30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

30代ブログ初心者が3ヶ月続けた結果をガチレポ


f:id:soramame35:20170827073340j:image
どうも、ソラマメです。

2017年5月にブログを開始し、ブログをはじめてはや3ヶ月が経過しようとしています。

早いものです。

もともとブログは転職を機に時間ができてきたので、本格的にチャレンジをしてみようとはじめました。

皆々様のおかげで何とかサードマンスアニバーサリーを迎えることができました!

今回は3ヶ月を振り返って、改めて30代からブログ初心者としてはじめた感想やこれからのことを書きます。

したがってこの記事は、これからブログをはじめたいと思っているガチ初心者で30代向けの記事です。

本当に素人からはじめたので、初めての方には同じ目線でみやすいはずです。

ブログはじめた当初はそりゃしんどかったよ

ブログを始めるには様々な思いがあってはじめるんだと思います。

とかく私は将来のことに不安を感じ、「お金のこと」について考え、発信したいと思ったのがきっかけでした。

そして、

  • お金を節約し
  • 支出を削減し
  • お金を運用

そのために、会社だけの収入だけでなくブログなど副収入で得た利益も運用する。

そして、将来を豊かな生活にしたいとはじめました。

これはプロフィールの記事に書留めましたのでご興味のある方はご覧ください。

まぁでも世の中そんな甘くはありませんわね。

ブログをはじめた当初は誰も見てくれないですから。

はじめた当初、ブログに訪問してくださった方は数名。

1日一人もいなかった日もありました。

私の中ではオーナーになってお店をオープンしたような感覚でした。

なので新規オープンの珍しさで来客があってちょっとにぎわうのかな、といった甘い期待をもってブログをスタートさせたのです。

リアル店舗と違ってブログはまじで誰もきません。

自分の中で思い描いていたのは「路面店」で、ブログは「ネットショップ」といった方が正しいでしょう。

開店資金もネットショップは安価ですが、路面店だと隣近所への目で見る告知方法が全く取れません。

ゆえにオープンしたって誰も来ないのは当たり前でした。

私の夢見るブログスタートははかなくとも散りました。

さすがに辛すぎて本をKindle for Androidで購入してみた

誰も見てくれないとやる気がでないものです。

昔遅くまで飲んで電車で帰り最寄りの駅近くのラーメン屋さんがありました。

誰も客がいなくて店主がスポーツ新聞を客席でペラペラめくっていました。

そんな気持ちがわかりなんだか辛い日々が続きました。

それでもブログは書き続けました、けれど誰もこない。

そんな1ヶ月が過ぎたころ、これではいかんだろうと思い1冊の本を購入しました。

それが、『世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生』という本です。

ただし、この本にはひとつ難点がありました。この本はいつでも時間が空いた時に見たいと思ったのです。

例えば会社のお昼休憩や寝る前、ちょっとした時間に見たいのにリアルな本を持つのは会社でも見づらいので躊躇していました。

なので35歳にしてKindle for Androidをインストールしてみました。

遅ればせながら35歳にして初めて電子書籍というものにチャレンジです。

昔ながらのアナログ人間なので、雑誌や本は「紙」でしょ紙!!

と思っていたのですが、やはり時代の波にも乗らなくてはいけないな、という思いがありました。

たまたまAmazonで調べていたらアプリを入れるだけで読めるということをこれまたいま知ったのでチャレンジしました。

私が入れたアプリは、Kindle for Androidというものです。

Kindleのアンドロイド用って感じですね。私のスマホは少し古くなって色々なアプリが入っているので容量がないと断られましたが(笑)

なんとか入手することができました。

最初は「こんなスマホで文字なんか読めるんか?」と疑心暗鬼ではありました。

そんな中『世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生』を早速ダウンロードしました。

抵抗あるが誰でもすらすら読めるアプリ

いいですね、これは。

いまやスマホで生活している自分も本についても全く問題なくすらすらと読むことができました。

使用感としては若干読み込みに時間がかかるので、イラっとするかもしれません

どこでも読める、いつでも開ける、そんなところが格段に良いと思います。

私のいまの仕事環境だと、どうしても休憩時間などを読者などに利用しなくてはいけません。

その際に堂々と「アフィリエイトの本」なんてのは見ていられないですもんね。反面このアプリであれば、さっと開いて読むこともできました。

世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生を読んで

 

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

 

 

この本を知ったきっかけは、仕事の業者さんから教えてもらったブロガーのイケバヤハトさんでした。

なにかの拍子にネットで見るようになり、自分も改めてアフィリエイトについて学びたいと思うようになりました。

そもそも自分の中でもずっと頭の中にあるアフィリエイト。

でも、根本的に学んでみようと購入に至りました。

この『世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生』はいまさらながらアフィリエイトを学ぼうと思った私にもわかりやすかったです。

アフィリエイトについてまったくわからないブロガーさんにも入門として読んでもらっていい内容になっています。

私が理解している部分もありましたが、復習の意味でわかりやすく理解することができました。

さらに、アフィリエイトには「商品軸」と「自分軸」があることもわかりました。

確かにわかっていたように思いがちでありましたが、その辺りのことを頭の中でごちゃごちゃになっていたものがスッキリしました。

自分は何かの商品に特化したものでは、アフィリエイトはできないと思いました。

そのうちにはできるかもしれませんが、それよりも「自分軸」のなかで、大切なものを学びながらお金を増やしていきたい。

学んだことをインプットし、それを声や文にすることでアウトプットし、自分の理解と同じ悩みを抱えている人たちにも共有していきたい。

と改めてブログをやる意味を考えさせられました。

自分軸を考えたときに、このブログをどういう方向にしていくのか、は今後も常に考えていきます。

ますは100記事・1日300アクセスを目指す

本を読んで、ブログの世界はすごいな~とあたかもそっち側の人間にはいったつもりになっていました。

しかし、いまだレスポンスというか一日何人アクセスがあるかなんて無縁のわがブログ…。

本を読んだから以前にもまして気になってしまっていました。

『世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生』には1日300アクセスはないといけないと書いてありました。

そしてまずは100記事を目指しましょうと書いてあります。

そんな次元に自分はいけるのでしょうか…。

またも不安や後ろ向きな自分が見えはじめます。

『世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生』によると、ブログ業界には3ヶ月毎日更新(100記事程度)することで、次のステップに上がることができるという定説があるようです。

私はその言葉を信じることにしました。

今はまったく動きのないブログもいつか誰かが見てくれるかもしれない。

その時のために自分で限界を決めるのではなくてとにかくやってみる。

そしてそこまでいったときにはじめてどうなっているのかを確かめればいいのだという考えに切り替えました。

3ヶ月経った今…記事数とアクセス数は

3ヶ月が経過し、現在私のブログの記事数は64記事です。

100記事にはまったく届いていません。

やっぱり人はそんなに早く変われることなんてできませんから。

でも今回はブログ辞めずに続けています。

30代のサラリーマンに1日1記事、しかも世に出すブログなんですから。

日記のようなものを表現するわけではないですから1日1記事を書くことは初心者ブロガーには難しいです。

これが現実です。

ただ、記事が増えるごとにお客さんが増えてくることは確かです。

始めた当初よりも我がブログに足を運んでくださる方も増えましたし、目標の1日アクセス数に近い日も数日ありました。

まぐれでしょうけど。

でも、続けることで結果が見えてくるのはとても楽しいし充実しています。

最近趣味がブログになりつつあるので、その気持ちを持ち続け目標の100記事をまずは目指そうと決めました。

ブログをやる目的をもう一度考えてみる

初心者がブログをやってみてもう一つ思ったことがあります。

これは私がツイッターでフォローさせていただいているザク男爵さんのブログを拝見し自分自身「はっ」と気づきました。

それは、ブログを始める目的(ゴール)についてです。

私もブログをはじめた当初は目的がありました。

でもしれは目的ではなく夢物語だったのです。

ブログで独立、ブログで月収○○万円達成、ブログを何を思ったかITドリームのように感じていました。

でも、そうじゃない。

リアルな目的(ゴール)がないと、絶対にブログは長続きしません。

大きな夢や野望があるから頑張れるという人もいるかと思います。

30代から何かをはじめるにあたっては大きな夢を描くほど現実に当たった時にすぐに辞めてしまいます。

若さがないということもあるかもしれませんが、30代になるとその苦労より楽な道はないのかと考えたりするからです。

だから小さな達成の繰り返しが大きなものを得られる。

そんな風に考えられるようなリアルな目的を積み重ねていく。

これが30代からブログをはじめ、ブログを続けていけるたった唯一の秘訣ではないでしょうか。

最後に

こうして我がブログも何とか3ヶ月を迎えることができました。

まだまだやることはたくさんあるし、学びたいこと、表現したいこともたくさんあります。

最近の趣味かもしれません、ブログ。

ちょっとのんびりかもしれませんが、今年中には100記事、達成させます。

そのころには目標のアクセスも達成できればうれしいですね。

100記事あれば、その1つの記事が弱小ブログでも1ブログ1アクセスあれば100/日は達成できるのですから。

まずは記事数が大切だということは頭で考えなくてもわかります。

現在のイメージはブログのデブエット化ってところでしょうか。

とにかく枝葉になる根っこを作る作業です。

ただやみくもに書くだけでなく、読んだくださる方にも書いている自分にも有益なものを書いていきます。

良いものを勧めていきますのでこれからもよろしくお願いいたします。

 

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生