30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

【名古屋市地下鉄】定期券とmanacaどちらが得か検証してみた結果


f:id:soramame35:20170802213322j:image
転職して最も変わったことと言えば通勤する場所が変わったことです。

電車に乗る時間はさほど変わらないのですが、駅からが遠いのがいまの職場の難点です。

それもすぐ慣れるといいのですが…。

通勤する場所が変わるということはもちろん定期代も変わるります。

なかなか前職では忙しくて手がつけれなかった疑問についてもう一度考えてみました。

さらに、前職では車通勤の日もあったりして、1ヶ月にどれだけ電車に乗るのかわかりませんでした。

今回はそんなことなく1ヶ月ほぼ電車通勤の予定なので、定期って本当に安いのかを検証します。

名古屋の交通系カード「manaca」のポイントバックと比較してみた

私が今回の職場になって地下鉄を利用しています。

1ヶ月の通勤定期券が名古屋市交通局の定めによると4区間なので1ヶ月の通勤定期券となると11,100円となります。

昔のようにどこかの駅でないと購入できないという訳ではなく、地下鉄構内の自動販売機からでも定期を購入できるようになりました。

名古屋市交通局のサイトを見るとmanacaポイントは使った区間で割引率が変動するとのことでした。

例えば大人用マナカでは1か月間の合計利用金額が

  • 10,000円~15,000円では12.50%
  • 5,000円~10,000円で12%

付与がされるということになります。

私の区間を往復(300円×2)×22日(月に9日休みの計算)となると13,200円ということになり、ポイントは1,650となります。

よって実質かかる金額は11,550円となるので、定期のほうが割安となることがわかりました。

名鉄ミューズカードで定期券購入だけでポイントゲット

ただ、定期券の支給は自分で購入して給与で支給されるのでただみすみす同じ金額を払っているのもちょっとな~と調べていました。

すると、クレジット決済ができるカードがあることを知りました。

それがミューズカードという名鉄が出しているクレジットカードです。

それ以外のクレジットカード決済はできないということで、かなり特殊なクレジットカードといえます。

ミューズカード使用することでミュースターポイントというものが200円で1ポイントつきます。

私の場合1回の定期券購入で55ポイント、1年で660ポイントを貯めることができます。

さらに1ポイントは1円としてmanacaにチャージすることができるので、往復分くらいの交通費にはなるかなと思います。

さらに名鉄がやっているだけあって、リトルワールドや明治村、南知多ビーチランドといった子供が喜ぶ観光スポットの割引もあったりと使い勝手も良いです。

子供にとってちょうどよいサイズのアミューズメントパークなんですよね、これらは。

南知多も海の生物とのふれあいもできるし、おもちゃ王国がありますから。子供は大興奮でしたよ。

ただ定期などの交通費の決済以外で年間5万円以上使わないと年会費がかかるので今から年間で5万円以上支払う公共料金や保険などを検討してカード作ったほうが良いです。

最後に

結局どちらもそこまで変わりがないということで、やはりうまい作りになっていますね。

前の会社では社用車で直行直帰することも結構あったのでmanacaで通勤をしていました。

今の会社ではほとんど社用車での直行直帰はなさそうなので大人しく定期券を購入します。

定期券は区間内であればどこでも降りることができるのが唯一のメリットです。

せっかくなので会社帰りに寄って楽しめるスポットの開拓でもしてみようかな。

おすすめスポットができればまた紹介したいと思います!

では!よい週末を~。