30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

30代既婚者の話題は収入より支出!今すぐできる生活費を抑えるテクニック

f:id:soramame35:20171202173904p:plain

どうも。

1児の父で30代後半のサラリーマンブロガー、ソラマメです。

先日、同じく1児のパパ友と趣味の一つでもあるスーパー銭湯へ行ってきました。

お風呂にゆっくりつかるのがとても好きな私。

温泉や近隣のスーパー銭湯はほとんど行っているのではないでしょうか。

さて、お風呂のアツい話をすると本題からずれてしまうので・・・

その友達ですが、中学校時代からの友達(以下Mくん)です。

学生時代から今も仲良くしている友人の1人です。

特に、子供が同年代ということもありよく家族ぐるみで遊ぶようになりました。

男同士でも子供の月齢によってはなかなか話もあいません。

彼とは子供も同年代で非常に話が合うこともあり、最近よくお風呂に行っては語っています。

その中でお互い家庭の違いがおもしろかったので記事にしようと思いました。

特に今回は「お金編」ということで、アメトーークならぬ、「カネトーーク」。

同じく30代の男性、また30代の旦那さんを持つ女性に興味を持ってもらえる内容です。

ぜひご覧下さい。

1.二人の共通点と相違点

私とMくんの共通点は以下の通りで、

 

  • 同じ年(1981年生まれ)
  • 結婚して子供が1人(2014年-2015年生まれ)
  • 旦那の収入のみで家計をやりくり

 

反対に私とMくん相違点は以下となります。

  • 家と車のローン(ない・あり)
  • 1日のお金(ほぼなし・タバコと缶コーヒー)
  • 家計の管理(嫁・自分)

 

旦那1人の収入でのやりくりという部分は同じことで「毎月の支出」が話のメインとなりました。

今回は家計を握っているMくんがいかに支出を抑えているかという話題になりました。

2.株主優待を使って支出を抑える

私は地元の友達で株をやっている人はいないと思っていました。

初めて知りましたがMくんは株式投資をしていました。

私の株式投資の目的は「増やす」です。

いわゆる売買で利益をあげていきたいと考えているタイプです。

ただ・・・正直今はタネ銭がありませんのでほとんどできていないのが現状ですが・・・。

どちらかというと長期保有はしないと考えているタイプです。

反対にMくんの株式投資の目的は「抑える」ため。

いわゆる長期保有をして優待をもらうというスタイルです。

いまMくんが長期保有している株について教えてもらいました。

3.イオン株で3%割引のオーナーズカードを取得

Mくんの家の前にはイオンタウンがあります。

嫁さんの食料品の買い物はほぼイオンというところに着目し、イオンの株主になりました。

イオン株(100株)を購入すると、3%割引のオーナーズカードを2枚取得できます。

これで夫婦どちらもイオンで買い物をすると3%引きで買えています。

例えば年間50万使ったら、50万円×3%=15,000円、大きいですよね。

M家では、このカードを利用して10万円ほどする電動ママチャリをイオンで購入したそうです。

この時点で3000円引きなので非常にお得なカードです。

イオンに優待カードがあることは知っていましたが、一番驚いたのがキャッシュバックが現金で戻ってくるというところ。

年2回来る株主ご優待返金引換証をイオンのサービスカウンターや返金対応レジに持っていくと現金で返金をしてもらうことができます。

現金支給なんて、ボーナスがもらえたみたいで嬉しいですよね~。

めっちゃ魅力的なシステムや~と妄想してしまいました。

またM家では3%割引のオーナーズカードに加え、クレジットカードのイオンカードとイオン銀行のキャッシュカード、電子マネーWAONが一体になったイオンカードセレクト を併用してました。

カード提示でさらに1%割引なので合計4%割引で購入することができています。

入会金、年会費も無料なので入ってまったく損はないです。

家族カードも作ることができるのでMくんも嫁さんもいつでも気兼ねなく買い物ができるのがいいなと思いました。

イオンカードセレクト では2018年2月28日(水)のWeb限定入会で、5000円相当分のポイントが付与されているキャンペーンも行っています。

お持ちでない方はぜひこの機会に入会してみてください。

4.ヤマダ電機の優待券で「日用品」を買う

二人の支出トークはこれだけで終わりません。

お互いに一致したのが、「薬局代ってめっちゃ高くない?!」という話でした。

我が家でもM家でも毎月数回は薬局に行きます。

薬だけでなく洗剤やティッシュや日用品を購入するとなんやかんやでお金が飛んでいきます。

「【サラリーマン必見】レノアの消臭デオドラントビーズで加齢臭はなくなる」でも紹介をしている我が家の加齢臭撃退グッズ。

あれも結構な値段がするんですよね。

そういうアイテムを買っていくとやはりお金ってかかります・・・。

そこでMくんはまた考え、ヤマダ電機の株主にもなっています。

ヤマダ電機では100株で3月に1000円分、9月には2000円分がもらえます。

1年間で3000円分の優待割引券がもらえます。

さらに1年以上の継続保有で年間5000円分、2年継続保有で5500円分の優待割引券がもらえます。

さらに私の近くにあるヤマダ電機もですが、ヤマダ電機では家電だけでなく日用品も売っています。

洗剤など毎日のように使う品物も優待割引券で購入ができます。

その結果、我が家と比較しM家では3000円分支出を抑えることができています。

優待券があることは知っていました。

でも、日用品にも使えることと長期保有制度があることは非常に勉強になりました。

5.NISAを使ってしっかり節税し配当金GET

Mくんは売買目的ではなく前述したとおり優待を長期保有をしていく目的。

なので長期保有に適したNISAを活用しています。

NISAのいいところは株主配当金も税金が引かれず受け取ることができるところ。

イオンの配当金は100株の場合、2,800円。

ヤマダ電機の配当金は100株の場合、1,800円。

それだけで4,600円もの収入を得ています。

以外に驚いたのはヤマダ電機ってめちゃ利回りよくない?

こんなに良かったなんて知らなかったです。

証券口座は新規口座開設で最大3か月現物取引の取引手数料が無料になるキャンペーンをやっているGMOクリック証券もオススメ口座の一つです。

6.最後に

まさかMくんと株の話をするとは思っていなかったので、非常に有意義な時間となりました。

絶対的に違うのは20代であれば必ず収入の話がメインだったなということ。

誰がいくらもらっているだの、

うちの会社ではこれくらい貰っていけるだの、

出ていくお金なんてほとんど考えていませんでした。

それが今では「いくらもらってる」話以上に、「いかにして毎月の支出を抑えるか」にアツいトークになるのですから。

おもしろいものですよね。

我が家の最寄にはイオンはないですが、「【レビュー】麦の恵みは金麦そっくり!気になる値段とイオンの戦略 」でも書いているとおり、イオンビールを愛用中です。

イオンって生活の一部になっているので行かない月はない。

だから、本格的に購入を検討してもよいかなと思い虎視眈々と嫁さんに申告予定中です。

ブログの中だけでなく友達とできたカネトーーク。

またMくんとお風呂いっていろいろ話したいなぁと思えるくらい楽しい時間でした。

今回はお金についてのトークでしたが、夫婦の問題や子供の問題などそのほかに話したこともたくさん。

それはまたいつかお話させていただきます。