30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

ワイシャツの襟元汚れには酸素系漂白剤が最適か実践してみた

以前加齢臭が気になるという記事でレノア消臭ビーズのことを書きました。

しかし!また別の悩みが妻にあったようで朝ぼそっと言われました。

「最近ワイシャツの汚れがとれないんだよね…」

確かに見てみると…襟元部分にはなんとも言えない黄ばみ?黒ずみのような線がくっきりと。

普段見ていない自分も洗濯をしてくれる嫁さんには悩みだったようです。

それで、嫁さんの友達が粉末タイプの酸素系漂白剤がいいと聞いたので使ってみたところ驚くほどよく取れました。

これでまた一つキレイになった私でございます(笑)

 って汚くはないですからね!!

酸素系漂白剤といえば洗濯槽の掃除

酸素系漂白剤といえば、洗濯槽の汚れがゴッソリとれるという頭しかなかったです。

それも昔はずっとお風呂用の塩素系漂白剤を使っていました。

でも…何度やっても臭うんですよね、洗濯槽が!

我が家はリフォームしたのでお風呂場と洗濯場の換気が甘いのか洗濯槽からかなりきつい臭いが定期的に発生します。

これはいかんということで使ったのが酸素系漂白剤でした。

使い方はカンタンでぬるま湯を洗濯槽にためて酸素系漂白剤をいれて回すだけ。これだけで表面からはみえなかったワカメのようなドロがどこからともなく現れます。

このとれ具合が結構爽快で、我が家でも一年のうちに何度かやってキレイに保てています。

酸素系漂白剤はワイシャツの襟元や袖口の黄ばみに最適


f:id:soramame35:20170801233528j:image

その酸素系漂白剤がまさか衣類に使えるとは思いませんでした。

使い方はこれまたカンタンで、襟元の汚れに酸素系漂白剤をぬるま湯程度に溶かして付け、いらないなくった歯ブラシで少し擦ったあとに洗濯するだけです。

これだけで汚れが驚くほどとれるんだから簡単ですよね。

我が家ではある程度使ったワイシャツをいっぺんに酸素系漂白剤につけて洗ってもらうようになりました。

毎回やってもらうのも結構大変ですからね、そのあたりは妻の負担にならないように気を遣うところもポイント、いやそこが一番のポイントになるかもしれません。

酸素系漂白剤は風呂周りにも使える万能選手

洗濯槽や衣類だけではなく、なんと風呂釜の洗浄にも使えるのです!これはびっくりしました。

風呂釜の洗浄と言えばきまったアレしかダメだと思っていました。

なんとこの酸素系漂白剤を入れて追い焚きするだけで同じ効果があるのだとか。なんと万能すぎるんだ…。

さらにさらに!床タイルの汚れもこれでスッキリとれるのです。

今まで風呂釜はコレ、浴槽はコレ、床はコレと使い分けていた自分はなんだったのかと思い凹んできました…。

それほど万能だとは正直思いませんでしたね。

最後に

酸素系漂白剤と調べると昔から見たことがあるシャボン玉のおなじみパッケージの商品を見ます。

やはり昔からあるものというのはいいものだから残っているんでしょうね。

そして、今回酸素系漂白剤の使い方を見て洗濯だけでなくお風呂場にも万能に使えるということは掃除などの時間も大幅に短縮できるようになります。

それが最も大きいですよね、限られた時間の中であったり、限られたお金のなかで最大限に活用していくことができますから。

この世の中を豊かに生きていくために大切だということをまた覚えました。