30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

アキラ100%のブレイクから学ぶ30代からの生き方


f:id:soramame35:20170803193620j:image
先週何気なく金スマを見ました。転職をしたのでリアルタイムで見られるようになりました。

そこには去年のR-1ぐらんぷりで優勝をしたアキラ100%さんの半生をつづった物語がやっていました。

アキラ100%といえばきわどい芸風で一躍人気者になりましたが、どんな人なのかも知りません。

まぁ知らなくていいかなとも思ってたくらいですから。

しかし、今回金スマを見てアキラ100%さんを応援したいなという気持ちになりました。

その半生といまを生きる同年代の学びがあったのです。 

アキラ100%の芸歴を簡単に

【芸名】アキラ100%
【年齢】42歳
【出身】埼玉県秩父市
【所属】 SMA NEET Project

教員免許取得してるんですね、テレビを見ていても真面目そうですもんね。

高校時代の演劇部から俳優を志望し、椎名桔平さんの付き人もしていたそうです(運転が下手すぎて飛んだらしいです)

2005年より芸人として活動し2017年に本格的にブレイクとなりました。

気になったのは事務所でSMA NEET Projectってよく知らなかったのですが、バイきんぐさんやコウメ太夫さんがいました(笑)

本格的に芸人になったのが30歳ですか…そこから12年…ほんとすごいわこの人。

そんなある意味度胸というか、自分には絶対ないですね。

誰もが1度は発言する「親父みたいにはなりたくない!」

アキラ100%さんは30歳になってもろくに就職せずに親父さんからはくどくどとちゃんとしろ、就職しろと言われたそうです。

そんなことを言われてアキラ100%さんは、「親父みたいなサラリーマンにはなりたくない」と芸人になりました。

その気持ち、わかる方も多いのではないでしょうか。私もその一人でした。

私の父は公務員。毎朝同じ時間に家を出てだいたい同じ時間に家につく。

仕事の何が楽しくて何がやりがいなのかもろくに聞いたこともなかった私は、就職活動をするときに「オヤジみたいにはなりたくない」と同じことを言いました。

仕事って全体像が見えづらいじゃないですか。私は当時から役所の仕事について考えたこともなかったです。

それよりか広告やメディア、それこそが世の中の流行りや消費や行動を促しているんだと思い他には目を向けませんでした。

そして30代後半になってきたいま、父のように役所に近いような仕事に就いたのです。

あれだけ否定してきた父の背中が今では大きな存在です。

この年になって思うけど、その当時にはなかなかわからない。だからこそ、いま偉大だということがわかりました。

人は期限があるから頑張れる・誰かのために頑張れるのか

その後まったく売れなかったアキラ100%さん。そんなアキラ100%さん39歳の時に親父さんのがんが見つかったそうです。

それがきっかけでコンビ時代に唯一爆笑だったナチュラル喫茶店で自分が裸で出て「お前がナチュラルかよ!」というネタを思い出し、いまの芸でブレイクしたそうです。

39歳で年収2万円。そのときに親父さんのガンが見つかりそこから42歳でブレイクするまでにも3年かかる。

世の中そう簡単ではないんですよね。それでも貫き通したアキラ100%さんだったからこそ、今の活躍があります。

それでも頑張る源は父のため、そして病気と戦う父に少しでも早く活躍した姿を見せたいと思ったからではないでしょうか。

もし、すべてが今と変わらない状況であれば、おそらくアキラ100%さんの活躍はなかったでしょう。

それほど人は人のために頑張ることができ、終わりがあるからこそ力を発揮しようと思えるのではないでしょうか。

最後に(学び)

今回金スマでアキラ100%さんの半生を見て、同じ30代として学ぶべき点は2つあると感じました。

ひとつは、『目標と期限を決めること』です。

この年になると目標って見つけにくい世代だと思います。そしてその目標に言い訳をする世代です。

何か目標を立てても、仕事が忙しい、子供がいると集中できない。

といったように目標を作っても何かに逃げるようなフレーズを探していたりします。

そのために、期限を決めることが大切なんだと思います。

例えば30年後はこう、10年後はこう、1年後はこうだから、来年はこう。その目標に対して現実的なプランを考える。

私の場合は決して芸人になるわけではないのでより長期のスパンで物事を考えていますが、長期がゆえにぶれることもあります。

今日やらなくたっていいや、今週はお休みしてもいいや、これこそが30年後を蝕むのです。

そのための目標とプランは決めようと思います。 

ふたつめには、『何歳でもやり直せる』ということです。

 アキラ100%さんからすればまだ私は35歳。芸人を本気でやろうと決意し大成する42歳のことを考えればまだ7年もあります。

私は今年転職をしてやり直しを始めました。

42歳になるまでには絶対に前の仕事よりもライフワークバランスが充実したと思える生活にするんだという気持ちで過ごしていきたいです。