30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

雑誌や本は買ってでも読むべきだと思う


f:id:soramame35:20170802073001j:image
少し前に札幌へと出張に出掛けたのですが、行く際に久しぶりに雑誌を購入しました。

ほら機内だとスマホいじりずらいじゃないですか。買ったのは『BIGtomorrow』で、特集は脳のお話でした。

個人的には『BIGtomorrow』は大好きで、はじめて手にしたのは忘れもしない2010年の10月。

それこそ仙台出張があるときに機内で読もうと何気なく手にしたのを覚えています。

それからというもの、購入したりコンビニで立ち読みしたりしていました。

特に脳に興味があったわけでなく他に読みたくなるような雑誌もなかったので何年かぶりに『BIGtomorrow』を購入しました。

今は欲しい情報だけが入る時代

いつからでしょうね、こんな時代になってしまったのは。

と改めて考えると、GoogleやYahoo!の普及とスマホが普及しはじめてからが一番大きいように感じます。

その頃から何でも検索する時代になりましたよね。

わからなければ調べる。興味があれば検索する。

一昔前はパソコンで調べることも最近ではスマホでピピっとしてしまえば何でも調べることができます。

すると、その情報だけで満足したりその情報を深く掘り下げていくことになるので新しい情報はどんどん入ってこなくなります。

必要なものはすぐに手に入るようになりましたが、もしかしたら必要、または今後必要になるかもしれない新しいものは手に入り辛くなってきています。

例えば私といえば最近は投資や資産運用といったことに興味があるので、ツイッターでもブロガーさんでもその方の情報ばかりを見ている時間が増えています。

興味外に触れる機会ができる

それで今回久しぶりに『BIGtomorrow』を読みました。

投資脳などについてのページが気になりましたが、自分の癖でもあるので1ページ目からペラペラと見ていきました。

すると、全く関係ないコラムやインタビュー記事を目にします。

それで初めて知る内容があったり、実は興味のあることに繋がっているんだという情報が書いてありました。

久しく本や雑誌を見ることがなくスマホばかり見ていた私は、なんて幅のないことをこの数年間していたのだろうと反省のような気持ちになりました。

見てきた情報は間違いでもないのですが、それだけではより凝り固まった人間になりえるんだろうなと感じたのです。

結婚してからはあまり友達と会うこともなくなってしまいました。

また営業職でもないので家族や家族以上に時間を共有する同僚からは情報も限られていまっているということを痛感しました。

最後に

昔も何かで見たことがありたまたま最近ツイッターで目にした本を読むことへ対する風刺画。

恐らく見たことある方もいらっしゃるかもしれません。

昔はそれこそあまり感じることがなかったのですが、今回久しぶりに雑誌を読んでまさにこれだな!と痛感しました。

本は読めば読むほど知識が増える。知識が増えた状態でスマホにパソコンに落とし込んでいくことで、より高い景色が見れます。

新卒で入社した会社の専務に言われた『立場が変われば景色が変わる』という言葉は確かに前職で責任者になったことで経験しました。

でも昇進しなくとも本をたくさん読むことで景色が変わることも確かです。

目標は月に一冊ほどは何か読みます。お小遣いをあまり使いたくないので子供の絵本借りるついでに図書館に行きます。

そして、感銘を受けた言葉はメモして残しておくとよいと芸人平野ノラさんは言ってました。

平野ノラさんはそれで断捨離して芸人としての道が開けたのだそうです。

ということで図書館いきましょ、みなさん。はい、節約節約。