30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

パーシーの声はアノ人!30代が『きかんしゃトーマス』を子供より楽しめる方法

f:id:soramame35:20171109223307p:plain

『きかんしゃトーマス』

男の子であれば誰でも一度はハマったことのある幼児向けアニメです。

我が子も好きで毎週録画をしては楽しんでいます。

30代の私からすれば、フジテレビで放送された『ひらけ!ポンキッキ』の1コーナーでした。

現在はNHK Eテレが独立番組として放送しています。

子供がいなければそんなことも知らなかったのですが…。

先日も子供と楽しくトーマスを見ていたのですが、どうも懐かしい感覚がしました。

それはトーマスの物語ではなく「声」。

なんだか懐かしい声が耳に残りきかんしゃトーマスに出演しているキャラクターの声優さんを調べました。

すると、次々と懐かしのキャラクターボイスを担当されている方ばかりでした。

ナレーターはあのサッカーゲームの実況

第一期のナレーターは森本レオさんでしたが、いまはジョン・カビラさんが担当しています。

ジョン・カビラさんといえば、フリーキャスター、タレント、として有名ですが、

あの「ムムッ」でおなじみの川平慈英さんのお兄さんとしても有名です。

ジョン・カビラさんといえば、サッカー好きなら誰もがお世話になっているゲーム、

ウイニングイレブンシリーズの実況アナウンサーとして超有名です。

ウイニングイレブン2018

ウイニングイレブン2018

 

個人的には「スルー」っていう実況、あれが一番好きでした。

私はあまりにウイイレがヘタだったので、

友達とケンカになり泣きながら家に帰った思い出があります(笑)

あれは本当によくできたスポーツゲームだと思います。

ヘンリーの声は風見ハヤト

ヘンリーの声優さんは金丸淳一さんという方で、私も以前一緒にお仕事させていただいたこともある方です。

教育関係の仕事の時にゲストでこられたのですが、英語が非常に堪能な方でとても律儀な方でした。

そんな金丸淳一さんですが、新世紀GPXサイバーフォーミュラの主役、風見ハヤト役を演じられていました。

新世紀GPXサイバーフォーミュラといえば、レース系アニメの中でも記憶に残るほど面白かった作品。

「アスラーダ」という人工知能をもったナビゲーションシステムに、

運転手として登録されてしまった素人ドライバーの風見ハヤトがレースに参戦していくという物語でした。

ハヤトとアスラーダのやり取りが面白かったのと、

やっぱり男の子だったのかレースものはついつい見てしまうのでとても懐かしくも覚えているアニメでした。

あの時代にアスラーダのような車がしゃべることなんてあるんかなーと思っていたら、

いまやカーナビがしゃべる時代、自動運転の時代。

アニメをつくる作者の目って本当にすごいなと思いました。

パーシーの声は御坊茶魔

きかんしゃトーマスのキャラクターの中でモットモ好きなパーシー。

このパーシーの声を務めていらっしゃるのが、神代知衣さんです。

あの特徴的な声、どこかで聞いたことがあるな~と調べたところすごいことがわかりました。

私の子供時代のバイブル(笑)

「おぼっちゃまくん」の主人公、御坊茶魔の声を担当されていた方だったのです。

おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD]

おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD]

 
おぼっちゃまくん 文庫 全8巻 完結セット (幻冬舎文庫)

おぼっちゃまくん 文庫 全8巻 完結セット (幻冬舎文庫)

 

おぼっちゃまくんといえば、小林よしのりさんによる日本を代表するギャグ漫画です。

私と同年代の方であれば、知らない方はいないのではないでしょうか。

内容はほんっとくだらないのですが(笑)

今ではテレビで放送できるかってくらい「ちゃま語」というものがあり、よく使っていたものです。

耳から砂金が出たり、

鼻くそが黒真珠だったり、

う○ちが金だったり、

ほんと…くだらない。

でもめちゃくちゃ面白くていんぐりもんぐりさんの歌うオープニングテーマ、

テレビ朝日アニメソング Gold

テレビ朝日アニメソング Gold

  • アーティスト: (アニメーション),ROMANTIC MODE,大杉久美子,成田賢,相模太郎,神山卓三,肝付兼太,野沢雅子
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: CD
  • クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

「ぶぁいYaiYai-おぼっちゃまくんのテーマ」が私の生まれてはじめて自分で買ったCDという輝かしい記憶も残ってます。

最後に

いかがだったでしょうか。

子供と見ている作品でも、自分が昔お世話になったことがあるものも多いのがわかったでしょう。

そう見ていると親子で楽しめることってすごく多いように思います。

子供のものだから親は興味をもったって意味がない、というものではなくて、

子供が興味を持ったものこそ親も興味を持ち、子供と会話ができるきっかけをつくる。

これが親子のコミュニケーションをより増やす方法ではないでしょうか。

みなさんもぜひ子供の興味関心に耳を傾けてみてください。