30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

【レビュー】麦の恵みは金麦そっくり!気になる値段とイオンの戦略


f:id:soramame35:20170715083422j:image

今日は仕事がお休みだったので家族でイオンに立ち寄りました。

我が家ではイオンのビール『バーリアルリッチテイスト』を飲んでるのでその調達に行きました。

いつものように1ケースレジに持っていくと、何やら新しいビールが…

その名もトップバリュ『麦の恵み』とやらです。

値段も高くなかったので試しに買ってみたした。

コンビニで新しいお菓子が出なくても全く見向きもしないのですが、なぜかビールには飛び付いてしまうソラマメ。

せっかくなので今回は新しいビールトップバリュの『麦の恵み』のレビューをかきました。

飲んでみて、アレにそっくりでしたから。

イオンさんの狙いもわかったような気がしました。

『麦の恵み』はPB商品初の国内製造新ジャンルビール 

看板で見ましたが、『麦の恵み』は7月11日に発売されたばかりでした。

 

そりゃ知らないわけだ。

 

で、『麦の恵み』の特長は、なんといってもPB商品として初めての国内製造新ジャンルのビールだということ。

そうなんですよね、これまでのイオンのビールやほとんどの新ジャンルのビールは国産ではないのです。

我が家の第一党である『バーリアル』も国産ではなく韓国で、おそらくほとんどの新ジャンルのビールは韓国で作られています。

『麦の恵み』は初めて新ジャンルのビールとして国内製造となったというのが最大の特長となります。

もちろん原料についても国産。

北海道の大麦やホップを使用するなど国内と安さを意識した新ジャンルビールということでしょう。

それぞれのビールの特長を簡単に書いておきます。

『麦の恵み350ml』

【原材料名】発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、スピリッツ(大麦)

【生産】日本製

【値段】税込価格 84円

 

『バーリアルリッチテイスト350ml』

【原材料名】発泡酒(麦芽、ホップ、スターチ、大麦)、スピリッツ

【生産】韓国製

【値段】税込価格 102円

『金麦』ファンなら飲んでみる価値あり!ガチレポート

さっそく嫁さんと『麦の恵み』を飲んでみました。

 

ん、んんんん~~~???思ったより軽い。

 

さっぱりしている、という印象が強かったです。

確かに爽やかという印象はありますが、深みがなくガブカブいけるような感じですね。

これから夏になってとりあえずビール!

となったときにはいいかと思いますが、私にはちょっと軽すぎたかな。

ホップの香りがするとのことだったので、クンクン香りをかいでみたのですが、私はあまり感じることができず…。

正直なところ、この値段であればもう少しビールっぽさが感じられるといいのにな、という感想です。

それでも安いんですけどね。

 

私の感覚で言えば、サントリーの『金麦』に近い感じでしたね。

価格帯も近い(最新価格で110~111円ほど)です。

そこをイオンも意識した作りになっていることでしょう。

『金麦』といえば、第3のビール類では圧倒的な人気で、価格.comビールランキングでもクリアアサヒで8位、のどごし生9位、麦とホップ11位の中、堂々の2位を獲得しています。

イオンとしてはそこになんとか食い込んでいきたいと言う考えがありそうですね。

 

また、今回イオンが『麦の恵み』を新発売させた理由は、2017年6月よりはじまった、改正酒税法による第3のビール値上げ。

これも関係していることでしょう。

この法改正によって第3のビールの値上がりが、10~20%あがりました。

『金麦』でも現在安くても1本あたり110円程度になります。

 そうなれば、同じような味で、国産製造で、なおかつ価格が安ければ…

この時期に『金麦』ファン層をごそっと取り込むことができるのではないか。

イオンにはそんな思惑がある気がします。

最後に

f:id:soramame35:20170715083555j:image

結局は改正酒税法により『金麦』ファンを追随していきたい『麦の恵み』なので、私にはあまり関係がありませんね。

だって、私は『麦とホップ』ファンなのですから。それでも経済的に考えて『バーリアル』を毎日飲んでいます。

経済的に考えても『麦の恵み』と『バーリアル』との価格差は1本18円なんですよね。

ちなみに『麦の恵み』1ケースの金額は税込みで2,395円で、『バーリアル』1ケースでは税込で1,922円。

なので差額は473円となります。その差額を出してまで買う気にはなれません。

ただ、ほかの第3のビールとは違いPB商品はは原価も安く人件費・宣伝費も他社よりかからない。

よって、今後価格改正される可能性があると私は考えています。

1ケース2160円あたりはどうですか?

それくらいの金額になったら『麦の恵み』に替えてあげますよ!

と、強気な提案をイオンさんにはしてみたいものですね。

 

ビールにはそれぞれこだわりがあります。

普段からビールを飲みたい人、普段は発泡酒で特別な日にビールを飲む人。

そんな特別の日にぴったりな、世界一のビールを飲んできました。

よろしければこちらもご覧ください。

www.g-someday.com

私は後者で、普段はガブガブ発泡酒、特別な日にビールや地ビールといった変わり種をはさむようにしています。

また新しいビールが出たらレビューしていきますのでお楽しみに!