30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

【コストコ】ロティサリーチキンで4日間超簡単料理


f:id:soramame35:20170825113039j:image
我が家では今年からコストコに行くようになりました。

コストコといえば、

「買い物をするのに年会費が必要なんてありえない」
「大人数でシェアしないといけないくらいハンパなく量が多い」
「外国産のものが多いから大味であまりおいしくないのでは…」
といった印象を持っていました。

しかし!

以外に行ってみると楽しいコストコ、ついには会員になって楽しんでしまっています。

以前にもコストコのオススメ商品を紹介しました。

その中でも私の大好きなロティサリーチキンについて掘り下げます。

このロティサリーチキン、パーティーでもしない限りまず一晩で食べきれません!

次の日に同じもの食べても飽きるんですよね、いくら好きでも私も飽きます(笑)

だから、このチキンを使って味変させ、4日分の晩御飯を作っちゃいましょう!ってのが今回の記事。

今回は料理をほとんどしない私でもコスパの良いある商品を使ったアレンジレシピを公開します。

特に料理をしない男性に向けの記事となります。特別凝ったわけでもないです。

でも、これくらいできたら嫁さんにも喜ばれます。

自分もできたっ!みたいな感じになり優越感に浸れますよ!

そもそもコストコとは

コストコとは会員制の倉庫型店舗で、食 料品から日用品まで様々なものが揃う大型スーパーです。

年会費は4000円(税別)を払って会員になると、会員者以外に大人2人が入店可能というシステムです(18歳未満は同伴OK)。

つまり私がカード会員の場合、私と嫁さんと子供はもちろん嫁さんの友達が1人ついていくことができるシステムです。

友達夫婦となると同伴者が3人になってしまうので、NG。

そのあたりはうまいこと考えているなぁと思います。

私は愛知県常滑市のコストコに行っていますが、連日すごい人です。

会員の年会費でも結構儲かっているのでは?と思うくらいにすごい人たちであふれています。

私たちはこれで数回行っていますが、ここにきてマストで購入した方が良い商品がわかってきました。

その一つが「ロティサリーチキン 」です。

ロティサリーチキンは見た目◎のインパクト◎値段◎

この「ロティサリーチキン」とは、いわゆる鳥の丸焼きのことです。

コストコの食料品売り場のお肉コーナーの一角にどーん!と構えています。

そのインパクトといえば、かなりのものがあります。

最初見たときにはその大きさに圧倒され買うこともなくスルーしていました。

「どうせお高いんでしょう?」と値段すら見ていませんでしたから。

ある日同じくお肉コーナーで「ロティサリーチキン」を見たところあのボリュームに対して値段が安いっ!!

だいたい699円ほど。これ買いでしょ。

これは一回買ってみるかということになりました。

購入したときにはそのボリュームにやられました。どれだけ食べてもなくならないほどのボリューム。

これはさすがに私たち家族だけでは食べきれないと思ったのです。

これを処分してしまってはもったいないということでアレンジでかないか考えてみました。

1日目~フツーに食べる。でも一個だけ注意

さぁ、さっそくはじめていきましょう!まず気になる初日は…普通に食べます。

 

以上!

 

といわれると怒られちゃいますよね…。でもこのままが美味しいですから、まずは楽しみます。

ただ、注意が必要でこのロティサリーチキンを解体します。

具体的には、①食べたら美味しい部分②ササミ③骨付き肉部分④ほぼ骨の4つに分けます。

ロティサリーチキンの解体方法はよく載ってますのでググってみてください。

そして初日は温かいうちに①食べたら美味しい部分を食べましょう!これがまたうまいんだぁ~。

2日目~ササミはバンバンジーサラダに

さて、2日目ですが、この日は②ササミをつかってバンバンジーにしてしまいましょう。

サラダって副菜ですよね、正直。メインとしてはなかなか足りなぁと思いませんか。

でもロティサリーチキンはすんごいボリュームですから、これをサラダにしてもメインになります!

バンバンジーサラダにすることによって、ヘルシーに味わうことがことができます。

元々お肉自体がジューシーなところもあります。

普段のバンバンジーとは違ったテイストになるかもしれません。

作り方は超カンタンです!

  1. きゅうりは短冊切り、プチトマトを適当に切る
  2. ロティサリーチキンを手でちぎる
  3. きゅうりと鶏肉をゴマドレで和える
  4. ご飯の上にのせる
  5. 真ん中に黄身をのせて、追いゴマだれ

で完成です~!

 ゴマドレとご飯って合わないと思っている方、実は合うんですよこれが!

昔吉野家で牛丼にゴマドレをかけるのが流行ってからご飯にかけることを覚えました。

めっちゃ簡単に2日目、終了!

ね、ここまで火を全く使いませんから。誰でもできるっしょ。

3日目~炊飯器でポンしてチキンカレーに

そろそろ鶏に飽きてきますので大きく味を変えるために王道カレーの登場です。

「ロティサリーチキン」のお肉の味はしっかりついています。

また一回焼かれているので我が家ではそれを使ってカレーライスを作ります、しかも炊飯器で!

カレーは何でも美味しいと思ってしまうのであまり信憑性がないと思われてしまうかもしれません。

でも、このチキンカレーがいちばん美味しかったです。

しかもお肉も大きく取り分けていければボリューム満点のチキンカレーにすることができます。

  1. じゃがいも、玉ねぎをカット(玉ねぎは溶けるのでちょっと大きめに)
  2. 軽く炒める
  3. 炊飯器の釜に炒めた具材、水をひたひたになるくらい入れ、炊飯ボタンをスタート
  4. 炊けたら鍋に戻す
  5. ロティサリーチキンも中に投入
  6. 再度浸るくらいの水をいれ煮立たせる
  7. ルーを溶かし入れる

出来上がりです!

スープで使っている部分が少なかったら骨付き肉のまま炊飯器に入れてもオッケーです。

我が家では水の代わりにホールトマトを入れるときもあります。

カレーはまず失敗しませんから。パパさんにはおすすめの料理です!

4日目~骨まで愛してチキンスープラーメンに

「ロティサリーチキン」の最終日。とうとう骨が残りました。

その④ほぼ骨をスープとして煮込みます。鳥骨部分から出るだし汁がまたやさしぃんですよね~。

作り方はカンタン!

  1. 骨付きのまま鍋に投入
  2. 水を適量入れる(汁好きな私は結構入れます)
  3. ニンジン、玉ねぎ、ブロッコリーなど野菜を投入
  4. 塩、コショーをお好みで投入
  5. 麺を投入

これだけで立派なチキンラーメンの完成です!

味付けもしっかりとされているので、整えるほどの塩くらいがあれば問題なしです。 

さすが骨肉なのでガッツリしたものはないのですが、4日目くらいはあっさりいきましょう。

最後に

「ロティサリーチキン」ひとつ699円だとして、

チキンカレー用の鶏肉(モモ肉でだいたい400円くらい)、

バンバンシー用の鶏肉(ささみ肉でだいたい300円くらい)、

チキンスープ用の鶏肉(手羽元だとして500円くらいかな)

を買うとすると断然「ロティサリーチキン」の勝利ですね!

これは本当にオススメですし、この手の料理ならサラリーマンパパさんならできる範疇の料理です。

なので、ぜひ家族に振る舞ってご機嫌をとってください(笑)

まだまだコストコは宝の山で、よく考えたら結構高いな…と思う商品もあります。

またロティサリーチキンのようによく見たら断然コスパがいいものが眠っています。

それが倉庫型店舗だから探すのが大変!

なのでトレジャーハンターのつもりで、今後も探していきたいと思います!