30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

レトロでんしゃ館・2017年・渋滞回避・混雑回避・お得スポット(愛知県日進市)


f:id:soramame35:20170801234037j:image
子供が熱を出して病み上がりの日曜日。

この時期は暑かったり涼しかったりで子供にとっても体調管理は難しい時期ですよねー。

外は梅雨時期でこの日も雨が降っていたので遊ばせたいけど外は濡れている。

こんな日は嫁さんと相談した結果愛知県日進市にあるレトロでんしゃ館に行ってきました。

このレトロでんしゃ館が意外すぎるほど子供に大好評だったのでお得なスポットなども紹介します。

これで半日は遊べるのでぜひ参考にしてほしいと思います。

特に男の子はすごーくオススメです、きっとヘビーローテーションスポットになること間違いないですよ!

レトロでんしゃ館とは


f:id:soramame35:20170801234102j:image
レトロでんしゃ館とは、昔の名古屋市内を走った電車が展示されており、実際に中に入って座ったりすることができる無料スポットです。

私自身も馴染みのあった黄色い電車(東山線)を見て懐かしんでいました。

名古屋は市電も走っていたということで、その電車も実際に座ることができます。

昔のものってなんであんなにもオシャレに見えるのでしょうか。写真をひとつ撮ってもレトロ感がとてもステキでした。


f:id:soramame35:20170801234118j:image
鉄道模型のジオラマは名古屋の電車だけでなく、東北新幹線のはやぶさやかがやき、それ以外にもワイドビューひだやアーバンライナーと東海だけにこだわらず子供が喜ぶ電車が走っていました。

そこは名古屋市交通局だけじゃないんだ…と思いましたが子供が大興奮だったのでまぁ許しましすか。

営業時間は10:00~16:00まで、休館日は水曜日ということで日曜日にはたくさんの男の子がいました。

レトロでんしゃ館渋滞回避ルート

日曜日となると国道153号線はまぁまぁ混雑するので名古屋側から移動する場合はちょっとだけ渋滞を回避できるルートがあります。

まずは平針駅まで向かいそこから153号線に向かいます。

小さな川を越えてすぐの十字路を右折して抜けて浅田西の交差点を目指してください。

そこを右折していけばレトロでんしゃ館への近道となります。

レトロでんしゃ館への混雑回避方法は

レトロでんしゃ館の営業時間は10:00~となりますが、実は駐車場は乗用車6台分しかないとサイトに書いてあります。

公共交通機関でお越しくださいと書いてありますが、地下鉄赤池駅から子供連れては少し距離がありますので、10:00までがベストです!

しかし、ここは11:00~11:30をめがけてむかってください。

というのとこのレトロでんしゃ館、それほど大きな施設でないのでだいたい1時間ほどで見終わることができます。

電車好きな子供が心置きなく遊んでもだいたい1時間ほどです。我が家も相当好きなほうですが、それくらいには終わりましたから。

そうなればオープンから一回転目するのがだいたい11:00~11:30となるのでそこを目掛けて行きましょう。

私が行ったときには臨時駐車場もあったので、場合によっては早くからも停められる可能性があります。

詳しくは電話などで確認してみるとよいでしょう! 

レトロでんしゃ館と一緒に行ってほしいお得スポット

レトロでんしゃ館とセットで行ってもらいたいお得なスポッとして原駅の近くにあるパン屋さん、『シャンティ小島』さんを紹介します。

このシャンティ小島さんのすごいところはモーニングがドリンク代だけでパンが食べ放題なところです。

地元ではかなり有名ですが、市外の方たちにはまだまだ無名かと思いますのでぜひレトロでんしゃ館とセットでいってもらいたいです。

 お土産のパンもめっちゃお値打ちなので日中も夕方にもオススメですよ!

最後に

ちなみにシャンティ小島さんは日曜日もモーニングをやっており、しかも時間は12時までやっています。

なので朝モーニングを食べて11時頃をめがけてレトロでんしゃ館を目指すなんてルートはいかがでしょうか。

子供も大人もちょっとしたお出かけをお得にできるプランだと思いますのでぜひ行ってみてください。