30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

第3のビールの味を劇的に美味しく変える3つの方法

f:id:soramame35:20171030221032j:plain

どうも、

ビールが大好きなのですがビールが買えない第3のビール党のブロガー、ソラマメです。

 

我が家は断然ビール派なのですが、毎日飲むのでビールを購入することはできません。

もちろん発泡酒も買えず、イオンの激安第3のビールが主流となっています。

もう第3のビールがマストアイテムになって3年は経ちました。

それなりに品種も改良されておいしくなってはいます。

その中で私なりにも試行錯誤して第3のビールでもおいしく飲むことができる方法を考えてきました。

そしてこの第3のビールを美味しくする、「注ぐ」「混ぜる」「冷やす」という方法を見つけました。

 

そこで今回は同じく第3のビールをこよなく愛さなくてはいけない方のために、絶対に第3のビールがおいしくなる方法を投稿致します。

 

ただどうしても生ビールが良い、

生ビールでないと飲んだ気がしないという方にはこれから紹介する方法は適していません。

なぜなら発泡酒や第3のビールはあくまで「生ビール風飲料」だからです。

ただし、どんなに美味しくない銘柄でも一瞬で美味しくなる超簡単な方法です。

是非ご覧ください。

【ビールを美味しく飲む方法①】注ぐ

ビアグラスを冷凍→入れる寸前に洗う

居酒屋ではよくビアジョッキが冷凍庫に入っていています。

グラスが冷えているとビールが美味しいと思っている方が多いと思いますが、正式には間違いです。

冷凍庫から出すと室温で霜がグラス表面に張り付いてしまいます。

そうなると泡立ちに影響してしまいます。

なのでビールを注ぐ前にジョッキは洗ったほうが美味しく注げます。

炭酸を味わえるように泡で蓋をする

注ぐポイントは3つです。

 

まずは勢いよく注ぎ蓋になる泡を作ります。

蓋になる泡があると、ビール内の炭酸がきめ細かいまま残ってくれます。

次に蓋ができたら、炭酸が出過ぎないように、ゆっくりと注ぎます。

そして最後にグラスから盛り上がるまでたっぷり注ぎ、はみ出た上部分の泡を切ります。

 

グラスからはみ出た泡を切る理由は2つあり、1つは表面の粗い泡でクリーミーではないから、もうひとつはゲップの元になるからです。

私はよくゲププとなっていましたが、この泡切りのお陰でゲップは本当に少なくなりました。

もったいない気もしますがおいしさのためなので、無駄な泡は思いきってカットします。

 

あと補足としてはビールは注ぎ足さないことです。

これまでやって来た泡の蓋も中の炭酸もすべてが無駄になるので余っても足さないようにしましょう。

【ビールを美味しく飲む方法②】混ぜる

ジンジャエール×ビール=シャンディガフ

安い発泡酒ならそのまま飲んでも残念ながらビールには勝てません。絶対です(笑)

だから、混ぜて美味しくしましょうという話。

ビアカクテルの中でも一番簡単で美味しいのがビールのジンジャーエール割、「シャンディーガフ」です。

ジンジャーエールは香りがとても強いので安いビールの味を打ち消してくれます。

ただ、私も昔はシャンディガフが好きだったのですがどうも甘さがあるので敬遠していました。

しかし、このウィルキンソン ジンジャエール(辛口)に出会ってからはハマってしまいました。

アサヒ ウィルキンソン ジンジャエール辛口 リターナブル瓶 190ml×24本

アサヒ ウィルキンソン ジンジャエール辛口 リターナブル瓶 190ml×24本

 

このウィルキンソン ジンジャエール(辛口)は、甘みが非常に少なく、また炭酸が強いドリンクです。

このまま飲むと辛すぎるので、どうしてもノンアルコールだけどお酒っぽく飲みたい、くらいの気分では丁度良いドリンクです。

このウィルキンソン ジンジャエール(辛口)とビールを混ぜることで、

爽やかで甘すぎずビール好きな人でも飲めるカクテルを作ることが出来ます。

またビールとジンジャーエールの割合はお好みで調節出来ます。

私はビール:●=5:5の割合にして2杯飲むようにしています。

ジュースで割る分アルコール度数も下がりますが、2杯もお酒が飲めるので得した気分になります。

トマトジュース×ビール=レッドアイ

これもよく聞いたことがあると思いますが、ビールとトマトジュースを混ぜたカクテルです。

トマトの健康効果は様々あり、

ダイエット効果、美肌効果、食欲増進効果、疲労回復効果など30代に必要な効果が得られます。

トマトジュースに含まれている酸味とビールの炭酸と苦味が程よく合います。

個人的には体調があまり良くないときに飲んでいます。

それならお酒飲まなければいいのですが…やめられませんので(笑)

【ビールを美味しく飲む方法③】冷やす

ビールには香りや味を楽しむための適温があります。

ビールの適温は6~8℃で、夏場だと4~6℃と若干の変化があるようです。

反対に温度がぬるいと香りが立ってしまうので、第3のビールだと雑味や後味がめっちゃ悪いです。

だから、「キンキン冷やす」ことで第3のビールの特徴を消します。

これこそ最も美味しく飲める秘訣です。

 

方法はシンプルで、私は冷蔵庫で冷やしたビールを飲む30分前に冷凍庫でさらに冷やします。

 

そして感じてはいけない味や香りを温度で消すことで一気に飲み干せます。

 

本来であれば3℃以下になると味が落ち始めるそうですが、30分程度の冷凍でその温度以下になることはありません。

急速に冷やしてガッと飲む、これが最も美味しく飲む方法です。

ただし、冷やしすぎると氷ってしまい炭酸がなくなってしまったり爆発の恐れがあります。

十分に注意をして試してみてください。 

最後に

いかがでしたでしょうか。

私のオススメは断然3番目の「冷やす」が最も美味しい飲み方でオススメです。

注ぎ方でいえば発泡酒や第3のビールでなくても同じこと。

美味しく飲むにはちょっとした手間は必要です。

お手頃なビール風飲料でも、大切に注げば何倍もおいしくなりますし、強引に冷やしてもおいしくなります。

ちゃんとしたビールを飲みたい方や、ビールをもっと美味しく呑みたいかたにはぜひチャレンジしてください。