30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

イケメン・橋本市議の辞職で30代から考える生き方

f:id:soramame35:20170829080016j:image
神戸市議会議員である橋本健さんが辞職するというニュースを昨晩拝見しました。

橋本市議については、昨日バイキングでも話題になっていましたが印刷費の問題でA社からリークされていました。

まぁ元々はいい関係だったのか、その関係が崩れたのか…。

とはいえ税金を使ったという事実は隠せないでしょう。

年齢を見ると37歳。

非常に自分と近い年齢だったので、気になって調べました。

私は印刷関係の仕事もしていたので、調べなくともわかる印刷費の金額の大きさに憤りを感じますが(笑)

今回は橋本市議のこれまでとこれからについて書いていきます。

橋本市議の経歴

橋本健(はしもと けん)
【生年月日】1980年2月16日生まれ
【出身高校】兵庫県立長田高校
【出身大学】大阪大学歯学部 
大学卒業後は歯科医として勤務。平行してロースクールで学び政治家を目指す。
2006年 自由民主党の神戸市議候補者に公募合格
2007年 神戸市議選挙で自民党公認で出馬し初当選
2011年 神戸市議選挙でトップ当選
2015年 神戸市議選挙では三選

長田高校といえば、伊藤利尋さんや宇垣美里さんなどアナウンサーなどを輩出している兵庫県内の難関高校です。

大阪大学ももちろん有名ですが、歯学部としてもトップ3に入るほどの難関校です。
いわば『エリート街道』まっしぐら、という感じですね、すごいわ。
大学の4年時に高校の同級生と学生結婚し、現在は2児の父親ということです。
経歴ではまさに順風満帆、このままいけば国会議員としても人気が出るのではないかというプロフィール内容ですね。

今井絵理子議員との不倫疑惑で思わぬ形で全国区デビュー

今井 絵理子さんといえば、私たち世代であれば知らない人はいない女性ボーカル&ダンスグループ・SPEEDのメンバーです。

現在は安倍チルドレンとして自由民主党所属の参議院議員としてご活躍されています。
そんな元人気アイドルとイケメン議員の不倫騒動を私も週刊新潮で拝見しました。

「深夜まで一緒に講演原稿を書いていた」

と釈明していましたが、ここから虚偽は始まっていたのかもしれません。

印刷経験者なら金額の大きさに疑問を持つはず

橋本市議は2010年からの5年間、広報チラシの一部を架空発注し政務活動費を不正に受給した疑惑が持たれています。
それは「ハシケン通信」と題した政策チラシだそうです、

2010から5年で計12回発行しておりました。
そのうち8回の56万部をA社に発注し約720万円を不正に受給したとみられています。

その金額720万円ですよ、これを聞いて私は驚きました。
この部数と金額を見たら、広告関係者および印刷関連業者からしたら???と真っ先に思う金額です。

一回の金額でいったら約90万円。いやいや、高すぎるでしょうチラシ代金としては、

だいたい最近はネット印刷で部数と金額が金額開示されているような時代です。

「通信」というだけに数ページものの冊子だと思われますが、

それも印刷だけであれば金額が明記されています。
それと比較すればどれだけデザイン料がのっかかっていたとしても非常に高額だということがわかるはずです。
いくらいいものを作ろうと思っても、この金額はやりすぎでしょう。

こんなのは氷山の一角にすぎなかったでしょう。
辞職になったらこれ以上は追及できないでしょうから。

それ以外の不正についてはお蔵入りの可能性が高いです。

残された嫁・子供はどうするのか

橋本市議は今井議員との不倫については認めていないものの、「いまの嫁さんとは事実上婚姻関係は破たんしている」と主張しています。
これに対し嫁さんサイドは、

  • 去年8月に一方的に離婚してほしいと言われた
  • 妻と2人の子供を残して自宅に戻っていない
  • 生活費も大幅に減額されている

と取材に応じています。
おそらくここまで問題が大きくなってしまったので、橋本市議は辞職後はマスコミに追われたりすることも多くなるでしょう。
支えてくれる家族はおそらくいないでしょう。

一方支えてほしい今井議員のほうは自民党が全力で応援してくるでしょう。

結局一線は超えていなかったと主張してこのまま議員街道を突き進むでしょう。

最後に

橋本市議は志があって政治家になったのだと思います。

これまでスター街道を歩み続けてきましたが、女性問題でつまづいてしまいました。
けれど、たまたま市議と元アイドル議員だけにスキャンダルになりましたが、30代におけるサラリーマンでもこうした関係にはなりえる環境にあります。
歯科医であったり市議であったり、そんな不正受給をしなくても、少なくとも私よりもたくさん稼いでいるでしょう。
それもこうした事件になるとすぐの再起は難しいのではないでしょうか。
今回の橋本市議のニュースを受けて、何事にも真摯に取り組むことを学びました。

不正はいけませんし、いつかはバレる。
年を重ねるごとに誠実に取り組むことが大切で、誠実こそ30代からはじめる仕事のやり方だと感じました。
世間の目は冷たいものになるかと思います。

それでも才能があり議員としても活躍された橋本市議には今後も再起してほしいと願っています。
いつ、どこで人間落ちるかわかりません。落ちたところからまた始まるのも人生。
一度失敗した私も、同年代の彼がどのように復活するのか注目していきたいです。