30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

電通よ!博報堂よ!おもしろい広告を作ってねと他人任せな話


f:id:soramame35:20170906202856j:image

私は以前、学校の広報という仕事をしていました。

広報ということなので、様々なことを駆使して学校のブランディングを図ったり、自らの学校の良いところをプロモーションしていました。

ゴールはもちろん自社の名前が大衆に認知されることと、商品が売れ利益が生まれることでした。

ではプロセスはというと、

  • 直接対象者に売り込み
  • イベントで集客し来場者へ売り込み

といった対面アプローチもあれば、

  • メディアを使った広告
  • 検索されるためのネット広告
  • SNSを利用した告知

といった、間接的なアプローチ方法もありました。

昔から対面アプローチが行われてきていますが、それだけではもはや苦しい状況は間違いなかったです。

それで間接的なアプローチもはじめています。

今の時代「広告」は見られているのか?

東海三県にはおなじみの新聞と言えば中日新聞です。

新聞は各地域により世帯配布率が違い、A社のシェア○%、B社のシェア○%といった具合です。

この東海三県についてはその新聞の圧倒的勝利です。

では、その新聞に広告を…と思っていたのですが予算が大幅にかかります。

ほんっと、中日新聞の営業さんは殿様商売です。

金額交渉もあまりしてくれませんし、本当に高い。

中小企業が出せる広告料金ではありませんよ、あれは。

だから広告出稿については慎重に考えて出していました。

昔なら新聞広告に出した時には申し込みの電話だけはたしかに多かったのです。

しかし、ここ最近はそこまで爆発的なものがなくなってきていました。

そう思うと、広告のありかた、というものを考えなくてはいけません。

広告代理店も媒体に頼る時代が昔からありました。読まれている新聞、買われている雑誌、見られているテレビなど。

それありきの広告というものはもはやどんどん少なくなっていくような感じがこの先しています。

もっと前からみなさんは思ってるかもしれませんよね…

もはやテレビも見ない時代になってる?!

その当時のこと。

10代の青年たちと研修旅行にいっまのです。そこにはざっと寝る場所があったのですが、そこにはテレビがありません。

当然私は「なぜテレビがないんだ、娯楽がないではないか」と残念に思っていました。

でも今の若者はまったくテレビに関しての執着がありませんでした。

それもそのはず。

館内にWi-Fiがついていることに若者たちは喜んでいました。その姿をみた瞬間に

「あ、時代変わったな」と思ってしまったのです。

いまの子供たち、もしくは時代はふとテレビを見ていて耳や目に入ってくる広告から購買意欲をもち売れるというものだと思い込んでいました。

いまは様々なものから得た情報をネットで検索し購入するといった流れに明らかに変わっている。

テレビひとつでそのことを実感しています。

それだけ物事に対する情報収集の時間が短くなりました。

このままではCM業界も苦しいのではないでしょうか。

CMソングに抜擢されたミュージシャンだって昔と今ではまったく価値がちがうのでしょうね。

個人的にはCMだけを見れるチャンネルが欲しい

私は元々広告業界なども好きなので、CMが好きです。

憧れの職業でしたからね。

私の大学時代に『恋ノチカラ』っていうドラマがあって、そのドラマに影響されて広告業界を学生時代は就職活動をしました。

 

 

恋ノチカラ4巻セット [DVD]

恋ノチカラ4巻セット [DVD]

 

このドラマ、電通のような大手から独立した広告代理店の話なんですけど、見ててワクワクしました。

プロモーションってこーあるべきたし、ワクワクするからこそ、消費者もくすぶられる、のっかってしまう。

なんかそんなドラマでした。

いまでも海外のCMとかみてるのも結構面白かったし、ついついそういう番組あったら見ちゃいます。

でも、そういう人も少なくないかなと思ってます。

いまはチャンネルもものすごくあるので、BSとかでやってもらえないですかね、CMの番組。

ジャパネットとか通販番組ではないやつですよ。ひたすら海外とか日本のCMをやってほしい。

楽しいCMに囲まれる時間がまた僕には必要です。

最後に

当時をふりかえり、またいまは人事関係の仕事をしていますがやはり求人も結果を求められます。

よって、ネット媒体へと予算が優先的にかけられていっているのは世の中の風潮でしょう。

だからこそ、もっと広告がつまらなくなる。

結果を求めるあまり情報が満載になり、CMの締めはかならずネットの検索窓。

ほんっとおもしろくありませんね。

ここ最近電通では過労死の問題などで別の意味で宣伝されちゃってますけど…

だからこそ!電通さん、楽しい広告つくってよ!

クライアントと衝突して、結果だけに囚われないで、ぶっとんだもの、お願いしますよ!

いまも電車通勤中ですが、みんなスマホですもんね、私も含めて。

そのうち、電車の無料Wi-Fiに接続したら、必ずスマホ内にCMが流れるようなシステムとかできるんじゃないでしょうか。

そうなれば、電車広告もなくなっていく。

時代がどんどん変わっていくような気がします。

代わり行く時代の中でもいい広告はいい。結果はもちろん求められますが、私はそれも追い求めていきたいです。 

と、電通も博報堂もことごとく採用試験に落ちたいちおじさんの戯言でした(´д`|||)