の求人はない

転職といえばハローワークの求人もひとつの手で事務職の求人を探せば見つかりますが、ほぼ女性、ほぼ35歳以下を対象としている場合が多いです。

 

それは、男女雇用機会均等法などの関係で募集したい年齢や性別を掲載するための表記ができないようになっています。

 

私は現職でハロワに事務の求人を出していますが内情はほぼ女性メインの募集です。

 

ハロワから問い合わせると男性でも履歴書を送ってもらい、書類で不採用通知を送るという非合理的な方法をとっています。

 

でもこれが現実です。

 

30代で男性で事務職を探そうと思ったらハローワークで求人を探している場合ではありません。

2-2.転職サイトから未経験の事務職の応募はほぼ確率なし

リクナビネクストやマイナビ転職など企業側からのスカウト機能をもった転職サイトはいくつかありますが、未経験で事務系の仕事でスカウトが来る可能性はほぼありません。

 

私も転職する前はリクナビネクスト、マイナビ転職、エン・ジャパンなど一通り登録しましたが事務系の仕事でのオファーは1つもありませんでした。

 

やはり転職サイトも同業他社、同職種への転職には強みを持っているので、未経験の仕事を30代からはじめたいという熱意をボタン一つで伝えられるかというと難しいです。

 

30代という年齢も考え早く転職を考えているのであれば転職サイトよりも【DODAエージェントサービス】のような転職エージェント登録をオススメする理由は、私の体験からしてもそのためです。

2-3.転職エージェントからの紹介という強みを活かす

転職エージェントは転職希望者と人材を欲する企業の間に入り仲介してくれるサービスです。

 

利用者にはコストがかかりませんが、企業は成功報酬という形で転職エージェントにお金を支払うシステムがほとんどです。

 

 

転職エージェントは非公開求人をもっているので、ハローワークにも転職サイトにも掲載していない事務系のお宝求人を見つけられる可能性が高くなります。

 

そして人材紹介のサービスを提供するということは、エージェントも魅力ない応募者を紹介していたら会社からそっぽを向かれてしまいます。

 

逆に言えば、転職エージェントさんのお墨付きをもらえれば面接に進むチャンスは増えるというわけです。

 

30代からの未経験での転職であれば、尚更転職エージェントからの信頼をもって応募に望まなくては面接の機会すらとってもらえないです。

3.転職エージェントへは事務職向きを最大限アピール

30代の未経験職種への応募の厳しさは理解したうえで、転職エージェントに事務職の仕事を紹介してもらえるようにはどうすればいいかを考えなくてはいけません。

 

それは、事務職を正しく理解し事務職に適した経験を考えることです。

 

3-1.事務職の仕事を正確に理解する

事務系の仕事には大きく分けて①経理と②総務があります。

 

①の経理は転職サイトでもしばしば見つけましたが経営の要となる部署でポストもあまりないのですが、団塊の世代の定年退職者の企業も多く後任選びでの募集も多いそうです。

 

お金関係を扱うところになるので男性がOKの場合も多いのですが、なんせ未経験者にとってはハードルが高いです。

 

 

そしてもうひとつの職種である②の総務ですが、私が採用されたのはこの総務部として転職ができました。

 

経理はお金についてですが総務は基本なんでも屋というイメージが適しており、やることは非常に地味です。

 

私の仕事の場合、忘年会のとりまとめや車両の管理などこんなことまでやらなくてはいけないの、と思えるものまでたくさんです。

 

労務や人事とか名前だけは聞こえがいいかもしれませんが、まさにオールラウンドな能力が求められるのでやることは非常に多いです。

3-2.営業経験を事務職に置き換える

事務の仕事を理解した上で、未経験の仕事や営業でのキャリアでもこれまで自分で経験したことがあるのではないか、と感じたことはありませんか。

 

例えば学校で簿記を習っていたことがあるのであればそれは立派な未経験事務職への一歩です。

 

商業科出身や経済経営学部出身であれば簿記は触ったことがあると思いますので立派な経験の一つになります。

 

 

もしくはマネジメント経験。

 

経営に携わると多少なりとも決算書などを作成したり見たりすることもあるはずなので立派な事務としての経験として公言できるものになります。

 

変わったところですと私の場合趣味で株の勉強の中でちょっとだけB/SやP/Lについて学んだので書類が通ることもありましたので、それもひとつの経理的側面では力を発揮できると思いました。

 

また、支店長経験や飲食店店長の経験などはアルバイトや社員の採用担当経験も豊富なので、総務部の人事・労務の仕事が適していると判断される場合もあります。

 

経理では簿記、人事では労務関係の手続きや処理に強いとさらに事務職で雇ってもらえる可能性が上がります。

 

私の場合「私が死にたくなるほど仕事が嫌になり転職後にブログをはじめた理由 」などの記事でも触れていますが一年だけ管理職を経験していました。

 

そこでは経営的なことも経験しましたし、採用にも携わっていたのでその経験を事務経験として強くアピールするようにしました。

4.職務経歴書は事務職用で作る

転職の際に必要な職務経歴書ですが、営業経験者の職務経歴書は必ずと言っていいほど営業よりの内容になってしまいますので、これをできる限り事務用につくっていくようにします。

 

例えば私の場合、営業活動は広報活動に修正しました。

 

具体的にいうと「営業活動」といってしまえば数字を書かなくてはいけなくなってしまうので、「商品を販売するための広報活動」と置き換えその活動の中で、

 

  • クライアントに効果的なプレゼン資料作成
  • 商品理解をしてもらうためのデータ収集

 

などといったデスクワーク能力をアピールする職務経歴書にしました。

 

 

また、「マネジメント経験」としてはチームを統率したといったリーダーシップを書く場合が多いですが、決算書を読めるように学び合理的に経営を実践した経験や人材採用の実績をアピールする文面にしました。

 

このように営業職でありながらも自分は事務職に適している人材だということを書面で伝えられるように置換します。

 

転職エージェントの目にも留まる書類を作ることでぐっと未経験の事務系職種への転職の可能性を自分で引き上げていきます。

5.転職エージェントの面談で薦めてもらえる人になる

前述したとおり、転職エージェントもビジネスなのでエージェントの面談(キャリアカウンセリング)では、未経験の仕事でも紹介してもらえるような存在であることを理解してもらえなければいけません。

 

そのうえで必要なことは営業成績だけを語らない、経験は誇張は良いがウソはいけない、ということです。

5-1.営業成績は絶対に語らない

転職エージェントの担当者にとって良クライアントはすぐに転職ししれくてる応募者、もしくはすぐに転職先が決まる可能性が高い応募者であることは間違いありません。

 

よって、面談では必ず経験のある業界や職種を中心に紹介をしてくることが間違いありません。

 

 

こちらとしてはいい会社に行きたいためにアピールをしたいのですが、ちょっと待ってください!

 

 

もしそのアピール内容が「年間何万売り上げた」や「全国で何位だった」といった営業成績をエージェントに伝えたとしたら…。

 

では同じ営業職で業界を変えてみていかがでしょうか、という提案が来るに違いありません。

 

アピールするものが営業経験しかないのは分かりますが、ここはぐっとこらえて事務職でも通じるアピールできる内容に変換しておく必要があります。

 

そのために職務経歴書については事務職に適していると思われる内容にしておき、転職エージェント担当者との面談の際には履歴書、職務経歴書を手元に用意して面談に臨みましょう。

 

未経験職種である事務職への転職準備をしていない場合、転職が具体化されていないため成約まで時間がかかると判断されますので注意してください。

5-2.経験やスキルに嘘をつかない

面談では登録情報に沿って質問がありますが、経験やスキルに嘘があってはいけません。

 

例えば事務職で求められそうなスキルのうち、アクセスやエクセルでもマクロについての経験が聞かれたりすることがありますが、中途半端にできると応えると面談で細かく突っ込まれます。

 

 

運よく採用が決まっても実務の中でアクセスやマクロの作業を振られできなかった場合、評価が激落ちしますので止めておくべきです。

 

面談では転職エージェントの担当者は口頭の情報でも社内データベースに取り込むのでかなり細かい話でもチェック項目の一つとして記録されてしまいます。

 

基本的に経験やスキルは誇大な表現は良いですが嘘はつかないようにしましょう。

6.30代で事務職に転職した仕事のやりがい

ここまでくれば未経験でも事務職の紹介はしてもらえ、面接まで進むこともしばしば出てくるはずです。

 

面接では必ず志望動機について聞かれますので、改めて事務職の仕事のやりがいについて考えてみてください。

 

もちろん会社にもよりますが基本は営業や技術職以外のなんでも屋的な仕事が多い男性の事務職。

 

営業とは違い月の目標や決算時期の忙しさなど波が読みにくく実際に働いてみると、想像以上に忙しくなります。

 

掃除や引っ越しの手伝いなど社内ベンリー的な存在となることに、営業としてバリバリ数字を追いかけてきたこれまでとのギャップは相当なものです。

 

ましてや30代となったいま、会社の中でも中堅となったいま、新たな環境でチャレンジするときに営業であれば数字という明確なものでキャリアアップが想像しやすいです。

 

しかし、事務職は大事な仕事ではあるものの非生産部門であり、明確なキャリアアップ評価が難しい職種で、営業経験者がそんな環境での仕事に満足できるのかということは本当に考えた方が良いです。

 

私も転職して3ヶ月が経った頃、転職を後悔するほど会社を辞めたいと思ったことがあります。

 

それだけ事務職はモチベーションを保つのが難しい職種かもしれませんので、30代という限りある転職活動としてはぜひ事務職の仕事のやりがいについて考えるべきです。

7.本当に仕事を辞めていいか距離を置いて考えてみる

また、今の仕事に悩んでいるのであれば一度今の仕事から離れてみてもよいと思います。

 

これは私の経験談ですが、有給でも病欠でもいいのでいったん仕事と離れて体を休めたり、三人称で語りかけ自分から離れてみることも、自分がなぜこの状況になっているのかを冷静に考えることができるうえで大切でした。

 

それでも仕事が変えたいと思ったときはそのエネルギーを企業は感じ採用してくれるはずです。

 

モヤモヤのままの転職活動は百戦錬磨の企業の人事担当にはお見通しで、いい結果が生まれないのでぜひ仕事・自分から離れてみてください。

8.まとめ:30代で未経験の事務職に転職するならDODAに登録

この記事では30代男性でも営業職から事務職で採用された転職方法をご紹介しました。

 まとめると、

①【DODAエージェントサービス】に登録をする

②営業経験を事務経験に置換し職務経歴書を作成し

③転職エージェントには事務スキルをアピール

④転職していいかは事務職の仕事のやりがい理解と「離れる」作業で決める

以上の方法となります。

▼私が未経験で転職できたエージェント▼

転職サイトはDODA

何より【DODAエージェントサービス】に登録することが未経験転職への第一歩です。

 

DODAエージェントサービスでは、専任のキャリアアドバイザーが私のキャリアを客観的に整理し現在の転職市場で強みとなる部分を整理してもらえます。

 

専任のキャリアアドバイザーは客観的な立場なので自分では転職サイトで検索しなかった異業種や職種を紹介してくれることもあり転職の視野が広がります。

 

最もありがたいのは仕事紹介の際には求人票だけではわからない現場の雰囲気も伝えてくれるところです。

 

これは、内定後にすぐ離職してしまうと転職エージェントも企業からの報酬が受けられないのである程度リアルな職場の雰囲気を伝えてくれるからです。

 

もちろん応募書類の書き方や面接対策にも応じてもらえます。

 

元は自分で作っていた職務経歴書もDODAエージェントサービスのキャリアアドバイザーから実際に人事担当者をひきつける内容をアドバイスしてもらい、面接へ進む確率がグンっと増えました。

 

 

もちろんキャリアアドバイザーだけでなく職務経歴書やアピールについて不明な点などあればお問い合わせからでも私への質問はできますので、ぜひ困った際にはご連絡ください。

 

 

事務職の仕事にとびきりのやりがいや面白さは正直に言うとあまりないかもしれませんが、残業時間は大幅に減少し家族との時間は大幅に増加しました。

 

プレッシャーやノルマといった精神をえぐるようなものはなくなり心は穏やかに仕事ができています。

 

転職は今後の人生に影響を与えるものとなるので特に30代の転職については納得いく会社を探しましょう。

 

私が利用して転職できた【DODAエージェントサービス】はほんとにオススメの転職エージェントですので、よかったらサイトをご覧ください。