30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

スライド式貯金で節約に挑戦しています

f:id:soramame35:20170731204729j:image
いきなりですが、私、ずぼらなんですよね。

プロフィールでもいいましたが結構いい加減な性格なほうです。

いまは妻に給料の管理をしてもらい私は自分の小遣いの管理していますが、これがなかなか思うようにいきません。

前の会社では自らが立て替える経費などもあったのでカード払いとかにすると翌々月に支払いがなってしまいました。

いつどのお金を使ったのかわからなくなることが多かったと言うのもありました。

家計簿やマネーフォワードなどの家計簿アプリですら思うように使いこなすことができませんでした。

そんな時にツイッターでスライド式貯金というものを見て自分にでもできそうなものを見つけちゃいました。

また、転職をしたことで自らが経費の立て替えをカード払いなどでもしなくなったということもありました。

自分にでもできそうな収入を管理してみようと決心しました。

そこで自分が毎月分もらっているお小遣いでチャレンジしてみました! 

スライド式貯金の簡単理論

スライド式貯金というのは簡単にいえば1ヶ月を5週間にわけ、5つの袋で月の予算を分け管理するという方法です。

その通りに予算を使うことができれば1年間で8週間分の予算をためることができるという内容です。

今回は1ヶ月を5週間分の袋に2000円ずつ分けて、この予算の中で1週間をやりくりすることにしました。

そうすると、1年では5×12=60の袋に分けることができます。

でも1年は365日なのでそれを7日間で割れば、365÷7=52.1となり1年は約52週となります。

袋の中の予算で1週間のやりくりができれば、8つの袋があまるはずです。

年間16,000円が超簡単に貯まる予想

私の場合は1つの袋に2000円でやりくりする予定です。

5×12=60週間で年間120,000円の予算に対して

52週×2000円=104,000円が支出の予定で1年間で16,000円が貯まります。

スライド式貯金1カ月目の実績は

私のおこづかいは月13,000円なのですが、今年から積み立て投資を行っていますので月3000円は別予算です。

そのうち2,000円をスライドさせていますが、一ヶ月目の実績は3,516円が貯まりました。

いやーいたって順調っ!

とはいえ、先月は飲み会などの大きな出費もなかったのでおさまりましたが、飲み会がある今月は毎日の出費を削らないと達成できません。

やってみた感想としてメリット・デメリットはありました。

メリット

  • 支出で苦しむことはなさそう
  • 封筒の中のやりくが楽しい
  • ずっと続けていけそう

デメリット

  • 2,000円を分けないといけない
  • 細かいお釣をどうするか

お金をを両替する作業もお釣りを両替する作業もあるので、その辺りを改善できたらもっとよくなりそうです。 

最後に

今年もし16,000円貯まれば来年度は積み立て投資金額を4000円にしてさらなる利益を目標にします。

私の周りのように飲み会やゴルフなどに費やすのではなく、無理なく貯めて将来のじぶん退職金づくりに専念したいです。

定年が終わったあといかに有意義に過ごすことができる元を作れるか。

35歳からでも遅くはない、そう言い聞かせながら今からスタートしていきます。

そう、このブログのようにスタートさせます。