30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

どうしても投資資金がほしい人のお小遣い前借り交渉術


f:id:soramame35:20170802202048j:image
日経平均が20,000円となってきている現在の日本の経済状況。

去年の今頃は15,000円だったので1年で5,000円も上がったことになります。

私も去年まで素人ながら株式投資をして純粋に165,000円ほどの利益を手にし、そして今年に入っても4月までに50,000円ほどの利益を得ております。

今年も順調かなと思ったのですが、転職で年収がさがったことで家庭にお金を入れたことと、友達に貸したお金が返ってこなくなってしまった。

そしてこれまでに貯めた資金をすべて失いました。

4月から毎月のお小遣いと節約やメルカリなどの販売で得た収入で投資を再開しようとおもっていました。

しかし…いくらたっても株式購入までにはほど遠い!

ちょっとした小銭がほしいのであれば、普通に出してくれる嫁さんなので何も問題ありません。

今回はある程度まとまったお金がほしくなったのである程度の計画が必要でした。

そりゃ誰でも20万~30万円を明日くれ、といって笑顔でくれる家庭はほとんどありません。

なので家計を握っている嫁さんに資金をもらう交渉をしました。今回はそのリアルなやりとりを公開します。

ルナルナアプリでご機嫌日の予測

まずは資金を捻出してもらえるよう交渉する日程を決めました。

私はルナルナアプリを導入しているので、それを見ながら嫁さんの体調を予測しました。

このアプリを入れてから夫婦の関係がよくなりました。というか自分が嫁さんの気持ちの波を理解することで自分の中で色々なものが消化できています。

女性のからだのことをルナルナアプリから学び、その中でも卵胞期と呼ばれる気分が上昇する時期を定めました。

また、給与が出る月末がお金が入って気分も悪くないと思い、双方が合致した月末に交渉日を設けました。

いま捻出できる余裕資金を探る

ついに月末の交渉日がやってきました、もちろん嫁さんはそんなことまったく知りません(笑)

会社からもらった給与明細を片手に交渉の場に向かいました。まずはさりげなく我が家の家計情報を探りました。

以前にも家計を調べ月の収支については大きな誤差はなかったので一安心しました。

また、それと同時に我が家の余裕資金についても話しました。

余裕資金とはすぐには使わないようなお金についてのことです。

嫁さんは銀行の袋に計画的に保険料や年払いの経費を分けているのでそれを除いたお金を尋ねました。

すると我が家では車買い換えのために積み立ててくれたお金が30万円ありました。

まだ今の車は走行距離も2万キロほどですし、これはまだまだすぐには使わないであろうお金です。

うん…このお金しかないなと思いました。

交渉で必要なのは明確な使い道と安心感

今すぐ使わない余裕資金を確認できたところでいよいよ交渉に入りました。素直にお小遣い一年分を前借りしたいとお願いしました。

当然、「は?なんで?」となりますので、ここは正直に投資に使いたいと話しました。

もちろん投資についての知識はなく、ネガティブなイメージももっているのでここは熱をもって話をしました。

まずは資金がマイナスになることが絶対にないこと。

株式投資は株をある価格で購入するので、価格が上がるか下がるかのどちらかしかありません。

資金がマイナスになることはありません(空売りなどレバレッジをかけたものは除きます)。

また、倒産のリスクはありますが、お金が0円になるリスクも少ないということを伝えました。

そしてそのお金はいますぐ使わない車の購入資金から捻出してほしいとお願いをしました。

株式投資についてはすべてを理解してもらうのはほとんどの家庭で不可能な話かもしれません。

でも今すぐ使わないお金を前借りしたいという話には納得してもらい、お小遣いは半年分前借りに成功しました。

私のお小遣いは月15,000円×半年で90,000円にしかなりません。これではまだまだ資金が足りません。

年間の定期券購入を打診

困った私は即座にいま必要なお金でもらえそうなものを考えました。そして思い付いたのが交通費でした。

私は会社まで電車通勤なのですが、年間での定期券の方が1ヶ月よりも割安。

なので一年分の定期を購入したいとお願いし、月11,000円×1年分の132,000円も前借りすることに成功しました。

また、最後におまけみたいなものですが、私のクレジットカードで引き落としをしている年払いの保険料が月末にあるということで55,000円ももらいました。

 ここまでしてようやくタネ銭を確保するという荒業に成功しました。ここまで計画的にやるのは大変だけど、ここまでしないと資金ないですから。

最後に

こうしてなんとか投資資金として一旦使うことができる資金が出来上がりました。ただ、この金額はほぼ使う必要経費だということです。

お小遣いは節約すればするほど当時の種銭として使うことはできますが、定期代については必ず使います。

なので一年分の定期券は買わずに1ヶ月単位で購入していくことで一旦投資に使える金額を確保することにしました。

今回嫁さんと交渉して思いましたが、やはりある程度の資金がないと思いきった運用はできないということです。

ただ、この資金は私にとっての余裕資金でないことも肝に命じないといけません。

数少ない資金の中で少しでも資産を増やしていけるように頑張るしかないです。

投資資金に困っている旦那さんはぜひこんな手もありますので使ってみてください!