30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

30代男性の誰もが簡単に節約できる髪業術


f:id:soramame35:20170815190738j:image
どうも、ソラマメです。30を越えて最近とあることに気がつきました。

お金を節約するために、いまの生活の中で不必要なことは何かないのかな、と。

それを率先して変えなければいけないのではと。

なんかお坊さんみたいな考えですよね、でも大事ですこういうの。

色々考えてた結果たどり着いた一つが髪の毛でした。

髪の毛ひとつでお金が変わる?疑問に思われる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

なので、今回の記事では私が一年かけて整髪料を変え節約できた経緯をまとめていきます。

まじで全然変わらないからこっちのほうがいいですって。

きっかけはツイッターで坊主にした人のつぶやき

ちょうど一年前にとある方のツイッターを見ました。

何気なく読んだつぶやき私は「はっ」としてしまったことがありました。

 

そう、髪型です。

 

誰でもそうですが髪の毛って伸びてきます。

 

そうでない方…大変失礼いたしました…。m(_ _)m

 

髪の毛が伸びたら美容院にいきますよね。1ヶ月に1回行くとしたら…と考えはじめたのです。

ちなみに私の以前行っていた美容院だと4200円だったので年間で計算すれば、

 

4200円×12=50400円

 

の出費です。

ツイッターの方はそれを削ってバリカンで坊主にしている…というツイートでした。なかなかの強者ですね。

しかし、さすがに今の仕事をしていると丸坊主ではつとまらないのです。

坊主は楽なんですけどね、でもさすがに抵抗もあるので断念しました。

物心つくまでは子供の髪型はバリカンでセルフカットに

考えた結果、ひとつの答えを出しました。それは、子供の髪型を坊主にするということです。

子供のカットは行かれた方も多いかと思いますが、結構お金がかかります。

正直高い…それならばもう自分でカットしてしまおうと決断しました。

購入したのはパナソニックのバリカン『カットモード ER-GF40』です。

 

パナソニック バリカン カットモード 充電・交流式 白 ER-GF40-W

パナソニック バリカン カットモード 充電・交流式 白 ER-GF40-W

 

 

前々からバリカンには興味があったのですが、価格と使いやすさと子供だけではなく使えるものを探していました。

そのすべてにおいてバランスがよかったのが、この『カットモード ER-GF40』でした。

というのも、私のような成人はいいのですが子供って音に敏感です。

だから、バリカンの音にビックリしてあたまを動かしてしまい切ってしまったりします。

それが一番怖かったのですが、このカットモード ER-GF40は子供でも安心にカットができます。

また、私のような毛量が多い人にもスキ刈りアタッチメントがついているので簡単に髪の毛をすくことができます。

そしてこのバリカンを使って仕上げた子供の髪型がこんな感じです。


f:id:soramame35:20170815190428j:image
見事な坊主くんになりました。坊主にするとヤンチャに見えますね、でもかわいいから許せちゃいますね。

もっとまだらになるのかと思いきや、バツグンの切り具合です。これなら誰でも簡単に坊主できますよ!

ここまで坊主にしちゃうと次に切ろうかなと思える長さになるまで2~3ヶ月ほどはかかりそうです。

子供のカットがいま行っているところだと3000円なので年間では、

 

3000円×6ヶ月分=18000円

 

が節約できます。これは大きいですね~。

ワックスからジェルに替え1ヶ月500円を節約してみた

子供ばかりに可愛そうな思いをさせてはいけない。自分でもできることを考えました。

ふと、自分の使っている整髪料が無駄なのではないか、と考えるようになりました。

というのも私が今まで使っていたワックスは結構ないい値段がしていました。

学生時代から愛用していたのでかなりのリピーターでしたが、別にそれでないといけない理由がありませんでした。

だって、そんな変わらないでしょこの年になって。

これまで私が使っていたワックスは『ナカノスタイリングワックス4 ハード』というものでした。

 

 

私のようなくせっ毛にはこれ、いいんですよねぇ(笑)

変えてもなお後悔…はしませんが伸びがすごくてわたしのような髪の毛にはもってこいのワックスでした。

昔はもうすこし高かったのですが、それでもいまは1000円ほど。

でも、よーく考えたところ結婚していま35歳の今、毎日何十分もかけて鏡の前でワックスをつけて、うねうねと髪型作ってる場合か?!

その時間他のことに使えないのか?!など気持ちを一新しました。

ちなみにことワックス、私は1ヶ月に1個使っていたので年間では、

1000円×12=12000円

 

の出費でした。

そうこうしているときに、行きつけの美容師さんからたまたま教えてもらったのがジェルだったのです。

私が美容師さんからおしえてもらったのは「マンダム ホールドジェル スーパーハード」です。

 

MANDOM (マンダム) ホールドジェル スーパーハード 230g

MANDOM (マンダム) ホールドジェル スーパーハード 230g

 

 

普通美容師さんなら市販のものでなく、別の商品進めてくるはずなの出ず、その商売っ気のなさが好きだったのですが…

最近お店を辞めてしまってどこにいったかわからなくなってしまいました。

そんな話はさておき…その時最後の仕上げでこのマンダム ホールドジェル スーパーハード を使ってくれました。

すごく仕上がりがよかったのです。それ以来リピートをしている商品です。

ジェルって昔も使ったことはあったのですが、バリバリになるだけで、ウェット感があまり出ませんでした。

このジェルはちょうどいい具合に濡れ感、固まる感がでます。

ワックスとは別の質感になりますが、ワックスだと夏の時期はどのみち私の髪質だとホールド感がなかなか出ませんでした。

でもこのジェルを使うことで夏も冬も同じような質感を保つことができるようになりました。

そして何より時間が早い!ワックスのように揉みこむことないので、髪が短いときには5分以内でセットが終わります。

その時間を利用して、いまは朝の貴重な時間にも子供遊ぶことができ前よりも充実した朝を過ごしているような気分です。

そして、ジェルに変えたことで費用も代わりおま1ヶ月に1個使ってるので年間では、

 

500円×12=6000円

 

の出費となっています。

つまり…年間6000円削減ができることになったのです!

最後に

ワックスからジェルに変えた私の髪型の感想を最後に…なんもかわらねぇ!!

はっきりと、痛感したことなのですが、35歳にもなって髪型が変わったり髪質が変わっても、周りからは何も変わらないということでした。

むしろ、さっぱりとシンプルな髪型で清潔にしていてそれなりな格好をしていれば、好感もって見られます。

年間6000円、子供の散髪代を含めたら24000円できました。

2年で48000円、10年で24万円ですよ、考えてみたら大きいです。

10年間丸坊主の息子は可愛そうでした…お金のあまりやりすぎはいけません。

でも5年くらいはいけそうですよね、それでも12万円はいけそうです。

それをまた投資に運用したら…と考えるとワクワクします。この時点でもう投資にはまってる証拠ですよね。

でも、この節約って誰にでもできることではないでしょうか。

独身時代からこだわりのあるものって、既婚になっても普遍に使っているものが多いと思います。

でも、いまや代用品はたくさんあるし、同じものでなくたって効果は同じものはたくさんあります。

整髪料はそのひとつにすぎません。

特に生活用品についてはまだまだ改善の余地がありそうなので、改善したらまた記事アップします。

さぁ!ワックスで手がベタついているそこのアナタ!いますぐジェルに変えて小金持ちになりましょう!